鼻水吸引器は電動?手動?に関する記事

鼻水吸引器のおすすめ商品で赤ちゃんの鼻水はスッキリ解消

鼻水吸引器のおすすめ商品で赤ちゃんの鼻水はスッキリ解消

赤ちゃんに鼻水を上手にとってくれる鼻水吸引器の使い方&おすすめの鼻水吸引器。そして、鼻水の「色」や「種類」での健康の見分け方を紹介。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  鼻水吸引器のおすすめ商品で赤ちゃんの鼻水はスッキリ解消

はじめてでも上手にできる鼻水吸引器の使い方のコツ!

子育てをしているママだったら、ちょっとした事であっても気になってしまうのが「赤ちゃんの体調の変化」ですよね。大人にとっては、気にならない程度の気温の変化であっても、その変化だけで赤ちゃんの体調が変わってしまって、鼻が急にグズついてしまって鼻水が出てしまったり、鼻づまりがおこってしまうこともあります。

母親にティッシュで鼻をかませてもらってる子供

大人なら自分の意思で鼻をかむことができますが、赤ちゃんはまだ自分の力では、鼻をかむことができません。ママが、赤ちゃんの鼻水を何度もティッシュでふき取っても、鼻の外に出てくる鼻水しか取れなかったりします。

無理に奥の方にもたまっている鼻水をとろうとしても、赤ちゃんの皮膚は繊細ですので、ティッシュを奥に入れようとすると、その繊細な部分がこすれて鼻の内側の皮膚を痛めてしまうこともあります。

けれど、たまっている鼻水をとってあげないと、鼻水のたまりすぎが原因で病気になってしまうこともあったりします。

以上の事をふまえると、ママが赤ちゃんの鼻水を最適な方法で、しっかり取り除いてあげることって大切ですよね。けれど、その方法はどうしたらいいの?

その一つの解決法としては、赤ちゃん用の鼻水専用の機器「鼻水吸引器」を使うことです。その機器を使うことで、赤ちゃんの鼻水をしっかり取り除くことができます。

今回は、その鼻水吸引器の使い方と、おすすめの鼻水吸引器などを紹介していきます。

鼻水吸引器を使ってママが上手に赤ちゃんの鼻水をとる方法!

赤ちゃんの鼻水を吸引器で上手にとるには、鼻水を吸引しやすいタイミングに合わせて、鼻水吸引器を使用することが大切です。

そのためのコツと手順を紹介しますね。

鼻水吸引をするタイミング

沐浴してる赤ちゃんのイラスト

赤ちゃんの鼻水を吸引しやすいタイミングは、赤ちゃんがお風呂から出た後や、温かい物を食べた後や、温かいモノを飲んだ後が良いですね。

大人でもそうですが、お風呂に入った時や、温かい物を食べた時などは、鼻水がよくわからないけど出てきますよね。赤ちゃんも同じで、温かい空気を吸い込んだ後には、その温かい空気をそのまま肺に送って、肺を刺激させないために、鼻水を出してその温かい空気を冷やそうとうする体の機能が働いてしまうため、鼻水が出てしまいます。そのタイミングを、狙って鼻水を吸引してあげましょう!

鼻水が奥の方で固まっている場合には、鼻水吸引器をつかってもうまく「吸引」することはできません。そんな時は、ママでも作れる点鼻薬を赤ちゃんの鼻に入れてみるのもよいですよ。

固まった鼻水を出やすくする、ママでもできる点鼻薬の作り方

点鼻薬の材料

  • 重層:2.5g
  • 食塩:5g
  • ペットボトル:500ml
  • 水:500ml

点鼻薬の材料を、ペットボトルなどの容器の中に入れて混ぜ合わせた、ママのお手製・点鼻薬を、スポイトなどを利用して2~3滴赤ちゃんの鼻の穴に入れてみましょう。そうすると、固まった鼻水が少しずつ柔らかくなっていきます。

もしも、1回のチャレンジでその効果があらわれなかったら、少し時間をおいてから、2、3回繰り返してください。すると、しつこく固まっていた鼻水も柔らかくすることができます。

ママお手製・点鼻薬は、冷蔵庫に入れておくと1か月程保存できますよ。

鼻水吸引器を使う手順

1 赤ちゃんの頭が動かないように、固定しよう

ミルクをあげるときのように、腕で赤ちゃんの頭をかかえます。ママのぬくもりのある腕の中で包まれると赤ちゃんも安心して、動かなくなりますよ。

また、赤ちゃんを床などに寝かせて、ママの両膝の間で赤ちゃんの頭を挟みこむ方法でも、姿勢が安定して赤ちゃんの頭が安全に固定されます。

2 鼻水吸引器のノズルを鼻の穴につけ吸引します
鼻水吸引器の先端部分

吸引器のノズルは、鼻の穴との隙間をできるだけ残さないような感覚でピッタリと入れてから、焦らずでもいいので「ママが使いやすい鼻水吸引器を」使って吸引しましょう

もしも、両方の鼻の穴がつまっている時に、吸引器の設定を強めて使用してしまうと、耳管と呼ばれ体の中の通り道でつながりあっている「鼻」から吸引された空気の流れが、「耳」にも影響してしまって、赤ちゃんの耳にも負担がかかってしまう事があります。

そんな心配があったら、赤ちゃんの状態をみながら、無理に鼻水を全部取ろうとせずに「弱い力・短時間」で、吸引するようにしましょう。

3 吸引はノズルの角度を変えながら

鼻水が鼻の中のどこにたまっているかわからない場合には、そのノズルの角度をかえながら「鼻水のすみか」を探って、その場所を特定できたら、ピンポイントで吸引しましょう。

赤ちゃんにおすすめの鼻水吸引器!

鼻水吸引器といっても、病院で使っているような本格的な機器から、家庭でも利用しやすいような手軽なものまで様々な種類があります。

それでは、ママさん達の口コミから広まっていき、話題を集めた鼻水吸引器をいくつか紹介していきますね!どんな鼻水吸引器を買おうか迷っているママさんは、ぜひ商品を比較してみて、ご購入の参考にしてくださいね。

スマイルキュート

スマイルキュート

興新工業

14,630円 + 税(楽天価格)

ACアダプター、充電器、カーバッテリーの3電源に対応しているので、場所を選ばずに使用できて何かと便利です。また、EMC規格にも適合している安心・安全な電動吸引器です。鼻の穴にあてる先端部は、「ロング」「極小」などの3種類ありますので、赤ちゃんの鼻水の状況に応じて取り替えることもできます。

http://www.koushin-net.com/seihin/smile/cute.htm

メルシーポット S-502

メルシーポット

シースター

14,630円 + 税(楽天価格)

吸引力の3段階の調整を、ダイヤルを回すだけの簡単操作で出来てしまいます。そんな操作を赤ちゃんの鼻水の状態に合わせて利用することが出来ます。鼻の中に入れるノズルは柔らかシリコン素材なので、鼻の粘膜を傷つける心配はありません。本格的に吸引できるのに、造りがシンプルで使いやすく、お手入れもしやすい魅力的な電動「鼻水吸引器」です。

http://www.seastar.co.jp/products/babysmile/mercipot.html

ベビースマイル S-302

ベビースマイル

シースター

4,612円 + 税 (楽天価格)

電池式のコンパクトな作りの電動吸引器のため、バッグの中に入れて手軽に持ち運べます。吸引はボタン一つの簡単操作!片手のみで鼻水を吸引できるため、赤ちゃんを抱き抱えた姿勢でも、吸引することが可能です。また鼻の中に入れるシリコンノズルなどの取り外しや、お手入れも簡単です。

http://www.seastar.co.jp/products/babysmile/babysmile.html

ママ鼻水トッテ

ママ鼻水トッテ

丹平製薬

980円 + 税

耳鼻科の先生が考えて作られた「ママ鼻水トッテ」は、柔らかくて丸くなっている方を、赤ちゃんの鼻の中に入れて、もう一方のチューブをママの口の中に入れて、吸引をします。吸引力の調整はママの力加減で可能です。吸い取った鼻水は、ボトルの中にたまり、ママの口の中に入ったり、赤ちゃんの鼻に戻ることはありません。また、サイズが小さいので、外出先にも手軽に持っていけます。

https://www.tampei.co.jp/products/MH/

鼻水キュートル

鼻水キュートル

チュチュベビー

1,000円 + 税

お値段もリーズナブルな、ママの手でポンプを「押したり・戻したり」して空気を出し入れするタイプの吸引器です。鼻水の逆流を防ぐ弁も内部に含まれていて安心ですし、スポイトの先端にはキャップがついているので、衛生的でお出かけにも便利です。また、分解や取り付けも簡単なので、お手入れも楽々に出来ます。

http://chuchubaby.jp/products/care/runny-nose-absorbs/

放置すると怖い!鼻水が病気の原因に!

たかが鼻水と思っていて、何日も鼻水がたまっている状態なのに、それを放置してしまったら、その事が原因で病気になってしまうこともあります。

ママがコマメに赤ちゃんの鼻水をとってあげることが、鼻水が原因で引き起こってしまう病気の一番の予防策になります。最初は、鼻水をとることに慣れずに不安があるかもしれませんが、わが子の事を想うママの気持ちがあれば、すぐに上達していきます!

「鼻水がたまると、どんな病気になってしまうの?」と、思っているママさんもいらっしゃるはずなので、それらを紹介します。また、鼻水の種類によっては、病院に行く必要もでてきますので、その「色」や「状態」の目安を覚えておきましょう。

鼻水がたまると、どんな病気になるのでしょうか?!

耳鼻科で診察を受けてる鼻水が出てる赤ちゃん

赤ちゃんは、鼻水がたまると、中耳炎になりやすくなってしまいます。

その原因には、「鼻」と「耳」との結びつきが関わっていて。鼻と耳は、耳管という体の中のトンネルでつながっていますが、赤ちゃんの耳管は、大人に比べて短くて太く、角度が水平に近いため、細菌もそのトンネルを移動しやすい構造になっています。

耳の奥には、中耳という通路があり、そこも耳管とつながっていて、鼻から入ってきた空気が出入りできる仕組みになっています。そのため、鼻水がたまると中耳にも鼻水内の細菌が侵入し、炎症を起こして、中耳炎になってしまいます。

赤ちゃんが、耳を良く触り、機嫌が悪い状態が続いていたら、中耳炎になっていることが考えられます

赤ちゃんが生まれてから小学校に入学するまでの数年間の期間では、ほとんどの子どもは1度は中耳炎になるといわれていますので、その疑いがあっても、焦らずに耳鼻科を受診してみましょう。

鼻水の状態で知る!赤ちゃんの症状

たかが鼻水とはいっても、その「色」や「状態」で、症状は全く異なります。それらの種類を前もって知っていると、いざというときに役に立ちますので、病院へ連れて行くための一つの目安として、鼻水の「色」や「状態」を確認しておきましょう。

透明でサラサラとした鼻水

鼻水が垂れてる赤ちゃん

温度の変化や身の回りの環境が原因で、透明な水のような鼻水が出てしまうことがあります。
水のような鼻水は、鼻の中に入り込んだ異物を、鼻の外に流そうとしている作用ですので、アレルギーの可能性があります。

また、風邪の初期症状の場合も考えられて、とりあえずは様子をみながら、鼻水以外の咳や発熱がみられたら、小児科を受診すると安心できますよね。

白色で粘り気がある鼻水

白っぽくて粘り気がある鼻水が出ている場合は、風邪のひきはじめの可能性があります。
鼻の中から侵入してしまった「細菌」や「ウィルス」に対しては、体の中では免疫機能が働きます。そうなると、侵入した「ウィルス」などを退治するために、体の中で白血球をなどが働き、戦いを挑みます。その戦いの結果、役割をおえた白血球とともに、ウィルスの残がいが、鼻水に混じりあったことが原因となり、白色で粘り気がある鼻水となります。

そういった種類の鼻水以外にも、下痢や吐いてしまうなどの症状もみられたら、早めに小児科を受診しましょう。

黄色や緑色のドロドロの鼻水

ママも風邪をひいてしまった時には、ティシュでくるんだ事があると思いますが、黄色の鼻水は、風邪の治りかけによく出てきます。体の免疫機能が働いて「ウィルス」や「細菌」をやっつけてくれた時に、その役目をおえた白血球などの免疫物質やウィルスの残がいなどが、鼻水に混じることが原因ななり、鼻水が黄色くなってしまいます。

白色で粘り気のある鼻水の時と、原理はほとんど同じですが、鼻水に含まれる「白血球」や「ウィルスの残がい」の量が多いと、白色から黄色へと鼻水の色などが変化してしまいます。

小児科医の成相昭吉氏の研究報告によると、乳幼児がかかる急性副鼻腔炎のほとんどは、ウィルスに感染したことが影響していて、小児科医が急性副鼻腔炎かどうかを、診察する際には、鼻水が黄色や緑色かどうかで判断するケースが多いそうです。

黄色い鼻水や緑色の鼻水が続いてしまう場合には、急性副鼻腔炎(ふくびくうえん)の可能性があります。その症状は、鼻の周辺にある、副鼻腔内に鼻水がたまって炎症が起きたり、いびきをかいたり、
喉が痛くなったりします。

もしも、お子さんの鼻水の色が緑色だったりして、いびきもかいていたり、喉も痛そうにしていたら、確認の為に耳鼻科や小児科を受診してみましょう。

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりには、ママが気を付けてあげてね!

赤ちゃんは、ちょっとした気温の変化などでも、鼻水がでます。大人の感覚からしたら「たかが鼻水」ですが、体が成長しきってはいない赤ちゃんだと、鼻水が原因で中耳炎などの病気になってしまうこともあります。

赤ちゃんは、基本的には鼻呼吸が中心ですので、鼻水がたまったりそれが固まったりして、鼻がつまってしまうと、呼吸をするのにも一苦労してしまいます。また、鼻づまりが原因で寝れないこともありますから、そういう時には、蒸しタオルで鼻を温めたりして、鼻づまりの原因となっているモノを鼻からとってあげましょう。

ママにとっては、かけがえのないわが子の鼻の中に鼻水がつまっていたら、鼻水が原因で苦しんだりしないように、ママは使いやすい鼻水吸引器を利用して、しっかりと鼻水対策をしてあげましょう!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪