赤ちゃんのいびきの原因に関する記事

赤ちゃんのいびきの原因は病気?病院受診の見極めポイント

赤ちゃんのいびきの原因は病気?病院受診の見極めポイント

赤ちゃんのいびきの原因と対処法を紹介!睡眠時無呼吸症候群の可能性や受診の見極めポイントについて触れていきます。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんのいびきの原因は病気?病院受診の見極めポイント

赤ちゃんがいびきをかく原因/対処法!病院受診は?

いつもはすやすやと静かな寝息をたてている赤ちゃんが急にいびきをかき出したら、「何かの病気かも?」と心配になりますよね。赤ちゃんがいびきをかくのは、病気の他に、赤ちゃんの身体の構造上による原因なども考えられるようです。

中には受診が必要な場合もあるので、対処法と合わせて受診の目安を知っておくと安心です。
今回は赤ちゃんのいびきについて、いびきの原因/受診の目安/対処法などを詳しく解説していきますので、赤ちゃんが眠っている最中のチェックの参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんがいびきをかく主な理由

いびきは、気道に空気が通る時になんらかの理由で気道が狭くなり、粘膜が振動することで起こる現象です。
大人のいびきは慢性疾患や加齢、肥満、疲労、ストレスなど様々な原因によって起こるのですが、赤ちゃんがいびきをかくのは、大人とは違う赤ちゃん特有の原因もあるようです。

アレルギーや風邪により鼻がつまっている

泣く赤ちゃん

赤ちゃんは鼻の穴が小さく鼻の管も狭いため、大人に比べて鼻がつまりやすくなっています。そのため、ダニやハウスダストなどによるアレルギー症状の鼻炎や副鼻腔炎、風邪をひいていたりして鼻水が出ると、すぐに鼻がつまってしまいます。

赤ちゃんは元々鼻呼吸で口呼吸が苦手なため、鼻が詰まって口呼吸になるといびきをかいてしまうことがあるようです。赤ちゃんが睡眠中、急に口呼吸になっていびきをかいていたら、まずは鼻がつまっていないか確認してみましょう。「ただの鼻づまり」と楽観視していると、悪化して呼吸困難に陥る可能性もあるため、早めの対処が重要となります。

喉の構造が未熟である

赤ちゃんは鼻だけでなく、喉の構造も大人に比べて未熟です。赤ちゃんの喉の位置は大人よりも高く、舌も上の方にあります。そのため、仰向けに寝ていると気道が狭くなりやすく口呼吸をしにくいので、いびきをかきやすい構造になっています。

これらの赤ちゃん独特の鼻や喉の構造は成長とともに改善されるものなので心配はなく、特別な対処は必要ないと考えられています。

アデノイドや扁桃腺が肥大している

口を大きく開けて泣く赤ちゃん

赤ちゃんがいびきをかくのは、喉の免疫システムであるアデノイドや扁桃腺(へんとうせん)が肥大化していることも原因のひとつとして考えられます。

赤ちゃんは免疫機能が低いため、免疫システムを高めるためにアデノイドや扁桃腺が大人よりも大きくなっています。アデノイドや扁桃腺は喉や鼻の奥にあるため、組織が大きくなると気道が狭くなり、いびきの原因につながりますが、成長とともにどちらも自然に小さくなることがほとんどのため、しばらくは様子を見ることが多いようです。

赤ちゃんのいびきの見極めポイントは?

基本的にいびきの原因は赤ちゃん特有の体の作りによるもので、成長とともに改善していくため、問題がないことが大半ですが、赤ちゃんのいびきには、問題のないものと要注意のものがあります。
いびきによって隠れていた先天性の疾患や病気が発覚することも少なくありませんから、まずは眠っている赤ちゃんの様子をよく観察してみましょう。

赤ちゃんがよく眠れているかチェックしましょう

赤ちゃんのすぐ傍にいる母親

受診が必要ないびきの見極めとして、赤ちゃんがよく眠れているかが重要なチェックのポイントとなります。
毎日いびきをかいて眠る赤ちゃんでも、いびきによって睡眠が妨げられることがなく、すやすや眠れているようなら、緊急な対処は必要ないと判断されることが多いようです。

反対に、赤ちゃんが自分のいびきで夜中に何度も目を覚ますようなら、赤ちゃんの成長の妨げにもなりますから、小児科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。
授乳や夜泣きで頻回に起きる時期と重なるかもしれませんが、いびきがきっかけで何度も起きていないかチェックしてみましょう。

いびきの音に注目しましょう

いびきの音も重要なチェックポイントです。「うーん」と寝言のようにうなるものや、「くーくー」と寝息のように一定ないびきは生理的なものなので心配ありません。

しかし、「ズズッ」と鼻水をすすりあげている場合、鼻づまりが赤ちゃんのいびきの原因になっていると考えられます。鼻水が目で見て確認できなくても、奥で詰まっている可能性があります。
また、呼吸が苦しそうにゼイゼイとしているようなら、鼻の疾患ではなく、アデノイドや扁桃腺肥大が原因で気道が狭くなっている可能性があります。

いびきの音が気になる場合は、小児科や耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。いびきの音が正常かどうか分からず心配な場合は、携帯やデジカメで動画を撮って受診する際に持っていくとよいでしょう。

呼吸が止まるなら睡眠時無呼吸症候群を疑いましょう

バンザイポーズで眠る赤ちゃん

いびきをかいている赤ちゃんの呼吸が一定時間止まっている様子が見られる場合、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。
赤ちゃんが睡眠時無呼吸症候群になる原因の多くは、アデノイドや扁桃腺の肥大が原因とされています。赤ちゃんの呼吸を確認する際には耳を近づけるのもよいですが、鼻と口を塞がないようにティッシュペーパーを近づけて揺れを確認する方法もあります。

症状を放置しておくと赤ちゃんの発達に悪影響を及ぼす可能性があり、睡眠時無呼吸症候群の赤ちゃんは眠りが浅く、質の良い眠りが取れていないため、十分な睡眠時間を確保していても昼間も眠そうにぐったりしたり、ぐずったりすることが多くなります。
睡眠中に赤ちゃんのいびきが一時的に静かになって呼吸が止まっているようなら、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群の症状は?

・胸のあたりが落ちくぼんでいる
・激しく寝がえりを打つ
・日中にぼんやりしていることが多い
・呼吸がとまっていることがある

赤ちゃんのいびきにはどう対処すべき?

赤ちゃんのいびきが気になる場合にどう対処すべきなのか、鼻づまり・喉の構造・アデノイド・扁桃腺肥大の原因別に、それぞれの対処法をまとめました。

鼻づまりの場合

赤ちゃんの鼻に鼻水吸い取り器

鼻づまりがいびきの原因になっている場合は、鼻水をこまめに取り除いてあげることが大切です。熱すぎない蒸しタオルを鼻の上に置いてあげると、蒸気で赤ちゃんの鼻が通りやすくなるのでおすすめです。
また、赤ちゃんは自分で鼻がかめませんので、自宅で使える市販の鼻水吸引機を活用するとよいでしょう。

透明でさらさらな鼻水が続く場合は、アレルギー症状による鼻水の可能性があるため、アレルギーの原因を特定して取り除く必要があります。

喉の構造によるものの場合

赤ちゃんは喉の位置が大人よりも高く、舌も上の方にあります。そのため、睡眠中に下あごが下がって気道が狭くなりやすく、いびきをかきやすいのです。こうした喉の構造は成長とともに自然に正常な位置に変わるので心配はいりません。

体勢や頭の位置で舌が喉の方に落ちないようにすると、いびきの発生を防ぐことができるので、対処法としては頭が沈まない寝具にチェンジしたり、赤ちゃんを横向きに寝かせたりするという方法がおすすめです。
また、寝返りができない赤ちゃんを横向きに寝かせる場合には、クッションを挟むなどして、うつぶせにならないように気をつけてくださいね。

アデノイド・扁桃腺肥大の場合

アデノイドや扁桃腺肥大によるいびきの場合、成長とともにどちらも小さくなり影響を及ぼさなくなると言われています。
ただ、睡眠時無呼吸症候群を起こしていたり、扁桃腺肥大によって高熱を繰り返していたりと、成長を待つ間に赤ちゃんにとって悪影響になりかねない場合は、手術によってアデノイドと扁桃腺を取り除くケースもあります。

成長を待つのがよいのか、早急に取り除く必要があるのかについては、医師による診療が必要です。赤ちゃんの様子で気になることがある場合は、普段からかかりつけ医に相談するようにしましょう。

いびきの原因は様々!異常が見られるなら早めの対処を

赤ちゃんのいびきは小児科でも診てもらえますが、いびきの専門は耳鼻咽喉科です。赤ちゃんはいびきがなくても鼻づまりを起こしやすいので、かかりつけの耳鼻咽喉科があると安心ですね。

いびきの原因は赤ちゃんによって様々で、鼻水をこまめに吸引したり、体勢を変えたりすることでいびきが収まることもありますが、いびきの症状が続くとなると、ママとしてはやっぱり心配になりますよね。
「いつもと違う」「なんとなくおかしい気がする」というママの直感で、いち早く病気に気付くこともあります。赤ちゃんのいびきで少しでも異常に気付いたら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪