離乳食の白身魚に関する記事

離乳食の白身魚はどの種類をいつから?栄養/月齢別レシピ

離乳食の白身魚はどの種類をいつから?栄養/月齢別レシピ

離乳食は白身魚からと言われますが、アレルギーや中毒が出やすい白身魚もあり、全てを初期から食べさせられる訳ではないのです!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  離乳食の白身魚はどの種類をいつから?栄養/月齢別レシピ

離乳食の白身魚とは?種類/たらアレルギー/

白身魚には、大人が食べても嬉しいさまざまな健康効果があり、ぜひ赤ちゃんにも食べさせたい食材の一つです。また、赤身魚や青魚と比べて味が淡泊で、脂肪分も少なく、消化吸収も良いので、離乳食に適しています。
ところがそういった離乳食に向いた食材である反面、初めて離乳食づくりをするママ達からは、「白身魚ってどの魚のこと?」「白身魚ならどの種類もいつからでも食べられるの?」といった疑問の声も…。

こちらでは、白身魚とはどんな種類の魚か、離乳食で白身魚を食べることによる赤ちゃんへの健康効果やレシピ等をご紹介します。栄養満点の白身魚を使って赤ちゃんが喜ぶ離乳食を作りましょう。

白身魚とは

色とりどりの刺身

「白身魚」とは、一般的に陸に近い海の岸近くに住んでいる、身の白い魚のことです。このうち、離乳食に使われる代表的な白身魚は、ヒラメやタイ、カレイ、タラ、鮭、ホッケです。
魚の身が赤か白かは、基本的に赤い筋肉が沢山あるかどうかで変わります。赤い筋肉とは、マグロやイワシなどの回遊魚のように、大洋を速いスピードで俊敏に泳ぐために必要な筋肉の色です。陸に近い海で砂に隠れてじっとしているヒラメやカレイなどの魚には、長時間続く俊敏さより落ち着きの方が必要!そのため、赤い筋肉はほとんどなく、身の色が白いと言われています。

ちなみに、魚には白身魚の他に「青魚」「青皮魚」「赤身魚」などの呼ばれ方があります。「赤身魚」は身の色が赤い魚を指し、「青皮魚」は皮の色が青(又は銀)の魚、「青魚」は円筒形の回遊魚である「赤身魚」や「青皮魚」を指しています。代表的な青魚は、マグロ、イワシ、サンマ、サバです。確かに、大洋を回遊している円筒形で、赤身で、青皮の魚ですよね。

ただし、中には例外もあり、「鮭」は農林水産省によると「白身魚」で、本によっては白身魚と赤身魚の中間と解説しているものもあります。また「メカジキ」は一般的に「白身魚」と言われますが、同じカジキという名前がつく「マカジキ」「クロカジキ」は「赤身魚」と言われています。同じカジキでも違うので注意しましょう。離乳食では、「白身魚」→「赤身魚」→「青皮魚」の順番で食べるとよいと言われています。

白身魚の健康効果

白身魚は、離乳食向きの脂質が比較的少なく消化がいい食材というだけでなく、優れた健康効果を秘めています!赤ちゃんの頃から魚料理に慣れさせて、健康な食生活を好む子どもに育てましょう。

元気な身体をつくる!良質なタンパク質

白身魚のカルパッチョ

タンパク質は私たちの血や肉となり、丈夫な身体をつくるのに欠かせない栄養素です。白身魚は、タンパク質の中でも体内で作り出せず、食材からでしか摂取できない「必須アミノ酸」を、バランス良く含む良質なタンパク質です。
赤ちゃんの血となり肉となり、元気な身体をつくることができる栄養素ですので、積極的に取り入れましょう。

健康な身体を保つ!ビタミンB群

白身魚にはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンの8種類の栄養素の総称です。これらは体内に蓄積されないため、毎日の食事から摂取する必要があるのです。

また、ビタミンB群には、タンパク質が血や肉になるのを補助する働きがあり、白身魚に含まれるタンパク質と、このビタミンB群との相乗効果で、脳や神経、皮膚などを健康に保つために欠かせない栄養素なのです。
白身魚は消化が良く胃にやさしい上に、ビタミンB群を摂取することで体力回復もできるということで、病院食にもよく使われるそうですよ。

丈夫な骨をつくる!ビタミンD

骨キャラが元気ポーズ

歯の健康や骨、背を伸ばすために、カルシウムは欠かすことのできない栄養素です。ところが、カルシウムは体内に吸収されにくく、カルシウムだけを摂取したのでは、ほとんど効果が得られないのです。そこで、カルシウムの吸収を助けてくれる栄養素が「ビタミンD」が大活躍するのです。

ビタミンDはさまざまなビタミンの中でも特殊であり、意識して摂取しないと見逃しがちになってしまいます。ところが、白身魚にはこのビタミンDが豊富に含まれており、赤ちゃんのこれからの成長のためには、ぜひとも離乳食に取り入れてほしい食材なのです。

離乳食で白身魚を食べられるのはいつから?

一言で「白身魚」といっても、実にさまざまな種類があります。すべての白身魚を、離乳食を始めた頃から食べてよいわけではなく、中には食物アレルギーやヒスタミン中毒を引き起こすものもあります

離乳食で白身魚を与える時は、食べさせる種類や時期、量、食べさせ方、食べさせた後の様子に注意しなければなりません。こちらでは、離乳食の初期・中期・後期におすすめの白身魚を紹介します。

離乳食初期(生後7ヶ月~8ヶ月)からの白身魚

トレイに載せられたカレイ

離乳食初期からおすすめするのが鯛、かれい、ひらめです。脂肪分も少なく、食感も良いので赤ちゃんにも食べやすく、白身魚デビューにはもってこいですね。特に、鯛はお刺身でもよく売られているので、お刺身用を購入すると新鮮で、骨もなく調理も簡単ですよ。

離乳食中期(生後9ヶ月~11ヶ月)からの白身魚

鮭の切り身

中期に入り白身魚の離乳食が順調に進んでいる場合には、鮭やタラを食べられるようになります。ただし、鮭やタラにはヒスタミンが含まれていて、ヒスタミン中毒を起こす恐れがあり、どちらも食物アレルギーを起こしやすい食品ですので、中期以降に慎重に与えたいものです。

鮭の中でも「塩鮭」は塩分も多く、離乳食にはあまり適していません。「生鮭」を選びましょう
また、「銀ダラ」はタラと言っても深海魚で、鍋に入れて食べる「マダラ」とはまったく違う白身魚で、脂肪分が非常に多いので注意しましょう。スーパーなどでは「真ダラ」と表記されているものを選ぶようにしましょうね。

離乳食後期(生後9ヶ月~11ヶ月)からの白身魚

メカジキも深海魚で脂肪分が多く、ヒスタミンが含まれています。また水銀が含まれているため、妊娠中は控えた方がよい食べ物と言われていますよね。中期以降なら与えて構いませんが、加熱するとパサパサするため、赤ちゃんには食べづらく後期以降にスタートするのがおすすめです。他にもいろいろなものが食べられるようになる時期なので、魚もムニエルにするなどバリエーションを増やして与えたいですね。

離乳食の白身魚は下ごしらえを!

離乳食に使用するには、まず下ごしらえをしなければなりません。大人の食事と違って面倒なですが、赤ちゃんが安全に美味しく食べてくれるためには必要なことなのです。

こちらでは、離乳賞の白身魚の「下ごしらえ」をご紹介します。基本的に「加熱する」「身をほぐす」という2つの工程があります。下ごしらえをしておくと、小分けにして冷凍保存もできるので便利ですよ。

加熱する

白身魚は生ものなので、加熱してしっかりと火を通す必要があります。加熱する方法には、「熱湯でゆでる方法」と、「電子レンジを使う方法」があります。どちらも中まで白くなるように、しっかりと火が通っていることを確認するようにしましょう。

<熱湯で茹でる>
お鍋でお湯を沸騰させてから白身魚を入れます。ゆでることでアクを取ったり、塩分を抜いたりすることができます。身が中まで白くなったらザルにあげて、しっかりと水気を切るようにしましょう。

<電子レンジで加熱する>
耐熱皿に白身魚をのせて、水を大さじ1振りかけます。ラップをして30秒ほど加熱し、身が中まで白くなっていたらできあがりです。茹でるよりも時間が短縮できるので、急いでいるときは電子レンジを使用するのがおすすめです。

身をほぐす

骨や皮は加熱して、身をほぐしながら取り除くと良いでしょう。加熱後は皮を取り除き、お皿の上でフォークの背でつぶしながら身をほぐしましょう。その後、骨も取り除きます。また、ラップに包んで手で押しながら身をほぐすと、簡単にできますよ。

月齢別の白身魚の美味しい食べ方

白身魚はパサつきがあり、食べにくい赤ちゃんもいます。また、月齢によって魚アレルギーやヒスタミン中毒も心配されます。あまり急いで進めずに、初めは1さじ分から少しずつ進めましょう。

離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月)

鯛

白身魚デビューには、脂肪分も塩分も少なく、アレルギーも比較的少ない鯛(タイ)が一番適しています。離乳食をスタートから2~3週間経ち、お粥や野菜、豆腐が食べられるようになったら、「鯛のおかゆ」で白身魚デビューをしましょう。

「鯛のおかゆ」の作り方は、下ごしらえした鯛をおかゆに混ぜて煮るだけです。下ごしらえした白身魚を冷凍保存していた場合は、同じく冷凍保存していたおかゆといっしょに、レンジでチンするだけでOKです。
離乳食初期には、タイに慣れたらヒラメやカレイなども、食べさせることができます。

離乳食中期(生後7ヶ月~8ヶ月)

ホッケ

鯛やヒラメ、カレイなどの白身魚に慣れたら、タラや鮭、ホッケなどの食物アレルギーやヒスタミン中毒が出やすい白身魚を、少しずつ与えてもよいでしょう。ただし、干物は塩分が多いため、ホッケは生の新鮮なものを食べさせるようにしましょう。

離乳食中期の白身魚を使った離乳食は、下ごしらえした白身魚を、色々な種類の野菜やお湯で薄めたダシといっしょに鍋に入れて加熱し、水溶き片栗粉でとろみをつける作り方がおすすめです。とろみがつくと、魚のパサパサ感を感じにくくなり、赤ちゃんがスムーズに食べやすくなります。

離乳食後期(生後9ヶ月~11ヶ月)

離乳食後期は、食べることができる白身魚の種類も増えます。赤ちゃんの食べる意欲も増してきますので、手づかみで食べられるようなメニューがおすすめです。
白身魚をおやきにしてみてはどうでしょう。魚が苦手な子でもおやつ感覚で食べられるし、パパのおつまみにもなりますよ。

白身魚のおやきのレシピ

材料:白身魚のすり身60g、豆腐10g、片栗粉大さじ1

  1. 白身魚のすり身と豆腐を混ぜ、さらに片栗粉を加えて混ぜる
  2. クッキングシートを引いたフライパンに、1で作ったネタを大さじ1ずつ落とす
  3. 蓋をして2~3分したら裏返し、反対側も焼く
  4. 焼き色がつき、中まで火が通ったらできあがり♪

※クッキングシートが燃えない様に、フライパンからはみ出さない大きさに切って使いましょう
※お好みで青のりやチーズを入れても美味しいです
※離乳食4回分の分量です

離乳食完了期(1歳~1歳6ヶ月)

離乳食完了期になると、いろいろなものが食べられるようになります。その反面、食感や匂いなど敏感になる子も多く、偏食もでてくる時期ですので、食べやすく、楽しく食べられるように工夫してあげたいですね。

完了期は加熱する下ごしらえの必要もなくなり、焼くだけで食べられるようになます。ただし、子供が自分で食べて骨が刺さらない様に、調理前に骨抜きで取り除いておきましょう。ほとんどの種類の白身魚を使用できるので、調理のバリエーションも広がりますよ。

加熱すると、どうしてもパサパサした食感になるため、完了期になっても食感が苦手な子は少なくありません。苦手な子には、野菜あんかけなどでとろみをつけて食べるようにするのがおすすめです。野菜あんは、ニンジンや玉ねぎ、しめじなどで彩り良くし、だし汁と醤油で煮込んでから、片栗粉でとろみを付けましょう。

白身魚のあんかけのレシピ

白身魚のあんかけ

材料:白身魚30g、パプリカ10g、しめじ2本、人参10g、玉ねぎ10g、だし汁100cc、みりん小さじ2/1、醤油少々、片栗粉小さじ1/4、水小さじ1

  1. 玉ねぎ、パプリカ、人参を千切りにし、しめじは下から半分に割き、完了期初期は1cmに切る
  2. 玉ねぎと人参を耐熱容器に入れ、少量の水を入れてラップで蓋をし、レンジで1分半加熱する
  3. だし汁に調味料、玉ねぎ、人参、しめじ、パプリカを入れ、野菜に火が通るまで加熱する
  4. 火が通ったら、水で溶いた片栗粉でとろみをつけてあんにする
  5. フライパンに薄く油をひき、白身魚をフライパンで焼く
  6. 4のあんを、5の白身魚の上にかけて完成♪

※魚は刺し身用に骨や皮を除いてある、フィレを使うと便利です
※玉ねぎはワット数によって焦げることがあるため、透明になる程度の時間に調節しましょう

離乳食の白身魚が食べられない!先輩ママのアドバイス

栄養満点の白身魚ですが、ママの思いどおりに食べてくれない赤ちゃんも多いはず。先輩ママは、どのようにして赤ちゃんの白身魚嫌いを克服したのでしょうか?ここでは、離乳食の各段階での食べやすくなるコツや裏ワザをみていきましょう。

離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月)の白身魚克服術

ミルキー
26歳

Aいろどりも大切。

普通のおかゆは食べてくれるのだけど、白身魚を加えると舌を出して「ぺーっ」。この状況に困り果てていたのですが、よくよく考えると、私、白身魚を使うときは、おかゆしか作っていない!
白身魚と組み合わせるメニューが他に思い浮かばなかったのです。そこで、いつものおかゆではなく、すりおろした大根と白身魚を煮ることにしました。大根の食感が白身魚の食感を消してくれるのですね!しっかり完食してくれました。ワンパターンだったメニューを反省しました。

離乳食中期(生後7ヶ月~8ヶ月)の白身魚克服術

タラちゃん
32歳

A魚の臭みを消す方法

魚独特の臭みが嫌いだった息子。白身魚は、なるべく臭みのないかれいを使うようにしていましたが、赤ちゃんの離乳食は薄味でないといけないので、大人が食べるように味噌やマヨネーズで誤魔化すのもできなくて悩みました。そこで、上の子がグラタン好きなことがヒントとなり、牛乳で煮てみることにしました。すると魚の臭みも気にならないし、ホワイトソースっぽくて食べやすく、息子も「もっとちょうだい」と口を開けて待つほどになりました。

離乳食後期(生後9ヶ月~11ヶ月)の白身魚克服術

さかなクシ
29歳

Aみんなで一緒に食べる!

離乳食初期から魚は拒否していた娘。鯛もヒラメもカレイもタラも、すべての白身魚がNGでした。それでも「無理やり食べさせるのは良くない」と聞いていたので、無理強いはしませんでしたが、食べなくても食卓には並べるようにしていました。
離乳食後期になってムニエルを食卓に並べると、少し興味を持ったようでした。ムニエルだと、大人も上の子も赤ちゃんも、みんな同じものを並べることができます。
いっしょに食卓を囲んで同じものを食べることがよかったのか、そのうちに自分で、手づかみでムニエルを食べるようになってくれました。

離乳食完了期(1歳~1歳6ヶ月)の白身魚克服術

クロマニ
33歳

Aとろみを付けるのが基本

離乳食完了期になって、白身魚を焼いて食べることができるようになったのだけど、うちの子は、焼き魚のパサパサした食感が苦手なようでした。特に白身魚は焼くとパサパサしやすいんですよね。
そこで、白身魚を食べるときには、必ずとろみを付けるように心がけました。すると、あんかけや煮つけなどにすると食べてくれるようになりました。おかげで、片栗粉の消費量が大幅に増えました!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ