バビンスキー反射とは?に関する記事

バビンスキー反射から分かること~赤ちゃんの足の原始反射

バビンスキー反射から分かること~赤ちゃんの足の原始反射

バビンスキー反射が赤ちゃんに見られない場合や、成長してもバビンスキー反射が消失しない場合、どんな異常があるのでしょう?病的反射について詳しく紹介するほか、モロー反射やギャラン反射などの、バビンスキー反射以外の原始反射について徹底解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  バビンスキー反射から分かること~赤ちゃんの足の原始反射

バビンスキー反射で何が分かる?原始反射が消失しないと異常?

バビンスキー反射という、赤ちゃんが持つ原始反射をご存じですが?ある刺激に対して、一定の反応を示す現象のことを反射といいます。

一般的に、意識的に素早く反応することを「反射神経がいい」といわれますが、それに対して原始反射は無意識に行われるのが特徴です。

初めて出産するママは、バビンスキー反射の具体的なイメージがつかみにくく、「どんな意味があるの?」「しないと何がいけないの?」など、疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、バビンスキー反射の特徴や意味、そのほかの重要な原始反射について分かりやすく解説していきます。

バビンスキー反射とは?

赤ちゃんの足

バビンスキー反射とは、足の裏の外側の縁をこすった際に、足の親指が足の甲側に曲がる赤ちゃんの原始反射の一つで、
正常な大人の足の裏をこすった場合は、一般的に足の指を足の裏側に曲げる足底反射が見られます。

フランスの医師ジョセフ・バビンスキーが発見したことから、バビンスキー反射と名付けられました。赤ちゃん時期のバビンスキー反応によって、神経系が正常で、足がきちんと動くかどうかを確認することができます。

原始反射とは?

原始反射とは、赤ちゃんに生まれつき備わっている反射のこと。神経系が未発達な赤ちゃんは、体を思い通りに動かすことができないため、原始反射を繰り返すことで、自分の体のコントロールのしかたを身に着けていきます。

赤ちゃんのバビンスキー反射の見方

バビンスキー反射は、赤ちゃんの時期にだけみられる特殊な反射なので、ぜひ実際に見てみたいというママもいるのでは?そこで、ママでもできるバビンスキー反射を見る方法をご紹介します。

赤ちゃんのバビンスキー反射を見る際は、静かな環境で行うのがポイント。また、赤ちゃんがリラックスした状態で行うといいですね。

バビンスキー反射は次のような方法で見ることができます。

赤ちゃんのバビンスキー反射を見る方法

  1. 赤ちゃんを仰向けに寝かせる
  2. (ママが右利きの場合)赤ちゃんの左の足首で確認する
  3. 足の指が上を向くように、赤ちゃんのかかとをママの左の手のひらに乗せる
  4. ママの右手の親指または人差し指で、赤ちゃんの足の裏の外縁をかかとから小指に向かってこする

この方法で、赤ちゃんの足の指が足の甲に向かって扇状に開いた場合、バビンスキー反射が陽性と判断されます。

ただし、赤ちゃんの動きがかわいいからといって、やりすぎには注意しましょう。

バビンスキー反射は、自分の意思とは関係なく動くため、あんまりやると赤ちゃんが疲れてしまいます。また、赤ちゃんの皮膚はデリケートなので、何度も行うと脚の裏の皮膚がこすれてしまいますよ。

赤ちゃんのバビンスキー反射はいつからいつまで?

妊婦さんのお腹に中にいる胎児

バビンスキー反射は、赤ちゃんがお腹のいるころから現れはじめます。妊娠12~13週頃から見られるようになって、20週頃には通常の赤ちゃんと同じような反射が現れると考えられています。

原始反射は、赤ちゃんの成長とともに中枢神経が発達することによって、徐々に抑制されるため、正常な子供の場合、2歳ころになるとバビンスキー反射は消失します。

バビンスキー反射が消失しないとどうなるの?

バビンスキー反射は、基本的な運動機能が発達する2歳をすぎても消失しない場合、錐体路(すいたいろ)という運動神経の経路に障害が起こっている可能性があります。

錘体路とは、随意運動という自分の意思で体を動かす神経経路で、錘体路に異常が起こると、意識的に自分で自分の体を動かすことができなくなってしまうのです。

正常児の場合、2歳を過ぎると中枢神経が発達するため、バビンスキー反射が抑制されますが、錘体路に異常が見られる場合は、その抑制が効かなくなるためバビンスキー反射が残ってしまうのです。

このように、通常、大人になると起こらないはずなのに、何らかの異常によって起こってしまう原始反射のことを「病的反射」といいます。主な錘体路の異常によって起こる病的反射には、次のようなものがあります。

チャドック反射

チャドック反射とは、くるぶしの下をかかとから親指側になぞったとき、足の指が開き、親指が足の甲に向けて曲がる反射のことです。

ロッソリーモ反射

ロッソリーモ反射とは、足の裏の指のつけ根と土踏まずの間あたりをハンマーで叩いたとき、足の指が甲の方に曲がる反射のことです。

マリーフォア反射

マリーフォア反射とは、足の指を握って下の方に曲げたとき、下肢全体が曲がり、足が甲の方に反る反射のことです。

基本的にこれらの反射は、正常発達の赤ちゃんには何も起こらないことから、もし反射が見られる場合は、何らかの異常が疑われるため注意が必要です。

知っておきたいその他の赤ちゃんの原始反射7つ

ここまで赤ちゃんのバビンスキー反射について解説してきましたが、赤ちゃんにほそのほかにさまざまな原始があります。原始反射は、赤ちゃんの成長が分かる大切なバロメーターとなるため、どんな種類があるのか知っておきましょう。

赤ちゃんにみられる主な原始反射には、主に次のようなものがあります。

1モロー反射


おくるみで巻かれて寝ている新生児

モロー反射とは、周りからの刺激がきっかけとなり、何かに抱きつくように手を伸ばす動作のことで、もともとはママの体に、しっかりと抱きつくために起こるのではないかと言われています。

モロー反射は、音や光、風など、体が刺激を受けた時に起こることが多く、寝ているときに急に起こると、目が覚めて泣き出す赤ちゃんもいます。動きが激しいときには、おくるみなどで巻いてあげると落ち着いて眠ることができます。

モロー反射は、一般的に新生児期から現れ、生後3ヶ月頃に消失します。

2吸綴反射

吸啜反射とは、唇に触れたものに吸い付く動作のことで、妊娠8ヶ月ごろ、ママのお腹の中にいるときから起こっていると言われています。

この反射によりママのおっぱいや哺乳瓶を吸い、口から栄養を摂ることができるようになるため、赤ちゃんが生きていくための、とても重要な反射です。

吸啜反射は、生後6ヵ月ごろには消失するため、その後は自分の意思で口を動かしておっぱいを吸います。

3口唇追いかけ反射

赤ちゃんの口

口唇追いかけ反射とは、唇の近くに触れたものの方に顔を向けて、唇と舌で挟もうとする動作のことで、捕捉反射やルーティング反射と呼ばれます。

口唇追いかけ反射を確かめるには、赤ちゃんの唇の周りを指で触ってみると、指の方に顔を向け、唇を近づけて吸いつこうとします。

正常な赤ちゃんであれば、だいたい生後6ヵ月くらいで消失する反射ですが、顔の左と右で動作に差がある場合には、脳や顔の神経に障害がある可能性があります。

4把握反射

把握反射とは、手のひらに触れたものを強く握ろうとする動作のことで、ママから離れないように、しっかりつかむための動きと考えられています。

この反射は、生まれてすぐから見られ、生後4~6ヵ月ごろには消失するのが一般的です。

5パラシュート反射

パラシュート反射とは、体が倒れそうになったときに、手を出して支えようとする動作のことで、うつ伏せにした赤ちゃんを水平に持ち上げ、頭の方を下に傾けたときに、手が出るかどうかを確かめます。

この反射は、つかまり立ちやあんよをし始めたのころ、だいたい生後9~10ヵ月ごろから見られます。歩きはじめのふらつきがちな体を、自然と手が出ることで支えることができるようになるのです。

パラシュート反射は、大人が転びそうになった時に、とっさに手が出るのと同じメカニズムで、ほかの反射と違って成長しても消えないのが特徴です。

6足踏み反射

赤ちゃんを持ち上げるママのイラスト

足踏み反射とは、赤ちゃんを持ち上げて立たせたとき、足を交互に出して歩くような動作のことで、原始歩行や自動歩行とも呼ばれます。

新生児期から生後2ヵ月ごろにかけて見られることから、この反射が起こることによって、まだ自分で歩くことはできなくても、生まれながらにして二足歩行のプログラムが組まれていることが分かりますね。

ほかの原始反射が生後6ヵ月ごろに消えるのに対して、足踏み反射は比較的早く、生後2ヵ月を過ぎると消失します。

7ギャラン反射

ギャラン反射とは、うつ伏せに抱っこした状態で背骨の左側をこすると左足が動き、右側をこすると右足が動くという動作のことで、体のバランス感覚を養うために起こると考えられています。

ギャラン反射は生後半年ほどで消失することから、見逃して後悔しないように、ぜひ消失する前に動きを確かめてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ