生後7ヶ月の離乳食とレシピに関する記事

生後7ヶ月の離乳食中期に食べない原因/量/回数/レシピ

生後7ヶ月の離乳食中期に食べない原因/量/回数/レシピ

生後7ヶ月は離乳食初期から少しステップアップ!赤ちゃんの食べられる食材/量/調理法で、美味しく食べさせてあげましょう♪

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  生後7ヶ月の離乳食中期に食べない原因/量/回数/レシピ

生後7ヶ月離乳食を食べない子も喜ぶ食べさせ方と量/レシピ

離乳食をスタートして、赤ちゃんもママさんもようやく慣れてきた生後7ヶ月~8ヶ月は、口をモグモグさせるしぐさが出てきたりして、そろそろ2回食にステップアップしようと考えるママや、既にステップアップさせたママも多いでしょう。

生後7ヶ月に入ると食べられる食材が増えてくるので、ママは離乳食作りが大変でありながらも楽しくなってきます。ところが「生後7ヶ月になった途端に離乳食を食べないのはなぜ?」という、戸惑うママも…。原因が生後7ヶ月の発達と離乳食の与え方、生後7ヶ月で食べられる食材やNGな食材、レシピ、個人差にないか見直してみましょう。

生後7ヶ月離乳食中期の回数/時間/量/作り方のコツ

こちらでは生後7ヶ月、8ヶ月の離乳食の回数、食材の柔らかさや大きさ、量、時間、ミルク、離乳食の作り方のコツをご紹介します。
「無理に回数を増やしていないか?」「柔らかさや大きさは問題ないか?」「量は多すぎないか?」「時間は空腹になっている時間か?」「ミルクの量は多すぎないか?」「生後7ヶ月の赤ちゃんが嫌がる作り方をしていないか?」などをチェックしてみましょう。

離乳食を1日に食べさせる回数

離乳食を食べる赤ちゃん

生後7ヶ月に入る頃には、1日1回から2回に食事の回数を増やすママや、中期の離乳食に進めるママが増えてきますね。生後5ヶ月から離乳食をスタートし、初期の離乳食をスムーズに食べられるのに生後7ヶ月になっても、まだ初期の離乳食をあげている場合、赤ちゃんが嫌がって食べなくなることがあります。

前歯も生え始め、噛むことで顎を発達させたい時期でもありますので、生後6ヶ月から離乳食をスタートし、ドロドロのお粥や野菜、白身魚や豆腐がスムーズに食べられる子は初期の2回食に、生後5ヶ月から離乳食をスタートした子は中期の2回食に進めてみましょう。

食材の柔らかさ・大きさ

生後7ヶ月~8ヶ月の離乳食中期は、お豆腐くらいの柔らかさのものを食べさせてみましょう!生後7ヶ月~8ヶ月頃の赤ちゃんは、舌と上あごで食べ物を潰して飲み込むようになります。また個人差もあり、中には舌が上手く使えるようになるのが早く、離乳食に慣れるにしたがって、歯茎で噛んで食べる子もいます。けれど、一般的にこの時期は、まだ舌の動きがスムーズではないため、豆腐程度の固さでないと、上あごでは潰せません。

離乳食中期は固すぎたり、大きすぎたりすると、のど越しが悪く「赤ちゃんが離乳食を食べない」「嫌がる」という原因になりやすいため、食材の柔らかさや固さ、のど越しには注意しましょう。また、赤ちゃんの喉は非常に細く、上手に潰せないのにそのまま飲み込んでしまう恐れがあります。危険ですので、出来上がったら1粒親指と人差し指で潰して確認してみてもよいでしょう。

離乳食中期の柔らかさ大きさの目安

おかゆは5倍がゆ(米1:水5の割合)
野菜は豆腐程度の舌でつぶせる柔らかさ
大きさは2~3mm

量の目安

お盆にのった離乳食小分け

食べない赤ちゃんの離乳食の様子を見ると、「うちの子ちっとも完食しない」と、離乳食を完食しないから食べないと感じているママもいるようです。また、生後7ヶ月、8ヶ月の他の赤ちゃんと比較して、「あの子はもっと食べているのに、うちの子は離乳食を食べないから体も細くて…」と心配していることもあります。

大人でも食欲に個人差がありますし、その日の運動量によっても食欲は変わりますよね。それは赤ちゃんも同じ!モグモグ期の量にも個人差がりますので、モグモグ沢山食べて欲しくなるのですが、同じ月齢の赤ちゃんとの比較はやめましょう。

「離乳食をスタートしてから少しずつ食べる量が増えているか?」「食への意欲はあるか?」「下唇にスプーンを乗せたら、自分から上唇を閉じて口の中に食べ物を入れ、モグモグしようとしているか?」などを見てあげましょう。体重や身長が母子手帳の成長曲線に沿って増えている赤ちゃんは、しっかりと成長していますので大丈夫ですよ。

離乳食中期の1回の量の目安

  • おかゆ   50~80g
  • 野菜、果物 20~30g
  • 魚、肉   10~15g
  • 豆腐    30~40g
  • 乳製品   50~70g

離乳食を与える時間

離乳食を与える時間は午前1回、午後1回です。10時と15時がおススメの時間ですが、「保育園に預ける」「お昼寝が長引いて…」「さっきミルクを飲んだばかりで…」など、この時間では無理な場合もありますよね。そういった場合は、ミルクを飲ませてから4時間程度は開けないと、お腹は空かず離乳食を食べないので気をつけましょう。

生後7ヶ月のモグモグ期になると、朝晩の区別もしっかりつき、朝起きてからの授乳、離乳食、お昼寝、お散歩などの生活のリズムを整えることで、体調が良くなり離乳食への食欲にも繋がります。夜泣きする赤ちゃんのママは大変かもしれませんが、できるだけ規則正しい時間に授乳や離乳食を与えましょう。厚生労働相でも15分程度30分未満のお昼寝を推奨していますので、ママの睡眠不足はお昼寝で補うようにしましょう!

ミルクの回数と量

ミルクを飲む赤ちゃん

生後7ヶ月になり離乳食が一日2回になると、自然とミルクの回数は少なくなっていきます。個人差もありますので目安として考えて、ミルクや離乳食の量を調節していきましょう‼

  • ミルクは200ml×3回
  • 離乳食後140ml×2回(足りない場合は200ml程度まで増やしてOK)

生後7ヶ月、8ヶ月の離乳食作りのコツ

生後7ヶ月からは一日2回離乳食を作ることになり、赤ちゃんのお世話や家事、兄弟がいる場合は育児もあるため、ママは大忙し!離乳食作りも楽できる方法で、要領よくこなしましょう。

  • 味付けなしで作りましょう
  • 食材をそれぞれ冷凍保存しておき、色々な組み合わせでメニューを増やしましょう
  • お肉や魚などのど越しの悪いものは、片栗粉でとろみをつけてから冷凍保存しておくと便利です
  • 調理用ハサミがあると便利!食材が大きい、麺が長い時は調理用ハサミで切りましょう

生後7ヶ月頃の離乳食中期で食べられる食材

離乳食が順調に進んでいれば、生後7ヶ月には食べられる食材がこんなにも増えます。まだ、モグモグの練習の時期なので、どの食材も柔らかく調理して食べている様子を見守ってあげましょうね。

ごはん/パン/いも/麺

生後7ヶ月の離乳食中期になると、食べられる糖質も様々です。食パンや麺は、育児書によって離乳食初期からOKと書かれている本もあれば、中には1歳過ぎてからと書かれている本もあって、ママも悩んでしまいますよね。

基本的に、食パンや麺は小麦が使われているため、できるだけ遅くスタートした方がいいアレルギーを発症しやすい食品です。アレルギーがなければ生後7ヶ月から食べられますので、食べさせるときには注意して与えましょう。

野菜や果物

野菜や果物メニューも、モリモリ食べさせてあげたい生後7ヶ月。色々な食材を摂り入れてあげましょう。ただし、この時期も初めての食品はアレルギーを考慮して一日1種類が原則!生後7ヶ月の離乳食中期から野菜や酸味の強い果物を嫌がる子が増えますが、実はしっかり加熱することで、野菜や果物の辛さや酸味がなくなり、食べやすくなります

また、果物はデザートとしてだけでなく、食べにくい野菜とミックスすることで、野菜を嫌がる子が離乳食を食べやすくなるお助け食品でもあります。加熱と果物を上手に利用して、離乳食を食べない子供にも美味しく食べさせてあげましょう。

<野菜>

<果物>

魚/肉/豆/卵/乳製品

生後7ヶ月のモグモグ期になると離乳食で卵黄を食べられるようになります。ただし、ご存知のママの多いように、卵はアレルギーを引き起こしやすい食材。赤ちゃんも消化に負担がかかる食材でもありますので、無理に食べさせる必要はありません。

<魚類>

<肉類>

<豆類>

<その他>

生後7ヶ月、8ヶ月にNGな食材

下記の食材は、生後7ヶ月の離乳食ではまだ食べられませんので気をつけましょう。

加工肉や缶詰

油が浮いた缶詰の中身

ベーコン、ハム、ソーセージなどの加工肉やオイル付けのツナ缶などは、塩分、脂肪分、添加物が含まれています。また、油分が多いので赤ちゃんの未発達な体に負担をかけてしまいます。子供が好きなものですが、生後7ヶ月~8ヶ月の赤ちゃんには与えないようにしましょう。

塩鮭や塩魚/干物

これらの魚には、塩分が多く含まれています。しらすは熱湯で簡単に塩分を取り除けますが、生後7ヶ月は味付けが必要ない時期ですので、塩分のない新鮮な魚を選んで食べさせるようにしましょう。また、白身魚として「鱈(タラ)」を食べさそうになりますが、タラはアレルギーになりやすく、切り身に塩分が含まれているものがありますので、生後7ヶ月では食べさせないようにしましょう。

もち/もち米

お正月になると、小さくちぎって餅を食べさせたくなるかもしれませんが、餅は喉に詰まらせて窒息する危険性があります。また、赤飯やおこわ等のもち米も、餅同様に喉に詰まらせやすい食材ですので、離乳食がグングン進んでいる、ご飯大好きな子にも食べさせない様にしましょう。

生後7ヶ月の離乳食で卵をスタートするときの注意

「卵はアレルギーになりやすくて心配」というママの声は非常に多いです!その反面、栄養価も高く、離乳食のレパートリーも増やしやすい、保存しやすい、安い、など離乳食に摂り入れるメリットも多い食材です。
食物アレルギーが心配な場合は、離乳食中期から摂り入れる必要のない食材ですので、無理にスタートする必要はありません。

生後7ヶ月の離乳食からスタートさせたい場合は、十分気をつけて少量ずつ始めましょう。

生後7か月の離乳食での卵の始め方&注意点

しっかり黄身まで固ゆでしてから調理する
しっかり加熱した黄身耳かきひと匙分を、お湯で伸ばしたものから始める
下痢や発疹などのアレルギー反応が出なければしばらく同じ量で試す
何も起こらなければ、少し量を増やし数日様子を見ることを繰り返す
毎日の摂取はアレルギーを引き起こす原因になるため、偏らないようにする

生後7ヶ月、8ヶ月の離乳食中期の取り分けレシピ

生後7ヶ月、8ヶ月の離乳食中期におすすめの取り分けメニューと、赤ちゃん向けの3品メニューの見本をご紹介します。

ささみとほうれん草のリゾット

野菜、鶏肉、じゃがいも

ささみとほうれん草、ジャガイモを使ったレシピです。こちらは、大人用メニューから材料をちょっと取り分けて、赤ちゃん用に作るメニューです!簡単で、生後7ヶ月頃の離乳食を食べない赤ちゃんも食べたくなるレシピですので、ぜひ作ってみて下さいね。

生後7ヶ月離乳食取り分けメニューの作り方

材料:鶏ささみ10g、ほうれん草10g、ジャガイモ10g、粉ミルク適量

野菜、鶏肉、じゃがいも、ミルク
  • ささみは茹で、細かく裂いて片栗粉でとろみをつけておく
  • ほうれん草は葉の部分のみを使い茹でてみじん切りにする
  • ジャガイモは皮をむき、カットをしてラップに包みレンジで柔らかくなるまで加熱し、荒くつぶしておく
  • 5倍粥に1~3と、調乳したミルクを混ぜ合わせ、ラップをしてレンジで加熱する。
リゾット単品

また、同じ材料でこんな風に3品メニューを作ってもいいですね。

和風3品

和風3品

和風の献立は、素材の旨みを引き出すことが調理のポイントです!しっかりと煮てアクをとることで、とても食べやすくおいしくなります。下記のメニューは材料を混ぜて、加熱するだけの簡単で栄養バランスが抜群のメニューです。赤ちゃんが生後7ヶ月の離乳食中期になったら、ママも3品作ることで、「糖質」「タンパク質」「ビタミン」のバランスメニューを作る練習をしましょうね。

  • しらすのおかゆ

熱湯をかけて、塩分を抜いたシラスを5部粥にまぜる。

  • ささみのおろし煮

レンジでチンしてほぐした鶏ささみと、歯に近い緑色の部分の大根おろしを和えて加熱し、水溶き片栗粉でとろみをつける。

  • 野菜スープ

人参とキャベツの微塵切りに水を加え、クタクタに煮る

洋風3品

洋風3品

こちらはバランスメニューの洋食バージョンです!卵黄の食物アレルギーがなかった赤ちゃんには、卵黄を白湯で伸ばしてみじん切りにした野菜と和えるメニューを作ってみましょう。生後7ヶ月頃の離乳食を食べない赤ちゃんでも喜んで食べてくれますよ♪

  • 人参のおかゆ

すりおろした人参を5分粥に混ぜる

  • ほうれん草エッグ

ほうれん草の葉を茹で、水にさらしてアクをとったら水気を絞り、みじん切りにします。野菜スープを大さじ1加え、卵黄耳かき1匙分を水で溶き、ほうれん草の上にのせる♪

  • カレイのトマト

白身魚のカレイを茹でて微塵切りにしたものと、トマトを微塵切りにしたものを煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

生後7か月の離乳食は個人差に注意!

離乳食が進み「順調♪」と思っていたら、急に「食べが悪くなってしまった…」なんてこともよくあります。
進めるペースには個人差があることを忘れないようにしましょう。生後7ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない時は、イライラしたり焦ったりせずに、どうして食べてくれないのかを見直すことが大切です

同じスプーンに飽きている?

乳児用食器とスプーン

毎回同じスプーンや食器を使っていませんか?生後7ヶ月、8ヶ月の赤ちゃんは玩具をよく口に入れます。同じものだと飽きてしまいますよね?大きさや素材、色や形など変えてみると食べてくれるかもしれません!
また、スプーンを口の中に入れてしまうと、離乳食を食べないことがあります。下唇にのせるだけにすると、上唇をおろして上手に食べてくれるかもしれませんよ。

味に飽きている

同じ食材が続いていませんか?例えば、「ジャガイモの食べが良いから、たびたび出していたら食べなくなった」というケースは多いです!離乳食ではアレルギーの心配があるため、新しい食材は一日1種類が原則のため、色々な食材にチャレンジしないと、あっという間に時間が過ぎて、好き嫌いの多い子になる恐れもあります。食べられる食材が増えてきているので同じメニューが続かない工夫をしましょう!

椅子に座ることに飽きている?

お座りやハイハイが出来るようになって活発になってきているので、長時間椅子に座ることを嫌がる赤ちゃんが増えてきます。そのような場合は、家族と一緒に食事が出来ると楽しい食事になるので、家族と一緒に食事ができる時間にスケジュールをずらしても良いですね。スプーンを持ちたがっていたら持たせてあげるのも良いでしょう。

ママの顔が怖い?

食べてくれないとイライラや焦りが顔に出てしまい、赤ちゃんに伝わってしまうことがあります。食事は怖いものになってはいけません。せっかく色々な食材を食べれるようになってきたんだし、赤ちゃんに「食事は楽しい!」ということを教えてあげられるように、食材やレシピだけにこだわるだけではなく、食べる時の雰囲気も大事にしてあげてください。

離乳食後期ではまだ食材に制限はありますが、形など大人が食べる物に近くなり、どんどん楽しくなってきます。離乳食を少し食べて「おいしいよ!」と、ニッコリ微笑んだらご機嫌を直して食べてくれるかもしれませんよ!

色々な工夫をしても食べてくれない時は、離乳食を1段階戻して初期の離乳食を食べさせてみましょう。赤ちゃんの成長に見合ったペースで進めていくことを最優先に考えてみましょうね!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ