赤ちゃん便秘の原因!母乳編に関する記事

【赤ちゃんの便秘の主な原因5】母乳育児なのにナゼうんちが出ない?

【赤ちゃんの便秘の主な原因5】母乳育児なのにナゼうんちが出ない?

母乳育児だと赤ちゃんは便秘をしないと思っていませんか?実は母乳だからこそ便秘になることもあるんです!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんの便秘の主な原因5】母乳育児なのにナゼうんちが出ない?

赤ちゃんの便秘は母乳のせい?母乳育児中の便秘の原因5つ

母乳はミルクより便秘になりにくいと言われています。確かに母乳の方が消化がよく、天然のオリゴ糖が含まれているため、赤ちゃんの腸内環境が良くなります。そのためうんちの回数も多くなり、授乳の度に便が出ることも…。

けれど母乳なのに便秘になるケースも多くあります。ここでは母乳育児の赤ちゃんが便秘になる理由をご紹介します!

原因1 授乳量が足りない

哺乳瓶でミルクを飲む赤ちゃん

母乳育児中の赤ちゃんの便秘で一番に考えるべき原因は、授乳量の不足です。授乳量が足りないと不要となるカス(うんち)の量が少なすぎて、何日も便が出なくなってしまうことがあります。

ミルクだと自分で作った分を飲ませているので、だいたいの哺乳量がわかりますが、母乳育児の場合、赤ちゃんがどのくらいの量を飲んでいるのかがわかりにくいのです。

赤ちゃんの母乳不足をチェック!

  • 赤ちゃんの体重は、母子手帳に載っているパーセンタイル値(発育曲線)に沿って、順調に増えていますか?
  • 飲んだ後の機嫌は悪くありませんか?
  • 「コクコク」と音をさせて母乳を飲んでいますか?
  • 元気な声で泣きますか?
  • おしっこが充分に出ていますか?
  • すぐにおっぱいを欲しがりませんか?
  • 1回の授乳で30分以上乳首を吸い、離すのを嫌がりませんか?

原因2 ママの食べた物

コーヒーカップとお菓子

大人も食べ物によって便秘になることがありますよね。赤ちゃんの場合も母乳の質によって、便秘になることがあります。ママの食べたものが、母乳の質に影響します。母乳をドロッとさせる食品を摂取すると、ドロッとした母乳になります。

ドロッとした母乳は冷え冷えのシェイクのように出が悪く、赤ちゃんがなかなか飲めずに授乳時間が長くかかります
それでも頑張って吸おうとするため汗をかき、体が水分不足になってしまいます。さらに、そのような母乳は消化が悪く、水分不足と重なり便秘になりやすいのです。

母乳をドロッとさせる食品

  • 揚げ物
  • 甘いもの
  • 乳製品
※育児中は甘いものが欲しくなりますが、上記の食品は乳腺炎の原因にもなります。授乳期間中は程々にしましょうね

原因3 ママの体の冷え

カーディガンを羽織った主婦

冷えは万病の元と言いますが、ママの体の冷えは赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。

ママの体が冷えると母乳の質も温度も低下します。それを飲んだ赤ちゃんの体も冷え、腸の活動が鈍くなり便秘になることがあります。

原因4 産後の無理なダイエット

ウェストをメジャーで計る女性

産後の無理なダイエットによって、食事の栄養バランスを崩すと、母乳の質は低下します。

赤ちゃんのためにも、ママの健康のためにも、ダイエットは和食中心の食事と、運動によって行うようにしましょう。

原因5 便秘の目安が間違っている!?

赤ちゃんの便秘は(特に母乳の場合)、排便間隔だけで判断できません。ところが2~3日便がでないという理由だけで、便秘だと心配して浣腸するママが結構いるのです。
便秘かどうかの判断は排便間隔だけでなく、赤ちゃんの様子を観察して行いましょう。

母乳の場合は消化吸収がよいので、うんちになるカスの量がミルクの1/3と少なく、うんちの量もミルクよりも少ないのが特徴です。そのため下記の症状がなければ、2~3日便が出なくても、便秘ではありません。

赤ちゃんの便秘の目安となる症状

  • おなかが張って辛そう
  • 食欲がなく、授乳後も吐いてしまう
  • 機嫌が悪く、よく泣く
  • 排便の回収が極端に減った(例:1日10回以上→1日1回)
  • お尻が切れて、血が出る

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪