に関する記事

母乳が出すぎるのもつらい!過多トラブルの原因と対処法

母乳が出すぎるのもつらい!過多トラブルの原因と対処法

ママの体にも負担がかかるし、赤ちゃんも飲みにくい!母乳が出すぎるつらさを、楽しい育児に変える解決法をご紹介します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  母乳が出すぎるのもつらい!過多トラブルの原因と対処法

母乳が出すぎる「母乳分泌過多症」の改善策は?

母乳に関するトラブルというと、つい「母乳が出ない」ことに重点を置いてしまいがちですが、「母乳が出すぎる」=「母乳分泌過多症」も、ママや赤ちゃんにとっては大問題です。

周りの人からは母乳がよく出ることは良いことだと言われてしまいがちですが、オッパイの絶え間ない重みと乳腺炎の危機を感じながら、母乳にむせてむずがる赤ちゃんのお世話をするのは本当に大変なことですよね。

母乳が出過ぎるのを上手くコントロールしようと頑張れば頑張るほど、さらなる母乳を生み出してしまうことになりかねません。この母乳トラブルの解決のためには、正しい母乳育児の知識をもって冷静に対処することが必要です。
今回はなかなか周りにわかってもらえない、母乳が出すぎる原因と対処法についてご紹介します。

もしかして私も…?母乳分泌過多症の見分け方

頭をかしげて思案する女性

赤ちゃんが生まれると、女性の乳房からは自然と母乳が出るようになりますが、母乳が良く出て赤ちゃんが飲みきれない、いつまでも乳房に母乳がたまっていて改善されない状態を、「母乳分泌過多症」といいます。
一般的に母乳パットを1時間に1回以上取り替えなくては追いつかない程でしたら、分泌過多だといえますね。

経産婦のママや母乳が良く出るママは、赤ちゃんが生まれたばかりで哺乳力が弱い時期に分泌過多になりやすいのですが、赤ちゃんが成長して生後2~3ヵ月になれば、グイグイとおっぱいを飲み始めるので自然と解消してくるものです。

しかし、母乳過多をなかなか解消できないケースも多く、それどころか赤ちゃんが頻繁にむずがったり体重の増加が一定しない様子から母乳不足と勘違いしてしまい、間違ったケアで母乳過多を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

母乳分泌過多症はこんな兆候に注意!

・ママの乳房がいつも張っていて、授乳していない時にも母乳が漏れる
・常に乳頭部分に痛みを感じ、乳腺炎を頻繁に繰り返している
・授乳中に赤ちゃんがむせて咳き込んでしまい、授乳がスムーズに進まない
・授乳中に赤ちゃんが体をこわばらせて反り返る、暴れて落ち着かない
・赤ちゃんが短時間で授乳を要求し、遊び飲みが多い
・赤ちゃんがいつもグズり、機嫌が悪く頻繁に泣く
・赤ちゃんの体重が思うように増えず、増え方が一定しない
・赤ちゃんが授乳後に大きなげっぷやおならを頻繁にして、大量に吐き戻す

母乳が出すぎる5つの原因

母乳が出ぎてしまう原因はママにあるのか、それとも赤ちゃんにあるのか…その両方とも考えられますが、いずれにせよ、母乳過多の原因を明確にして改善していくことが大切ですね。

乳線の発達が良すぎる

胸を押さえる女性

赤ちゃんを育てるために大切な女性の乳房ですが、乳腺の発達の度合いは人それぞれで、個人差があります。
経産婦のママでもなかなか母乳が出ず、出産直後から母乳がたくさん出る初産のママがいるのは、全てこの乳腺の発達具合の差によるものとされており、一般的に乳腺の発達が良すぎると母乳分泌過多症になってしまう人が多いようです。

オキシトシン反射が強い

ママの乳房に赤ちゃんが吸い付くと、刺激を感じた脳がオキシトシンと呼ばれるホルモンが分泌して、母乳を乳房から押し出します。
この反応はオキシトシン反射と呼ばれるものですが、この反射が強く作用しすぎると母乳が急激に分泌されてしまい、赤ちゃんがそのスピードについていけません。結果として、赤ちゃんがむせるほどの母乳過多となってしまうのです

プロラクチンの分泌が多い

母乳過多の原因の多くは、ママの身体と赤ちゃんの哺乳力がかみ合わないために起きるのですが、中にはママの身体に病気が隠れているケースもあります。

乳腺の発達や子宮の収縮にかかわりのあるプロラクチンというホルモンの異常分泌も、母乳過多を引き起こす原因のひとつです。
甲状腺に何らかの疾病が隠れている場合などには、プロラクチンの血中濃度が上がって母乳過多になっているケースも考えられますので、母乳過多が長引く場合には一度産婦人科を受診することをオススメします。

赤ちゃんが上手に乳房を吸えていない

毛布の上の赤ちゃん

母乳は乳房から勝手に出てくるものではなく、赤ちゃんが乳輪を加えて上顎と下顎でしごくように吸いついて刺激をしないと分泌はされません。
乳輪は大きく深く加えると軽快に母乳が分泌されますが、赤ちゃんの経験が不充分である場合や、ママの支えが適正ではなく授乳の姿勢が悪いと、赤ちゃんが深く乳房に吸いつけず、強く吸い上げる刺激だけを乳房に与えてしまいます。
赤ちゃんの月齢が低い時期はママも赤ちゃんも不慣れで、赤ちゃんが必要以上に乳房を刺激してしまうことでママの身体が必要以上の母乳を分泌してしまうので、母乳過多になってしまいます。

左右の乳房を交替させるタイミングが悪い

女性の乳房は二つありますので、左右の乳房を均等に赤ちゃんに吸わせて均等に母乳を出し切るのが一番なのですが、赤ちゃんが片方のオッパイを吸い切る前にママがもう片方のオッパイに交替をさせてしまうと、先に吸わせていた乳房がもう片方の乳房の刺激に影響されて、どんどん母乳を作り続けてしまいます。

時計を見ながら時間を決めて左右の乳房を交替させていると、十分に母乳が排出しきれないのに新しい母乳が作られてしまい、いつまでたっても乳房の張りが治まらない、母乳過多の状態になってしまいがちです。

過度な搾乳をしている

授乳開始直後は急激に乳房が張り、赤ちゃんが乳房を含みにくくなることから、搾乳をして張りを和らげることが必要になる場合もあります。
ただ、あんまり搾乳しすぎてしまうのも考えもの。搾乳の刺激によってママの身体はさらに母乳を作ってしまい、搾乳の意味がなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

母乳が出すぎるとこんな困ったことに!

母乳がたくさん出るのは良いことのように感じられますが、実際は複数の大きな問題が隠れているようです。母乳過多によって、ママや赤ちゃんにはどのような影響が出てしまうのでしょうか。

赤ちゃんの消化機能にダメージを与える

赤ちゃんを見守る母親

ママの乳房から出る母乳の成分は常に一定のものではなく、授乳のはじめは脂肪分が比較的少なく、終わりのほうでは水分量が減って脂肪分が高くなりますが、母乳過多になると赤ちゃんがすぐにお腹いっぱいになってしまい、脂肪分の豊富な母乳を飲めなくなる可能性があります。

脂肪の少ない母乳は赤ちゃんの胃の中の滞在時間が短く、それを消化しようと急激にたくさんの乳糖が小腸に流れ込んでしまい、赤ちゃんの体に負荷がかかり、消化器官がダメージを受け乳糖過負荷の状態になりかねません。
母乳に含まれる乳糖が消化酵素以上になると、赤ちゃんは乳糖を消化できず、大きなげっぷやおならを頻繁にしなくてはならなくなり、緑がかった便や水っぽく泡立った便といった異常を起こしやすくなるのです。

乳房が傷つきやすくなる

授乳はママの上手な支えと、赤ちゃんの上手な吸い付きでスムーズにできる連係プレーのようなものですが、母乳過多になると、赤ちゃんが苦しくなって適切な位置から体や口をずらしてしまいます。
その結果、赤ちゃんが乳房を含むのが浅くなってしまい、赤ちゃんの吸いつきが激しくなりますから、当然ママの乳房に負担がかかり乳首が切れやすくなるのです。

母乳量が激減してしまうこともある

授乳は乳房への刺激を上手に続ければ一年以上続けることが可能ですが、離乳食が進んで母乳の割合が少なくなり、ママの就業などで授乳の頻度が減ると母乳量は格段に減少していきます。

ママの母乳を作るためには赤ちゃんの吸い付きが必要ですが、母乳過多になるとちょっとの刺激で母乳が勢いよく出てしまうので、赤ちゃんは次第に受け身になって、乳房に吸い付かずにただ飲み下すだけになってしまいがちです。
赤ちゃんからの刺激が少なくなることでママの乳房は次第に母乳を作らなくなり、赤ちゃんの成長に一番必要な時期に母乳量が激減してしまう可能性があるのです。

赤ちゃんの機嫌と体重の増え方が悪くなる

機嫌が悪い赤ちゃん

母乳過多になると赤ちゃんはすぐにお腹がいっぱいになってしまいますが、口に入るのは授乳開始直後の水分量の多い脂肪分の少ない母乳なので、必要なカロリーが摂取できません。
赤ちゃんの体はもっとエネルギーをもらおうと母乳を求めるのに、ただでさえ容量の小さい赤ちゃんの胃はそれ以上の母乳を飲むことができませんので、いつもエネルギー切れの状態に…。これでは赤ちゃんもご機嫌になることができません。

母乳過多によって乳糖過負荷の状態になれば体の中に大量のガスがたまってお腹が張って苦しいので、頻繁に泣いてなかなか寝付かないといった、ママ泣かせの赤ちゃんトラブルに発展することも多いのです。

母乳過多を改善する5つの対策方法

ママや赤ちゃんを困らせる母乳過多のトラブルも、正しいケアを行えば必ず改善します。適切な対処法をチェックして授乳ストレスを軽くしていきましょう。

母乳は搾りきらないようにしましょう

母乳の出が良過ぎて乳房が張って困るからといって搾乳し過ぎると、どんどん母乳を増やしてしまう結果を招きかねません。乳房は刺激を受ければ受けただけ母乳を作ってしまいますから、必要以上に母乳を絞るのは控えましょう

母乳を絞って排出すると乳房が張っている時は確かに楽になりますが、母乳過多になりやすい生後2~3ヵ月は、どうしてもという時も圧を抜く程度にして、ある程度張った状態を維持するとコントロールがうまくいきます。
搾乳で乳首を傷つけると乳腺炎感染症などの原因になりますので、力を軽くして乳輪の周りから内側に押すようにしてマイルドに搾乳をしてくださいね。

適度に乳房を冷やしましょう

乳房は温めると母乳の分泌が良くなります。タオルにくるんだ保冷剤で温度を下げすぎずに乳房を冷やすと、張りが治まり、身体の熱も少し楽になります。
ただ、急激に冷やしすぎると逆に乳房の張り返しを起こすことがありますので、少しずつ冷やしましょう。冷蔵庫で冷やしたキャベツの葉を乳房にかぶせるキャベツシップが手軽で効果的です。

脂質や糖質の多い食生活を改める

コップに入った麦茶

女性の乳房に張り巡らされた乳腺は太い管ではありませんので、母乳の脂肪が詰まることがあります。
乳腺や入管が脂肪などで詰まると母乳が排出できずに、高熱を伴う乳腺炎を引き起こす原因につながります。母乳に過剰な脂肪が混じらないように、授乳期は脂っこい料理は控えるように心がけましょう。

授乳期のママはエネルギーが必要なので、甘い物も自然と体が欲しがるものですが、糖分も母乳を詰まりやすくする食べ物の代表格なので注意が必要です。
また、水分量が減るとどうしても乳腺が詰まりやすくなります。スポーツドリンクや甘いジュースはできるだけ控えて、カフェイン少なめの麦茶やハーブティーを飲み、母乳のもととなる血液をサラサラに保ちましょう。

授乳の仕方を見直しましょう

乳房はキッチリと時間で管理するのではなく、授乳中も乳房の張りを確認しながら、片方の乳房から十分に母乳を出し切るまで赤ちゃんに授乳をするよう心掛けましょう。
赤ちゃんが片方の乳房で満足してしまったら、次の授乳までもう片方の乳房はちょっと我慢して、つらいようならほんの少しだけ圧抜き程度に搾乳し、次の授乳で十分に赤ちゃんに母乳を吸い出してもらいましょう。
しばらく繰り返しているうちに自然と母乳の過度な張りが減り、母乳の量のコントロールができるようになります。

赤ちゃんの支え方が授乳の姿勢を見直しましょう

母乳を飲む赤ちゃん

月齢の小さい赤ちゃんは本能的に乳首に吸い付く動作を知ってはいても、自分で体を支えて吸い付くことはできません。
大事なのは赤ちゃんを支えるポジショニングと、乳輪部をお口にいれるアタッチメントの調整です。赤ちゃんが安心して飲めるように赤ちゃんをママの身体に沿わせてしっかりと支え、大きく深く乳輪部をくわえさせてあげましょう。

授乳がうまくいくかどうかはママと赤ちゃんの慣れもありますので、うまくいかない場合には助産師さんや保健婦さんに相談する、母乳外来を受診するといいですね。

母乳過多が改善されたあとの授乳のポイントは?

母乳の仕方などを見直して母乳過多が改善されると、常に固く熱を持っていた乳房が軽くなり、ママの負担もグッと楽になります。
赤ちゃんにとっての負担も減りますので、ママの母乳の分泌と赤ちゃんの哺乳のペースが一致したら、赤ちゃんが欲しがったら飲ませる、赤ちゃん主導の授乳で育てていきましょう。

赤ちゃんが泣いてお腹を空かせていたら、片方の乳房を赤ちゃんが満足して離すまでしっかり吸わせ、足りなかったらもう片方の乳房を吸わせて、次回の授乳の時は左右を逆にしてあげれば、再び母乳過多に陥る心配はありませんよ。

母乳の分泌過多が治まってくると、それまでよりもマイルドな乳房の張りに不安を感じてしまうこともありますが、母乳が出なくなるといった心配は不要です。
赤ちゃんが吸い付く刺激で母乳を作り出せれば、乳房は十分に働いてくれています。無用な心配は最小限度にして、バランスの取れた食事と規則正しい生活で美味しい母乳を赤ちゃんに飲ませてあげましょう。

母乳の量に神経質にならずに育児を楽しみましょう

母乳分泌過多のつらいところは、なかなかそのつらさを周りの人にわかってもらえないことではないでしょうか。
母乳育児を推奨する日本では、どうしても母乳トラブルというと「母乳が出ない」「母乳が足りない」ことを心配してしまいがちなので、母乳が出て困るというと「量が出るならいいじゃない!」なんて言われてしまいがちです。

しかし、母乳が出すぎるのは乳腺炎の原因にもつながり、赤ちゃんの成長にも影響を与えかねない重大な育児トラブルです。ママ一人でトラブルを抱え込まないように、前向きに対処していきましょう。

母乳が出ない場合にも言えることですが、母乳育児が大変だったら、ちょっと位休んでミルクに頼ってもいいのです。
母乳のことばかり考えているよりも、ちょっと気分を変えた方が良い時もあります。
赤ちゃんにとっては美味しい母乳と、優しいママの笑顔が成長の糧。母乳の量に関して神経質になりすぎずに、赤ちゃんとのスキンシップと育児を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
はたこ

はたこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!