離乳食期の赤ちゃんの便秘に関する記事

離乳食の赤ちゃんの便秘原因と月齢別食物繊維豊富なおすすめ食材

離乳食の赤ちゃんの便秘原因と月齢別食物繊維豊富なおすすめ食材

離乳食を始めた途端、便秘がちになる赤ちゃんは多いです。具合が悪いのかな?って病院に連れて行く前に、まずは赤ちゃんにあげてる離乳食を見直してみましょう!早速原因を究明して、便秘解消してあげよう!おやつで便秘が治るかもしれませんよ。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食の赤ちゃんの便秘原因と月齢別食物繊維豊富なおすすめ食材

実は自然なこと!?離乳食開始時の赤ちゃんの便秘原因と解消法

カップからストローで飲む赤ちゃん

今までずっと、栄養は母乳やミルクなどの水分でとっていた赤ちゃん。6ヶ月頃から始める離乳食は、とろとろのおかゆから始まり、だんだん固形食に近づけていくためのいわば食べる練習です。

初めての離乳食作りに頭を悩ませるママも多いのではないでしょうか。それなのに、離乳食を始めた途端に便秘になってしまって…「離乳食の作り方が悪かったの?」と、さらに悩んでしまっているかもしれません。

しかし、ママの離乳食の作り方や与え方に原因があるわけではないでしょう。
離乳食も水分たっぷりなのですが、母乳やミルクに比べたら、赤ちゃんの水分摂取量は確実に減ってしまっているのです。

「便秘でかわいそうだから」と離乳食をやめる必要はありません。離乳食を進めながら、便秘解消、便秘対策をしていきましょう!

食物繊維豊富!月齢別、赤ちゃんの便秘に効く食材まとめ

1.離乳食開始期

かぼちゃスープ

基本的には大人と同じ感覚ですね。便秘には食物繊維と水分です。普段の離乳食作りで意識的にこれらを増やせば、きっと赤ちゃんの便秘も解消します。

離乳食を始めたばかりの6ヶ月頃には、さつまいもかぼちゃなどの野菜ペーストがいいでしょう。
柔らかくゆでて裏ごしするだけで、赤ちゃんも好んで食べてくれると思います。

2.7~8ヶ月頃

わかめ少しずつ離乳食にも慣れてきた頃ではないでしょうか?この頃からは、ひじきやわかめなどの海藻類から食物繊維が摂れるようになります。すりつぶしておかゆに混ぜてみてはいかがでしょうか。

また、適度な油分をとるのもおすすめです。赤ちゃんの好みや体調を見ながら、少しずつ試してみてくださいね。

3.9~11ヶ月頃

えのき

9ヵ月を過ぎる頃は、もうだいぶ食べられる食材も増えてきます。この頃からは、えのきやしいたけ、しめじなどのキノコ類もおすすめです。
細かくみじん切りにしてあげましょう。赤ちゃんも、キノコを歯茎ですりつぶす食感がくせになるかもしれません(!?)。

便秘解消には食物繊維豊富な食材で離乳食作り!月齢に合った食材を上手に取り入れましょう。
もちろん水分補給も忘れずに!果汁や汁物とあわせた献立で、楽しい食卓にしましょう♪

ささっと簡単!おやつで便秘解消!

便秘に効く、特に調理要らずな簡単食材といえばバナナやヨーグルト。
バナナは離乳食初期からヨーグルトは7か月頃から与えられますので、おやつとして少しずつ与えてみましょう。

また、プルーンも便秘には効果的ですが、そのままでは赤ちゃんは食べられません。柔らかく煮て、離乳食初期には裏ごし、中期にはすりつぶし、後期にはみじん切りであげてみてください。

おやつも便秘解消を意識して!バナナやヨーグルトは手軽でおすすめ☆

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ

この記事と関連性の高い記事