赤ちゃんの体温/平熱についてに関する記事

【赤ちゃんの体温】熱が高い/低い原因と対処&平熱正常値

【赤ちゃんの体温】熱が高い/低い原因と対処&平熱正常値

赤ちゃんの体温はすぐに変化します。正しい平熱の測り方や体温が高い/低いときの対応、病気との見極め方を知っておきましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんの体温】熱が高い/低い原因と対処&平熱正常値

【赤ちゃんの体温】平熱正常値と高い/低い時の対処法/測定方法

赤ちゃんの体温は大人よりも高いため、抱っこをすると暖かくて幸せな気持ちになりますが、その反面、熱っぽい気がして心配になってしまうこともありますよね。そのうえ体温調節機能が未熟なため、一日の間にも状況や環境によって目まぐるしく変化します。

自分の体調が悪いことを言葉で説明できない赤ちゃんの体調管理には、普段からママが赤ちゃんの平熱をきちんと知っておく必要があります。こちらでは、赤ちゃんの体温の正常値、熱の正しい測り方、体温が高い時、低い時の対応、赤ちゃん向け体温計、毎日測るのはいつまでかなど、赤ちゃんの体温に関して詳しくご紹介します。

赤ちゃんの平熱と正常値

新生児室

赤ちゃんは、長い期間ママのお腹の中で守られてきたぶん、外の世界の気温の変化に慣れていません。大人に比べて皮下脂肪も少なく、身体も小さいため、あっという間に外気の影響を受けてしまいます。そのうえ体温調節機能が未熟ですので、気温が高いと体温も高くなり、気温が低いと体温も低くなるなど、外気の影響を非常に受けやすいのです。赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃんの正しい平熱測定を行い、体温管理をしてあげましょう。

赤ちゃんの平熱を測る

人の体温は一日の内でも変動しています。赤ちゃんの場合、特に新生児は体温変化が激しいため、測るタイミングによって平熱は大きく違います。そのため、一日で4回体温を測って、各時間帯の平熱を把握しておくことが大切です。

また、一日だけではなく、何日か測ることで、より正確な平熱が把握できるようになります。泣いた後や授乳直後は体温が上がっているため、平熱測定は避けましょう。

赤ちゃんの平熱を測るタイミング

  • 朝起きてすぐ
  • 午前中
  • 午後
  • 夜寝る前

調べた平熱は、母子手帳に記入しておきましょう。平熱には個人差がありますが、赤ちゃんの平熱は高めで生後3~4ヶ月頃から徐々に下がってきます。生後3ヶ月を過ぎたら平熱を測り直すとよいでしょう。ママやパパが赤ちゃんの体温をしっかりと管理してあげことが、赤ちゃんの体調管理には非常に重要です。

また、一般的な体温計は、口で測るタイプ、脇で測るタイプ、耳で測るタイプの3タイプですが、体温は測る場所によって平熱が異なります。体温を測るときは、平熱を計る場所と同じ場所で測ることが大切です。

赤ちゃんの平熱の正常値

36℃~37.5℃が赤ちゃんの平熱の正常値範囲です!ただし、赤ちゃんは大人よりも平熱が高く、すぐに体温が上昇するため37℃以上のことがよくあります

平熱が大人と同じになる時期

セーラー服を着た少女

平熱が大人と同じになる時期は、大人と同じように筋肉がついて体温調節機能が発達する思春期頃と言われています。男の子の場合は成人期まで体温調節機能の発達が続き、筋肉も多いので体温が少し高めになるそうです。

成人期がもっとも体温調節が上手く、血管を収縮したり拡散したりして熱を体内に閉じ込めたり発散させたりすることができます。逆に、老化すると筋肉も少なくなり血管を収縮・拡散させる能力も低下してくるため、平熱が低めになります。

赤ちゃんの体温が高い3つの原因と対応

赤ちゃんの体温が高いと、うつ熱や熱中症の他に、乳幼児突然死症候群のリスクが高くなると考えられています。そのため、体温管理は赤ちゃんの命を繋ぐために必要不可欠なお世話と捉え、こまめにチェックしてあげましょうね。

室温が高すぎる

赤ちゃんのいる場所の温度が高くなっていませんか?赤ちゃんは体重の割に身体の表面積が大きく、暑い環境では熱を取り込みやすいのです。また、汗腺が未発達で汗をかいて熱を放出することができないため、温度の高い場所ではすぐに熱が高くなってしまいます。

温度計の設置位置や日当たりによって、同じ室内でも気温差ができます。天井と床では10℃~15℃差、暖房をつける冬場は20℃差になることもあります。
「赤ちゃんのいる部屋には温度計をつけているから」と安心している人は要注意!できるだけ赤ちゃんの寝ている高さと同じ高さに温度計を置くようにしましょうね。

また夏場は、社内の温度やチャイルドシートの温度にも気をつけましょう。

室温が高すぎる!?適切な対応

赤ちゃんにとって最適な室温は、夏は26~28℃、冬は20~23℃です!赤ちゃんは自分で体温調節ができないため、これ以上高い室温では、体温が上がり熱中症やうつ熱などを引き起こすことがありますので、十分注意しましょう

興奮しすぎ

体温を測る前に、赤ちゃんが泣いていたり興奮したりしていると、体温が高くなることがあります。興奮しすぎで体温が高くなった場合は、すぐに元の体温に戻るので心配はありません。

ただし、興奮して体温が高い状態のままだと、寝付きが悪くなることがありますので、赤ちゃんの寝かしつけに苦労している場合は、就寝前に興奮させないようにしたいですね。

興奮しすぎ!?適切な対応

体温を測るときには、泣いた後や興奮状態にあるときは避けましょう。しばらくするとすぐに元の体温に戻るので心配ありませんが、就寝前はテレビを観させたり身体を動かしたりする遊びは控えることが大切です

服の着せすぎ

眠る赤ちゃん

服の着せすぎが原因で、赤ちゃんの体温が上がることもあります。赤ちゃんは背中やお腹に汗をかいていませんか?汗をかいている場合は、着せすぎですので一枚脱がせましょう。

赤ちゃんから1歳までの赤ちゃんは、大人よりも平熱が高いため、日頃から服や肌着を大人より一枚減らしてOKです。特に夏の肌着なども悩みがちですが、着せすぎると身体に熱がこもってしまうので注意しましょう。

赤ちゃんには着せすぎかも!?適切な対応

赤ちゃんや赤ちゃんの洋服や肌着を着せる目安は、背中やお腹に汗をかかないことです。外気温によっても枚数は変わりますので、おむつ替えの時や車から降ろした後など、こまめにチェックしましょう!また、ミトンや靴下は室内の赤ちゃんや赤ちゃんにはNG!赤ちゃんは手足から体の中心の熱を放出して体温調節をしますので、室温管理をしていれば手足が冷たい場合も心配はいりません。

対応しても体温が高い…風邪や病気の対応

「母乳を飲ませている時期は、ママの免疫を持っているから風邪をひかない」と信じているママ!実際には風邪をひいたり病気になったりすることもありますし、新生児でもインフルエンザにかかるのです。
基本的な対応をしても体温が下がらないときは、発熱している可能性もあります。なるべく早く小児科を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの体温が低い3つの原因と対応

赤ちゃんの体温は高くてもよくありませんが、低くても風邪をひかせ、低体温になってしまいます。体温を下げ過ぎないように配慮しましょう。

エアコンや扇風機の風

夏場、赤ちゃんの体温が低い一因として、エアコンや扇風機などの風に直接当たっていることが考えられます。赤ちゃんは直接風に当たっていませんか?

赤ちゃんは体も小さく皮下脂肪が少ないため、身体の表面から熱が奪われやすいのです。ですから、冷気にさらされるとすぐに身体が冷えてしまいます。

エアコンや扇風機の風への対応

エアコンや扇風機の風は、赤ちゃんや赤ちゃん直接当てず、間接的に当たるようにしましょう!赤ちゃんがいない方角の壁に風を当て、室内で風を循環させると、室温も下がりやすくなり、赤ちゃんも冷えすぎません

汗をかいたまま放置

バンザイポーズで眠る赤ちゃん

人間は暑いと汗をかき、皮膚の表面から汗の水分が蒸発するときに、熱を発散させて体温を下げています。ですから赤ちゃんも、汗をかいたままにしておいたり、入浴後にきちんと身体を拭けていなかったりすると、水分の蒸発とともに熱が奪われ、身体が冷えて体温が低くなってしまうのです。

特にチャイルドシートは、体に密着して熱がこもりやすいため赤ちゃんが汗をかきやすい環境ですし、赤ちゃんは寝ているときは体温が上がるため、寝起きに汗をかいていることもよくあります。汗をそのままにしていてはいけません。

汗をかいたときの対応

赤ちゃんは汗っかきなので、こまめに汗を拭きとり、濡れたら着替えさせるようにしましょう!

身体に触れるもの(肌着やオムツ)が冷たいことが原因

身体に直接触れる衣類やオムツ、布団、チャイルドシートなどが冷たいと、赤ちゃんの体温は奪われ、低くなってしまいます。特に寒い時期は、新しい肌着に着替えるときや布団に入ったばかりのときなどに冷たく感じるので、これらによって熱が奪われてしまうのです。

寒い時期では大人でもお風呂から上がって肌着や下着を着るときにヒヤッとします。赤ちゃんはその「ヒヤッ」で体温が奪われてしまうことを覚えておきましょう。

肌に触れるものが冷たいことへの対応

赤ちゃんの肌着やオムツをこたつの中で予め温め、布団の中に湯たんぽを入れて寝る前に温めておくとよいでしょう。ただし、寝る時には湯たんぽを入れるのはNG!体温が上がり過ぎてしまいますので気をつけましょう。また、冬場チャイルドシートに乗せる時は、予め社内を温めておく、チャイルドシートを温めるカバーをつけておくなどしましょう。

対応しても体温が低い…低体温症と対応

低体温症とは

両腕を上げる赤ちゃん

赤ちゃんの体温は本来ならば大人より高いはずですが、適切な対応をしていても平熱の範囲を下回る36℃以下になっている場合、低体温症の可能性があります。この状態が慢性的に続くと、赤ちゃんの身体は体温を平常に戻そうとしてフル稼働するため、体力が急激に低下してしまう可能性があるのです。低体温症になると、以下のような症状が現れます。

・平熱が36℃以下
・ミルクや母乳を飲む量が減る
・手足が常に冷たい
・唇の血色が悪い

赤ちゃんに低体温症の恐れがある時の対応

赤ちゃんが低体温症になる原因としては、体温より低い温度である環境にさらされ続けて慢性的に身体の熱を奪われているからであると言えます。そこで、次のような対応をし、ケアをしてあげることで、赤ちゃんの低体温症を解消することができますよ。

<低体温症のケア>
・エアコンや扇風機の風が直接当たらないようにする
・汗をこまめに拭き取ってあげる
・冷たい飲み物を与えない
・寒い時期は、窓側や壁側から離した場所に寝かせる
・身体を適度に動かすようにする

赤ちゃんでも測りやすい!赤ちゃん向け体温計

赤ちゃんの体温を測るために、必ずしもベビー用の体温計が必要なわけではありません。子供の成長は早いですから、使う時期はほんの少しであるし、大人用の体温計でも十分に対応できるのです。

ただしベビー用は、じっとしていない赤ちゃんの体温を正確に測れるように工夫されているものが多いので安心ですね。大人用を用意する場合には、そのようなものを選ぶとよいでしょう。

シチズン電子体温計CTE707

シチズン電子体温計CTE707

シチズン・システムズ(株)

脇に挟む先端の部分が柔らかく曲がるため、じっとしていない赤ちゃんの脇にもフィットします。また15秒で予測計測できるのも助かりますね。前回値のメモリー機能があるのも便利ですよ

電子体温計 MC-682 けんおんくん

電子体温計 MC-682 けんおんくん

オムロン

赤ちゃん脇専用の15秒予測体温計です。先端が柔らかくコンパクトで、取り扱いも楽チンですし、赤ちゃんの体にフィットしやすく測りやすいです。夜間に熱が測りたい場合も、バックライトがつくため見やすく便利です。

赤ちゃんの体温の正しい測り方

赤ちゃんには耳やおでこで測る体温計が便利ではありますが、耳の体温計は耳の中が汚いと正確に測れなかったり、測定に誤差があったりすることもあります。また予測式の体温計は使い方によっては実際よりも高く測定されることもあり、びっくりしてしまうママもいるようです。

口やお尻(直腸温)で測った数値がより正確だとも言われていますが、これは専用の体温計がありますし、赤ちゃんに使用するのは危険ですのでやめましょう。より正確な体温を知るためには、予測計ではなく一般的な脇の下で測る体温計を使用するのがよいでしょう。予測計の場合は、正しい測り方での計測が大切です。

赤ちゃんの体温を正しく測る方法

  • 赤ちゃんをベッドに寝かせる
  • 脇の下のくぼんでいる所の中心に先端を当てる
  • 体温計を腕でしっかりと挟む(体温計の向きは、腕から30℃の角度がベスト)

※赤ちゃんが動く場合は、体温計ごと腕を抑えるとよいでしょう
※寝かせて測るのが難しい場合は、ママが座った状態で膝の上で赤ちゃんを抱きかかえるようにして、身体ごと体温計を抑えて測るようにします

赤ちゃんの体温は、いつまで毎日測ればいいの?

初めての育児だと何かと心配なこともありますが、生後3ヶ月を過ぎれば、毎日体温を測るママは少ないようで、ちょっと様子が変なときや、大事なお出かけの予定があるときなどに限定されるようです。しかし、赤ちゃんは成長とともに平熱も変わってくるため、生後3ヶ月を過ぎても一定期間検温し、平熱を知る機会をつくっておくようにすると安心ですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。