赤ちゃんの保湿はクリーム?に関する記事

赤ちゃんの保湿ケア~無添加クリームなどのおすすめ商品

赤ちゃんの保湿ケア~無添加クリームなどのおすすめ商品

赤ちゃんのお肌の保湿、どうしてますか?ツルルン肌の赤ちゃんですが、実はとってもデリケート。お肌を守るために、正しいケア方法を覚えて、天然素材の優しいクリームなど保湿ケア商品にもこだわりましょう。もちろん、パッチテストもお忘れなく!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの保湿ケア~無添加クリームなどのおすすめ商品

赤ちゃんの保湿はクリームで人気の高いおすすめ商品を紹介!

最近の医学界では、赤ちゃんの保湿は必要であるという意見が多くなってきております。小さい頃にきちんと保湿ケアを続けていった子どもは、アトピーなどの皮膚疾患をかかえにくいとも言われてもおります。小児アトピーは一度なってしまうと、本人もママも大変でツラいものですから、防ぐことができるなら、それに越したことはありませんよね。

さて、どんな保湿剤が、他のママからの信頼が熱い商品なのでしょうか?ママ達の「口コミ・ランキング」でも、人気の高い商品をご紹介します!

赤ちゃんにも保湿ケアが必要なワケ

赤ちゃんのほっぺたは、すべすべでモッチモッチ。いつまでも触っていたくなるような肌触りだとは思いませんか?キメの細かい肌のことを「赤ちゃん肌」と形容することもありますよね。

そんな赤ちゃんのお肌は、実はとってもデリケートだということをご存知でしたか?あの魅惑的なもち肌は、放っておくとすぐにコンデションが悪くなります。それもそのはず、赤ちゃんの皮膚は、大人の皮膚の約半分の厚さしかありません。皮膚全体が薄い分、周りの刺激からお肌を守ってくれる角質層も薄く、お肌のバリア機能は大人よりもずっと弱い状態です。赤ちゃんの肌は、新陳代謝が早いため綺麗に見える事が多いのですが、きちんとお手入れしてあげないと、あっという間にカサカサになってしまいます。

頬っぺたがプルプルしている赤ちゃん

デリケートな赤ちゃんのお肌を守るためには、こまめに保湿をしてあげましょう。そのタイミングは、お風呂あがりがおススメ、そのほか、授乳後や口周りが汚れをとって後も保湿のチャンスです。

一昔前までは、こんなにも赤ちゃんの保湿をうるさく言われることはありませんでした。しかし、今、小児科医の先生たちの間では、赤ちゃんの頃のこまめな保湿が、その後の肌質に影響があるのだと、盛んに言われております。なんと、体内から水分量が極端に減ってしまう生後3ヶ月目以降、赤ちゃんの肌をしっかりと保湿をすれば、将来的にも肌を綺麗なままに保つことができたり、アトピーになる確率もグッと減るらしいのです。

赤ちゃん時代のすべすべな肌をこの先も守るため、そして赤ちゃんの将来の肌トラブル防止のために、ママは保湿ケアに努めましょう!

クリームやローションを使って保湿ケアする時の注意点

保湿といえば、軽い使用感のものから「ローション」「乳液」「オイル」「クリーム」があります。こういった種類の保湿ケア商品を赤ちゃんに使う時には、どんなことに注意すべきなのでしょうか?

デリケートな赤ちゃんの肌に負担のかかりにくい方法をご紹介します。

無添加で低刺激のケア商品を選ぶ

赤ちゃん用の保湿クリームのイラスト

保湿なら何を使っても良いという訳ではありません。赤ちゃんの肌は敏感肌でか弱いので、ママさんが日頃使っているようなボディクリームは適しません。

赤ちゃんには、赤ちゃん用の優しいケア商品を選びましょう。余分な化学物質が入っていない、シンプルなものが一番です。例えば、香料や防腐剤、界面活性剤などが入っていない無添加のものなら、赤ちゃんも安心して使うことができます。また、匂いがきついものも、刺激がきつくなりますので避けましょう。

医師に相談し、パッチテストを行う

小児科の医師のイラスト

肌の弱い方が、何か新しい化粧品やケア商品を使う時には、必ず安全のためにパッチテストを行います。赤ちゃんのデリケートな肌にも、事前にパッチテストを行って、どんな成分が含まれている保湿ケア商品が安全で、どの成分は危険であるのかを見極めましょう!

〈パッチテストの方法〉
  1. 赤ちゃんの二の腕の内側に、使いたい商品を少し塗る(10円玉大くらい)
  2. 24時間そのまま放置する
  3. 赤くなったり腫れたりかぶれたりしていないかを確認して、異常がなければ使用可

また、小児科で相談すると、どういった種類の保湿剤が肌質や今の状態に合っているのかを的確にアドバイスしてくれます。予防接種や何かの受診の時に一緒に聞いてみましょう。

新生児期の赤ちゃんに利用する時は短時間

新生児の赤ちゃん

保湿が原則の赤ちゃんですが、実は生後1ヶ月〜2ヶ月くらいまでは、油分が多い思春期の男の子のような状態になっています。乳児湿疹といって、多くの赤ちゃんの肌の調子が悪くなります。新生児ニキビと呼ばれる赤ちゃん版のニキビは、油分の多さが主な原因です。

肌にうっすらたまる油分の分泌は、ママからもらった女性ホルモンが関わってくる生理的なものですので、そのホルモンがなくなり始める生後3ヶ月頃になると、ほとんどのお子さんの分泌量は落ち着いてきます。それまでのケアは、肌を清潔に保つことが基本に行います。新生児期は油分が多いお肌の状態のため、クリームを念入りに塗る必要はありません。新生児の頃は、保湿はさっと済ませましょう。ローションなどの軽めのケア商品を使っていきましょう。

顔や頭のデリケートな部分につける際にはさらに薄くしてぬる

首から上の皮膚と体の皮膚は、触ってみるとすぐにわかりますが、薄さが異なっております。確かに、大人でも顔の保湿と体の保湿は基本的に別のものを使っていますよね。顔や頭の皮膚は、デリケートな場所であるということは、化粧などをする女性にとっては、常識ですよね。

赤ちゃんにも同じことが言えますので、顔や頭には、体よりも薄めに伸ばして使いましょう。肌が荒れていなければ、使う量は少量で構いません。

ローションの上にクリームを重ねて塗る時には、同じメーカーの商品を使う

赤ちゃん用のローションとクリームのイラスト

ローションで全体を保湿した後、カサカサしているところや荒れているところには、「クリーム」を重ねて塗ると、より効果的な保湿をすることができます。

もしも、保湿効果を高めるためにクリームを重ねぬりするのなら、なるべくローションと同じメーカーの商品を使うようにしましょう!同じ会社から出ているもの同士であれば、相性が悪いということはそうそうありません。

赤ちゃんの肌を乾燥から守る保湿クリームなどの人気の高いおすすめ商品を紹介!

赤ちゃんのデリケート肌を守るケア商品には様々な種類のものがあります。ローションや乳液もありますが、まずは1つは使ってみたい!という場合には、汎用性の高い「クリーム」がおすすめです。ローションは軽めの使用感で夏場には最適ですが、乾燥しがちな秋冬にはちょっと物足りません。クリームなら、使い方を工夫すれば、年中使うことができます。

ここでは、そんな保湿クリームを中心として、おすすめの商品をいくつかご紹介したいと思います。まずは一つ!を探しているママさんや、より効果の高いクリームをあれこれ調べて探しているママさんも、気になる商品を見つけてみてください!

キュレル クリーム [ ジャー]

キュレル クリーム [ ジャー]

花王

オープンプライス

敏感肌向けのキュレルは、赤ちゃんにも使うことができる優しい商品。産後ママの肌は揺らぎがちなので、ママにとっても低刺激のものが適しています。兼用で使うなら、お風呂あがりが二人のスキンシップタイムに早変わりです。とても柔らかいクリームで、さっと肌なじみがよく、夏場でも使いやすいのが高ポイントです。潤い成分が肌の浸透内部まで浸透して、お肌の健康状態を内側からもサポートしてくれます。

http://www.kao.com/jp/curel

アロベビー ベビークリーム(おむつかぶれ用クリーム)

ベビークリーム(おむつかぶれ用クリーム)

ALOBABY

2,100 + 税 (円)

保湿機能とおむつかぶれによる炎症を抑える機能を併せもったクリームです。安心安全の理由は、純国産で、かつ成分もパベランなどの合成物を使わずに、99%が天然由来の成分でできているから。オムツかぶれ用ですが、よだれかぶれのひどい口周りに塗るのも抵抗がありません。クリームの他にも、ローションやソープなどもあり、重ねぬりにも対応できます。また、匂いによる刺激も少ないため、赤ちゃんも、ママも安心です!

http://www.alo-organic.com/shopdetail

ベビーワセリン

ベビーワセリン

健栄製薬

オープンプライス

無着色の不純物の少ない白色のため、赤ちゃんの口の周りなどにも気兼ねなく使えます。チューブタイプはボトルタイプよりも、サイズがコンパクトで持ち歩きに向いていて、一つカバンの中に携帯しておくと何かと使えて便利です。ワセリンは油分が高いので、オムツ替えのたびにお尻に塗っておくと、オムツかぶれを防ぐことができます。

http://general.kenei-pharm.com

ベビーミルキークリーム

ベビーミルキークリーム

株式会社ナチュラルサイエンス

1,944 円

『たまひよ』などの各種育児雑誌では口コミ・ランキングNo.1の商品です。育児雑誌のサンプルによく付いてくるクリームです。テクスチャーは柔らかめで、乳液に近く、さっぱりとした使い心地です。無着色・無香料・弱酸性と消費者目線にたった安全性が人気の秘訣なのかもしれませんね。妊娠中、このメーカーの妊娠線予防クリームを使っていたママも多いのでは?同じメーカーなら赤ちゃんに使うのも信頼感が持てますよね!

http://www.natural-s.jp

パックス ベビー ボディークリーム

ベビー ボディークリーム

太陽油脂株式会社

600 +税(円)

活性剤や防腐剤を使わない優しい商品。ゆるすぎず固すぎず、クリームとしては中間くらいの使用感です。特に、乳児湿疹の時に効果があったと口コミで好評です。肌の保湿を保つ成分には、化学物質を使用せずに、石けんを乳化させたため、お肌にベトつくことも少なくて、塗り心地もよい商品です。値段もお手頃価格のため、商品を家に保管しておきやすいのも便利です!

http://www.taiyo-yushi.co.jp

ベビークリーム 50g

ポジョンベビークリーム

pigeon

オープンプライス

赤ちゃん用品店でもよく見かける、とてもメジャーなベビークリームです。まずは1本何か試してみたいなという方におススメです。赤ちゃんをママのお腹の中で包んでくれた胎脂に近い成分が配合されているため、クリームを塗られることで、赤ちゃんは気持ちよくなってしまうかもしれません。高い保湿効果と安全性も当然あるベビークリームです。

http://products.pigeon.co.jp

ピジョンオーガニクス ベビークリーム

ピジョンオーガニクス ベビークリーム

Pigeon

1,620 円

ほぼ100%を天然素材成分を使って作られたオーガニッククリーム。母なる木と言われるバオバブの種から取れる良質な油を使用しています。ラベンダー、カモミールなどのオーガニックエッセンシャルオイル入りで、自然の香りも楽しめます。ローションやベビーオイルなどラインナップの種類も豊富なので、出産祝いにおねだりしてみてはいかがですか?

http://products.pigeon.co.jp

ベビークリーム

エルバビーバベビークリーム

erbaviva

3,024 円

ラベンダーとカモミールの自然な香りに癒される、赤ちゃん向けのクリームです。テクスチャーは程よい感じで、保湿力も高く、ベトつかないため季節を選ばないクリームという印象です。しっかり保湿したい赤ちゃんにはぴったりです。赤ちゃんの体に塗ったあとには、ママの手からもほのかに、ラベンダーなどの香りがするため、ママもリラックスする事ができます。

http://www.johnmasters-select.jp

マルティナ(Martina)カレンドラベビークリーム

カレンドラベビークリーム

MARTINA GEBHART

3,000 円

肌の成分に近い「マカデミアナッツ油」や、トウキンセンカという抗鎮痛炎症作用のある植物を使用しており、成分のほとんどが天然由来の安全なクリームです。クリームに含まれる水すらもドイツの湧き水を使うという徹底ぶりです。少々割高感はございますが、お値段の分だけ保湿効果も高く、お肌への馴染み具合も抜群で、湿疹や炎症にも効果があり、アトピーの女性からも支持を集めているアイテムです。

http://www.martinaorganicskincare.com

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!