赤ちゃんの麦茶はいつから?に関する記事

赤ちゃんはいつから麦茶を飲める?量・濃さとタイミング

赤ちゃんはいつから麦茶を飲める?量・濃さとタイミング

赤ちゃんに麦茶って大丈夫?いつからならOK?飲ませ方は?完母のママも知っておいたほうが良い、赤ちゃんの麦茶事情。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんはいつから麦茶を飲める?量・濃さとタイミング

赤ちゃんって麦茶はいつから飲めるのかな?安心な飲ませ方を紹介

暑い季節になってくると、赤ちゃんの水分補給が心配になってきますよね。「母乳やミルクで足りているのかな?」「お風呂あがりや汗をたくさんかいた後など、何か飲ませなくていいの?」と、ふと子育てをしていると疑問に思う事もあるとおもいます。

そんな時には、麦茶かなって思うけど、始めて赤ちゃんの口の中にいれるから、「一体いつから飲ますことができるのかな?」と、正直思いますよね!また、麦茶の安心な飲ませ方ってあるの?と気になるとママさんもいらっしゃると思います。今回は、赤ちゃんの水分補給に便利な麦茶についてご紹介します。

麦茶は赤ちゃんの水分補給として飲ませることができます。母乳やミルクの次に、赤ちゃん飲ませた方がいいとされているのが麦茶なのは、カフェインが入っていないからです。カフェインは、赤ちゃんや子供の成長の邪魔をするので、成長途中の早い時期には摂取しない方がよいとされています。普通のお茶(緑茶)などはカフェインがはいっていますよね。大人には健康飲料かもしれませんが、赤ちゃんの体にとってはカフェインの成分が強いので、気を付けてくださいね。

赤ちゃんって麦茶をいつから飲めるのかな?

麦と麦茶

赤ちゃんの水分補給に麦茶って聞くけど、一体いつから飲ますことができるのでしょうか?

離乳食を始める頃を目安にして5~6か月頃から薄い麦茶を飲ますことができます。製品にもよりますが、麦茶には添加物や甘味料などを含まない製品が殆どですので、あかちゃんでも安全に飲むことができると、全国麦茶工業協同組合でも行っております。しかし、あまり早くから飲ませると、麦茶に含まれる成分に対して、アレルギー反応を起こしてしまう可能性があるので注意は必要です。麦茶の麦は、大麦なので、もしかするとアレルギー反応を起こす可能性は充分あるため、食品アレルギーに対しての血液検査などを受けて、小麦アレルギーがあると医師から指摘されたならば、麦茶を与えるのは控えましょう!

また、お子さんの警戒心も働いて、母乳やミルク以外の味を受け付けず、麦茶を飲まないかもしれません。そんな時は絶対に無理やり飲ませるということはせずに、色んな味に親しむ離乳食をはじめるタイミングで、薄めた麦茶から始めるのがいいかもしれません。

始めて麦茶を飲ませるけど、上手な飲ませ方ってある?

では、どうやって飲ませればよいのでしょうか?

一番初めは、ベビースプーンに1~3杯程度にしておきましょう。普通の金属のスプーンだと、初めての舌触りで嫌がる子もいるかもしれません。使い慣れた、離乳食を食べる時に使っているスプーンでお茶を飲ませてあげると、始めての時でもお子さんが乗り気で飲んでくれるかもしれませんよ。

麦茶の味に慣れてきたら、量を増やしてスプーンで5~10杯くらいあげていくのがいいでしょう。お子さんの月齢が進んで、徐々に量を増やしていって、さらに沢山飲めるようになったら。マグマグを使用してみましょう!哺乳瓶だと、ミルクが出ると思っていたのに違う味が出てきたらビックリして、麦茶を飲まないこともあります。ミルクと麦茶は違う上げ方がおススメです。

大人もそうですが、あまりにも沢山の水分を体に取り入れると、お腹が冷えて緩んでしまいますよね。赤ちゃんにとっての麦茶も一緒で、飲ませすぎるとお腹が緩くなったりするので、注意してくださいね。

ママが飲んでいる麦茶を薄めたりして赤ちゃん用麦茶を作ってみよう

どんな麦茶なら赤ちゃんに飲ませても安心なのでしょうか?できれば簡単に作れる方がママにとっては嬉しいですよね。お家で簡単に、赤ちゃん用の麦茶を作ってみましょう。

1麦茶のバックを煮出して濃度調整しよう!

麦茶のパック

家族が飲んでいる麦茶のパックをそのまま使って、赤ちゃん用の麦茶を作ってみましょう!沸騰したお湯に麦茶のパックを煮出して、冷めたら冷蔵庫で保管して冷やしましょう。一度沸騰させることで水道水の成分などが、赤ちゃんにとって飲みやすくなります。

作り置きはせずに1日で飲みきれるくらいの量をつくる方が、より衛生的です。

まだ、そんなに麦茶を飲まないのであれば、ママ達が飲むために作った麦茶を、赤ちゃんに飲ませたい分だけ沸騰したお湯で割って、濃度調整すると簡単ですよ。

濃縮エキスをお湯で薄めて濃度調整しよう!-

赤ちゃん用の麦茶の粉末も販売されています。粉末は濃縮エキスになっているため、お湯で薄めて飲みやすい濃度に自由に調節することができます。粉末タイプの麦茶を作る時も、沸騰したお湯で薄めてください。
また、市販の濃縮エキスは、赤ちゃんが飲みやすいように、甘く味付けされている場合があります。甘味は、赤ちゃんの一番好きな味なので、慣れ過ぎるとその他の味を受け付けなくなることもあるので、注意が必要です。

なお、赤ちゃんの消化機能は未発達なため、甘さが強く糖分の濃度が高いと、お腹が緩くなるかもしれませんので気を付けてくださいね。

3忙しい時には、ドラッグストアなどで売られているベビー用麦茶を購入しよう!

赤ちゃん用の麦茶のイラスト

急いで出かける時や、もしもの時には、市販のベビー用の麦茶を買って飲ませるのもいいですよね。ほとんどがペットボトル製品ですから、衛生面も安心です。なお、開封したものは、その日のうちに飲ませることにしましょう!24時間も経つと、雑菌が繁殖してしまいますから赤ちゃんには注意が必要です。

育児には息抜きも必要なので、忙しい時には、ベビー用麦茶を活用してもいいですね。初めて、与える時には、そのままの濃度ですと、飲みにくいかもしれないため、沸騰させて冷やした水で薄めてみるとよいかもしれません。

麦茶を薄める時の濃度ってどのくらいがちょうどいいのかな?

麦茶を家で作るとき、大人用の麦茶をどのくらい薄めたらよいのか、知りたいですよね。そんな時は、市販のベビー用麦茶を試しに飲んでみて、大体このくらいの味かと感覚で覚えておくと便利です!

だいたい麦茶の比率は、麦茶:水=1:2くらいです。
はじめはもっと薄くても良いかもしれません。ママも味見をしてみて、濃度を調節してあげてくださいね。また、苦味には敏感なので、慣れるまでは本当に薄くていいでしょう。実際に赤ちゃんに飲ませてみて、飲みにくそうにムズがったりしたら、薄めて調節するのも良いかもしれません。

大人はキンキンに冷えた麦茶を好みますけど、赤ちゃんは冷たい麦茶を飲むと、お腹が痛くなってしまいます。赤ちゃんに飲ませる時は、ミルクと同じ人肌くらいか、常温で飲ませてあげましょう。

赤ちゃんに麦茶ってどんな時に飲ませればいいのかな?

赤ちゃんに麦茶を飲ませるタイミングっていつがいいの?って、思いますよね。赤ちゃんが飲みやすい、麦茶を飲ませるおススメのタイミングを紹介します!

1体から汗がでてしまうお風呂あがりに飲ませよう

お風呂上りの赤ちゃん

お風呂に入ると体が清潔になって、リフレッシュできるのですが、同時に汗も沢山出てしまいます。お風呂上がりって大人でも、喉がかわきますよね?そんな時にうすめた麦茶を飲ませてあげましょう。

もちろん母乳やミルクでもいいのですが、麦茶をあげてみようかな?と考えているなら、このタイミングであげてみると、飲んでくれるかもしれません。

ミルクよりも作るのが簡単なので、たまにはいいかもしれませんね。

2遊んだ後にも飲ませよう

お外で体を動かして遊んだり、お部屋の中で遊んだりした後にも、喉が渇きますよね、そんな時には薄めた麦茶を飲ませてみましょう。

遊んで楽しくなって、ハイテンションな時に、お子さんが麦茶を飲んでみたら「麦茶オイシイ!」ってなって麦茶を好きになるかもしれませんよ!

3泣いた後も体から水分が失われやすいので、飲ませよう

泣いている赤ちゃんのイラスト

大泣きしたら、涙とよだれと…大きな声を出して、身体の水分が失われがちです。体力もすごく使います。ほっと一息つける効果もあるので、大泣きしたら、とりあえずお茶を飲ませます。水分補給と、休憩になり、それで赤ちゃんも落ち着いてくれたら嬉しいですよね。

4離乳食を食べ終わった後に飲ませよう

離乳食を食べている赤ちゃん

離乳食を食べた後は、お口の中にまだ、ご飯の残りかすがあるかもしれません。麦茶を飲ませることで、それらを洗い流し、虫歯の予防につながるし、お口の中もさっぱりしますよね。

離乳食の時期は色々な味にチャレンジしているときなので、麦茶を準備しておくと早く慣れてくれるかもしれませんね。

無理に麦茶を飲ませる必要はありません!

「ママ友が飲ませているから…」「おばあちゃんに飲ませなさいって言われたから…」と、人に言われたからといって、無理に赤ちゃんに麦茶を飲ませる必要はありません。昔は離乳食を始める前に、準備段階として果汁を飲ませることが推奨されていましたが、現在では母乳やミルクのみで果汁を与えることは推奨されていません。昔と比べると子育てに関する常識が変わってきているということです。

完母(完全母乳)やミルクで育てている場合、暑い夏とかに赤ちゃんが汗をいっぱいかいてると「ミルクで足りてるのかな?」と不安になられるママさんもおります。母乳はもちろんミルクも、沢山の栄養と共に十分な水分を含んでおりますので、おっぱいやミルクで赤ちゃんが満足している場合は、十分水分補給ができています。

麦茶は、母乳やミルクに比べると栄養価が全くありません。生後6ヶ月までの離乳食を始めていない赤ちゃんにとって、ミルクは水分補給源とともに、大事な栄養補給源ですから、しっかりとミルクを飲ませてあげて下さい。逆にミルクをちゃんと飲める赤ちゃんの場合は、麦茶を与えることで、麦茶でおなかがいっぱいになってしまって、ミルクを飲めなくなってしまいます。離乳食を始めるまでは、母乳とミルク以外での水分補給は必要ないと考えてもらっても大丈夫です!

ママと一緒の味がする麦茶を飲める日までしばらく辛抱です!

赤ちゃんの水分補給には、母乳やミルク以外なら麦茶がおススメです。ママと同じ濃さ・味の麦茶を飲めるようになるのは、個人差もありますが、だいたい9ヶ月くらいからと言われています。薄めた麦茶から始めて、徐々に濃さを調節して、無理なく進めてあげるようにしましょう。

気づけば、子どもと同じお茶を飲んで、「美味しい~」とにっこり微笑む日も近いと思います。子どもはすぐに大きくなってしまいます。成長してから一緒に麦茶を飲んだ時に、「同じ麦茶を飲めるようになっただけで」にっこりできたな~って幸せな気持ちになれますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!