赤ちゃんがミルクを吐くに関する記事

赤ちゃんがミルクを吐くのは病気!?嘔吐の原因と3つの対応策

赤ちゃんがミルクを吐くのは病気!?嘔吐の原因と3つの対応策

赤ちゃんがミルクを吐く回数はママの対処で減らせます。ただし病気は要注意!すぐに病院へ!嘔吐の原因と対応策を解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんがミルクを吐くのは病気!?嘔吐の原因と3つの対応策

赤ちゃんがミルクを吐く原因は?嘔吐対応策と心配な病気

新生児~生後3か月頃までの赤ちゃんは、授乳後のゲップの時などに、度々吐き戻すことがあります。
そんな我が子に「何か悪い病気なの!?」と不安を抱く新米ママも多いですよね。

また病気ではないとわかっている場合でも、「どうしたら吐きにくくなるの?」「頻繁に吐くから着替えが大変」などと、困ってしまうママも少なくありません。
赤ちゃんが吐いてしまう原因は何なのでしょう?また、赤ちゃんの嘔吐対策はどのようにすればよいのでしょう?

赤ちゃんがミルクを吐く原因

赤ちゃんの嘔吐には大きく分けて2つの原因があります。

胃の筋肉が未発達

口の端からミルクをこぼす赤ちゃん

新生児~生後3か月頃までの赤ちゃんは、胃の発達もまだまだ未発達です。
そのため入口の筋肉がしっかり閉まっておらず、ちょうど口の部分を上に向けたとっくりのような口が開きっぱなしの形をしています
そのためゲップや咳などのほんの少しの刺激でも簡単に吐き戻しますし、飲みすぎの場合も口から溢れ出してしまいます。

このように授乳が済んで赤ちゃんの体を横にしたときや、ゲップを出させるために背中をトントン叩くときなどに、赤ちゃんの口の端からダラダラとミルクが出てしまうことを【いつ乳】と言います。

ママは頻繁に吐くと心配になりますが、いつ乳は赤ちゃんのからだの構造上、仕方のない嘔吐ですので、まず心配いりません。

病気

ミルクを嘔吐する赤ちゃん

嘔吐とともに下記のような様子が見られる場合は、胃食堂逆流症や先天性肥厚性幽門狭窄症、噴門弛緩症、胃軸捻転、腸重積などの胃や腸の病気や、風邪による急性胃腸炎、便秘などが心配されますので、医療機関のへの受診が必要です

嘔吐と同時に発熱や下痢などの風邪症状が見られ、急性胃腸炎が疑われる場合や、何日も便が出ておらず、便秘が疑われる場合には、早めに小児科を受診しましょう。
ただし夜中に突然発熱し下痢や嘔吐の症状がある場合には、まずは様子を見て、機嫌がよく症状も悪化せず、水分がとれるようであれば翌朝の受診でも大丈夫でしょう。

しかし下記のような症状がある場合には、緊急処置が必要な可能性がありますので、至急医療機関を受診しましょう。

緊急で医療機関を受診すべき症状

  • 授乳のたびに噴水のように嘔吐する
  • 嘔吐の回数が日増しに増えるが、体重は増えない
  • 嘔吐が繰り返され、ぐったりしている
  • 吐いたものがミルクの色ではなく、黄色や緑色っぽい
  • おしっこの量や回数が極端に減った
  • 嘔吐や下痢の回数が多く眠れない
  • ネバネバした血便を出し、嘔吐する
  • 不機嫌になり、顔をしかめたり、うなったり、激しく泣きじゃくる

いつ乳の対応策3つ

いつ乳は胃の筋肉がしっかり発達して、入り口が閉まるまで続きます。
約3か月は続くいつ乳と上手におつきあいしましょう。

1吐いてしまったときの赤ちゃんのケア

頭を高く、顔を横向きにして寝る赤ちゃん

赤ちゃんが吐いたら、まず顔を横向きに寝かせ頭をやや高めにしましょう。
寝返りの打てない時期は、吐いたもので窒息してしまう恐れがあるからです。

口の中に吐いた乳汁など残っていると、赤ちゃんは苦くて嫌がりますので、ガーゼで汚れを拭き取ってあげましょう。

2吐きにくくなる対応策

母親に抱きかかえられる赤ちゃん

とっくりのような赤ちゃんの体、飲み過ぎればミルクは溢れ出しますし、倒せばこぼれます。さらにゲップと一緒に飛び出しますし、ゲップをするときに激しく叩けば、その勢いで出てきてしまいます。

そこで刺激をなくし、ミルクが溢れない下記のような工夫をすることで、いつ乳の回数を減らすことがでます。

  • 赤ちゃんがミルクを飲んだ後は、しっかりゲップをさせる
  • ゲップをさせるときは、強く叩き過ぎない
  • 頭が多少高くなるように、ベッドに傾斜をつける
  • 乳児専用の傾斜のついたスリーピングピローを使用する

【SANDESICA】スリーピングピロー(吐き戻し防止ベビー枕)レイユール

【SANDESICA】スリーピングピロー(吐き戻し防止ベビー枕)レイユール

COCODESIKA(ベビー寝具と雑貨のお店)

価格:3,000円 + 消費税

10度の傾斜がついているので、吐き戻しはもちろん、鼻水や鼻づまりにも安心です。

3服を汚さない対応策

赤ちゃんを授乳させたあとは、ママの肩にハンドタオルをかけ、その上に赤ちゃんをのせてから、ゲップをさせましょう。
またいつ乳のある時期は、外出の直前まで、汚れても洗濯できる普段着や割烹着を着て過ごすのがおすすめです。

ミルクの吐き戻しは、洗濯しても翌年にはシミになってしまいますので、大切な服を汚した場合は、早めにクリーニングに出してシミ抜きをしてもらいましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪