新生児のいきみの原因と対処に関する記事

新生児のいきみやうなりは何が原因?ホームケアと予防策

新生児のいきみやうなりは何が原因?ホームケアと予防策

新生児が突然いきみ始めたりうなり始めたりすることがあります。いきみやうなりの原因とケアについて説明します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児のいきみやうなりは何が原因?ホームケアと予防策

新生児の突然のいきみやうなり!考えられる原因について

突然苦しそうにウンウンといきみ出す赤ちゃん。「一体何が起こったの?」と、ママもパパもパニックになってしまいますよね。夜中や昼間など、時間に関係なく新生児が突然いきみ出したり、うなり声をあげたり泣きだしたりすることがあります。どのような原因が考えられるのか見ていきましょう。

腸が刺激されたことによる反射運動

いきむ新生児

まず、新生児に「いきみ」や「うなり」が多いのは普通のことです。ミルクを飲むことで腸が刺激され、反射的にうんちを出す時と同様にいきみます。そのタイミングは、必ずしもミルクをあげた直後ではないため、顔を真赤にして頻繁にいきんでいる赤ちゃんを見ると、ママは病気なのかと心配になってしまいますよね。赤ちゃんは筋肉が発達していないので腹圧をうまくかけることができず、体全体を使っていきむので一見すると苦しそうで不安になりますが、成長している証として見守ってあげることも大切です。

ゲップが出ない

ゲップが出そうで出なくて、しんどくていきんでしまったり泣いてしまったりすることもあります。一生懸命ミルクを飲もうとすることで、一緒に空気も飲み込んでしまい、本来はその余分な空気をゲップとして吐き出します。ゲップが出なくて胃が膨らんでしまい、息がつまって苦しく感じることも少なくありません。

便秘

便秘になるとお腹が張って苦しいのは、新生児も大人も一緒です。うんちの回数を控えておいて、回数が減っているようだったら、便秘を疑ってみましょう。まだ寝がえりを打てない新生児は腸に外部からの刺激が少ないために、便秘にもなりやすい傾向にあります。そのため赤ちゃんは顔と体全体でいきんで、腸に詰まった便を出そうとします。

ガスがたまっている

お腹に溜まったガスが、おならとして外に出にくい時にも、新生児はいきみます。おとなでもお腹にガスが溜まる原因と同様に、腸の働きが弱い・少ない場合に多いのですが、新生児は生まれたばかりで腸の蠕動運動が弱いためガスが溜まりやすくなってしまいます。便秘と同じく寝返りを打てるようになると、自然とお腹を圧迫できるようになりますので解消されます。

服を着させすぎている

厚着の上に毛布をかけられた赤ちゃん

赤ちゃんが冷えないようにと厚着にさせてしまいがちになりますが、着させすぎだと赤ちゃんも暑くて調子がわるくなってしまいます。衣服だけではなく、部屋の温度や湿度、布団などを調整して、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう。

新生児のいきみやうなりの対処法について

体に何かが詰まって出ない状態のときに、新生児はいきんだりうなったりします。詰まった状態を解消してあげれば問題は解決しますが、なかなか詰まりが解消できない時はいきみ過ぎて、でべそ(臍ヘルニア)になってしまうこともあります。

いきみやうなりがあるときの対処法について見ていきましょう。

ゲップをさせる

前回の授乳時にゲップをしていない場合は、ゲップが出なくていきんでいる可能性が大です。赤ちゃんを縦抱きにして、背中を軽く下から上にさすり、ゲップをさせてあげましょう。軽くゲップが出たとしても、もう少しお腹にガスがたまっている可能性もあります。縦抱きのまま、5分程度、背中を軽くさするようにしましょう。

お腹をマッサージする

赤ちゃんのお腹をマッサージ

縦抱きにして背中をさすってもゲップが出ない場合や、ゲップをしたのにまだ苦しそうにしている場合は、おなかのマッサージをしてあげましょう。時計回りにおへその周りをゆっくりとやさしくなでて見ましょう。決して無理に押さえることがないように注意して下さいね。
お腹の他に、お尻のマッサージも効果的です。オムツ交換でお尻を触ってる時に、うんちが出ちゃった何てママあるあるの基本ですよね。沐浴の時や座浴の時などに、お尻を優しくマッサージしてあげましょう。

脚の曲げ伸ばし運動をする

足の屈伸運動をする赤ちゃん

赤ちゃんの脚を持って曲げ伸ばし運動をしてみましょう。ミルクを飲んだ直後はダメで、1時間以上時間を空けて、赤ちゃんのお腹が空いてない時にやってみてください。決して無理な力をかけずに、ゆっくりと赤ちゃんのお腹が軽く押されるように脚を曲げていきます。そしてまたゆっくりと時間をかけて赤ちゃんの脚を伸ばしていきます。5回ほど繰り返すと、赤ちゃんの腸運動も活発になってきますので、便秘やガスだまりの苦しさが解消していくでしょう。
また、足を持ってお腹をひねるような運動も、腸を動かすのに最適です。足を交差させて優しくひねるように運動させてあげましょう。

おくるみで安心させてあげる

ちょっと前までママのお腹の中にいた赤ちゃんは、外の世界の刺激に敏感です。おくるみで包まれることでママのお腹の中にいるように、安心してリラックスすることができ、いきみなどが解消されます。
寝てる最中のモロー反射などによる、びっくりして起きちゃうことも少なくなるので、おくるみをたまに使って寝かしてあげましょう。

腹ばい・うつぶせにしてあげる

いきみが原因で臍ヘルニアや鼠径ヘルニアになる可能性が少なからずあります。臍ヘルニアや鼠径ヘルニアは、新生児の未発達な筋肉の隙間から腸がはみ出てしまいます。ほとんどの赤ちゃんは1歳を過ぎる頃には、筋肉が発達することで自然に治まるので、過剰に心配する必要はありません。腹ばいやうつぶせで少し遊ばせて上げる事で、腸が正常な位置に戻りやすくなるそうです。
新生児は腹筋や腸の蠕動運動も弱いため、腹ばいの格好にさせることで蠕動運動が促され、便秘の解消やガスが出やすくなる効果が期待できます。

注意点としては、鼻と口が塞がらないよう、首の角度にも注意して、目を離さずに遊ばせてあげましょう。ラッコのようにママが仰向けに寝て、お腹の上に赤ちゃんを腹ばいに乗せて、遊ばせてあげるとコミュニケーションも取れて最適です。赤ちゃんと遊び過ぎて、ママがそのまま寝ちゃったりしないように気をつけてください。

それでもいきみが解消されない!病院に行くべきタイミング

女医の診察を受ける赤ちゃん

マッサージや脚の曲げ伸ばし運動をしてもいきみが解消されない場合、どのようなタイミングで赤ちゃんを受診させることができるでしょうか。多くの場合、新生児のいきみは問題ありませんが、気になってストレスになるぐらいでしたら、一度病院で診察を受けるのも安心できて良いと思いますよ。

新生児がいきみと嘔吐を繰り返す場合

便秘やガスだまりの日数に関係なく、新生児がいきみと嘔吐を繰り返す場合は、ウィルス性の腸炎にかかっている可能性もありますので、すぐに病院に連れて行きましょう。吐いてしまう場合は特にミルクによる水分補給に気をつけてあげて下さい。

1週間以上便が出ていない場合

便秘が1週間以上続いている場合は、いきみの有無に関わらず病院に連れて行きましょう。また、うんちの回数が減った状態で、ミルクの飲んでも吐いてしまったりする場合も、便秘の可能性が高くなります。新生児用の便秘薬を処方されることや、その場で浣腸などの処置がされることもあります。赤ちゃんはデリケートなため、ちょっとした環境の変化などでも便秘になってしまったります。病院で診察を受けつつ、赤ちゃんを含めた生活リズムの改善や、過ごしている環境を改善するようにしましょう。

赤ちゃんの機嫌が悪く母乳やミルクを飲まない場合

いきんでいない時も赤ちゃんの機嫌が悪く、母乳やミルクを飲ませようとしても嫌がるときや、飲んでもすぐに吐いてしまう場合も、病院に連れて行った方が良いでしょう。風邪などにかかっている可能性や思ったよりも便秘がひどい可能性もあります。

便を出す時に苦しそうな場合

便を出す時に苦しそうにいきむ場合も、便が固くなって出しづらくなっていたり、便秘がひどくなっている可能性が考えられます。便を出す度に吐いたり熱があるときは、すぐに病院に連れて行きましょう。

臍や足の付根の部分が膨らんでいる場合

臍ヘルニアや鼠径ヘルニアの可能性があるので、一度小児科の診察を受けるようにしましょう。新生児には多いので、そんなに心配せずに、ちょうど良い機会なので医師に「いきみ」のことも相談してみてください。

新生児はいきみはいつまで続くの?

起きている時も、夜中の寝ている時も、苦しそうに顔を真っ赤にし、時には泣きながら全身を使っていきんでいる赤ちゃんを見ると「いつまで続くんだろう…」と不安になってしまいますよね。
赤ちゃんは生後2~4カ月ほどで寝返りを打てるようになり、自分の力で体を支えたり向きを変えたりできるようになると、お腹にガスや便がたまってしまうことや、ゲップが出なくてお腹が膨れてしまうことが自然と解消されていきますので、いきみやうなりもしないようになっていきます。

自分で思い通りに体を動かせない新生児にとってはいきみやうなりは日常の一部と言えますので、いきみで高熱が出る場合や便秘が重症化してしまう場合、また他の病気が考えられる場合以外には、慌てることなく対処していくようにしましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪