赤ちゃんのしゃっくりの原因に関する記事

実は苦しくない!赤ちゃんのしゃっくり3つの原因とその対策

実は苦しくない!赤ちゃんのしゃっくり3つの原因とその対策

赤ちゃんのしゃっくりは頻繁に起こります。しかし、その原因は様々あります。その理由を知って適切に対処していきましょう!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  実は苦しくない!赤ちゃんのしゃっくり3つの原因とその対策

わかれば安心!赤ちゃんのしゃっくり3つの原因

泣く赤ちゃん

まだおなかに赤ちゃんがいた頃、元気な胎動を感じることがありましたよね。
子宮の中で赤ちゃんが元気に手足を動かしている、そんなかわいい胎動と一緒に、ピクピクと一定のリズムを刻む動きも感じたことはないでしょうか?
そう、赤ちゃんはおなかの中でもしゃっくりをして呼吸の練習をしていたんです。お腹の中の赤ちゃんがしゃっくりをするのは、元気に育っている証拠です。

でも、新生児期の赤ちゃんが、目の前で何度もしゃっくりをしているのを見ると、なんだか苦しそうで「早く止めてあげないと」と思ってしまいますが、赤ちゃんは苦しいわけではありませんし、実は普通のことなのです。

赤ちゃんのしゃっくりの主な3つの原因

座っている赤ちゃんのおもちゃ

しゃっくりは横隔膜が刺激されて痙攣するために起こります。赤ちゃんの心拍数や呼吸数は大人よりもかなり多く、それに伴って痙攣の間隔も早くなります。そのため、大人からするととても苦しそうに見えてしまいます。
先にもありましたが、この感覚の早い苦しそうなしゃっくりも、赤ちゃんにとっては普通のこと。
しゃっくりしながら笑うこともあると思います。

では、どんなことが原因で、横隔膜が刺激されてしゃっくりが出てしまうのでしょう?その原因は主に3つあります。

1.胃や食道の動きによる刺激

離乳食を食べる赤ちゃん

母乳やミルク、離乳食によって、赤ちゃんの未熟な胃・食道はフル稼働します。飲みすぎ食べ過ぎになると、そんな胃や食道の動きが原因で横隔膜が上に押しやられたり、刺激されたりして、横隔膜が痙攣し、しゃっくりが出てしまうのです。

赤ちゃんが成長するにつれて、胃や食道も成長するため、頻繁にしゃっくりが出ることはなくなっていきます。気付いた頃には、飲んでも食べても、しゃっくりは出なくなっていきますよ。

2.体温の低下による刺激

おむつを着けてはいはいする赤ちゃん

おむつが濡れていることで起こる赤ちゃんの体温低下。その刺激でも、しゃっくりは起こりやすくなります。下半身が冷たいことで腹部に力が入って横隔膜を指摘してしまうようです。
おむつはこまめに変え、赤ちゃんの体温を適切にキープしましょう。

3.授乳時に空気を飲み込むことによる刺激

ミルクを飲みながらこちらを見る赤ちゃん

赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲むときに、一緒に空気も飲み込んでしまうことがまれにあります。それもしゃっくりが出る一因になります。
空気を飲み込ませないために、乳首はしっかりくわえさせること、また哺乳瓶は45度くらいの角度にして空気が入り込まないようにしてあげることが大切でしょう。

赤ちゃんのしゃっくり 3大原因

  • 飲んだり食べたりした時の胃の活動
  • おむつが汚れたことによる体温が低下
  • 母乳やミルクと一緒に空気を飲み込んでしまうこと

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪