赤ちゃんの喘息の原因・症状に関する記事

赤ちゃんの喘息の原因とは?乳児喘息発作の症状別の対処法

赤ちゃんの喘息の原因とは?乳児喘息発作の症状別の対処法

赤ちゃんの喘息ってどんなもの?喘息かどうかを見分けるために症状を把握し、対処法や発作の予防法についても知りましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの喘息の原因とは?乳児喘息発作の症状別の対処法

赤ちゃんの喘息はいつから?早期の治療が必要な乳児喘息とは

喘息は、正式には気管支喘息といって、気管支の炎症によって気道が狭くなることで呼吸困難を起こす病気のことです。何らかの刺激を受けることで気管支が腫れ、さらに気道が狭くなって、咳が止まらなくなったり呼吸が苦しくなったりするなどの、発作が起こってしまうのです。

ここでは、喘息の中でも、赤ちゃんの喘息である乳児喘息にスポットを当てて考えていきましょう。喘息は、早い段階で対処することで、症状を抑えたり大人になるまでに完治したりすることができます。ママが乳児喘息について症状や発作の予防法などを知っておいて、正しく対処できるようにしましょう。

小児喘息と乳児喘息の違い

咳をしている赤ちゃん

小児喘息とは、15歳までの子供が発症する喘息のことであり、そのうち2歳未満の赤ちゃんの小児喘息は、「乳児喘息」と区別されています。2歳未満だと、発作の原因になるアレルゲンの特定ができなかったり、風邪をひいただけでも喘息のような症状が現れたりすることから、小児喘息の予備軍として位置づけ、経過を観察する必要があるのです。

さらに、小児喘息の子供の半数以上は、2歳になるまでに発症しますし、小児喘息を発症した子供のうち、3分の1は完治しますが、3分の1はそのまま成人喘息に移行してしまいます。小児喘息を完治するためには、早期治療が大切であり、早期発見のためには乳児喘息に注意しなければならないのです。

赤ちゃんの喘息の原因

喘息の原因としては、次に紹介する「アトピー型」と「非アトピー型」の2つに分けられます。赤ちゃんの喘息のほとんどはアトピー型であり、その原因を知ることで、原因物質を遠ざけてあげることが必要です。ここでは、アトピー型・非アトピー型喘息の原因について詳しくみていきましょう。

アトピー型喘息の原因

猫

ホコリ・ダニ・花粉・動物の毛などのほか、食品といったアレルゲンが体内に侵入することによって、身体を守るためにIgE抗体が作られて発作が起こる喘息を、「アトピー型」と言います。アレルギー体質である家族や親戚がいる赤ちゃんは、特に喘息になる確率が高くなります

非アトピー型喘息の原因

たばことライター

ステロイドやアスピリンの使用によって起こる喘息のほか、アレルゲンが特定できない原因不明の喘息は、「非アトピー型」に分類されます。非アトピー型は、成人喘息に多く、ストレスや過労、たばこ、気温の変化、運動することなどが発作の引き金になることもあります。

乳児喘息の症状と対処

赤ちゃんの喘息の症状として、気道が狭くなることで呼吸のたびに、「ゼロゼロ」「ヒューヒュー」と音がすることや、喘鳴(ぜんめい)呼吸の際に、鎖骨や肋骨の上がへこむ陥没呼吸があるということを知っているママも多いのでは?これらの見分けやすい症状の他、乳児喘息には発作の程度に応じて、次のような症状が見られます。

小発作の症状

機嫌が悪い赤ちゃんのイラスト

喘息の中でも初期段階である小発作の場合、次のような症状が見られます。症状が悪化するリスクもあるので、軽い症状であるからと放置しないで、次のような症状が見られたら、適切な対応をしましょう。縦に抱っこしてあげると落ち着く場合もありますので、落ち着いて症状を見極められるといいですね。

  • 喘鳴
  • 軽く咳き込む
  • 軽度の肋骨の陥没
  • 何となく機嫌が悪い

小発作の対応

  • 安静にして発作が治まるのを待つ
  • 改善がみられない場合は、気管支拡張剤の吸入・服用を行う
  • 症状が悪化していると感じたら、病院を受診する

中発作の症状

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

小発作の次の段階である中発作の症状は、次の通りです。小発作と違い、赤ちゃんは随分苦しそうな様子に見えて、不安になるかもしれませんが、慌てないで正しく対応できるようにして、悪化させないようにしましょう。

  • 喘鳴
  • 陥没呼吸
  • 機嫌が悪い
  • ミルクの飲みが悪い
  • 嘔吐

中発作の対応

  • すぐに、気管支拡張剤の吸入・服用を行う
  • 改善がみられない場合は、すぐに病院を受診する

大発作の症状

救急車のイラスト

大発作になると、迅速に適切な対応をしなければ、命の危険に晒されることもあります。言葉で症状を伝えられない赤ちゃんの場合は、ママが次のような症状が見られると、危険であることを知っておいて、症状を正しく見極め、適切な対応を心がけなければなりません。

  • 泣き叫ぶ・唸る
  • 陥没呼吸
  • 呼吸のたびに肩を上下する
  • 唇や爪の色が白または紫
  • 意識がもうろうとしている
  • 興奮して暴れる

大発作の対応

  • すぐに、気管支拡張剤の吸入・服用を行う
  • できるだけ早く病院を受診する
  • 場合によっては救急車を呼ぶ必要がある

喘息の発作を予防するには

喘息と診断されると、「いつ発作が起こるのか」「ひどい発作が起こったらどうしよう」と心配し過ぎて、ママのストレスになってしまうことも。次のような、喘息の発作を予防する方法を日頃から実践していると、発作が起こるリスクも軽減できるので安心ですね。

こまめに掃除する

床掃除をしているお母さん

部屋の中でほこりやダニ、花粉などの、発作の原因となるハウスダストが舞い上がるのを防ぐために、こまめに掃除機をかけるようにしましょう。床は、カーペットや畳よりはフローリングの方が、ハウスダストが付着しにくいですね。さらに、赤ちゃんが過ごす部屋には、ぬいぐるみやクッションなどの、ダニがつきやすい物は置かないようにしましょう。

寝具のダニ対策を行う

ベッドと布団

定期的に布団乾燥機で乾燥させた後で、布団クリーナーをかけるようにすると、日頃からダニを排除できます。さらに、防ダニ布団や布団カバー、ダニ取りシートを使用すると、ダニ対策は万全ですよ。目に見えないものなので、気にし過ぎるとストレスになってしまいますが、できる範囲で継続していくことが肝心です。

空気清浄器でアレルゲンを除去する

空気清浄器のイラスト

空気中には、目に見えないアレルゲンが沢山浮遊していて、健康な人なら大丈夫な室内でもアレルゲンが多く、喘息発作の引き金になることもあります。掃除するにも限りがありますから、空気清浄器を使って、なるべくアレルゲンを除去するといいですね。また、空気が汚染しないように、室内で大人が喫煙することはやめましょう。

ペットを飼うときは気をつけましょう

室内で飼うペット

猫や犬を室内で飼うことで、発作を起こしてしまうこともあります。元々飼っている場合は、室外で飼うようにするか、一時的に預かってもらうようにするなどし、新たに飼うときには気をつけるようにしましょう。ちなみに、アレルゲンのないペットで、カメや金魚、熱帯魚などは、発作を引き起こすことはありません

水分をしっかり摂る

赤ちゃん用マグカップのイラスト

発作が起こっているときは、痰がきれにくくなっていて、体内の水分も不足しがちであるので、水分をしっかり摂るように心がけましょう。湯冷ましや果汁、麦茶など月齢に合わせて、子供の飲みやすいものを選んで与えるといいですね。夜中に発作に慌ててしまうと、なかなか水分を与えようとは思いつかないので、枕元に置いておくのもいいですよ。

喘息日記をつける

喘息日記には、その日の天気や発作の状態、せきなどの症状、使った薬などを記入します。喘息日記をきちんとつけることで、どんな時に発作が起こりやすいのかが分かり、医療機関を受診するときに見せることで、薬の効き方や喘息の経過などを、正しく伝えることができるのです。

喘息の赤ちゃんが外泊するときの注意点

赤ちゃんを連れて旅行する家族のイラスト

災害時や旅行などで、外泊する機会もあると思います。ただでさえ、家と違う環境で体調を崩しやすいうえ、アレルゲンを除去することもできないので、発作を引き起こしてしまうこともあり、万全に準備しておくことが大切です。吸入器を使っている場合は、バッテリー式や電池式のものや、車のバッテリーにつなげるものを準備しておきましょう。

薬も、余分に常備しておいて、日頃から持ち歩くようにしておくといいですね。外泊先で使うクッションや枕、簡易布団なども、清潔なものを用意しておくと、アレルゲンの心配もなく安心して使えますよ。さらに、外泊先でひどい発作が起こったときのために、医療機関の場所や連絡先を把握しておくことも大切です。

  • 吸入器は停電時でも使えるようにしておく
  • 普段服用している薬を持っておく
  • 清潔な寝具を用意する
  • 最寄りの医療機関の場所や連絡先を把握しておく

赤ちゃんの喘息発作が起きたら

赤ちゃんに喘息発作が起きても、ママが落ち着いて対処することが大切です。そのためには、発作が起きた場合にどのように対処すればいいのか、薬を使用するタイミングなど、あらかじめかかりつけ医と話し合っておくと安心ですね。さらに、夜間や休日に対応してくれる医療機関を、前もって調べておくといいですよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。