赤ちゃんの月齢別便秘の原因に関する記事

【赤ちゃんの月齢別便秘の原因/対策】効果的解消方法が見つかる!

【赤ちゃんの月齢別便秘の原因/対策】効果的解消方法が見つかる!

うちの子はどうして便秘になってしまったの!?ミルクを飲む新生児期から、食べられる食材が増える離乳食後期まで、赤ちゃんが便秘になっちゃう、数ある原因からあてはまるものを見つけて、便秘の慢性化を防ぎましょう!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんの月齢別便秘の原因/対策】効果的解消方法が見つかる!

赤ちゃんの便秘の原因を知ることはとても大切です

元気な赤ちゃん

元気にしているけど何日も排便がない…
度々いきんで苦しそうにしている…
おなかがパンパンで機嫌が悪い…

赤ちゃんが便秘になってしまうと、ママも悩んでしまいますよね。毎日の快調な便通のために、まずは、どうして便秘になってしまったのかを把握することが大切です。
最善の解決策も講じることができ、便秘の慢性化も食い止めることができます。

月齢別!食事が原因の便秘

新生児期の便秘

母乳で育てている場合
赤ちゃんに授乳させている

母乳の赤ちゃんの便秘の原因で考えられるのは、母乳量が足りていないことです。
母乳の場合、1回の授乳でどのくらい飲んでるのかが分かりにくいですから、便秘がちな赤ちゃんは、こまめに体重をはかってみましょう。

体重が順調に増えているのであれば、成長曲線の下限であっても心配はいりません。吸収率が良いのだと捉えて、様子をみてあげましょう。
体重の増え方がいまいちな場合は、ミルクを足すことをおすすめします。

ミルクで育てている場合
哺乳瓶でミルクを与えている

ミルクの赤ちゃんは、母乳からの移行時に便秘になりやすいです。もともと母乳育児だったのをミルクにした、または混合にしたタイミングで便秘になりやすくなります。
他には腸の発達の影響や、ミルクの消化に時間がかかっている場合があります。

母乳の場合もミルクの場合も、新生児期は便秘というより排便のペースが変わる時期でもあります。
赤ちゃんの様子や体重の増え方などに異常がない限り、心配はいらないでしょう。

離乳食初期

さじで食事する赤ちゃん

離乳食が始まると、赤ちゃんの食生活や腸内に大きな変化が起こります。水っぽかった赤ちゃんのうんちも次第に固まり、腸内に溜まりやすくなってきます。そのため、新生児期に比べると排便の回数が減ったと思われるかもしれません。

また、離乳食が進むにつれて母乳やミルクといった水分摂取量が減るのも原因の1つです。

離乳食初期は便秘になりやすい時期。でも、離乳食を進めることも大切です。
運動量や水分摂取量にも気を付けてあげることが必要でしょう。

離乳食後期

ごはんを食べる赤ちゃん

食べた離乳食の内容によるところが大きいです。主には水分不足食物繊維不足などがあげられます。
離乳食に慣れて食べムラ好き嫌いが出てきているかもしれません。これも便秘の一因となりますので、バランスよくたくさんの食材を上げてみてくださいね。

赤ちゃんの便秘の主な原因は、腸内環境の変化と水分不足です。
赤ちゃんの排便ペースが変わる時期なのかもしれません。じっくり見極めて!

運動不足や生活環境で便秘に!食事以外の原因

食事以外にも、次のようなことが原因でうんちが出なくなることがあります。

運動不足

赤ちゃんが寝転んでいる

自分で寝返りやハイハイなど、動けるようになった後の便秘なら運動量もチェックしたいポイントです。運動不足気味ならば、ママも一緒に体を使って遊んであげてくださいね。

おむつかぶれなどお尻の状態

赤ちゃんのお尻のイラスト

お尻に傷があったり、おむつかぶれがある場合などは、痛みでうんちを我慢する場合もあります。おむつ替えの時に、こまめにお尻の状態を確認しましょう。

生活習慣の乱れ

生活サイクルの乱れも便秘の原因になります。起床時間や食事の時間など、規則正しい生活を心がけることで便秘が解消される場合もあります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪