赤ちゃんのおしゃぶりに関する記事

【ママ必見!】赤ちゃんのおしゃぶりはダメ?メリットとデメリット

【ママ必見!】赤ちゃんのおしゃぶりはダメ?メリットとデメリット

赤ちゃんにおしゃぶりはあたえない方が良い?おしゃべりの必要性に疑問があるママ達へ、おしゃぶりを与える理由、赤ちゃんとママから見た、メリットとデメリットをチェック。正しい与え方・使い方を覚えて有効利用する方法、おしゃぶりを使った先輩ママの声。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【ママ必見!】赤ちゃんのおしゃぶりはダメ?メリットとデメリット

赤ちゃんのおしゃぶりのメリットとデメリット

赤ちゃんをだっこして笑っているお母さん

赤ちゃんにおしゃぶりをさせるかどうか、迷う新米ママさんも多いようです。 ママはいいと思ってさせているのに、おばあちゃんに注意されてしまったということもあったりします。 赤ちゃんのおしゃぶりの正しい与え方と影響について。

おしゃぶりの必要性とその理由

生後1ヶ月になる前からもう指しゃぶりを始める赤ちゃんもいますが、2~3ヶ月頃から指しゃぶりを始める赤ちゃんが多いようです。赤ちゃんにとってこれはとても自然なこと。
動物の赤ちゃんは生きていくために必要な事で、口に触れたものを吸うという「吸てつ反射」を身につけています。

人間の赤ちゃんも同様、おっぱいやミルクを飲むために、口に触れたものを吸うという、本能的な反射をする、その行為が指しゃぶりにつながります。
お腹が空いたときや不安なときなど、指しゃぶりをすることで赤ちゃんは安心するようです。

おしゃぶりのメリット

1こまめに洗えば衛生面が安心

りんごとあそぶ笑顔の赤ちゃん

初めて子育てをするママは指しゃぶりをよくする赤ちゃんを見ると、不衛生な気がして心配になると思います。
実際、赤ちゃんの指にはたくさんの雑菌があります。成長してはいはいをしたり歩いたりすると、ますます雑菌が手に着く環境になります。

そんなとき、指をしゃぶる代わりにおしゃぶりを与えると、衛生面で指しゃぶりより安心です。指は体温で温かいため、雑菌が繁殖しやすいのですが、おしゃぶりはそれほどでもなく、ママがこまめに洗ってあげれば清潔は保てます。

2ママのストレスが軽減する

ほっとしているママ

おしゃぶりをすることで、赤ちゃんが安心する、泣き止むなど、ママにとっては育児ストレスを軽減するグッズでもあり、寝付きの悪い赤ちゃんが、おしゃぶりをすることで寝付きが良くなるというケースもあります。

外出先で赤ちゃんがぐずり始めたとき、母乳やミルクを与えられない状況でも、とりあえずおしゃぶりを与えて落ち着かせることができるというのもメリットです。

3乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防にも

アメリカで(米国小児科学会AAP)の研究発表でメカニズムは不明ですが、おしゃぶりをする赤ちゃんはしていない赤ちゃんに比べ、「乳幼児突然死症候群(SIDS)」での死亡例が約30%も少なくなるということでした。

おしゃぶりのデメリット

1歯並びが悪くなる可能性がある

ガタガタの歯並び

世間一般のデメリットとしてあげられるのが、長時間おしゃぶりをすることで、出っ歯、歯並びやあごの発達への影響があるという報告があります。

しかしこれは乳歯が生え揃う2歳半、3歳を過ぎてもまだおしゃぶりを毎日長時間咥えているような場合が該当するようです。 実際には影響するか心配であれば近くの小児科に現在の状況を説明して相談するのも良いでしょう。

2赤ちゃんとのスキンシップの機会が減る

泣き止んだとおしゃぶりを与えて喜ぶ主婦

とくに年配の人から見ると、ぐずっている赤ちゃんをあやさずにおしゃぶりを与えているように見えて「育児を怠けている」といった印象を持たれてしまうことがあります。
泣くとすぐにおしゃぶりを与えてしまい、スキンシップの機会が減ることもあるようです

赤ちゃんにおしゃぶりさせたママの声

指を一本立たせた笑顔のママ

「とにかく赤ちゃんがおしゃぶりをチュッチュッってしてる姿が可愛くて癒されました。ヘンに我慢して使わないよりずっと楽しく育児できたと思います」

「指しゃぶりをするたびにママに叱られている赤ちゃんをみて、かわいそうだなと思った。おしゃぶりは良くないという人もいるけど、赤ちゃんも安心して、ママもちょっと楽できるならいいと思う」

「うちの子はとても精神の安定した子供に育ちました。おしゃぶりで自分を落ち着かせるという技術(?)を赤ちゃん自身が学ぶのは悪くないと思います」

「2歳から保育園に預けようとしたら『おしゃぶりは園内ではダメ』と言われ、娘はお昼寝で寝付けなくて『ちゅっちゅ(おしゃぶりのこと)ちょうだい』と言ってかなり泣いたそうです。
見知らぬ保育園にいるというだけでも不安だったでしょうし、いつも心を落ち着けているおしゃぶりがないので、ちょっと心配でした。

「義父母がおしゃぶりは『歯並びが悪くなる』と言ったのであたえなかった。かわりにタオルをかじったりするようになりました。」

おしゃぶりはメリット、デメリットを知っていれば与えても問題は無い。

おしゃぶりをさせたからといって、育児を怠けていることにはならないですし、新米ママは初めての育児でストレスも溜まります。赤ちゃんもママもハッピーなら良いのではないでしょうか。

おしゃぶりを急に取り上げてしまうのは赤ちゃんにとってもストレスが溜まる原因になります。
おしゃぶりにはメリットもデメリットもありますが、使い方によっては良い結果を生む事でしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪