赤ちゃんの便秘解消に関する記事

赤ちゃんが便秘でうんちがでない…自宅でも可能な5つの解消法と対策

赤ちゃんが便秘でうんちがでない…自宅でも可能な5つの解消法と対策

赤ちゃんの便が硬い、もうしばらくうんちをしていない…これって便秘?と、心配なママの為に、何日出ないと便秘なのか、どうして便秘になっちゃうのか、赤ちゃんが便秘にならないような食事やマッサージの方法など、効果てきめんな便秘解消方法と対策5つ。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんが便秘でうんちがでない…自宅でも可能な5つの解消法と対策

赤ちゃんの便秘の基準は?

寝そべる赤ちゃんとハートマーク

今日はうんちがでていないというだけで、とても心配する新米ママもいるでしょう。
どこか体が悪いかも…、とママの悩みの種になります。
便秘とはどのくらい便が出ないと便秘と言えるのでしょうか?
心配をする前に便秘にならないように対策をしてみてはどうでしょうか?

1赤ちゃんの便秘の基準は?

赤ちゃんのおしり

赤ちゃんは授乳のたびに排便する子もいれば、3日に1回の子もいるそうです。
では、どういった症状ならば便秘と呼べるのでしょうか。赤ちゃんがうんちをするときに、いきんで苦しそう、排便すると肛門が切れて出血してしまうなどの困難を伴う場合を便秘 と認識して良いでしょう。

完璧に定義されている基準は無いのですが、一般的に上記に上げた状態の場合はとにかく肛門が切れる程ですからなんらかの処置が必要です。

2赤ちゃんが便秘になる理由とは?

うつぶせに寝る赤ちゃん

便が硬くなりスムーズに排便できない理由としては、大人と同じで様々な理由が考えられます。
又一言で赤ちゃんの便秘と言っても月齢によって症状や原因も変わって来ます。
先天的な事から、運動不足・食事に関する事など様々な理由があります。
普段は毎日排便していた赤ちゃんが、急に数日間排便しない、機嫌が悪い、具合が悪そうなどの様子を見せたら、受診した方が良いでしょう。

3便秘の赤ちゃんにしてあげられるマッサージと刺激

赤ちゃんはご機嫌の様子だし普段通りだけれど、数日間排便がない。病院へ行くほどではないけれど、何かしてあげたいと思ったらお腹のマッサージをしてみて下さい。
赤ちゃんのお腹を『の』の字にマッサージする便秘マッサージです。このマッサージをしてあげる時は力を入れずに優しく優しくすることが大切です。

ママの手のひらにベビーオイルをつけて、赤ちゃんのお腹を温めるような気持ちで、手のひら全体で優しく『の』の字を描きながらマッサージしてください。決して強くしてはいけません。
又、仰向けに寝かせた赤ちゃんの足を持って、自転車を漕ぐように動かすのも腸への刺激になるようですが、赤ちゃんは大人と違いデリケートですので充分に注意して行って下さい。

どちらも、赤ちゃんが楽しそうにしているか、ご機嫌をみながらやってください。 決して無理には行わない様にして下さい。

4食事で便秘になるのを防ぐ

砂糖

食べるものであかちゃんの排便を促すことも考えましょう。
昔からある方法として砂糖水を飲ませるという対処法があります。
赤ちゃんに与える砂糖水を作るには砂糖ほ乳瓶に入れ、お湯を加えよく振って溶かします。
程よい糖水の割合は5%であまり与えすぎると下痢をする可能性もあるので
始めは10〜20cc程で様子をみましょう。

最近では血糖値が上がり甘いもの好きになるという懸念から、純粋に糖水をあげるママは少なくなっています。

赤ちゃん用の「マルツエキス」という商品が和光堂からでています。麦芽糖の発酵作用によって赤ちゃんの腸の動きを活発にします。水飴状になっていて薄めて使うものと、粉末のスティックタイプがあります。
マルツエキスは赤ちゃん専用の売り場でしか売っていないのですが、コンビニやドラッグストア、スーパーマーケットでの赤ちゃん用品専用コーナーで購入できます。

4~5ヶ月になって、スプーンから食べられるようなら、プルーンを煮て潰した状態の瓶詰めがガーバーから出ています。ドラッグストアなどの赤ちゃん食コーナーにあります。 スプーンですくってそのまま食べさせたり、パン粥やヨーグルトに混ぜて食べさせたりしても良いでしょう。

離乳食が始まってからの便秘なら、繊維質のものを食べさせるようにするのも効果があります。忙しくて野菜を加熱してつぶしたりできなくても、リンゴのすりおろしやバナナなど手軽に食べられるものでもお腹に優しいです。

また、若返りブームで大人に人気のゴボウ茶も、赤ちゃんに対しても良く、ごぼうをささがきにして乾燥し、フライパンで煎ってお茶のように煮出してつくるのですが、手軽に作れる市販品もあります。赤ちゃん用には少々高価でも国産ゴボウの商品を選んでも良いでしょう。

5最終手段で綿棒を入れる方法も

うんちが出ない赤ちゃんの為の最終手段が綿棒をおしりに入れて刺激を与えて排便を促す「綿棒浣腸」という方法もあります。
詳細な方法はベビーオイルを綿棒にたっぷり浸して肛門に入りやすくします。
1センチ程入れ、数秒間優しくゆっくり回します。

この時綿棒を深く入れすぎたり強く回したりすると、赤ちゃんを傷つけてしまうことがありますので十分注意しましょう。
また「ちょっと自分でやるのは怖い」という方は、小児科に行って診察を受け相談し、看護師にマッサージや綿棒浣腸のやり方を見せてもらいましょう。

心配しすぎで育児が手につかなくなる場合はお医者さんへ

医者のイラスト

うんちが出ない日が2、3日ならともかく1週間うんちが出ていない…となるとさすがに病院で一度診察してもらった方がホッとします。

ママが安心するためにも、赤ちゃんの機嫌や顔色が悪い、いつもの排便ペースよりかなり長く出ていない、お腹が張っているなどの便秘特有の症状がみられる場合には、小児科を受診することをおすすめします。
また小児科で診察の際には、食事などママが不安に思うことを、医師や看護師に色々と聞いてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪