ベビーシートは新生児から!に関する記事

ベビーシートの選び方のコツ&コンビなどの人気アイテム8

ベビーシートの選び方のコツ&コンビなどの人気アイテム8

ベビーシートは、お車に乗る時に新生児期からのお子さんを守る大切なアイテムです。最近では、ベビーキャリーやバウンサーとしても使える多機能なものも増えております。ベビーシートの特徴や、購入する際のコツ、おすすめ商品をまとめて紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  ベビーシートの選び方のコツ&コンビなどの人気アイテム8

ベビーシートの選び方やコンビやグレコなどのおすすめ商品も紹介♪

出産を控え、赤ちゃん用品をそろえているママさん、大切な赤ちゃんを守る「ベビーシート」は購入されましたか?忘れがちなアイテムですが、生後6年間の着用が義務付けられているチャイルドシートは、実は出産後、産院から自宅に戻る時の必須アイテムです。

ベビーシートやチャイルドシートにはさまざまな種類があり、どれを購入すればいいのか悩んでしますよね。大切なお子さんを車に乗せた時に守っていくために、しっかりと選びたいです!今回は、ベビーシートとチャイルドシートの違いから、ベビーシートを選ぶコツ、さらにおすすめの商品をご紹介します。それぞれの特徴を把握して、ママにも使いやすいものを選びましょう。

ベビーシートとチャイルドシートって違うの?

赤ちゃんを抱っこするママのイラスト

ベビーシートとは、生後すぐから1歳頃までの新生児に適したチャイルドシートのこと。進行方向に対して後ろ向きに設置するのが特徴で、本来の用途以外にも、ベビーキャリーやラックなど、さまざまな使い方ができる商品が数多く販売されております。

ベビーキャリーやラックとしても使用できる多機能なベビーシートは、使用期限が新生児~1歳ほどと短いのが特徴。しかし、赤ちゃんを起こすことなく車から家への移動ができたり、外食先でも赤ちゃんの居場所を作ることができるので、とても人気が高いです。

車内でのみ使用するベビーシートは、新生児~10歳頃まで長く使えるものもあり、とても経済的。チャイルドシートの中には、新生児が使用できないものもあるので選ぶときには注意が必要です。

ベビーシートを選ぶ時のコツ

中古品にするか新品にするのかレンタルにするのかを決める

ベビーシートに乗せられた赤ちゃん

ベビーシートやチャイルドシートは、年齢に合わせて買い替えが必要で、結構値が張るもの。帰省や旅行の時くらいしか車を使わないという家庭であれば、中古品やレンタルを比較検討してみてはいかがでしょうか?中古品であれば、使用回数が少なくても損した気分になりませんし、レンタルサービスは、経済的な負担も少なく、常に年齢に合ったサイズを使えるというメリットがあります。

チャイルドシートにも兼用できるものを選ぶ

ベビーシートは、新生児期のみでなく、子供の成長に合わせて長く使える種類の商品もあります。商品によっては、チャイルドシートやジュニアシートとして10歳頃まで対応するものもあるで、価格が高くても早い時期から購入した方がお得になることもあったりしますよ♪

沢山の車種に対応できるタイプ

購入を検討しているベビーシートが、普段使っている車の車種に対応しているかしっかり確認するのを忘れずに。特に軽自動車をご利用されている場合には、大きすぎるベビーシートだと車内がとても窮屈に感じます。また、頻繁にレンタカーを利用される場合は、使用する車種に対応したタイプを選びましょう。家族みんなが安全で快適なドライブを楽しめるよう、車に合ったベビーシートを選ぶことが大切です。

ベビーシートのレーマやマキシコシなどの人気が高く安全設計なおすすめ商品を紹介

他のママたちはどんなベビーシートを選んでる?色々な使い方ができる多機能ベビーシートや、長く愛用できるベビーシートなど、人気のおすすめ商品をご紹介します。

ペブルプラス

マキシコシのペブルプラス

マキシコシ

35,000 円 + 税

新生児から1歳頃までの年齢まで、利用可能なベビーシート。衝撃吸収素材を採用し、首が座りきる前の赤ちゃんの体もしっかりとガードしてくれます。チャイルドシート、ベビーキャリー、バウンサーとして使用できる他、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。

http://www.maxicosi.jp

ベビーセーフ プレミアム

ベビーセーフ プレミアム

レーマ

オープンプライス

新生児から1歳を少し過ぎた時期まで使用できるベビーシート(体重制限:13キロ)。欧州でトップクラスの安全評価を得ているベビーシートです。ベビーシートの他、ベビーキャリー、ベビーラックとしても使用可能。7段階のスライディングヘッドレストが、赤ちゃんの大きさに合わせて常にフィットしてくれます。世界基準で安全性が保障されているベビーシートです!

http://www.baby-pro.co.jp

マイルストーン

マイルストーン

グレコ

30,000 円 + 税

お子さんの成長に合わせて簡単調整が出来る4段階リクライニング、伸び縮み楽チンな10段階ヘッドレストの採用により、新生児から11歳頃(体重制限:36kg)まで長く使えるチャイルドシートです。新生児~1歳は後ろ向きのベビーシートとして、1歳頃~4歳頃は前向きチャイルドシートとして、3歳~11歳はジュニアシートとして大活躍!車内での利用に限られますが、長く使えるので経済的です。車を乗り換える際には、対応している機種であるかを確認しましょう!

http://www.gracobaby.jp

クルムーヴ スマート エッグショック JG-550

クルムーヴスマートエッグショック

コンビ

55,000 円 + 税

新生児から4歳頃(体重制限:18kg)まで使える高機能チャイルドシート。珍しいベッド型タイプで、赤ちゃんも快適に過ごせます。リクライニングや360度クルっと回転させる時も片手で簡単操作出来ちゃいます。超・衝撃吸収素材「エッグショック」採用で、生まれたての赤ちゃんの頭をしっかり守ります。すっぽりサンシェードが、日の光をさえぎってくれるので、オープンカーに乗せていても気にせず快適ドライブを楽しめますよ♪

http://www.combi.co.jp

スマートキャリー®スマートキャリー®ISO FIXベースセット

スマートキャリー®スマートキャリー®ISO FIXベースセット

Nihonnikuji

30,000 円 + 税

新生児から1歳(体重制限:13kg)まで使えるベビーシート。ベビーシートの他、ベビーキャリー、ロッキングチェアとして使用可能。さらに、専用フレームに取り付ければ、ベビーカーにも大変身!利用頻度が高まりますよね。赤ちゃんを起こすことなく、家→車→外への移動も楽々可能な、スタイリッシュなベビーキャリーは赤ちゃんにもママにも嬉しい設計です。

http://www.nihonikuji.co.jp

ベビーシートjuva(ジュバ)

ベビーシートjuva

joie(ジョイー)

15,984 円

赤ちゃんの体の特徴であるアルファベットのCのデフォルメを意識してつくられてベビーシートを利用すると、体全体が優しくスッポリと包まれます。その口コミでの評判から産院から退院する際に用意するというママさんも大勢いらっしゃいます。
新生児の頃から使える多機能ベビーシートの他、ベビーキャリー、バウンサー、ローチェアとして使用することができます。さらに、専用フレームを使えばベビーカーとしての使用も可能。本体は2.9kgとコンパクトで、持ち運びも楽々!軽自動車での利用に最適です。

http://jp.joiebaby.com

タカタ 04 スマートフィックス

タカタ04スマートフィックス

TAKATA

52,381 円 + 税

日本で初めてEC基準で最高評価を獲得し、安全面で信頼できる人気のモデルです。万が一の事を考慮して、側面からの事故に対しても衝撃を吸収する技術を採用しております。通気性と快適性を同時に実現しているクッションは、ママも利用してみたくなりますよね。お車の中でも寝ている時間が多い赤ちゃんが、快適に眠れる形を実現♪もしもの時には、衝撃を分散する理想的な絶妙な角度のコロンとした形が可愛いくもあるベビーシートです!

http://www.takata.com

エールべべ・クルット フォーアイ プレミアム

エールべべクルット フォーアイプレミアム

エールべべ

64,000 円 + 税

新生児から4歳頃まで数年間、利用可能なベビーシートです。高級感が漂うレザー調の座席カバーがラグジュアリーな雰囲気は、お車の雰囲気を保ってくれます。フラットシートで赤ちゃんも快適。座面がクルリと回るサイレンターンで、乗り降りのひと手間が省けて楽々です。ワイドサンシェードが日差しや冷暖房の風をしっかり防ぐので、ご家族で安心して快適ドライブを楽しめますね♪

http://www.ailebebe.jp

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!