赤ちゃん髪型を男の子らしくに関する記事

赤ちゃんのヘアアレンジ男の子の髪形&ママカット手順

赤ちゃんのヘアアレンジ男の子の髪形&ママカット手順

赤ちゃんにも似合う男の子の髪形として、赤ちゃんらしく可愛いくもカッコいいヘアスタイルとママカットの方法を紹介します!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんのヘアアレンジ男の子の髪形&ママカット手順

赤ちゃんにも似合う男の子っぽい髪形に ママカットの方法

赤ちゃんでもかっこいい髪型にアレンジしたいけど、男の子の髪型は何がいいかわからない…とかママカットに挑戦したいけど難しくてどうしたらよいかわからない!など悩んでいるママも多くいらっしゃいます。

今回は、赤ちゃんでも男の子らしくなる髪型のアレンジ例と赤ちゃんの髪をママがカットするための手順を紹介します。

赤ちゃんでも男の子らしい髪型にしたい!初カット時期と髪型

自分の髪の毛を掴む赤ちゃん

赤ちゃんの初カットは、ママにとってはイベントでありちょっとした心の準備(?)も必要です。赤ちゃんの髪は一度切ると質の良い髪が生えてくる…とかなんとかおじいちゃんおばあちゃんに言われたとしても、「そうね!オッケ~♪」といわんばかりにバリバリと髪の毛を刈り込むだなんてそうそうできませんよね。

男の子の赤ちゃんの髪、初カットはいつごろ?

しかし、男の子の赤ちゃんの場合はいつまでも髪を切らずにいる訳にもいかず、赤ちゃんの髪の量や長さには個人差がありますが、初めてのカットは0歳から1歳前後が多いそうです。

赤ちゃんの髪の長さでいつカットするかの目安としたいママは、赤ちゃんの前髪が目に入りそうになる前にカットしてあげましょう。髪の毛が目に入ると雑菌によって目がはれたり、目の病気になることもありますので、前髪を基準にしてカットの時期を決めるのもよいでしょう。

赤ちゃんでもカッコよく!バリカンカットでできる男の子の髪形

赤ちゃんの髪を切るにもハサミカットにあまり自信のないママは、赤ちゃん用のバリカンを使ってバリカンカットに挑戦してみましょう。必ずしもバリカン=丸刈りというわけではなく、バリカン1つで、色々な切り方ができおしゃれな髪型も自由自在です。

赤ちゃん用のバリカンには、バリカンの刃が直接赤ちゃんの肌に触れないように安全にできているもの、赤ちゃんが怖がらないように音や振動が小さいものなどがあります。

男の子ならではのヘアアレンジ例

子供が大きくなり幼稚園や小学校になると、本人の希望も出てくるためなかなかできない髪型もありますよね。赤ちゃんの時にしかできない髪型や男の子ならではの髪型に挑戦してみましょう。

ソフトモヒカン
ソフトモヒカンの髪型

デビット・ベッカムで有名になり、今や男の子のヘアスタイルとしては定番の髪形ですよね。

両サイドの髪の毛を短くし、トップの髪を長めに残すことで、男の子らしさが格段にアップします。
最初に、ハサミで全体のラインをつくってから、両サイドはバリカンとハサミで形を整えながら少しずつカットしていくとよいですよ。

アンシンメトリーヘア
左右非対称の髪型

左右非対称の髪型にすることで、男の子ならではのカッコよさがでます。片側だけのサイドをバリカンで刈り上げて前髪を斜めにながすだけで、オシャレ感がアップします。

おしゃれにラインヘア

サイドを刈り上げてその部分にバリカンでラインをひくとワンパクな印象に!

やんちゃなツーブロックヘア

トップから耳の上あたりまでは長めに残し、両サイドと襟足をバリカンで刈り上げましょう。
トップの長さを長めにすると少しだけお兄ちゃんにみえますし、短めにするとやんちゃな印象にも。

赤ちゃんの髪を切るための準備と手順!

赤ちゃんのうちなら、男の子でも前髪ぱっつんスタイルもレトロ感もあり可愛いものですよね。また、手軽なバリカンカットの仕上げにもハサミの使い方は覚えておくと重宝します。ハサミを使ったママカットのコツとハサミカットでできる髪形も少しだけご紹介します

アレンジが簡単になるカットの例

クールなアレンジらくらくヘア

トップを長めにとり両サイドを耳にかからないぐらいハサミで短めに切っておくと、赤ちゃんでも色々な髪型にアレンジできますよ!トップの長い髪をオールバックにしたり、斜めや横に流すとこれも全く違った印象に。

可愛いナチュラルヘア
ナチュラルヘアの髪型

毛量が少なめで毛質も柔らかい子は、前髪を思いっきり短くあえてランダムにカットしてみては。
全体的に動きのある髪にすることで、ナチュラル感がでます。赤ちゃんだからこそ、可愛くて似合う髪型です。ただし、思いきり短くジグザグ感も残したいとはいえ、最初からジャキジャキと切ってしまうと取り返しのつかないことになりますので、長さやラインを考えながらカットしていきましょう。

ちょっとだけロングヘア

髪の毛が伸びてきたら試したいヘア。トップは長めに襟足も少し長めに、両サイドの髪もあごのラインに沿う状態で伸びることを予測しながらカットしていきましょう。毛量の多い子は、毛先もはさみでシャギーを入れ少し軽くします。可愛い時期だからこそ、髪が長くなったらぜひロングヘアに挑戦してみてくださいね。

カットに挑戦

男の子の前髪をはさみで切る

今まで髪を切ったことがないママも、いくつか切り方のポイントを押さえると見違えるように上手にカットできるはず。いざ髪を切ろうと思っても、どうしたらよいかわからないママに、お家で簡単にできるカットの方法を紹介します!

まずは、髪をカットするためには道具を揃えること。相手はじっとしていられない赤ちゃんですから、短時間で上手に切るためには必要な物はすべて事前に準備しましょう。

準備するもの

  • 散髪バサミ:髪全体を整えるために使います
  • スキバサミ:髪のボリュームを調整するために使います
  • くし:髪をとかす、髪の根元から先端に向けてすくうときに使います

※はさみやくしは、赤ちゃん用の物を準備しましょう!赤ちゃん用のものは、先が丸くなっていて安全につくられています。

  • タオル:髪がついてチクチクしいないように、首周りにまきます
  • ケープ:洋服に髪が付かないように、タオルを付けた上から、つけます
  • 霧吹き:髪を切るときに、髪を濡らすために使います。ただし髪の多い子だけです。
  • クリップ:カットの邪魔にならないように、髪をとめるときに使います
  • 新聞紙:切った髪が直接床に落ちないため、床に敷きます
  • ベビーチェア:赤ちゃんが落ち着いて座れるタイプのもの
  • DVD:カットの時に赤ちゃんが動かないために、あればベスト!

髪の毛の切り方手順

全体をどのようなラインにするか決め、髪を霧吹きでぬらします。
櫛で髪をとかす

赤ちゃんを座らせる前にどのような髪型にするか決めておきましょう。頭の中で考えているだけでは難しいので、雑誌を見て紙に髪型のラインを描くとイメージしやすいです。

髪の多い赤ちゃんは、スプレーで髪を軽く濡らしてからカットすると、切った髪は乾いている髪より重みがあるため飛び散りません。髪が乾くと濡れていた時よりやや髪が短くなりますので、それを想定してカットしてくださいね。
くせ毛の子や髪がそろっていない子の場合、髪が濡れた状態では逆にカットしにくくなってしまうこともあります。髪が乾いた状態でのカットがおすすめです。

全体の長さを決めて、顔周りからカットする

前髪、耳のまわり、後ろ髪を完成の状態より少し長めに散髪バサミで切っていきます。毛量の少ない赤ちゃんの髪の毛先を指で挟んで飛び出ている髪を切ります。
長さはそのままで自然な感じに軽くしたい場合には、毛先をスキバサミでカットします。

軽くしたい部分をカット

軽くしたい部分の髪を持ち上げて、髪の毛の流れに平行に、ランダムな間隔でハサミを入れ切ることシャギーができます。切りたくない髪はクリップでとめてくださいね。
毛先に軽さを出す目的ならスキバサミをつかって髪の真ん中あたりからランダムに切っても良いですが、毛量の少ない赤ちゃんの場合は切り過ぎになってしまうこともあるので慎重に。

仕上げに全体を整える

くしで全体をととのえながら確認しましょう。
切り残しがあればカットし、前髪、耳回り、後ろ髪をスキバサミで整えて自然な仕上がりにします。

ドライヤーの風を当てて完成

切った髪の毛が肌や服についているとチクチクしたりしますよね。赤ちゃんがビックリしないようにドライヤーの弱風を当てて髪の毛を取ってあげましょう。

じっとしていられない赤ちゃんの散髪タイミング

髪を切っている間赤ちゃんはじっとしてくれるとは限りません。刃物を使う以上動かれては危険ですから、赤ちゃんが動いて困るときは赤ちゃんが夢中になるものを使って動きを封じましょう。

お気に入りのオモチャを一生懸命に触っている間や、お菓子をあげて食べている間、赤ちゃんが好きなDVDに気を取られている間、または赤ちゃんの好きな歌を歌ったり、ママとパパで協力しながら髪を切ってみましょう。

だけどそれで髪を切っている間中大人しくしていてくれるわけでもありません。赤ちゃんの様子を見て、続行が無理そうなら一度で仕上げようとせずに「今日は前髪、次は耳周り」というように日にちをかけて挑戦しましょう。ちょっとのカットなら寝ている間もおススメです。

美容室は少しの間座っていられるようになったら

いざ髪をカットしようと0歳や1歳の男の子を美容院へ連れていっても、慣れない場所、そして知らない人が髪を切るとなると、怖がったり、泣いてしまったり…赤ちゃんが髪を切っている間じっとしているのは難しく、0歳や1歳ではほとんどカットできずに終わることもあるでしょう。
2歳を過ぎると0~1歳の頃よりはママの言うことも理解し、少しくらいならじっとできるようになるのでその間にプロがさささっとカットすることもできますが、小さな子にとって基本的に散髪は恐怖であることも多いのです。

赤ちゃんが美容院を嫌がらないようにママが近くにいるなどの工夫も出来ますが、0~1歳頃の赤ちゃんの場合は毛量も少ないので、無理に美容室でカットをせずに自宅でママがカットしてあげても良いでしょう。

赤ちゃんからかっこいい男の子の髪形 これからママカットよろしくね!

ママカットに慣れない最初のうちは、大変なことだらけ。でも、赤ちゃんがケガをしないように準備は万全に無理なくをモットーに進めていきましょう。何回も繰り返すことでカットするママもカットされる赤ちゃんも上達していきますので、諦めずにチャレンジしてくださいね。

可愛い我が子をどんな髪型にしよう?とか、どんな髪型が似合うかな?など考えるのも子育ての楽しみの一つです。赤ちゃんの今しかできない髪型や赤ちゃんだから似合う髪型など、赤ちゃんでも男の子らしい髪型を色々試してみましょう!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事と関連性の高い記事