赤ちゃんへのエアコンの使い方に関する記事

赤ちゃんへのエアコン使いは大人と違う!夏の温度/湿度設定

赤ちゃんへのエアコン使いは大人と違う!夏の温度/湿度設定

赤ちゃんが初めて過ごす夏、エアコン未使用で熱中症やうつ熱、間違った使用法で風邪や病気にならないように守ってあげて!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんへのエアコン使いは大人と違う!夏の温度/湿度設定

赤ちゃんへのエアコン使用は注意!快適な環境作りと熱中症対策

暑~い夏!赤ちゃんのお部屋にエアコンを使っていますか?生まれて初めての夏を経験している赤ちゃんがいる部屋は、赤ちゃんを中心に考えた快適な環境を作ってあげることが重要です。赤ちゃんは体温調節能力が未熟なため、あまりにも暑すぎると熱中症やうつ熱、乳幼児突然死症候群になる危険性もあります。

また、汗疹でかゆがって眠れなくなる、冷えすぎて風邪をひき病院に通院しなければならなくなることも…。こちらでは、赤ちゃんにとって快適な環境を作るためのエアコンの使用法をご紹介します。上手に使って、暑い夏を乗り切りましょう!

赤ちゃんは室内でも熱中症対策が必要です!

赤ちゃんは室内であっても、熱中症にかかる可能性があります。体温調節機能が未熟なため、体内の熱を上手に発散することができず、部屋の中でも熱中症になり重症化しやすいのです。また、うつ熱や乳幼児突然死症候群の危険性も高まります。

なぜ熱中症になるの?

窓からの直射日光を受ける赤ちゃん

室外での熱中症対策はよく耳にしますが、「家の中でもなるの?」と思うママさん!実は赤ちゃんや幼児、高齢者など体力があまりない人は室内でも熱中症になりやすいのです。またニュースでよく聞く、ほんの数分だけ車の中に置き去りにしてしまう行動、あそこまで長くなくても、たった1分あれば熱中症になるリスクは非常に高くなります。

<赤ちゃんが室内で熱中症になる理由>

  • 体温調節が出来ないので、熱を体に溜めてしまい熱射病になる
  • 窓際で、直射日光を長時間あびてしまい日射病になる
  • 暑さで短時間に沢山の汗をかき、脱水症状を起こしてしまう
  • 自分で水分補給が出来ない
  • 猛暑日で外気温や室内の温度が、体温以上になっている

室内編☆赤ちゃんの熱中症対策

  • 室温が高くならないようにエアコンを利用する
  • 扇風機を利用する
  • 直射日光にあたらないようにカーテンを利用する
  • 赤ちゃん用のベッドやクーファン、ベビーチェアなどを日の当たらない場所に置く
  • ミルク以外にも白湯や麦茶、ベビー用イオン飲料等を飲ませる

こまめに様子を見ましょう

赤ちゃんの部屋でエアコンを使用し、熱中症対策を行っている環境で赤ちゃんが眠ってしまっても、赤ちゃんの様子に変化が無いかマメに確認することが大切です。

<赤ちゃんの熱中症チェックポイント>

  • 汗を大量にかいていない?
  • 顔が赤く、体温が上がっていない?
  • 呼吸が早く、苦しそうではない?
  • ぐったりしていない?
  • おしっこの量が少なくない?

赤ちゃんが快適に過ごすための室温・湿度・空気

赤ちゃんが安全で過ごしやすい快適な部屋を作る方法としては、どのようなことがあるのでしょうか?「エアコンをつける」という行動一つをとっても、パパやママが快適と思う室温が、必ずしも赤ちゃんに快適な環境だとは限りません

赤ちゃんを「レモン」大人を「スイカ」に例えて考えてみましょう。冷蔵庫に入れた時、中まで早く冷えるのはどちら?外に出して早く温まるのはどちら?そうです!小さいレモンですね。同様に体の大きさが違う分、赤ちゃんは外気の影響を受けやすいので、体温変化は激しいのです。そのため、パパやママは十分な配慮が必要です。赤ちゃんの体が冷えすぎないように、直接風があたらないように、配慮しましょう。

赤ちゃんに快適なエアコンの室温設定

赤ちゃんに快適な室温の設定は、夏は26~28℃、冬は20~23℃と言われていますので、室内では赤ちゃんのいる部屋のエアコン設定温度に気をつけましょう。

また、外との温度差があり過ぎると、外に出た時に体に大きな負担がかかり、体調を壊してしまいます。外との温度差は5℃以内がよいと言われていますので、猛暑日はエアコンの設定温度以外に、外出する時間帯にも注意が必要です。

また、冷たい空気は下に溜まりやすいので、エアコンの温度設定だけでなく、赤ちゃんの寝ている場所に温度計を置き、そこで室温調整をしましょう。エアコンの温度設定では、赤ちゃん周辺の温度が低すぎることがありますので要注意!

赤ちゃんに快適なエアコンの湿度設定

湿度調整された部屋

赤ちゃんにも、幼児にも、大人にも快適な湿度は40~60%と言われています。赤ちゃんは大人よりも表皮が薄く乾燥しやすいため、エアコンや除湿器、加湿器での湿度調節が大切!猛暑の夏はエアコンで空気が乾燥するため加湿が必要ですし、逆に梅雨や台風のジメジメした時期は、エアコンの除湿(ドライ)機能を上手く使うと快適に過ごせます。

赤ちゃんに快適なエアコンの空気作り

ハウスダスト1gあたりのカビの量は100万個、ダニは3000匹と言われています。エアコンや扇風機は風を出すので、部屋中のハウスダストや花粉などを巻き上げてしまいますよね。また、エアコン内にハウスダストが溜まっていれば、そのハウスダストも風と一緒にまき散らしてしまいます。そのハウスダストが、体の小さい赤ちゃんの体に大きな負担を与えてしまうことがあります。

近年、10人中3人があるとも言われているアレルギー。その原因であるカビやダニ、ハウスダストなどのアレルゲンを幼いころに大量に体内に取り込むことで、アレルギーを発症することがあります。そのため室内やエアコンをこまめに掃除し、空気をきれいにする習慣をつけることで、きれいな空気を作ることが大切です。

部屋掃除のポイント

  • エアコンの使わない朝の涼しい時間に掃除機をかける
  • ホコリの溜まりやすい場所はこまめに拭き掃除をする
  • エアコンのフィルターをこまめに掃除する
  • 衣類などホコリの出やすいものはタンスやクローゼットにしまう
  • ベビー布団はこまめに洗い、天日干ししましょう

夜のエアコン使用は?つけっぱなし?

寝苦しい夜は眠りも浅くなってしまい、朝の寝起きや疲労の回復にも悪影響を及ぼしますよね。大人にとってそのような室温は、赤ちゃんにはそれ以上に寝苦しく感じているかもしれません。
睡眠は赤ちゃんにとって大事な時間ですので、快適な環境づくりをしてあげましょう!

夜はエアコンの温度設定を使用する

エアコンが稼動する夜のベビールーム

夜は日中に比べると気温も下がっているので、つけっぱなしを心配するママも少なくありません。また電気代も気になるところですよね。そのような場合は、エアコンの温度設定を高めにし、扇風機を併用するのもおすすめです。電気代の節約にもなりますね。ただし、赤ちゃんにエアコンや扇風機の風邪が直接当たる環境はよくありません。冷房の風は弱風にし、十分に気をつけましょう。

また、赤ちゃんがエアコンで冷えることを気にするママは多いのですが、暑すぎる危険性は見落とされがちです。赤ちゃんはエアコンを使用しないことで、夜間に熱中症になったり、熱が発散できないうつ熱で毎日夜だけ発熱するなどの症状がでたりすることがあります。また、猛暑日などは寝ている間に体温が急上昇し、乳幼児突然死症候群になる危険性も増します

更に、眠くなり汗をかいて汗疹になり、かゆみが原因で寝付きが悪くなったり、夜泣きがひどくなったりする原因にもなりますので、夜間でもエアコンで常に室温を一定に保ちましょう。

衣類で調節しましょう

赤ちゃんは手足が冷たくなっていても、背中やお腹に汗をかいていることがあります。そのような場合は暑がっていますので、服を一枚脱がせましょう。また、暑いか寒いかは背中やお腹を触って確認しましょう。

逆に寝入りばなに手足が暖かくても、背中やお腹が冷えているときは要注意!エアコンのついている室内では、腕や脚を露出しない格好にしてあげましょう。また、冷たいからとミトンや靴下を着用させるのはNG!手足は冷たくなっていても布団の外に出しっぱなしにしてあげることで、赤ちゃんは体温調節がしやすくなります。

寝具を工夫しましょう

赤ちゃんが寝ている時に汗をかく事は自然なことですが、その汗が乾かずにいると体調を崩す原因になりますので、汗を吸収してくれる寝具がおススメです。清潔に保てる、丸洗いできるものが良いですね。

みんなはエアコンどうしてる?いつから?いつまで?

くれよん
30歳

A28度を目安にして、気温が高くなる昼頃からエアコンをつけています

なるべくエアコンは使いたくないと思っていますが、気温が高くなると熱中症が気になります。午前中はエアコンの使用を控えて扇風機で過ごしていますが、部屋の室温計が28度を超えたらエアコンを使うようにしています。

ローズ
33歳

Aエアコンの設定を高めにして扇風機を活用しています

エアコン設定を27~28度にしてつけていますが、暑いと感じることもあります。そんな時は扇風機を併用して使っています!電気代の節約にもなるのでおすすめですよ!

扇風機には娘が指を入れないように、カバーをつけて使用しています。

くれよん
30歳

A一日中つけています

梅雨が明けてからはほぼ一日中エアコンを使用しています。というのも友達の子が夜エアコンをつけない室内で発熱することが続き、病院で室温が高いことが原因だと言われたからです。

ただし、冷え過ぎないように外の気温と温度差が5度以内になるように設定温度には注意しています。お昼寝も夜も、寝ぐずりもなく寝付きよくしっかり寝てくれるので助かっています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪