新生児にゲップをさせるにはに関する記事

新生児にゲップをさせる方法/げっぷをしない時の対処法

新生児にゲップをさせる方法/げっぷをしない時の対処法

新生児はゲップが下手?!新生児期はなぜ授乳の度にゲップしなくてはならないのか、そして上手にゲップさせるコツを説明。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児にゲップをさせる方法/げっぷをしない時の対処法

新生児はなぜ授乳の度にゲップが必要?理由と重要性について

出産して退院する前に産婦人科の医師や助産師さんから、「授乳する度に赤ちゃんにゲップをさせましょう」と指導を受けたこととおもいます。ですが、ゲップが苦手な赤ちゃんもいますし、ときによってなかなかゲップが出ない赤ちゃんもいますよね。

本当に、授乳の度にゲップはさせなくてはならないものなのでしょうか?もし、どうやってもゲップがでないとき、ゲップをさせないでおくと赤ちゃんはどうなるのでしょうか?ゲップに関する疑問を探っていきましょう。

新生児にゲップが必要な理由

余分な空気は出さなくちゃ!ゲップはマスト

おっぱいを吸う赤ちゃん

「息継ぎもしないで、よく飲めるなあ」と感心してしまうくらいに、ごくごくとミルクや母乳を飲む赤ちゃん。大人とは異なりほとんど鼻で呼吸をしているので、途中で休憩しなくても、息をしながらミルクも飲むことができているのです。
ミルクや母乳は赤ちゃんの細い食道を通って胃の中に送られていきますが、このときミルクも空気も同時に胃の中に送られてしまうので小さな胃がふくれてしまいます。さらに、生まれたばかりの新生児期は胃のつくりも未発達であることから、空気と一緒にミルクを吐いてしまったり喉をつめてしまったりするのです。

赤ちゃんがミルクを飲む度にきちんとげっぷをさせて空気を出してあげれば、胃はミルクだけでいっぱいになりますのでスムーズに消化活動に移行し、気管が詰まることや苦しそうにすることは、まずありません。

いつまでゲップを手伝うのがベスト?目安と時期

うつぶせに寝る新生児

特に胃が未発達であることからも新生児期の赤ちゃんはゲップが下手。ミルク後のゲップは必須、といえるでしょう。しかし、首がすわって自分で頭の方向を変えられるようになると、赤ちゃんの胃も少し発達してきて自然にげっぷが出るようになりますので、食事の度にゲップをさせる必要はなくなっていきますが、上を向いていることが多い新生児時期から生後半年間は、大人がゲップのお手伝いをしてあげることが必要となるでしょう。

また、赤ちゃんによってはすぐ吐く体質の子もいます。すぐ吐く、大量に吐くといった様子があまり頻繁に見られると、栄養不足になってしまうのでないか、体重がなかなか増えないなど心配してしまいますよね。
食べたものがしっかりと胃や腸に送られるように、吐きやすい子は、生後8カ月~1歳くらいまでは食事の際は様子を見ながら、必要であればばゲップを出すお手伝いをしてあげた方が良いでしょう。

ゲップがなかなか出ない時の対処法

赤ちゃんによっては、ミルクを飲んだ後、縦抱きするだけでゲップが出る子もいますが、なかなか出ない体質の子や、ときどきゲップが出にくくなる子も少なくありません。新生児のゲップの出し方と、なかなか出ない時の対処法を紹介していきます。

レベル1 背中を軽くトントン

授乳が終わったら、縦抱きして、赤ちゃんのあごが大人の胸にくるようにして、背中を軽くトントンとたたいてあげましょう。特に新生児の場合は、ゲップと一緒にミルクが出てしまうこともありますので、胸周りにタオルを敷いてから赤ちゃんを縦抱きしましょう。

首がしっかりと座るようになるまでは、赤ちゃんのあごを大人の肩にかけるように縦抱きします。このときも、軽く吐いてしまうことがありますので、肩にガーゼやタオルをかけるのを忘れないでください。

レベル2 赤ちゃんを丸く抱っこする

腕に赤ちゃんを座らせて抱っこする母親

赤ちゃん自身の脚で体を軽く抑えることで、ゲップが出やすくなることがあります。一般的に、縦抱きにするときは、赤ちゃんの脚を伸ばした状態で抱っこすることと思います。ですが、それでもゲップが出ない時は、大人の腕に赤ちゃんを座らせるように抱っこしてみてください。自然に赤ちゃんの背中が丸まり、赤ちゃんが自分の脚でお腹を軽く圧迫し、ゲップが出やすくなるのです。

赤ちゃんを丸く抱っこした時は、背中をトントンとたたくのではなく、下から上へと軽くマッサージする方が効果的です。力が強くならないように注意しながら、おしりの上から首までをゆっくりマッサージしてあげましょう。

レベル3 横向きに寝かせる

顔を横向きに寝る赤ちゃん

丸く抱っこしてもゲップがでないときは、赤ちゃんを横向きに寝かせることで、自然にゲップが出てくるのを待ちましょう。ミルクが一緒に出てしまうこともありますので、赤ちゃんの口の周りにはタオルを必ず敷いておきます。

ゲップと一緒にミルクが出てしまったときに、逆流してのどをつめてしまうことがありますので、仰向きに寝かせるのはゲップをしてから、もしくは横向きに寝て5分以上時間が経過してからの方が良いです。

それでもゲップしないときは、あきらめる

赤ちゃんにどうしてもゲップさせないと!と一生懸命背中をさする方もいらっしゃいますが、赤ちゃんも少しのマッサージは気持ちよくても、なんだか必死さが伝わるマッサージが続いてストレスに感じてしまっているかもしれません。

気付かない間にゲップが出ていたのかもしれませんし、ゲップする必要が無いほど空気を飲みこまずにミルクを飲んだのかもしれません。また、そもそも母乳の場合は空気が入りにくい傾向もあります。いずれにしろ、ゲップをしないことで赤ちゃんが苦しそうでないときは、縦抱き2分→丸く抱っこ1分→横向きに寝かせてみる5分程度であきらめましょう

心配なときは

赤ちゃんの上半身の下に折りたたんだバスタオルなどを敷き、頭を高くして寝かせるのも効果的です。

赤ちゃんも大人も、ゲップに振り回されないことが、楽しい食事と楽しい生活のコツです。ゲップをしないからと言って病気になることはありませんので、気楽に構えていましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事と関連性の高い記事