赤ちゃんの鼻水での病院受診に関する記事

赤ちゃんの鼻水放置は危険!病院受診の目安【小児科?耳鼻科?】

赤ちゃんの鼻水放置は危険!病院受診の目安【小児科?耳鼻科?】

些細なきっかけで鼻水が出る赤ちゃん。ママが放置すると辛い病気に…。こんなに鼻水出てて大丈夫なのかな?と疑問に思ってるママさん、鼻水だけじゃなく赤ちゃんの様子も見てあげてください!鼻水で病院に行くタイミング&病院選びのポイントとは?

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの鼻水放置は危険!病院受診の目安【小児科?耳鼻科?】

赤ちゃんの鼻水は油断大敵!病院を受診する目安・タイミングとは?

赤ちゃんの寝顔

赤ちゃんの鼻は高さもなく鼻の穴も小さく機能が未熟なため、少しの刺激でもすぐに鼻水が出てしまいます。
大人ならば、「鼻水くらいで病院にはいかない」という人も多いと思いますが、赤ちゃんでは違います。放っておくと思わぬ病気の原因になりかねませんので、鼻水が出ていたら注意してみてあげることが大切でしょう。「鼻水くらい」と甘くみてはいけないのです。

そもそも、鼻水の主な原因って何?

鼻粘膜の刺激

赤ちゃんの鼻粘膜は大人に比べ非常に薄く、ほんの少しの刺激に反応し、腫れてしまいます
くしゃみや鼻水も出やすく、鼻づまりを起こしやすいです。

<鼻水の原因となる刺激物>

  • 空気の乾燥
  • ほこり
  • 気温の変化

風邪症候群

風邪のウイルスが鼻に入ると、はじめは透明でサラサラした鼻水が出ます。次第に粘性のある黄色い鼻水へと変化していき、鼻づまりを起こします。

アレルギー性鼻炎

アレルゲンに囲まれた赤茶ちゃん

アレルゲン(=アレルギーの原因物質)が体の中に入った刺激で鼻水が出ます。
透明のサラサラした鼻水が止まらなくなります。

<主なアレルゲン>

  • 花粉
  • 汚れた空気
  • ハウスダスト
  • ペットの毛
  • フケ
  • ダニ
  • カビ

鼻水を放置しておくとどうなるの?

赤ちゃんの耳元に綿棒

「熱はないから、わざわざ病院へ行かなくてもいいか」と放置してしまうと、副鼻腔炎や中耳炎になってしまうこともあります。「鼻水だけ」とあなどってはいけないのです。

中耳炎

耳の鼓膜の奥の方にある中耳に鼻から菌が入り、炎症を起こす耳の病気です。耳の痛みや不快感が強く、大人でも大変ツライ病気です。また治療が遅れると難聴の原因にもなります

<赤ちゃんの中耳炎の症状>

  • 発熱する
  • 耳を痛がったり、頻繁に触ったりする
  • 機嫌が悪く、あまりミルクを飲まない
  • 寝つきが悪い
  • 耳だれ(うみ)が出る

副鼻腔炎

鼻の奥にある副鼻腔という空洞が風邪のウィルスや細菌に感染し、うみがたまる病気です。6か月以上の赤ちゃんからかかると言われています。

<赤ちゃんの副鼻腔炎の症状>

  • 黄緑色の鼻水が立て続けにでる
  • 鼻が詰まり、鼻の穴がただれる
  • 咳が出てタンがからむ
  • 口で呼吸をしている
  • 微熱が続く

病院へ行くタイミングとは?早めの受診が赤ちゃんを守る

小児科の医師

赤ちゃんは中耳をつなぐ耳管という場所が太くて短いため、中耳に菌が侵入しやすく、風邪をひくとすぐに中耳炎になってしまう子もいます。

下記の症状以外にも、自分で上手に鼻水を吸い取れない場合は、早めに受診して鼻水をとってもらいましょう。

こんな症状があったら早めに病院へ!

  • 発熱している
  • 咳が出て苦しそう
  • 鼻水が黄色か茶色、緑がかっていて、ドロッとしている
  • 鼻づまりがあり、眠れない
  • 鼻づまりのせいでおっぱいやミルクが飲めない
  • 目の充血や目やにがひどい
  • 鼻水が数日続いている

症状で選ぼう!小児科or耳鼻科

新生児・乳児の鼻水の場合、小児科と耳鼻科のどちらを受診すべきなのか、新米ママ達は迷ってしまいますよね。判断が難しいときは、ひとまず小児科の先生に相談しましょう。

<耳鼻科を受診すべき主なケース>

  • 鼻水や鼻づまりのみ
  • 明らかに耳を痛がっている
  • 耳だれがある
  • 小児科を受診したが、いつまでも鼻水が止まらない

<小児科を受診すべき主なケース>

  • 激しい咳・痰や熱、下痢などの鼻水以外の症状がある
  • 鼻水意外に発熱などの症状はないが、明らかに機嫌が悪く、耳を痛がっているか判断ができない

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ

この記事と関連性の高い記事