カウプ指数の計算式に関する記事

カウプ指数とは?乳幼児の肥満や痩せすぎを計算式で確認!

カウプ指数とは?乳幼児の肥満や痩せすぎを計算式で確認!

カウプ指数で赤ちゃんや幼児の発育具合がわかります。ただし、カウプ指数での判定にはデメリットもあるので、あくまで目安の一つ。カウプ指数の計算式や基準値の見方、正常値にあてはまらない時に考えられる原因を紹介。継続的に成長曲線も記しましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  カウプ指数とは?乳幼児の肥満や痩せすぎを計算式で確認!

カウプ指数とは?生後3ヶ月~5歳の肥満や痩せすぎを測る計算式

子供の発育の様子って気になりますよね。他の子と比べる必要はないとは頭でわかっていても、ついつい見比べて不安になってしまうママ・パパも多いのでは?

うちの子、食も細いし痩せすぎかも…
他の子と比べてムチムチしすぎな気がする。肥満になったらどうしよう…

乳幼児期の栄養状態は心身の発達に大きく影響しますから、今現在のお子さんの体型を見て、ミルクやご飯の量に対して不安を感じるかもしれません。

乳幼児の発育の指標のひとつのカウプ指数というものがあります。あくまで目安にすぎませんが、気になる方は一度計算してみましょう。カウプ指数の意味や結果の捉え方、痩せすぎや太りすぎの原因をまとめました。

カウプ指数とは?

カウプ指数とは、生後3ヶ月~5歳の乳幼児の身長と体重のバランスを計算し、痩せているか太っているか判断の目安になる指標のことです。

BMIという成人向けの身長と体重のバランス指標はご存知かと思います。カウプ指数とは、簡単に言うと乳幼児向けのBMIだと理解してもいいでしょう。ただし、カウプ指数は、大人向けのBMIとは計算方法や基準値が異なっています。

カウプ指数のメリット&デメリット

カウプ指数のメリットとデメリットのイラスト

厚生労働省の関連機関である国立保健医療科学院が公開した乳幼児身体発育評価マニュアルには、カウプ指数(BMI)のメリットとデメリットについても述べられています(注1)。

簡単にまとめると、カウプ指数のメリットとしては、簡単な計算式で乳幼児の標準的な成長を確認できる手軽さ、デメリットとしては、あくまで現時点の数値を示すだけなので、継続した成長の指標にならないことが挙げられています。

カウプ指数のメリット

  • 簡単な計算式で乳幼児の標準的な成長を知ることができる
  • 身長の高い・低いで、体重の評価に誤りが生じない

カウプ指数のデメリット

  • カウプ指数の評価は計測時限定のもので、乳幼児の身長・体重は月齢で大きく異なる
  • 継続した成長を知るためには、パーセンタイル曲線が必要

カウプ指数の計算式

カウプ指数の求め方は以下のようになります。
カウプ指数=体重(kg)÷{身長(cm)×身長(cm)}×104

こちらに現在のお子さんの情報を入力してみてください。簡単にカウプ指数を求めることができます。

※小数点第1位まで入力

乳幼児のカウプ指数

計算結果の見方と判定の基準値をご紹介します。

カウプ指数の判定結果

22以上 : 太りすぎ
22未満~19以上 : 太り気味
19未満~15以上 : 正常
15未満~13以上 : やせている
13未満 : やせすぎ

デメリットとしても挙げたように、カウプ指数はあくまで現時点での数値にすぎません。今の結果に一喜一憂するのではなく、赤ちゃんや幼児の成長は継続的に見ていく必要があります。

赤ちゃんや乳幼児が太り気味、太りすぎになる原因

カウプ指数で19以上の結果となった場合、身長に対して体重が重いことを意味しています。このまま肥満になったらどうしようと悩む方もいらっしゃるでしょう。

カウプ指数の判定で「太り気味」や「太りすぎ」の判定がでた場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

原因1:筋肉や骨が発達している

カウプ指数は体重と身長の比較です。ですから、筋肉や骨格が発達しているお子さんの場合は太っているわけではないのに正常値を逸脱してしまうことがあります。

原因2:月齢によるもの

特に、ハイハイや歩きはじめ前の赤ちゃんに見られる原因です。カウプ指数は生後3カ月から測定可能ですが、3カ月ごろはまだ身体的な活動量は多くありません。生後半年ごろまでは筋肉や骨格を作っていく時期です。

赤ちゃんは、身長の伸びと比較すると、体重の伸び率がどうしても大きくなりがち。ハイハイやつかまり立ちなどで活動量が増えてくると自然と数値が下がってくるケースがほとんどです。

原因3:栄養の摂り過ぎ

赤ちゃんを抱っこするママのイラスト

ミルクや母乳など、栄養の摂りすぎで赤ちゃんが太ってしまうこともあります。母乳の場合は、あまり心配する必要はありませんが、ミルク育児中の方は、分量や授乳の感覚が規定通りか再確認してみましょう。「泣く=おっぱいやミルク」とは限りませんから、抱っこや外を見せるなど、赤ちゃんが泣いたときのあやし方のバリエーションを少しずつ増やせるといいです。

また、生後6ヶ月くらいから離乳食を開始すると、離乳食と母乳・ミルクをバランスよくあげる必要があります。離乳食はその日によって食べる量が違いますから、食事の様子を見ながら哺乳量を調整していきましょう。

赤ちゃんは、月齢によって必要なカロリーが異なります。厚生労働省の乳児の食事摂取基準のカロリー(注2)を参考に作成した下記の表も参考にしてください。


月齢
男児
エネルギー(kcal)
女児
エネルギー(kcal)
生後0~5 550 500
生後6~8 650 600
生後9~11 700 650
乳幼児にとってのおやつの意味
バナナを食べる乳幼児

大人にとってのおやつは、精神的な栄養、簡単にいうと息抜きやリフレッシュという意味合いも大きいですが、乳幼児にとって、おやつは体の栄養としての機能も十分に果たしています。乳幼児にとっては、おやつも食事のひとつです。

まだ、胃袋が小さく、消化・吸収機能が未熟な乳幼児は、3度の食事だけでは1日に必要な栄養素が摂れないこともありますので、おやつを与えることは悪いことではありません。注意が必要なのは量と内容です。

まだ断乳・卒乳前の1歳未満の赤ちゃんには、おやつは絶対必要なものではありません。おやつを食べて、離乳食が食べられなくなるなら、おやつは与えない方がいいです。離乳食に影響しないなら、1日20カロリー程度に抑えて、果物や野菜を食べさせてあげましょう。

1~2歳児が1日に必要なエネルギーは、900~950キロカロリー(注3)。おやつは、1日の摂取カロリーの10~15パーセントを目安にしますので、100~150キロカロリーを超えない程度が目安です。午前と午後の2回に分けて与えてもいいでしょう。

3歳~5歳児はの1日に必要なエネルギーは1250~1300キロカロリー(注4)ですので、おやつは130~200キロカロリーを超えない程度におにぎりなどの炭水化物やイモ類、チーズなどの乳製品もおやつとして与えて大丈夫です。必要エネルギーは運動量にも左右されますので、よく動く子には腹持ちの良いものを食べさせるように意識してみてください。

赤ちゃんや乳幼児がやせ気味、やせ過ぎになる原因

太りすぎも気になりますが、カウプ指数が痩せている、痩せすぎの判定を示した時も不安になりますよね。母乳や食事量が足りないのか気かがりですし、幼児のお子さんの場合、偏食や好き嫌いなどの悩みもあるでしょう。

カウプ指数で、「やせている」「やせすぎ」の判定が出たときに考えられる原因とはなんでしょう?

原因1:身長の伸びが大きい

乳幼児には身長が大きく伸びる時期と体重が増える時期にズレがあります。ですから、今はたまたま身長が伸びている時期であることも考えられます。カウプ指数は、今現在の結果だけで判断するのではなく、長い目で経過を追うことも大切です。

パパやママの背が高い場合、遺伝的な要素からお子さんも高身長になることも考えられますよね。体重は十分あるとしても、身長が高いためにやせの判定が出てしまうケースもあるのです。体重が右肩上がりに増えているならば、心配する必要はありません。

原因2:その子の生まれ持った体質

元気な赤ちゃん

骨格や太りやすさには大人も当然ですが、赤ちゃんや幼児も個人差があります。 骨格や内臓の大きさ、筋肉の付き具合、脂肪の付き方にも個人差がありますし、乳幼児はまだまだ発達途上です。

食事が取れていて、毎日機嫌よく過ごせているなら、それがその子の体質なのです。ですから、無理にミルクや食事量を増やさなくても大丈夫です。活発に動き回れるようになると筋肉や骨密度が増えますから、自然と体重にも反映されてきます。

原因3:母乳やミルク・食事が足りていない

痩せている原因が栄養不足の場合、心身の発育に大きな問題を生じる可能性が高いため、早急な対応が必要です。

母乳育児にこだわりすぎていたり、赤ちゃんがおっぱいを上手く吸えなかったり、先天性の疾患を抱えているケースなどが考えられます。この場合は医師や保健師と連携しながら対応する必要があります。

うんちやおしっこの量は十分にありますか?授乳直後でも機嫌が悪い、身体的な発達が遅いなどの場合は栄養不足が考えられますから、一度専門家に相談してみましょう。

母子手帳の成長曲線も参考にしよう!

カウプ指数のデメリットとして、今現在の数値でしか判断できないという点があげられます。子供の成長発達には個人差がありますから、たまたま今体重と身長のバランスがずれているだけかもしれませんよね。カウプ指数と並んで、母子手帳に記載されている成長曲線も必ず参考にしましょう。

成長曲線とは、年齢(月齢)に応じた身長や体重・頭囲や胸囲を項目ごとに判定できるグラフです。成長曲線グラフの幅の範囲内であれば発育上は問題ありません。仮に成長曲線の範囲から逸脱していたとしても、成長曲線のカーブに沿っていればそれほど問題視する必要はないのです。

ローレル指数とBMIも知っておこう

カウプ指数は小学校入学前の乳幼児を対象とする指数です。それ以降の学童期(小学生)ではローレル指数を使用します。中学生以降は大人と同様にBMIを用いて問題ないでしょう。

ローレル指数とは

ローレル指数とは小学生の発育状態や体重の指標のひとつです。カウプ指数やBMIとは計算方法や判定基準が異なっています。また、カウプ指数同様にその数値のみにとらわれるのではなく、長期的な経過や身長・体重以外の身体的発達も併せて健康状態を判断するようにしてください。

ローレル指数の計算式

ローレル指数は以下の計算方法で求めることができます。

ローレル指数={体重(kg)÷{身長(cm)3}×107

※小数点第1位まで入力

ローレル指数

計算結果の見方と判定基準をご紹介します。

ローレル指数の判定結果

160以上 : 肥満
160未満~145以上 : 肥満気味
145未満~115以上 : 正常
115未満~100以上 : やせ気味
100未満 : やせすぎ

繰り返しますが、この結果はあくまで身長と体重からのみ算出しています。肥満・やせているかどうかは他の身体的な条件も加味して判断するようにしましょう。

BMIとは

BMIとは主に中高生~成人向けの身長と体重のバランスの指標です。こちらも体重のみが計算項目となっていますね。

ですが、肥満かどうかの判断に重要なのは体脂肪率です。BMIが低いからと言って肥満ではないとも言い切れず、高いからと言って肥満であると結論付けることはできません。あくまで目安に過ぎないことは忘れないようにしてください。

BMIの計算式

BMIは以下の計算方法で求めることができます。

BMI= 体重(kg)÷身長(m)2

身長をcmで計算する場合には同じ計算ですが単位合わせが必要です。
BMI= 体重(kg)÷身長(cm)2÷10000

※小数点第1位まで入力

BMI

計算結果の見方と判定基準をご紹介します。

BMIの判定結果

40以上 : 肥満(4度)
40未満~35以上 : 肥満(3度)
35未満~30以上 : 肥満(2度)
30未満~25以上 : 肥満(1度)
25未満~18.5以上 : 正常
18.5未満 : やせている

BMIの理想値は22と言われています。ですが理想値は年齢や性別によって異なってきますので、およその参考としてください。

数値に振り回されないで!カウプ指数などの評価はあくまでも目安の一つ!

月齢や年齢に合わせた子供の発達指標をご紹介してきました。何度も繰り返しになりますが、この判定だけが絶対ではありません。現在の結果のみを見て一喜一憂する必要はありません。長期的な視点での変化の程度や、お子さんの身長・体重以外の発育もみていくことが重要です。

発達や体格には個人差がありますから、一時的に正常値から逸脱してしまうことは異常でも何でもありません。ムチムチだった赤ちゃんが歩くようになったらスマートな体つきになった、痩せ気味だった幼児が小学校に入ったらがっちり体型なったなど、子供の体型変化はよく見られることなのです。

特に初めてのお子さんですとついつい基準値に対して神経質になりがちですが、子供自身が毎日元気に機嫌よく過ごしているならば、それがその子の成長のペースなのです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!