赤ちゃんの夏の服装に関する記事

【赤ちゃん夏の服装】肌着は着せる?外出時/自宅の違いなど

【赤ちゃん夏の服装】肌着は着せる?外出時/自宅の違いなど

節電!エアコンなし!のご家庭でも、服装やちょっとした工夫で赤ちゃんがグッと過ごしやすくなる方法をご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃん夏の服装】肌着は着せる?外出時/自宅の違いなど

赤ちゃんの夏を快適に!外出/肌着など服装と着替えを減らす方法

薄着で眠る赤ちゃん

「赤ちゃんは大人より一枚薄着!」と育児書にも書かれ、産院でも言われますが、実際に生まれたばかりの赤ちゃんを自宅に連れ帰ってお世話すると、「こんなに薄着にして本当に風邪ひかないかなぁ?」と心配になってしまうママもいるのではないでしょうか。

そこで今回は赤ちゃんの夏の服装についてご紹介したいと思います。外でも家の中でも同じ服装にしていたり、赤ちゃんの様子を観察せずにいつも同じ服装では、風邪を引いたり汗疹(あせも)になってしまったりすることもありますので、しっかりとポイントを把握して快適な夏を過ごさせてあげましょう♪

赤ちゃんの体温調節機能は未発達

生まれたばかりの赤ちゃんは、体温を上手に一定に保つ機能が発達していません。そのため温度変化に非常に弱く、服を脱がせすぎれば顔色が青くなって風邪を引いたり、服を着せすぎれば真っ赤になって汗をかいてあせもになったりと、新米ママさんにとっては判断が難しく不安になってしまうこともありますよね。

赤ちゃんの体温調節はママの大切なお世話

赤ちゃんの体温を赤ちゃんの代わりに調節することも、ママやパパが意識して行うべき大切なお世話の一つです。

赤ちゃんのいる家庭では、エアコンで部屋の温度と湿度を適温に保つことはとても重要なのですが、エアコンのない家庭ではそれも難しく、外出先では無理!同じ室内でも場所によって温度や湿度に違いがあるため、室温だけで体温調節をするのは至難の業ですよね。そこで、大切になるのが服装なのです。

赤ちゃんが暑くなりすぎるリスク

厚着の赤ちゃん

赤ちゃんは体温が上がり過ぎると、熱を外に放出できないうつ熱状態になったり、突然呼吸が止まるSIDSのリスクが高くなったりすると言われています。何より暑すぎるとあせもができて、体がかゆくてもかけないツライ思いをさせることになりますので、特に夏は服装に十分注意してあげましょうね。また、靴下やミトンは体温調節ができなくなるので履かせないようにしましょう。

夏だからこそ肌着が必要です!

夏は肌着を着ないで過ごす大人が多いのですが、赤ちゃんの場合は大人とは違います。肌着の本来の役割は、汗取り!夏は汗をかきやすい季節なので、汗が十分に衣類に吸収されないと、肌に残った汗が気化する時に体温が奪われて、夏なのに身体が冷えてしまうこともあるのです。

ですから、体温調節機能が未発達な赤ちゃんには、夏でも肌着をしっかり着せてあげるようにしましょうね。
特に春から夏に生まれた新生児からおススメなのが、脇の下の汗もしっかりと吸収できる半袖型の短肌着です。生後4ヶ月~6ヶ月以降の寝返りやハイハイを始める時期はロンパース型、歩き出す10ヶ月~満1歳以降にはボディスーツ型の肌着があると、お腹の冷えもなくて安心ですよ。

愛情設計 【日本製】天竺短肌着(50cm)

愛情設計 【日本製】天竺短肌着(50cm)

キムラタン(KIMURARAN)

新生児~暑い夏でもサラッとしていて、肌触りよく涼しく切られる薄い天竺素材で、敏感肌でもOKのラモルフェ加工が施されている短肌着です。脇汗をしっかり吸収できる半袖タイプです。

「抗菌・抗ウイルス加工」ピュアベール 天使のはぐ 半袖フライスロンパース肌着(60cm、70cm)

「抗菌・抗ウイルス加工」ピュアベール 天使のはぐ 半袖フライスロンパース肌着(60cm、70cm)

ミキハウスファースト(MIKIHOUSE FIRST)

寝返りを始める4ヶ月~6ヶ月頃からおススメのロンパース肌着!伸縮性と通気性に優れ、季節を問わずに使えるメリヤス素材、しかも特定のウイルス数を減少させるピュアベール加工で、抗菌力も優れています。

さらさらキープ半袖ボディTシャツ(ローズ)

さらさらキープ半袖ボディTシャツ(ローズ)

コンビミニ(Combi mini)

10ヶ月~満1歳頃の歩き出す時期におススメなのが、お腹が出てしまうのを防いでくれるボディースーツタイプの肌着。一年中使えるフライス素材です。

赤ちゃんの夏の肌着を選ぶポイント

  • 直接肌に触れるものなので、柔らかく肌触りの良い物を選びましょう
  • 吸汗性がよく、熱がこもらない通気性の良い物を選びましょう
  • 重ね着で調整ができるよう、なるべく薄手の物を選びましょう
  • 洗濯の回数が多いため、耐久性が良いものを選びましょう

赤ちゃんの夏の服装は自宅と外出時で違う!

赤ちゃんの服装は、短肌着に長肌着かベビーウェアを組み合わせるのが基本ですが、夏は赤ちゃんの快適さを優先させて、臨機応変に考えることが大切です。

自宅では肌着のみもOK

自宅で過ごす時には、赤ちゃんの体に熱をこもらせないよう、ベビーウェアを着せずに肌着のままでも十分です。体も動かしやすくなるので、赤ちゃんの身体機能の発達にも良い効果があるそうですよ。

夏生まれの新生児のママは特に、赤ちゃんが風邪を引かないか心配で、薄着にすることをためらうこともあるでしょう。特に赤ちゃんは泣くと全身真っ赤になり汗をかくので、ママは「よく泣く子だなぁ」と赤ちゃんが暑がっても、厚着が原因の汗疹がかゆくても、厚着が理由だと気づかずに赤ちゃんを苦しめることも…。

季節に関わらず赤ちゃんの体温をまめにチェックし、服装で温度調節してあげましょう

暑い?寒い?赤ちゃんの気持ちを知ろう

赤ちゃんは手足が冷たくても体の中心が暖かければ大丈夫!背中やお腹に汗をかいていれば、暑がっていますので薄着にしてOK!逆に、背中やお腹が冷たい、唇が紫色、顔色が青白い場合は寒がっていますので、一枚多くしてあげましょう

外出時はベビーウェアも着用

外出の時には見た目もありますが、冷房対策としても夏は短肌着+ベビーウェアの組み合わせがベストです。長袖のベビーウェアを着せる場合は、上半身と下半身をすっぽりと覆ってしまいますので、通気性の良い、薄目の素材の物を選んであげて下さいね。

また、車に乗る前や外出する時、特に暑い日などは、背中にガーゼタオルを入れておくのがおススメです。特に車に乗る赤ちゃんはチャイルドシートに固定されているため、背中に熱がこもりやすく汗をかいて蒸れやすいので、そのたびに着替える手間が省けます。濡れても首からサッと引き抜くだけで、すぐにサラッと快適になる便利グッズです♪

汗取りガーゼ2枚セット(ベビー用)

汗取りガーゼ2枚セット(ベビー用)

アフタヌーンティー(Afternoon Tea)

良質なアメリカンコットン素材の汗取りガーゼです。背中と洋服の間に挟み襟のように着用し、濡れたら襟になっている部分を引き抜くだけですので、冷えやあせも対策にピッタリです。

赤ちゃんの夏の服装は紫外線/冷房を考慮して!

夏のお出かけで気になるのが、紫外線と冷房です。暑いからといって無防備に肌をさらしていると、赤ちゃんが紫外線を浴びすぎ、日焼けが痛くて夜眠れずにぐずったり、十数年後に肌トラブルを招いたりすることになりかねません。また、電車やスーパーの冷房で体が冷えすぎるのも心配です。

移動手段や外にいる時間にもよりますが、強い日差しに長くさらされる可能性のある場所に行くときは、肌を日光から守るような服選びを心掛けましょうね。おススメアイテムは、羽織物とレッグウォーマー!いくら紫外線対策といっても、ずっと長袖長ズボンを着ていれば、熱がこもり赤ちゃんの体温が上がりすぎる心配があります。

そのため最近は半袖オールにカーディガンやレッグウォーマーを日焼け止めと併用し、赤ちゃんの様子を見ながら調節するママも増えています。この二つは保温調整もしやすいので、冷房対策のためにもバックに準備しておくと安心ですね。

【ホットビスケッツ】マークいっぱい☆レッグウォーマー

【ホットビスケッツ】マークいっぱい☆レッグウォーマー

ポケットビスケッツ ミキハウス(HOTBISCUITS MIKIHOUSE)

夏の紫外線や冷房対策だけでなく、冬の防寒対策にも役立ちます。3歳頃まで使え、外出先での着脱も楽なので、1組は持っていたいアイテムですね。

お出かけ手段別の紫外線対策

  • 抱っこでのお出かけ

ママが抱っこをするときには、日傘を差して紫外線を防ぎましょう

  • ベビーカーなら

ベビーカーは日よけのあるものを選び、地面からの照り返し対策に、足元はおくるみやバスタオルで紫外線を防ぎましょう

  • あんよが上手になったら

子供には帽子をかぶらせる習慣をつけさせましょう。肌が露出する場所は日焼け止めを活用してくださいね

着替えの回数を減らす5つの方法

赤ちゃんは大人よりも体温が高く暑がりなので、とてもたくさんの汗をかきます。特に頭や顔、腕や足のくびれた部分などは汗が多くたまりやすいので、夏は1日に2~3回お着替えをしなくてはなりませんね。そこで着替えの回数を減らす方法を5つご紹介します。

エアコンを活用

設定温度は冷やしすぎずに暑さをしのげる28℃をキープ!扇風機で空気を循環させ、除湿機能を使って湿度を40~60%に保つなど、ジメジメ感をなくしましょう。また、眠たくなると赤ちゃんの体温は上がりますので、汗をかいて寝苦しそうにしているときは、寝る前に室温を少し下げてあげると眠りやすくなります。

よしずやすだれ、緑のカーテンを活用

窓辺によしずやすだれ、グリーンカーテンがあると、日差しを遮り室内を涼しくキープしてくれます。電気代も節約できますよ。

凍ったペットボトルで冷気を作る

エアコンのないご家庭や、あまり使いたくないご家庭では、扇風機の後ろに凍ったペットボトルをおいてみましょう。風が格段に涼しくなります。

ベビーベッドに「ござ」を敷く

赤ちゃんは夏になると寝ている時に大汗をかくこともあります。そこで布団の上に「ござ」を一枚挟むと、湿気が抜けて寝ぐずりも解消効果が期待できます。

国産無染土い草のベビーマット『アスク』
国産無染土い草のベビーマット『アスク』

イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO)

サイズは約70cm×120cmで標準タイプのベビーベッドで使用できるサイズ!医師と共同開発し、バリバリ感や粉っぽさがなく、い草本来のリラックス効果が高い香りがする商品です

沐浴やシャワーの回数を増やす

どうせ着替えるのであれば、あせも対策のためにも沐浴やシャワーの回数を増やしてみてはいかかですか?夏は38~39℃のお湯で沐浴させたり、サッとシャワーをかけてあげたりすると、肌がさっぱりして汗も引きやすくなるので、お着替えを減らす効果が期待できます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ