赤ちゃんの足汗・臭いの対策に関する記事

赤ちゃんの足汗がひどいのは多汗症?足の裏が臭い理由とは

赤ちゃんの足汗がひどいのは多汗症?足の裏が臭い理由とは

赤ちゃんの足裏がいつも足汗でべっとり濡れていると、多汗症ではないかと心配になりますよね。赤ちゃんは、なぜそんなに足の裏に汗をかくのでしょう?その原因を解説します。また、足の裏が臭いという赤ちゃんの、足の裏が臭う理由対処方法をご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの足汗がひどいのは多汗症?足の裏が臭い理由とは

赤ちゃんが足汗をかくのはなぜ?足の裏が臭い時の対処法

赤ちゃんを抱っこしていて何気に足裏に触ると、汗でベトベトしていて驚いた経験はありませんか?足汗があまりにひどいと、「どこか具合でも悪いのでは?」と心配になりますよね。

しかし、赤ちゃんが足の裏にびっしょり汗をかくことは、決して珍しいことではありません。ちゃんと理由だってあるんです。

ここでは、赤ちゃんが足汗をかく理由のほか、足の裏が臭い時の対処法についてご紹介。可愛い赤ちゃんの可愛い足の裏の汗を防ぐためにはどうすればいいのか、赤ちゃんの足汗に悩むママにだけこっそりお教えします。

赤ちゃんの足の裏が汗びっしょりの理由

赤ちゃんの足

赤ちゃんが足の裏に汗をかいている時は、体温が上がりすぎているサインだといえます。

赤ちゃんは体温調節が未熟なため、暑いと体温が上がりやすく、寒いと体温が下がりやすいのですが、特に、体温が上がりすぎた際は、手や足から汗などによって熱を放散することで、体の内部の体温を調節しています。

さらに、赤ちゃんの汗腺の数は大人と同じだけあるので、大人に比べて汗をかきやすいうえ、ヒトは1日にコップ1杯の足汗をかくといわれているほど、足裏の汗の量が多いため、赤ちゃんが足汗をかきやすいのもうなずけますよね。

汗をかくのは多汗症のせい?

多汗症とは、手のひらや足の裏に大量に汗をかく病気で、ストレスや不安によって自律神経のバランスが崩れて起こります。赤ちゃんがたくさん汗をかくのは、自律神経が未発達で体温調節が上手にできないためで、今の段階では多汗症に心配はありません。

赤ちゃんの体温を調節する方法は?

赤ちゃんは、暑くても寒くても、自分で上手く体温調節ができません。それを知らせる手段がないため、ママは常に赤ちゃんの様子を見ながら体温を調節してあげる必要があります。

どのように体温を調節すればいいのか、その方法につい詳しくみていきましょう。

適切な室温を保ちましょう

部屋の温度が高すぎてしまうと、赤ちゃんは手や足だけでなく、お腹や背中まで汗びっしょり。反対に、温度が低すぎても風邪などの原因になってしまうので、ママは暑さも寒さも気をつけなければなりません。

赤ちゃんがいる部屋の温度は20~25度くらいに保つようにして、寒いようなら、おくるみやバスタオルなどで調節するようにしましょう。

お腹や背中を触って体温を確認しましょう

赤ちゃんを抱っこするお母さん

赤ちゃんは、体温が上がりすぎると、手足から熱を放出して体温を調節しているため、手や足を触ると冷たくなっていることがあります。

これを赤ちゃんが寒がっていると勘違いしてしまうママもいますが、赤ちゃんが暑がっているか、寒がっているかは、お腹や背中を触ってみると分かります。

赤ちゃんのお腹や背中が汗ばんでいたら、赤ちゃんは暑がっているので、部屋の温度を下げるか着ている服を1枚減らすようにしましょう。背中が冷たいようなら、室温を上げるか服を1枚増やすなどの対処が必要です。

5つの肌着の組み合わせで体温を調節しましょう

体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、季節によって肌着を組み合わせることによって、体温を調節する必要があります。肌着は赤ちゃんの体に合ったサイズのもので、汗をしっかりと吸い取る吸水性が高いものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの肌着には、主に次のようなものがあります。

1.短肌着

短肌着は、新生児の肌着のベースとなるもので、寒い時期はこの短肌着の上に他の肌着を重ねて着せます。肌に直接触れることによって汗を吸い取る役目があるので、特にサイズが合っているもの選ばなければはなりません。

2.長肌着

長肌着は短肌着より裾が長いもので、素材やデザインは基本的に短肌着と同じです。主に、新生児が短肌着に重ねて着せるため、寒い時期に生まれた赤ちゃんには必需品ですが、逆に暑い時期に生まれた赤ちゃんには必要ありません。

3.コンビ肌着

コンビ肌着は、長肌着と同じくらいの丈で、股の部分がスナップで留められるようになっています。足が左右に分けられるので、足を活発に動かす生後2ヶ月くらいの赤ちゃんが着ても、裾がはだけることがありません。

4.ボディスーツ肌着

赤ちゃんの手足を除く、胴の部分をすっぽりと覆うことからボディスーツ型と呼ばれています。首がすわる前に赤ちゃんには、上からかぶって着せるタイプではなく前開きタイプを選びましょう。

5.カバーオール型肌着

カバーオール型は全身をすっぽり覆うタイプで、ロンパースとも呼ばれています。足の部分もカバーされることから、寒い季節には欠かせない肌着です。

肌着はどのように組み合わせたらいいの?

新生児のうちは、短肌着をベースに、気温に応じて長肌着やコンビ肌着を着せるようにします。生後4~5ヶ月以降は、ずりばいやハイハイなど動きが活発になるので、気温に応じてボディスーツ型とカバーオール型を使い分けましょう。

赤ちゃんに靴下は必要?履かせてはいけない?

靴下を履いている赤ちゃん

赤ちゃんに靴下を履かせるべきかどうかについて、赤ちゃんを持つママ世代とおばあちゃん世代で見解が分かれることが知られていますが、季節を問わずお家の中にいる時は、基本的に赤ちゃんには靴下を履かせない方がいいでしょう。

赤ちゃんは常に体温が上がりやすい状態のため、靴下を履かせてしまうとうまく熱放出ができずに、体温が上がりすぎてオーバーヒート状態になってしまうのです。

さらに、靴下を履いていると、ズリバイやハイハイ、つかまり立ちなどがスムーズにできなくなってしまい、赤ちゃんの成長を妨げにつながる可能性もあります。

お出かけする際は、寒いと感じる気温の場合は靴下を履かせて、体温調節しやすいように脱ぎ着しやすい服装をさせましょうね。

赤ちゃんの手や足が紫色になることも…

赤ちゃんの手や足が紫色になっている場合、血行不良を起こしている可能性があります。適切な室温に設定していて、体が冷えていない場合は特に問題ないので、入浴の際に軽くマッサージしてあげると改善されます。

赤ちゃんの足が臭い?!謎のにおいの正体は?

赤ちゃんといえば、甘いミルクの匂いをイメージしていたママは多いのではないでしょうか。ところが、赤ちゃんの足の裏がビックリするほど臭いことがあるのです。足が臭いのはパパだけと思っていたら大間違いですよ。

赤ちゃんの足の臭いは、次のような足汗が原因で起こりやすくなります。

ジメジメして雑菌が繁殖している

赤ちゃんがいつも足汗をかいている状態の場合、雑菌が繁殖して足が臭くなる可能性があります。特に、赤ちゃんは大人に比べて体温が高いため汗をかきやすく、汗でジメジメした足裏は、雑菌の繁殖には絶好の場所なのです。

赤ちゃんの足の裏が臭いのは、雑菌が繁殖する際に、角質などをエサにして臭いのもとを放出しているからなのです。

垢などの洗い残しがある

お風呂上りの赤ちゃん

赤ちゃんを入浴の際、足裏がしっかりと洗えていないと、洗い残しのせいで臭くなることがあります。特に、指の間は皮脂や垢がたまりやすいため注意が必要です。

垢がたまった状態で足汗をかくと、雑菌が繁殖しやすくなることから余計に臭くなってしまうこともあります。

赤ちゃんの足のにおいの対処法

「赤ちゃんの足の臭いはパパの遺伝に違いない!」とあきらめないでください。足汗が原因で赤ちゃんの足が臭くなっている場合には、次のような対処法を行うことで、赤ちゃんの足のにおいが気にならなくなりますよ。

お風呂でしっかり洗う

暑い季節だと、お風呂もついついカラスの行水になってしまいますが、汗をかきやすい季節こそ、お風呂でしっかり洗うことを心がけたいですね。

皮脂や垢がたまりやすい指と指の間やかかとなどを丁寧に洗って、洗い残しをなくすっかり洗い流すことが、足のにおいの軽減につながります。

ウエットティッシュで拭く

ウエットティッシュとママのイラスト

赤ちゃんが足に汗をかいたと思ったら、こまめにウエットティッシュで拭いて清潔に保つようにしましょう。もしも、オムツ替えの際に足裏の汗をかいていたら、おしり拭きを使うと便利です。

おしり拭きには、赤ちゃんの肌に刺激を与えるアルコール成分が入っていないものが多いので、安心して使えますよ。

着せ過ぎに注意する

汗をかく量が増えると、その分、赤ちゃんに足裏が臭くなる可能性が高くなります。体温が上がり過ぎると、汗を沢山かいてしまうので、衣類の着せ過ぎに注意して汗をかかせないようにしましょう。

赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発で体温が高いので、大人よりも薄着にさせることが大切です。

赤ちゃんの足舐めに注意しましょう

生後半年くらいになって筋力が発達すると、好奇心旺盛な赤ちゃんは自分の足を舐めることがあります。足汗をかいたまま放置して雑菌が繁殖した状態の足を、赤ちゃんが舐めることはあまり衛生面ではいいことではありません。

赤ちゃんの足舐めは、遊びの一環なので無理にやめさせる必要はありませんが、赤ちゃんが舐めてもいいように常に足を清潔に保つように心がけたいですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。