チャイルドシートの着用義務に関する記事

【チャイルドシートの義務】年齢/違反点数/罰金/免除となる条件など

【チャイルドシートの義務】年齢/違反点数/罰金/免除となる条件など

乳幼児のチャイルドシート着用が義務なのは知っていても、6歳になったら必要なしって勘違いしていませんか?

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【チャイルドシートの義務】年齢/違反点数/罰金/免除となる条件など

【チャイルドシート着用義務】6歳も必要!?保護者が知るべき法律

平成12年4月より、6歳未満の乳幼児への使用が法律で義務化されたチャイルドシート。ところが法律化される前に免許をとったママ、パパ、祖父母をはじめ、免許を持っていない保護者や法律化した後に免許を取得したドライバーでも、チャイルドシートについて大切なことがまだまだ周知徹底していないのが現状です。

こちらでは親なら知らないと困るけれど、意外と知られていないチャイルドシートに関する法律を分かりやすくご紹介します。チャイルドシートは子供の命を守る大切な道具です。親として正しい知識を持って、子供の身の安全を守りましょう。

義務は6歳!安全のため身長140cmまで着用

シートベルトをする子供

「何歳まで着用するの?」という疑問が多いチャイルドシートですが、法律上は6歳未満の乳幼児にチャイルドシートを着用させる義務があります。
ただし、年齢が6歳以上でも身長が140cmに満たない場合、シートベルトだけでは、まさかの事態で乳幼児の安全を守ることはできません。そのため、身長140cmまではチャイルシートを必ず着用させましょう。

子供が6歳以上になると、シートベルトが義務化されますが、シートベルトは140cm以上の人の安全が守られるように設計されています。
そのため、140cm未満でのチャイルドシートを使用せずにシートベルトを着用した場合、大きな衝撃を受けた時に、首やお腹をシートベルトに圧迫されて、首の骨や内臓が損傷する危険性があります。

チャイルドシート着用により助かっている命も多く、親や祖父母が「面倒だ」「短時間だから…」と着用させず、大怪我をさせてしまう悲しいケースも少なくありません。ちょっとの油断で悲しい未来を作らないためにも、祖父母にもきちんと協力をお願いし、小さな命を危険から守りましょう。

バスやタクシーでの着用は免除

バス

盆や正月、ゴールデンウイークなど家族で出かけるときなどは、バスやタクシーなどの公共交通機関を利用することも多いですね。バスやタクシーなどを利用する場合は、チャイルドシートの使用義務は免除されています。

ただし子供の安全を考えると、家からタクシーを呼ぶときなどは、念のためチャイルドシートのついている車輌はないかどうかを確認すると良いでしょう。

親戚や友人の車でも着用は義務!

チャイルドシートのない親戚、ママ友に「乗ってかない?」と言われた時も、6歳未満の乳幼児にはチャイルドシート着用が義務付けられています。面倒だと思っても、バスかタクシーに乗りましょう。

目上の親戚やママ友から声を掛けられたときは、内心断りづらいと感じるかもしれませんが、万が一の事態が起きた場合、乗せてくれたドライバーにも迷惑がかかってしまいます。
「ありがとう。今日はこれから他に用事があるから」などと、やんわりお断りしましょう。

旅館などの送迎車や、レンタカーも着用は義務!

旅館の送迎車

旅先で旅館やホテルの送迎車やレンタカーを利用する場合には、あらかじめ確認して設置をお願いしましょう。乳幼児はどちらもチャイルドシートがなければ乗車できません。

ほとんどの旅館やホテルの送迎車、レンタカー会社にはチャイルドシートが用意されています。
ただし、「既に貸し出しの予約が入っていて借りられなかった…」というケースもあるようですので、お申込みはお早めに。

設置できる台数以上の子供を乗せる場合は免除

車に設置できるチャイルドシートの数は限られますよね。設置可能台数のチャイルドシートを車に設置し、チャルドシートに座れる数の子供以上の子供を乗せる場合、チャイルドシートを使用できない子供への着用義務は免除になります(ただし、車両定員内の子供に限る)。

またチャイルドシートが装着できない特殊な構造の車の場合にも、使用義務は免除になります。シートベルトがついていない車や、4~5点式のシートベルトの車などです。

車内で授乳やオムツ替え時は免除

車内で赤ちゃんの世話をする母親

「ドライブ中、車内でうんちをしてしまった」「お腹が空いて泣いている」など、すぐにお世話をする必要があり、チャイルドシートを着用しているとお世話ができない場合、チャイルドシートの着用義務は免除されます。

ただし子供とお世話をする人の安全を考えると、やはりチャイルドシートを外すのは危険です。やむを得ない場合は仕方がありませんが、安全のためにもお世話が必要になった場合は、なるべく停車しましょう。

緊急搬送/肥満や精神疾患などは免除

「子供が熱を出した」「腹痛で苦しんでいる」など、医療機関に緊急搬送する場合など、下記のようなやむを得ない特殊ケースでは、チャイルドシートの着用義務が免除されます。無理にチャイルドシートをすることが、子供にとって良くないケースもありますので、子供に合った対応をしましょう。

免除されるケース

  • ケガや病気で緊急性をともなう搬送
  • ひどい肥満でチャイルドシートのサイズに合わない
  • アトピーなどの皮膚疾患や股関節脱臼など、療養に着用が適していない
  • 精神疾患があり、着用が難しい
  • 迷子の子供を保護して警察に連れていく

違反になった場合は1点減点

先に紹介した免除になるケースを除き、チャイルドシートに子供を乗せていなかった場合は、違反となりますから免許点数(1点)が引かれます。反則金(罰金)はありません。

チャイルドシート装着違反によって、減点されてゴールド免許だったのにブルーになってしまった…というケースもあります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ

この記事と関連性の高い記事