新生児の平熱の測り方に関する記事

新生児の平熱の安全な測り方と平均よりも低い原因と対処法

新生児の平熱の安全な測り方と平均よりも低い原因と対処法

新生児の平熱はどの程度なのでしょうか。高熱との見分け方や体温の測り方、低い体温になる原因と対処法を紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児の平熱の安全な測り方と平均よりも低い原因と対処法

新生児の平熱はどうチェックする?そもそも「平熱って何」と体温の測り方

新生児は、大人と比べると平熱が高い子が多いです。例えば、37.4度の体温であったら、風邪などにかかっていて熱があるのか、それとも平熱であるのかは、どのように判断することができるのでしょうか。また、体温の測り方についても見ていきましょう。

その前に、そもそも「平熱って何?」と気になっているママもいらっしゃるかもしれませんので、軽く説明します。

そもそも「平熱って何」

平熱は風邪などを引いていない健康状態で、運動をして汗をかいていない、お風呂に入った後でもなく、食後すぐではない、などの体温が上がりやすい状況をできるだけ避けて測られた体温のことをいいます。

普段からこまめに体温をチェック!

赤ちゃんと体温計を持つ親の手

大人でも、平熱は1人1人違いますよね。平熱が35度の人にとっては、37度くらいの熱でも、平熱よりも2度も高くて具合の悪さを感じます。平熱が36.8度の人にとっては、ちょっと運動しただけでも体温は37度に上がることもあり、37度くらいでは「熱がある」とは感じません。

新生児でも同じです。平熱は赤ちゃん1人1人でも変わってきますので、普段からこまめに検温し、平熱を知っておくことが体調の変化を知る第一歩となります。毎日の習慣として、時間を決めて体温を測るようにしましょう。

1日に3~4回の体温をはかることがオススメ

新生児は、体の中で体温調節をおこなう器官が大人ほどには発達していないので、大人以上にちょっとした影響で体温変化がおこります。ですから、1日に3回~4回ほど測って、その時間帯の体温を知っておくのは大切なことです。「この子の体温は、1日の中で37.0度~37.5度くらい変化する」などのように、1日の中でも測る時間帯によっては体温にも幅があることを把握しておきましょう。

体温を測る時間も決めておいた方が、誤差が少なくなり便利な事もあります。人は朝起きたときや昼間や寝る前の時間帯では、生理現象によって体温に違いがあります。そのことを頭において、体温を測る時間を決めていた方が、朝の平熱は何度、寝る前は何度とかがわかって昼間はこんな感じなのかと傾向がつかめるのでオススメです。その4回測った体温の平均をその子の平熱とすると、より誤差の少ない平熱となります。

人の体温は睡眠と関係がある。

一日のリズム

産業技術総合研究所によると、睡眠と体温変化には深い繋がりがあって、人は睡眠時には体温が低くて、それから目が覚めていくとともに、体温が上昇していき、眠くなると体温が下がっていく傾向がある。

引用元:体温と眠りの不思議

人の「寝ている時~起きている~眠くなる」という1日の生活リズム(睡眠リズム)と、体温変化は影響しております。新生児が朝起きてから昼間は体温が上がっていく傾向にあり、夕方から就寝前には体温が下がっていく傾向があります。

新生児の体温の測り方

ママが使い慣れている大人用の体温計を、新生児につかってうまく体温を測れるならそれでも問題はありません。もしも、大人用を利用していて測りづらさを感じたら、赤ちゃん用の体温計を購入してみましょう。赤ちゃん用に体温計は「わきの下で測るタイプ」と「耳で測るタイプ」と「おでこ測るタイプ」があります。

わきの下で測るタイプ

赤ちゃんのわきの下に体温計

体温計には『実測式』と『予測式』があります。『実測式』は5~10分程度の時間がかかり、赤ちゃんのわきに体温計を挟んで固定する必要があります。おとなしくしてくれると良いのですが、元気な赤ちゃんでじっとさせるのは難しいと感じる場合は『予測式』の体温計で検温すると楽です。『予測式』の方は、15秒~90秒程度で体温を測ることができます。ただし、実測式の体温計に比べて、予測式の体温計は、コンピューターで予測した体温を表示するため、実際の体温よりも多少の誤差が出ることもあります。測った数値に違和感があったら再度確認のために測り直すことも求められます。

わきの下で体温を測るときは、必ずわきの下を一度かわいたタオルかガーゼで拭くようにしましょう。新生児の赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗をかきやすいので、わきの下が濡れていることが多く、濡れたままで体温を測ると正確には計測することができません。

また、測るときには無理に体を押さえつけないようにしましょう。赤ちゃんは泣くと興奮してしまって、すぐに体温が上がってしまいますので、平熱を正確に測れません。赤ちゃんの機嫌が良いときに体温を測りましょう

耳で体温を測るタイプ

耳の中に体温計を入れて測定するタイプは、数秒で「ピ」と音がなり検温できるという利点があります。数秒程度で終わりますが、耳の奥まで入れないように充分に注意をしましょう。赤ちゃんが急に動いてしまうと、鼓膜を傷つけてしまう恐れもありますので、抱っこして頭をしっかりと固定し、安定してきてから体温を測るようにしましょう

また、体温計の種類によっては使用する前に、耳に入れる部分をキレイに消毒することが求められます。体の中に入れて使用するものですので、キレイに気を配りましょう、

おでこで体温を測るタイプ

赤ちゃんのおでこにあてるだけで、しかも数秒で体温を測定できる便利な体温計も販売されております。赤ちゃんの服を脱がせることなく、耳の中を傷つける心配もなく、赤ちゃんが寝ている時でも体温が測りやすいと、評判のおでこで体温を測るタイプの体温計は、赤ちゃんの体温を測るのが少し苦手なママにはお勧めです。

平熱よりも1度高いときは要チェック!

赤ちゃんは平熱が37度を超えることもありますので、その温度から1度体温が上がるだけでも38度になってしまいます。もちろん38度でも機嫌よくしているときは特に問題はないのですが、そこからさらに熱が上がってしまうと風邪の疑いがあったり、3日以上も38度以上の熱がある場合には急性中耳炎を起こすことも考えられますので、充分に注意して見守るようにしましょう。

38度を超えて、ぐずっているときや泣いているとき、嘔吐や下痢、けいれんが続くときは病院に行く必要があります。赤ちゃんの下着をこまめに替えて汗を拭き取り、脱水症状にも備え母乳やミルクを飲ませて水分を補給してから病院に連れて行きましょう。

赤ちゃんの平熱が大人よりも範囲が広い理由

赤ちゃんの平熱の平均は、36度~37.5度だとされています。大人の場合にも平熱には、個人差がありますが、平熱は36.5度前後といわれていて、赤ちゃんは大人よりも平熱の範囲が広いです。

赤ちゃんの平熱が大人よりも範囲が広い理由をいくつか紹介します。なぜ、紹介するのかと言いますと、平熱の範囲が広いということは、体温が上がりやすい・下がりやすい事とも繋がっていて、それを知っていると、日常生活で赤ちゃんの体温が「上がりすぎたり・下がりすぎない」ようにケアできるからです。

体の体温調節機能が整っていない

赤ちゃんは、体温の変化を一定に保つ体の機能をになう、脳内の神経回路などの体温調整機能が、大人ほどには発達しておらず、泣いて興奮しただけで体温が上がってしまったり、おむつが濡れているだけで体温が下がってしまいます。

大人ほど体温調節機能が整っていないため、何かのきっかけがあれば体温がすぐに変化してしまいます。ですから、ちょっとした事にでも敏感に反応して体温が変化してしまうので、大人よりも平熱の範囲が広くなりやすくなります。

暑くても自分で服を脱げない・着れない

厚手のパジャマで眠る赤ちゃん

大人だったら「少し暑いかな」と思ったら自分の意志で上着を着替えたり、クーラーの温度設定を低く設定できますよね。けれど、赤ちゃんは自分の意志では、そういうことができなくて泣いてママがその思いに気がついてくれて、初めて服を脱がせてもらって、薄着に取り替えてもらえます。その気づいてもらえるまでの間には、どうしても赤ちゃんの体温が上がってしまいます。

赤ちゃんが、寒いと感じていても自分では服をもう一枚着ることができないので、ママが自分の思いに気がついてくれるまでは、どうしても赤ちゃんの体温が下がってしまいます。

体が小さく・体系的にも熱が出入りしやすい

「小さいやかん」に入っている水と「大きいやかん」に入っている水だと、同じ火加減を加えると小さいやかんの方がすぐに温まりやすいですよね。大人と比べると体の小さい赤ちゃんは、室温が同じであって、同じような服を着ていたとしても、体が小さいぶん赤ちゃんの方の体温が上がりやすいです。やかんを、氷で冷やすとときには「小さいやかん」水の方がすぐに冷たくなります。冷たい風に一緒にあたっていても、赤ちゃんは体がちいさいぶん体温が下がりやすくなってしまいます。

また、赤ちゃんは大人に比べて頭の割合が大きい体系をしていて、体重に比べて体の表面積が広くなっています。体の表面積が広いということは、熱を変化させてしまうモノと触れ合う部分が広いということで熱が出入りする量も多くなってしまいます。そういうこともあって、赤ちゃんは大人よりも体温の変化がしやすい体のつくりをしています。

ひょっとして体温が低い?新生児の低体温の原因と対処法

新生児は36度~37.5度が平熱の基準とされていますが、36.0度以下の体温が続くときは『低体温』とみなされ、何かしらの対処が必要となってきます。低体温の状態が続くと、平熱まで体温を上げるためには大きな労力を消耗しますので、早めに気付いて低体温の原因を取り除きましょう。

過剰な空調管理

赤ちゃんがいる部屋にエアコンや扇風機や空気清浄機などを設置し、冷たい風が赤ちゃんにそのまま当たる状態にしておくと、体の表面から熱が奪われてしまい、『低体温』になることがあります。また、1日中温度が調整された部屋で過ごすと、自分の体の中で体温を調整する体の機能が成長せずに『低体温』になってしまうこともあります

赤ちゃんの体温を測ってみて、36度以下が続くことがあれば、エアコンや扇風機の冷たい風が直接当たっていないか、過剰に室温管理をしていないかをチェックして見ましょう。

おなかが空いている

体力を使ってしまって、おなかが空いているのにもかかわらず、ママが気づくことができなかったり、授乳のさいに母乳やミルクをしっかりと飲めていなかったりすることで、赤ちゃんの体に熱を作るために必要な栄養が不足してしまって、低い体温になっていることもあります。

低体温になっている場合には、おなかが空いている事が続いていることも考えられますので、そうかもしれないと思ったら、いち早くその求めに気付いて授乳してあげましょう。

汗をそのままにしている

汗は、激しい運動をした時などで一時的に体温が上がったときに、その上がった体温をもとに戻すために、体の外に出される水分のことをいいます。体の体温調節機能が整っていなく、新陳代謝も活発な赤ちゃんは、熱くなったらすぐに汗をかいて平熱よりも上がってしまった体温を下げようとします

汗は自然に乾くこともありますが、そのまま何もせずに放置してしまうと、体温を下げる目的で外に出されたモノなので決して温かくはありません。汗をそのままにしていると、体を冷やすことに繋がってしまいます。その汗を、乾かそうと体の中の熱がどんどんと使われてしまって、体の中から熱が出ていってしまい、体が冷え低体温となってしまいます。

タオルにくるまる裸の赤ちゃん

赤ちゃんがかいた汗を、度々そのままにしてしまうことが続けば、体が冷えることに慣れてしまって低体温の状態が続くことになります。そういうケースにならないためにも「汗をかいていないか?」と気にしてあげて、汗をかいていたらすぐに拭いてあげて、服が濡れていたら取り替えてあげましょう。こまめに汗の管理をしてあげると低体温が解消されていきますよ。

ミルクや母乳が冷たい

母乳をあらかじめ、冷蔵・冷凍保存しておいたものを新生児に飲ませる際に、人肌程度の40℃くらいまで温めて直して飲ませることを忘れることが続いたり、夏の熱い季節だからといって、ミルクの温度を普段よりも低くして飲ませることが続いていくと、冷たいものばかり飲んでいることが原因となり、体温が下がり続けてしまって低体温の状態になってしまいます。

新生児を低体温の状態にさせないためには、冷たいミクルや母乳などを与えすぎないように注意しましょう。

新生児の平熱を知って、健康を守ってあげよう!

ママも体調を崩して病院に行った時には、よく体温計を渡され熱を測ったりしますよね。体温が高いか低いかということは、その人が健康であるかどうかを把握するための一つの判断材料となります。その際に測った熱は、平熱と比べてどうなのかということも、健康には影響してきます。例えば、同じ37.5度の熱の場合でも、平熱が36.9度である人には、それほどの熱ではなくても、平熱が35.5度である人にとっては、37.5度は高熱です。

まだ、自分で体温計を使うことも、その値を記録して、平熱を見積もることもできない新生児の平熱は、ママが健康を守ってあげるためにも調べてあげましょう。より、正確な平熱の値を知りたかったら1日に4回ほど検温することがテクニックです。

平熱が何度くらいだと知れたら、その熱から1度以上も高くて、元気もない状態であったら風邪かもしれないと判断できます。また、平熱よりも1度くらい低かったら低体温になっている疑いがあるとも判断できます。

赤ちゃんが健康であるかどうかをママが判断してあげるためには、おでこにあてる体温計を何度も利用したりして、赤ちゃんの平熱をわかってあげることで、その熱から1度高かったり、低かったりしたら「あれ変だな」と気がつくことができます。ママのそういう努力が赤ちゃんの健康を守ることに繋がっていきます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪