赤ちゃんの鼻水対処法に関する記事

赤ちゃんの鼻水対処にママのアレが効く!?すぐできる5つの方法

赤ちゃんの鼻水対処にママのアレが効く!?すぐできる5つの方法

鼻水を出しやすい赤ちゃん!苦しそうなだけに早くなんとかしてあげたい。6つの方法で楽にしてあげましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの鼻水対処にママのアレが効く!?すぐできる5つの方法

中耳炎になる前にストップ!赤ちゃんの鼻水にするべき対処法5つ

春と秋は花粉症、冬は風邪、など鼻水が出る原因は様々ですが、赤ちゃんの場合は鼻の粘膜が敏感ですので、ふとした刺激でも鼻水が出やすくなっています

また、鼻水から鼻づまりを起こすと、苦しくて眠れなかったり、機嫌が悪なってしまったり…と、赤ちゃんはもちろん、ママも大変です。鼻水が長引くと中耳炎を引き起こす可能性があるので、「たかが鼻水」と放っておくようなことなく、早めに対処する必要があるでしょう。

すぐできる!ママができる赤ちゃんの鼻水5つの対処法

1お部屋を加湿する

子供部屋に加湿器

秋や冬になると室内も乾燥しがちです。乾燥がひどいと、鼻水はカピカピに乾いて取りにくくなってしまいます。
また、乾燥しているとホコリや風邪のウイルスが舞いやすくなるため、部屋の空気の乾燥が、鼻づまりの原因になる場合もあります。

お部屋を加湿することで、風邪の予防にも効果的なうえに、鼻の奥に詰まったドロッとした鼻水が柔らかくなるため、鼻づまりが解消しやすくなります。
鼻吸いも楽になり、ママの負担も軽減されます。

手軽な部屋の加湿方法

部屋の加湿と言えば、「加湿器」を思いうかべる人がほとんどだと思いますが、加湿器の用意がない場合にも加湿することは可能です。
濡れタオルを干すことで、湿度を赤ちゃんに快適な40~60%に維持することも可能です。

2上半身を高くして寝かせる

赤ちゃんの上半身をタオルに載せて寝かせるを

鼻水が出ていると、寝る時に鼻づまりを起こしやすくなります。
赤ちゃんの上半身から頭にかけて、バスタオルなどでなだらかな傾斜をつけて寝かせてあげましょう。

こうすることで、鼻水が鼻の奥へ流れ込んだり、鼻づまりを起こしてしまうのを防ぐことができます。

3鼻の付け根~眉間をあたためる

お風呂に入る赤ちゃん

蒸しタオルなどを用意して、鼻の付け根辺りをあたためてあげましょう。鼻の奥にへばりついたドロッとした鼻水が、鼻粘膜からはがれやすくなります
また、熱がない場合にはお風呂に入れてあげることも、鼻づまりの解消に効果的です。湯気で鼻水がはがれやすくなります。

入浴後や鼻の付け根当たりを温めた後に、鼻水を行うと鼻水が取りやすいです。鼻吸いが上手くいかないときは、ぜひ試してみてください。
ただし、蒸しタオルを熱くし過ぎて赤ちゃんを火傷させないように、タオルの温度には注意が必要でしょう。

4母乳点鼻する

頭を支えられる赤ちゃん

母乳には免疫成分が含まれ、抗炎症作用があるため、赤ちゃんの鼻にスポイトなどで母乳を垂らすのも、鼻づまりには効果的だと言われています。
水が鼻に入ると痛いですが、母乳の浸透圧は粘膜を刺激しないため、痛みが生じないとされています。

母乳には、鼻水を止める効果もあるのはすごいですよね!もちろん、搾ったばかりの母乳を使用してください。また、使用する量はごく少量(1~2滴)で十分です。母乳を垂らした後に、鼻吸いを行ってあげたら驚くほどとれたというママも多いです。

5水分をこまめに与えてあげる

鼻が詰まっていると、十分に水分を摂取できていない場合があります。そのため、鼻づまりがある時には、こまめに水分を与えてあげることも大切です。
鼻水を取ることにばかり意識がいってしまいますが、赤ちゃんの場合は、水分補給についても注意してあげなければなりません。

鼻水が出たらお肌のケアも大切

鼻水で鼻の周りの皮膚がかぶれる場合もあります。ワセリンやベビーオイルなどを薄く塗って保護してあげましょう。また、日中鼻水鼻づまりで苦しそうな時は、できるだけ縦抱きしてあげることで、赤ちゃんの呼吸が楽になります。

こんな時は耳鼻科へ行きましょう

赤ちゃんが鼻水を出したら、赤ちゃんの様子と鼻水の種類をよく観察してみましょう。
鼻水が透明でサラサラしている場合は、ほこりや気温差などの外的要因による刺激で鼻水が出てしまっていることが多いのですが、花粉症やアレルギーが原因でもこのような鼻水が出ることもあります。

また、鼻水が黄色っぽかったり、黄緑色っぽくてネバネバしている場合は、ウイルスや細菌が原因の可能性があります。
大人であれば「たかが鼻水」と放置してしまう人も少なくありませんが、長引くと中耳炎や蓄膿症を引き起こしかねないため、赤ちゃんの機嫌が悪く鼻水が続くようなら、早めに小児科や耳鼻科を受診しましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ