赤ちゃんのげっぷはいつまでに関する記事

赤ちゃんのげっぷはいつまで?げっぷをやめるタイミングは

赤ちゃんのげっぷはいつまで?げっぷをやめるタイミングは

赤ちゃんのげっぷは、いつまでさせなければいけないのか気になりますよね。哺乳が終わると無意識にげっぷさせているけれど、月齢の進んだら必要なくなるもの。げっぷはいつまでさせてあげる必要があるのでしょう。げっぷが出ない時の対処法と合わせてご紹介。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんのげっぷはいつまで?げっぷをやめるタイミングは

赤ちゃんのげっぷはいつまで?げっぷが出ないときの対処法

小さな赤ちゃんは、自分では上手にげっぷをすることができないので、哺乳が終わった後、ママが赤ちゃんの背中をトントンしてあげる必要があります。

そんな、赤ちゃんに必要不可欠な背中トントンは、一体いつまでしなければならないのでしょう?赤ちゃんはいつになったら、自分でげっぷができるようになるのか気になりますよね。

育児書などでは、「赤ちゃんの成長に合わせて決めて…」なんて言われていますが、分かるようでよく分からないのがこの疑問。今回はげっぷについてお悩みのママのため、げっぷについて掘り下げて考えてみました。

新生児にゲップが必要な理由は?

ミルクを飲んでいる新生児

新生児はまだ、母乳やミルクを上手に飲むことができません。授乳の後で胃の中に空気がたまると、赤ちゃんが気持ち悪いほか、吐き戻しの原因になるため、授乳後はげっぷとして空気を出してあげる必要があります。

大人の場合は、飲み込んだ空気や胃の中で発生したガスによって胃の内圧が高まると、普段は閉じている胃の入口にある逆流を防ぐ筋肉が開くことで、胃の中の空気やガスがげっぷとして食道の方に漏れ出るような構造になっています。

それに対して、赤ちゃんの胃はフタのない徳利のような状態なので、大人のように空気だけを外に出すことができない上、空気がたまったまま横にすると、空気と一緒に飲んだ母乳やミルクが一緒にこぼれ出てきてしまうことも…。

このように、赤ちゃんは胃の逆流を防ぐしくみが未発達なことから、背中をトントンすることで、空気をげっぷとして外に出す必要があるのです。

赤ちゃんのゲップはいつまで出してあげるべき?

赤ちゃんの首が座って縦抱きが楽にできるようになり、自由に寝返りが打てるようになると、げっぷやおならが自然と出てくるようになります。さらに、徳利型だった赤ちゃんの胃は、徐々にフタの部分が発達していきます。

また、一人でお座りができるようになると、母乳やミルクを飲ませた直後に横になることが少なくなるので、吐き戻しの回数が減ってきます。

首すわりは生後4~5ヶ月、お座りや寝返りが完全にできるようになるのは生後5~6ヶ月のため、少なくとも生後5ヶ月くらいまでは、ママがげっぷをさせてあげる必要があるのです。

赤ちゃんのゲップをやめるタイミングは?

げっぷをさせなくても、吐き戻しがなくなったら、そろそろげっぷのやめ時。げっぷをやめてからしばらくの間は、授乳後の赤ちゃんの状態を観察し、苦しそうにしていなければゲップ卒業です。

特に、「3ヶ月コリック」が激しくなる生後3ヶ月頃は、お腹に空気がたまって突然ぐずったり、泣き出したりすることがあるので、おなかが張っているようなら、縦抱きやマッサージで空気を出やすくしてあげるといいでしょう。

ゲップが出ない時にスムーズにさせるコツ

授乳後にげっぷがでないと、不安になったり、げっぷが出るまで背中をトントンし続けたりした経験はありませんか?げっぷが出そうで出ない!という時、赤ちゃんの胃の中にたまった空気を外に出すには、次の2つの方法がおすすめです。

1縦抱っこで背中をなでる

ゲップ説明の胃のイラスト

赤ちゃんの胃にたまった空気を出やすくするには、縦抱きがベストです。噴門と呼ばれる胃の入口を上にすることで、空気の通り道ができて、空気がスムーズに出ていくのです。

縦抱きする際は、ママの肩に赤ちゃんのあごを乗せて、赤ちゃんの体が前かがみになるように抱っこすると、噴門から空気が出やすくなります。

この時、出ないからといって何度も背中をトントン叩くのはNG。胃にたまった空気を押し出すように、下から上に向かって背中を優しくなでてあげるとげっぷが出やすくなりますよ。

2体を右に傾ける

ゲップ出やすい胃のイラスト

縦抱きでげっぷが出にくいという赤ちゃんは、体の右側を下にした状態で横向きにするとげっぷが出やすくなることがあります。

通常、胃は左上から右下に向かってなめらかなカーブを描いた形状をしているので、右側を下にすると空気が噴門から出やすくなるほか、飲んだ母乳やミルクが幽門から腸に流れやすくなるのです。

また、この時、胃にたまった空気がげっぷとして外に出なくても、腸に流れた空気はおならとして出てくることもあるので、げっぷが出ないからといって無理やり出そうとする必要はないでしょう。

ゲップをしても赤ちゃんが母乳やミルクを吐く際の対処法

通常は、食道と胃の境目にある「下部食道括約筋」という筋肉が締まることによって、一度胃の中に入った食べ物が食道に逆流するのを防いでいます。

しかし、赤ちゃんは下部食道括約筋が未発達で、胃のフタがいつも開いているような状態のため、授乳直後に体を傾けると、一旦胃の中に入った母乳やミルクが簡単にこぼれ出てしまうのです。

吐き戻しがひどい場合は、授乳後30分ほど縦抱きをしてあげると、胃の中身が腸へと流れていくので、吐き戻しを防ぐことができます。

また、長時間の抱っこが辛い場合は、傾斜のついた吐き戻し防止枕やバウンサーを使用するのも一つの方法です。

知っておきたいげっぷが関係する赤ちゃんの病気

赤ちゃんにゲップを出させるママ

赤ちゃんのげっぷは出ないとどんどん不安になる反面、出過ぎると「どこか悪いでは?」と不安になってしまいますよね。実は、げっぷが出ない場合と出過ぎる場合のどちらにも問題があるのです。

ここでは、赤ちゃんのげっぷが出ない病気とよく出る病気の2つについて紹介します。

1ゲップが出ない病気

胃軸捻転

胃軸捻転とは、胃がねじれることによって、赤ちゃんの胃が正常に機能しなくなる病気です。胃がねじれると空気の通り道がなくなるので、ゲップが出にくくなることがあります。

胃のねじれによって飲み込んだ空気は腸に流れていくので、腹部にガスがたまって腹痛により不機嫌になるほか、お腹が張りやすく、ゲップが出ない分、おならの回数が増えるのが特徴です。

2ゲップがよく出る病気

空気嚥下症(呑気症)

哺乳時にたくさん空気を飲みこんでしまうことによって、何らかの症状が現れることを空気嚥下症(呑気症)といいます。胃や腸には問題がないので、哺乳力もよく体重の増加も良好ですが、げっぷの量が多くなります。

げっぷがうまく出なくてつらそうにしている場合は、縦抱きなどでげっぷが出やすくしてあげるようにしましょう。

胃食道逆流症

胃食道逆流症とは、飲んだ母乳やミルクが食道に逆流をしてしまう、逆流を防ぐしくみが未熟な赤ちゃんに起こりやすい症状です。逆流が起こる際に、げっぷや胸焼けなどの症状があらわれます。

成長とともに、逆流を防ぐ機能が発達していくと、徐々に逆流が起こらなくなるため、逆流性食道炎などの症状が見られない場合は、経過観察となります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪