寝返りしない赤ちゃんの原因に関する記事

寝返りしない…生後6ヶ月の子が!障害以外の5つの原因

寝返りしない…生後6ヶ月の子が!障害以外の5つの原因

寝返りしない赤ちゃんには何か原因があるのでしょうか?そもそも寝返りはどうして必要、いつ頃するものなど、疑問にお答えしながら、赤ちゃんが寝返りをしない原因や、似たような悩みを克服した先輩ママの体験談をご紹介します!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  寝返りしない…生後6ヶ月の子が!障害以外の5つの原因

生後○ヶ月のうちの子が寝返りしない原因って?何かの障害が関わっているの…

赤ちゃんを育てているママは、他の赤ちゃんが出来ている事を、自分の子が遅れてしまっていると、どうしても気になってしまいますよね。寝返りもその一つかもしれません!

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、寝返りを始める時期は、生後5ヶ月~6ヶ月頃と言われており、それを過ぎても寝返りをしないと、ママは不安になってしまいます。

今回は、赤ちゃんの寝返りの必要性や、寝返りをしない原因などをご紹介します。また、同じような悩みを克服した先輩ママの体験談もまとめてみました。

そもそも寝返りってどうして必要なの?

寝ている赤ちゃん

1回の睡眠で長時間眠ることができる大人は、本人は意識していなくても、よく寝返りをしています。それは、寝返りをすることが、結果的には長時間睡眠につながっているからです。

もしも、ずっと同じ姿勢で寝ていたら、敷布団と接している同じ体の部分が、自分の体重の圧力の影響を受けて、血流が滞ってしまいます。血流が滞ってしまうと、その周辺部分に、酸素や栄養が送られにくくなってしまいます。また、布団と接している部分だけが温まり過ぎてしまって気持ち悪くなり、睡眠が途中で防げられてしまう事もあります。

そう考えると、一回の睡眠でより長く眠るためには、寝返りをすることって大切なんですね!

赤ちゃんの睡眠が短い要因の一つに、寝返りをうまくできない事もあげられます。大人のように、1回の睡眠で長時間眠れるようになるには、寝返りがしっかりできるようになる事って必要なんですね。また、1日の大半を寝て過ごしている赤ちゃんにとって、寝返りをするときに手足をバタバタさせるのは、ハイハイをしたり、歩いたりするための筋力トレーニングの意味合いもあったりします。

赤ちゃんってだいたい生後何ヶ月くらいで寝返りするの?

よちよち歩く赤ちゃんのイラスト

人の動作は、出来るようになれば当たり前のように意識せずできるものですが、その動作を行うためには、体の前提条件が整っている必要があります。例えば「歩く」という動作には、自分の体重を支える足腰の筋肉や、直立姿勢を支えるバランス感覚などが必要ですよね。

寝返りも同じように、重い頭をしっかり支えられることが前提条件です。そのため、赤ちゃんが初めて寝返りをする時期は、首がしっかりと座ってくる生後5ヶ月~6ヶ月頃に集中しています。

早い子だと、首が座りきる前の生後2ヶ月~3ヶ月頃に寝返りを出来てしまうビックリ赤ちゃんもいたりします。その時期に手足をバタつかせることができ、足回りの筋肉が発達していると、寝ている時に手足をバタバタさせる勢いで、腰がクルリとひねらさり、腰がひねられている状態で、さらに足をバタバタしていると、回転するための勢いがついて、寝返りをするというテクニックを使っているようです。体の発育が少し遅れている赤ちゃんでも、生後9ヶ月頃には寝返りができるようになると言われています。

首がすわり始めた時期を過ぎても寝返りをしない原因とは?

同じような時期に出産したママ友の赤ちゃんが寝返り出来るようになっていたり、ほとんどの赤ちゃんが寝返りをする生後6ヶ月を過ぎてもできないでいると、ママは心配になりますよね。どうして寝返りをしないのでしょうか?赤ちゃんが寝返りをしない、できない理由をいくつかご紹介します!

掛布団などの寝具が重い

笑顔で寝ている赤ちゃん

今お使いの寝具はベビー用ですか?ベビー布団は、赤ちゃんが寝返りしやすいように設計されており、敷布団が少し固めなのが特徴です。柔らかい敷布団だと、そのフワフワ素材に体が沈んでしまって、うまく力が入らずに、寝返りをなかなかすることができませんよ。生後6ヶ月を過ぎても、お子さんが寝返りをしないで心配だったら、敷布団を少し硬いものにチェンジすると、それだけで寝返りができるようになるかもしれませんよ。また、掛布団が重すぎて寝返りを邪魔しているのかもしれません。一度、使っている寝具をチェックしてみましょう♪

まだ周りの視界の変化に関心がない

赤ちゃんが寝返りをするきっかけの一つに、ぼんやりと見える景色の変化を楽しみたいという好奇心もあります。今はまだ、他の子と比べて周りの景色の変化を楽しみたいという欲求が少ないために、寝返りをしようというモチベーションが起こらないことも理由の一つです。

もうすぐ、やってくるその時期までのんびりと待っていましょう!

お洋服を着せすぎていて動きにくい

寝返りをした赤ちゃん

体育の授業で運動する時には、それほど服を着こまないですよね。服を着すぎていると、運動が邪魔されてしまいます!寒さを気にして、着せすぎたお洋服が、寝返りを妨げているといったケースもありますよ。特に、生後5ヶ月~6ヶ月を迎える時期が冬である場合には、寝返りをしにくいようです。気温が上がって薄着になると、寝返りをするようになる赤ちゃんもいたりしますよ。もしかしたら…ってママの勘がはたらいたら、寝ている時のお洋服を一枚脱がせてみてはいかがですか?

今寝ている姿勢が気持ちいい

気持ちよさそうに寝る赤ちゃん

仰向けで寝ている状態が好きな赤ちゃんや、うつ伏せが嫌いな赤ちゃんは、寝返りをしようとしない傾向にあります。赤ちゃんにも個性がありますので、うつ伏せにして泣くような時は、無理強いしないようにしましょう。

うつ伏せが嫌いな赤ちゃんには、うつ伏せの姿勢に寝せていたら、好きな姿勢の仰向けの状態に戻る「寝返り返り」ができるかを確認してみましょう。もしも、自分の意思で、気持ちがいい姿勢に戻ろうとするのなら、筋力の発達に問題はありませんので、赤ちゃん自身で寝返りをするまでじっくり見守ってあげましょう。

発達障害の可能性も…

寝返りをするという行動には、脳の運動機能が関わっています。稀なケースではありますが、寝返りが遅れているということは、運動機能の発達が遅れていることにより、寝返りをしないという報告事例もあります。寝返りが遅いからといってもすぐに心配する必要はありませんが、その後も長く続くようであれば、発達性協調運動障害などが原因の場合もありますので、医療機関に相談してみましょう。

自分の体重が重い

まだ筋肉が発達していない赤ちゃんにとって、自分の体重を支えながら体を回転させる寝返りは重労働。特に、体の大きな赤ちゃんは、寝返りをマスターするのに苦労する傾向があります。標準よりも体格の良い赤ちゃんは、寝返りをするまでに時間がかかるものだと考えておきましょう!

生後○ヶ月には寝返りできるようになった! 先輩ママさん達の体験談

先輩ママは、どんな工夫をした?なかなか寝返りをしない赤ちゃんへの対処法など、ぜひ参考にしてみてください。

eri
27歳

娘が寝返りをしたのは7ヶ月を過ぎてからでした

うつ伏せする赤ちゃん

うちの娘は2ヶ月を過ぎたころから首がしっかりしてきて、3ヶ月でほぼ首が座りました。とっても元気で足も良く動かすので、寝返りも早いかな~と、成長を嬉しく思っていたものです。しかし、たまにうつ伏せにさせると、すぐにギャン泣き…。本当に機嫌が良い時にしかうつ伏せの状態を維持できませんでした。そのためか、娘が寝返りをしたのは、なんと7ヶ月と2週間たってからです!

うつ伏せの状態から仰向けに戻る「寝返り返り」はできていたので、あまり心配はしていませんでしたが、初めて寝返りをした時はとても嬉しかったです。寝返りが出来ないと不安に思うママも多いと思いますが、子供が自分なりに成長していく姿を、優しい気持ちで見守ってあげてくださいね。

けんちゃんママ
33歳

1人目は早かったけど、2人目は…

赤ちゃんの足

1人目の娘は、首がしっかり座った4ヶ月頃に自然と寝返りをしていました。しかし、2人目の息子が寝返りをしたのは6ヶ月を過ぎてから。娘と比べて遅いことに、当時は不安を覚えたものです。息子の出生時の体重は3,800gオーバー!とっても大きい赤ちゃんでした。

おっぱいを良く飲む、体はぷくぷく君。同じ月齢の子に比べて、重い体重が原因だったのかもしれません。体が重いために、自力で寝返りをするのがつらそうな時には、少しだけ手を添えて感覚を掴ませてあげました。知り合いの赤ちゃんは10ヶ月でようやく寝返りをしたそうです。寝返りをしないからといって心配しすぎることないですよ。たまに力を貸してあげるくらいで、あとは静かに見守るのがいいと思いますよ♪

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!