乳頭混乱が起きる原因と対策に関する記事

乳頭混乱の原因とは?赤ちゃんが母乳を飲まない時の対処法5

乳頭混乱の原因とは?赤ちゃんが母乳を飲まない時の対処法5

乳頭混乱の赤ちゃんは、ミルクなら飲んでくれるのに、母乳が出ても飲んでくれません。どうして?そんな乳頭混乱を解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  乳頭混乱の原因とは?赤ちゃんが母乳を飲まない時の対処法5

乳頭混乱で母乳を飲まない?母乳・ミルクの混合授乳の注意点

最近母乳の吸いつきが悪いなあ、哺乳瓶なら飲むのに…と思ったママ、それは赤ちゃんが乳頭混乱を起こしているのかも知れません。

乳頭混乱を起こした赤ちゃんは、遊び飲みをしてしまったり、うまく吸えないと怒って、目の前におっぱいがありながら嫌がって大泣きをするということがあります。ママもちょっとショックかもしれませんね。

乳頭混乱は、母乳とミルクを混合した時、特に生後まだ授乳がしっかり確立していない時に起こりやすいのですが、少し注意して授乳を行うことで、だんだん改善することが出来るのです。今回は、その母乳とミルクの混合授乳の注意点をふまえて、どのように母乳育児を進めていくといいかという方法をご紹介します。

乳頭混乱とは?

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

母乳とミルクを併用して飲ませていると、赤ちゃんが母乳をいやがることがたびたびありますよね。赤ちゃんは、ミルクなら簡単に飲めるのに、どうして飲むのが難しい母乳を吸わなくてはいけないの?と思っています。

母乳とミルクの哺乳を繰り返していると、ミルクは飲むけど母乳を嫌がることがあります。また、簡単に飲めるミルク哺乳に慣れてしまうと、母乳の吸い方を忘れてしまうこともあります。この赤ちゃんが混乱している状態を、乳頭混乱またはニップルコンフュージョンといいます。

ママのおっぱいは、赤ちゃんが生まれてすぐにたくさん出るわけではありません。赤ちゃんにとって、あまり出ないおっぱいを一生懸命に吸うということは予想以上に体力を消耗するもの。そんな母乳が十分に飲めない時は、やはり赤ちゃんの体力をつけることが先決と、病院でミルクと混合授乳を勧められることも少なくないのですね。

母乳と哺乳瓶の飲み方の違い

母乳と哺乳瓶使用では、基本的に飲み方が違います。乳頭混乱を理解するには、飲み方の違いを理解しておく必要があります。

母乳の飲み方

母乳を飲んでいる赤ちゃんのイラスト

母乳を飲むときは、舌とあごを上手に使って母乳を飲みます。この時、舌は、乳首の下側にぴったりくっついて乳首の周りに巻きついている状態です。唇は、アヒル口のように上唇も下唇も外向きになっています。

上手に飲めている赤ちゃんの授乳が終わった時、ママの乳首は赤ちゃんの吸っている時の形に変化し、乳首と乳輪がとても柔らかくなっているのが特徴なので、授乳直後に自分の乳頭を見ることで、赤ちゃんがきちんと吸っているかどうか確認することも出来ます。

哺乳瓶の飲み方

哺乳瓶で飲むときは、乳首の飲み口を押えるとミルクが出るので、乳首の先端部分をつぶしながら飲んでいることが多くなります。そのために、唇を内側に巻き込むようにして飲みます。押えると出るので、とても簡単に飲むことが出来ます。

赤ちゃんが乳頭混乱を起こす原因

赤ちゃんは、飲むという本能はありますが、上手に吸うためには、口の周りの筋肉を使えるようにならなければ難しいのです。母乳を上手に吸えないために起こる乳頭混乱の原因を3つご紹介します。

哺乳瓶の方が飲みやすいから

哺乳瓶のイラスト

赤ちゃんは、哺乳瓶が吸えば簡単に出るということを覚えてしまうと、それに慣れて、舌とアゴを使って母乳を飲むという方法を忘れてしまいます。

ママの乳首が吸いにくいから

ママの乳首が陥没や扁平していると、赤ちゃんが乳首を口に含んだ時に舌を巻きつけにくいので、母乳を飲みにくく嫌がることがあります。赤ちゃんが母乳を嫌がると、ママも我慢できずミルクをあげてしまうことがありませんか?その繰り返しをすると、赤ちゃんが乳頭混乱を起こしてしまうのです。

しかし、陥没乳頭などでも飲ませやすい姿勢は縦抱きです。ママが赤ちゃんの頭部をしっかり保持、赤ちゃんが舌を出して大きく口を開けたタイミングで、乳首を深く咥えさせます。この姿勢は、赤ちゃんがしっかりあごを使って飲む事も出来る方法なので、効果的だといわれます。

正しい母乳の飲み方がよく分からないから

ママも赤ちゃんも始めは慣れていないので、正しい母乳の飲ませ方、飲み方がよくわかっていません。出産後の母乳は、頻回授乳を繰り返すことで、分泌がだんだん良くなっていきます。でも、回数だけを増やせばよいというわけではありませんね。

ママは一生懸命になるけれど、それに反して、赤ちゃんは母乳を吸わない、吸っても浅飲みが癖になっているとうまく母乳は出てきません。その結果、ミルクを足すことになり、乳頭混乱もなかなか改善しません。一番大切なことは、正しい母乳の飲ませ方、飲み方をしり、ママもリラックスして赤ちゃんに飲ませるということです。

乳頭混乱を起こさないための対策

赤ちゃんが、乳頭混乱を起こさないように、上手に母乳を飲んでくれるためにはどうしたらいいのでしょうか。これからご紹介する方法を試してみてください。

マッサージしながら授乳する

赤ちゃんを抱っこしているお母さん

母乳の分泌がまだ十分でないという場合は、水分を多めに取って、授乳前に乳房を少し温め、乳房マッサージでおっぱいを刺激して、おっぱいの産生を促しましょう。おっぱいに張りを感じるようになったら、おっぱいの分泌量が増えたサインです。

母乳の分泌がよくなると、乳管がつまったり、授乳前乳房全体が張って乳頭を口にくわえにくい、飲みにくいという状態が起こります。その時には、授乳前にマッサージをして少し絞って、乳首周りを柔らかくしておくといいです。

また、授乳中も特に張っているところ、詰まっていると感じるところを押えながら授乳をする、マッサージをしながら行うと哺乳瓶のように楽に飲めると感じ、飲みやすくなります。

ラッチオンをマスターする

ラッチオン(latch on)とは、赤ちゃんがおっぱいに吸いつくこと、また正しい位置で吸いつかせることであり、これをマスターすることで授乳を楽にすることが出来ます。

ラッチオンのメリット

  • 赤ちゃんの吸いつきをよくして母乳育児を確立することが出来る
  • 赤ちゃんに負担がなく楽に飲むことが出来、成長もよい
  • ママの乳頭を傷つけず、偏りなく飲んでくれるので、乳腺炎を起こしにくい
  • 赤ちゃんは母乳を飲むことでママが大好きになる

乳頭混乱を起こしている赤ちゃんは、母乳を吸うことは大変で、ミルクは楽に飲めるということを知っています。また、母乳とミルクを飲む時では、口の動き方が違うので混乱しています。そのために、母乳がいかに簡単に飲めるかということを示す必要があるのですね。

ラッチオンをマスターするには、まず、正しく飲めているかの目安を知る必要があります。

乳輪が隠れるくらいくわえる

しっかりおっぱいを口にふくむと、ママと赤ちゃんがぴったりくっつきます。赤ちゃんの顎がママの胸にくっついているのが一つの目安です。また、正しい位置で深くくわえていると、ママは痛みを感じることがありません。

アヒル口になっている

赤ちゃんがアヒル口になっているかが目安です。下唇の部分に舌が出ていたら、しっかり口に含んでいるというサインになります。

ゴクゴク飲んでいる音が聞こえる

始めは、乳頭の先をしごくようにチュパチュパと早く吸っています。おっぱいの分泌が安定すると、強く吸い始め、ゴクゴクと飲む音が聞こえますよ。

母乳のにおいを覚えさせる

赤ちゃんに授乳をしているお母さんのイラスト

赤ちゃんが、ママの母乳のにおい大好き!と感じれば、ミルクよりもおっぱいがほしいと感じるようになります。母乳をあげる前に、ちょっとだけおっぱいを絞り出して、乳頭の先ににじませます。こうすることで、よりにおいを強く感じることが出来ます。

赤ちゃんがママの母乳の匂いを覚えると、においを嗅いだだけでおっぱいが欲しいと感じるので、母乳を飲んでくれるようになりますよ。

でも、ママのおっぱいは、食事の内容によっておいしくなったり、まずくなったりします。ママは少し大変だけれど、授乳中は和食中心で、油っぽいものや甘いものばかりの食事は避けるようにしましょう。

母乳に近い哺乳瓶を選ぶ

哺乳瓶とおしゃぶり

母乳育児をしたいと思っても、母乳分泌量が足りずミルクを足す場合、また自分の乳首に傷がある、痛みのために授乳が出来ないという場合、どうしても哺乳瓶を使用するケースがあるはずです。その場合には、出来るだけ乳頭混乱を起こさないように、母乳を飲むときの形に似たようなものを選ぶことが大切です。

母乳に似たようなものを選ぶポイントは、乳首の材質、乳首の穴の形などです。簡単にミルクが飲めてしまう哺乳瓶を使うと、母乳を嫌がってしまう傾向があるので、哺乳瓶の選び方は慎重にしましょう。あとで哺乳瓶の紹介もしますので、参考にしてください。

必ず先に母乳を飲ませる

赤ちゃんに飲ませる時は、必ず母乳から先に飲ませましょう。それは、赤ちゃんの体力があり吸う力が強いからです。また、おなかもすいているので、母乳を飲まないと悩んでいる時でも、意外と飲んでくれることがありますよ。うまく吸ってくれると、最初の5分で哺乳量の50%程度を吸うといいます。

最初に哺乳瓶で楽をしてしまうと、後で母乳を嫌がるので、赤ちゃんにはかわいそうですが、体力のあるうちに母乳で頑張ってもらい、足りないものを哺乳瓶でたすという考えが乳頭混乱を起こさないためにいいのです。

おすすめの母乳に近い哺乳瓶用ニップル4選

母乳に近い哺乳瓶用ニップルを使用すると、乳頭混乱を予防することが出来ますよ。ここでは、赤ちゃんが母乳をゴクゴク飲んでくれるような、おすすめの商品を4つご紹介します。

桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 乳首

桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 乳首

ピジョン

700円+税

赤ちゃんがママのおっぱいを飲む訓練用の乳首です。低流量タイプなので、赤ちゃんがむせることもありません。全国にある桶谷式認定者の指導を受けながら訓練する時に用います。サイズはSSサイズとSMサイズがあるので、哺乳にかかる時間や量を考慮して選択することが出来ます。

http://products.pigeon.co.jp/item/index-1672.html

ベッタ ブレイン乳首

ベッタ ブレイン乳首

ベッタ

920円~+ 税

ブレインとは脳のことです。赤ちゃんがおっぱいを飲むという行動は、脳の発達にもよい影響があるのですね。そのため、舌とアゴをしっかり動かして飲めるように考案されています。また、ママのおっぱいのように赤ちゃんの口にフィットするように柔らかい作りになっています。

http://www.betta.co.jp/contents/concept/

NUK プレミアムチョイスほ乳びん用替えニップル

NUK プレミアムチョイスほ乳びん用替えニップル

NUK

400円+税

ママの柔らかく形を変える乳首を目指したほ乳びん用ニップルです。上あごに密着するように柔らかい部分があり、飲むという行為をより自然にとることが出来ます。そのために乳頭混乱を起こしにくいのですね。

http://www.dadway-onlineshop.com/

ピジョン 母乳実感 乳首

ピジョン 母乳実感 乳首

ピジョン

550円+税

ママの乳首をくわえる、母乳を引き出すような舌の動きをする、そして飲み込むといった一連の哺乳運動を出来るように考えられた乳首です。サイズもSS、S、M、Lの4種類あるので、月齢や飲む量によって選ぶことが出来ます。

http://products.pigeon.co.jp/item/index-476.html

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!