赤ちゃんの耳掃除のやり方に関する記事

赤ちゃんの耳掃除の仕方と頻度や注意点!耳鼻科に行く?

赤ちゃんの耳掃除の仕方と頻度や注意点!耳鼻科に行く?

赤ちゃんの耳掃除をする時のポイントを分かりやすく纏めました耳掃除のやり過ぎは禁物!ベビーオイル付き綿棒なら耳掃除も楽々♪

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの耳掃除の仕方と頻度や注意点!耳鼻科に行く?

赤ちゃんの耳掃除はいつから?しない?

皆さんは、赤ちゃんの耳掃除どうしていますか?寝ているだけの小さな赤ちゃんでも毎日生活していると、意外と耳垢が溜まってしまいます。しかし、赤ちゃんの小さな耳を掃除するのは、ママも不安ですよね。

今回は、赤ちゃんの耳掃除に仕方や耳掃除グッズについてご紹介します。もちろん、困ったことがあったら耳鼻科に相談するのがベスト。耳鼻科との関わり方についてもご紹介します。

赤ちゃんのお世話は色々ありますので、ママも忙しいですね。赤ちゃんの耳掃除については、あまり神経質になりすぎることはないですよ。

赤ちゃんの耳掃除はいつから?しない?

赤ちゃんの耳掃除は、いつから始めるのがベストなのでしょうか。始める時期の前に、耳垢についてご説明しておきましょう。

耳垢って?

耳垢の動きを説明してる耳の断面図イラスト

耳垢とは、古くなった耳鼻道の皮膚が剥がれたものと、皮脂や粘液など分泌物や外から入ってくるホコリなどから出来ています。赤ちゃんは、新陳代謝が活発なので、小さくても耳垢が溜まりやすくなっています。

耳垢には、乾燥している人と湿っている人がいます。日本人には、耳鼻皮膚からの分泌物が少ない人が多いため、約6割が乾燥した耳垢の持ち主です。遺伝性と言われていますが、必ずしも両親と一緒ということはないので、ご参考までに♪

耳掃除はいつから始める?

大人でも耳垢が少したまると痒くなったりしますよね。「赤ちゃんも耳垢が溜まって痒くなってないかな?」と心配になるママもいるかもしれませんね。

人間の耳の中は、次々と新しい耳垢が出てくるので、古くなった耳垢は自然と耳の外に追い出される仕組みになっています。なので、赤ちゃんの時は、耳の入り口あたりをきれいにしてあげるだけで十分です。

また、赤ちゃんの耳掃除を、いつから始めなければならないという決まりはありません。赤ちゃんの耳のまわりのふき取りは、新生児からしてあげて問題ありません。

赤ちゃんの耳掃除の頻度は?

赤ちゃんの耳掃除は、耳の入り口あたりを清潔にしてあげることが大切です。耳のまわりの汚れをそのままにしておくと、溜まって耳垢となってしまいます。

出来る限り毎日、耳の入り口あたりをきれいにふき取ってあげましょう。スキンシップがてら、耳のまわりを拭いてあげる程度にしましょう。絶対毎日ふき取らないといけない訳ではありません。赤ちゃんのご機嫌が悪い時や体調の悪い時などは、お休みをしても大丈夫ですよ。

赤ちゃんの耳掃除はどこまで?やり方

では、赤ちゃんの耳掃除は、どのようにしてあげると赤ちゃんの負担が少なくて良いでしょうか。耳掃除をするタイミングやおススメの耳掃除グッズをご紹介します。

また、耳掃除のし過ぎや、耳掃除しなかったことで起こるトラブルを、先輩ママさんの体験談でご紹介します。

赤ちゃんの耳掃除のタイミング

お風呂上がりでタオルに包まった赤ちゃん

赤ちゃんの耳のまわりの汚れを取ってあげるタイミングは、お風呂上りがベストです。お風呂上りは、耳のまわりの汚れが水分を含んでふやけているので、汚れが取れやすくなっています。

もちろん、お風呂上りに赤ちゃんがじっとしてくれなくて、耳掃除できないようなら無理にする必要はありません。赤ちゃんの機嫌の良いタイミングで行いましょう。

お風呂上りに授乳している時に、軽くふき取ってあげるのもよいでしょう。左右交互に授乳してあげると、両耳きれいにふき取ってあげることができますね。

便利な赤ちゃんの耳掃除グッズ

赤ちゃんの耳掃除をする際は、清潔なガーゼで耳のまわりをふき取ってあげるだけでも良いのですが、綿棒を用意しておくと便利です。
最近は、赤ちゃん専用の綿棒が色々と販売されています。

1オイルがついているベビー綿棒(細軸)50本入
オイルがついているベビー綿棒

ピジョン

400円 + 税

植物性のオイルを含ませているので、力を入れなくても軽くふき取るだけで汚れをとることができます。個包装なので衛生的で、細軸ですがしっかりしているので、使いやすくなっています。耳掃除以外にも鼻のケアにも使用することができますので、買っておいて損はありません。ピジョンからは粘着タイプの綿棒も販売されています。

http://products.pigeon.co.jp/item/index-870.html

2コットンZOO 赤ちゃん綿棒くろ 160本ケース入
赤ちゃん綿棒くろ

平和メディク

315円 + 税

汚れがわかりやすい黒色の綿棒です。パンダのイラストが描かれたケースのデザインも可愛らしいですね。コットンZOOシリーズには、細目のタイプや先端がスパイラルになったタイプも販売されているので、用途により使い分けることもできます。

http://www.heiwamedic.com/product/cotton_zoo/4976558005438.html

赤ちゃんの耳掃除のやり方

赤ちゃんの耳掃除は、清潔なガーゼや綿棒で、耳の入り口あたりを優しくふいて汚れを取ってあげるだけで十分です。綿棒を使用する際に、先に少しベビーオイルを含ませてあげると、汚れが取れやすくなります。

赤ちゃんの耳掃除をする時には、赤ちゃんの耳の中の粘膜を傷つけてしまう可能性がありますので、綿棒を耳の奥まで突っ込むことはやめましょう。赤ちゃんの耳は小さいので、入口から1cm程で鼓膜まで届いてしまいます。十分に気を付けてください。

【体験談】耳掃除し過ぎもしないのもNG!

先輩ママの皆さんの、赤ちゃんの耳掃除に関する体験談をご紹介します。赤ちゃんの耳掃除の、正しいやり方がわからず、困った経験があるママは意外と多いみたいです。

にらめっこ
33歳

耳掃除をしなかったら…

1人目の子の時は、赤ちゃんの時から耳のケアを全然していませんでした。1歳半の時に、花粉症のような症状がでたので、初めて耳鼻科に連れていったら先生に「耳垢が溜まって、もうすぐ耳の穴を塞いでしまうところだよ」と言われてビックリしました。その場で耳垢をとってもらい、耳掃除の仕方を教えてもらいました。「赤ちゃんの場合は、耳を傷つけるので綿棒はほんの入り口だけ使用し、手前の大きな耳垢はピンセットでとるように」とのことでした。2人目を出産した時に、産院でもらった育児冊子を読んだら、耳掃除のこともきちんと書いていました。1人目の時は、読み飛ばしてしまったのかなと反省しています。

おおだいこ
29歳

自宅での耳掃除は難しい

娘は、赤ちゃんの頃から耳掃除が大好きで、綿棒で耳のまわりをこちょこちょしてあげると気持ちよさそうに目を閉じていました。娘が喜ぶので私もついつい耳掃除の時間が長くなってしまい、綿棒を奥まで入れてしまうこともあったようです。
ある時、耳鼻科に連れていくと「耳垢が耳の奥に入り込んでしまっている 」と言われました。綿棒を奥まで入れてしまうと、逆に耳垢を奥に押し込んでしまうとのことです。その耳鼻科には、「耳垢は、耳を外部の刺激からまもる役割を果たしているので、耳掃除は、特にする必要はありません。」と張り紙がしてありました。耳垢で耳の穴を塞いでしまうのは、困りますが、耳の中の壁に張り付いているのは問題ないとのことです。

赤ちゃんの耳掃除は怖い…耳鼻科はいつから?

耳鼻科で耳の診断を受けている子供のイラスト

赤ちゃんの耳を覗いて耳垢が見えると気になりますね。ただ、赤ちゃんの小さな耳に綿棒を入れてとるのは、怖いと感じるママも多いでしょう。

自宅で赤ちゃんの耳垢を無理に取ろうとする必要は、ありません。気になるようでしたら、耳鼻科に連れて行って処置してもらいましょう。耳鼻科は、新生児の赤ちゃんから受診することができます。

小児科だけでなくかかりつけの耳鼻科もあると、症状により病院を使い分けることができるので便利ですよ。ただ、花粉症の時期の耳鼻科は、かなり混雑していることが予想されます。予約制の耳鼻科だと待ち時間が少なく受診できますよ。

なんとなく嫌な匂いがしたり、 赤ちゃんの耳の中が臭い気がしたら、綿棒を入れてみたりしないで、素直に耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。

赤ちゃんの耳掃除で血が出たら?

赤ちゃんの耳掃除をしていると、赤ちゃんが急に予想外の動きをしたり、つい奥まで突っ込んでしまったりして、耳から血が出てしまうこともあります。

耳のまわりの傷でしたら、消毒液を綿棒につけて消毒してあげることもできますが、耳の中だと心配ですね。出来るだけ早めに耳鼻科に連れて行きましょう。
耳鼻科によっては花粉症の季節など非常に混んでいるところもありますが、状況を説明すれば早めに処置をしてもらえることもあります。

赤ちゃんが耳掃除中に大泣きしたら?

大泣きしている赤ちゃん

耳掃除をすると気持ちよさそうにする赤ちゃんもいますが、耳掃除が嫌いという赤ちゃんもいます。赤ちゃんが、耳掃除をしている時に大泣きしたら、無理に続ける必要はありません

毎回大泣きするようでしたら、寝ている時に、そって耳のまわりを拭いてあげるだけで十分です。ただ、耳垢が溜まって耳の穴を塞いでしまうと困りますので、定期的に耳鼻科で診てもらうようにしましょう。耳垢を長く放置しておくと、耳鼻科でもとるのに時間がかかり、結果的に赤ちゃんを泣かせてしまうことになる可能性もあります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪