新生児の便秘と臭いおならに関する記事

新生児が便秘で臭いおならだけ出るなら母乳と解消法見直して

新生児が便秘で臭いおならだけ出るなら母乳と解消法見直して

新生児は便秘になりやすく、臭いおならだけが出るのにうんちが出ないこともよくあります。その臭いおならと便秘の解消法を説明します

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児が便秘で臭いおならだけ出るなら母乳と解消法見直して

新生児の平均的な排便回数・臭いおならの匂いから便秘かどうかを見極めよう!

新生児は、体の向きを自分で変えたり、歩いたり立ったりすることができませんので、どうしても運動不足になります。そのため、便秘になりやすく、おならは出るのにうんちが出ないことも少なくありません。

新生児の便秘がどの程度なのか、おならの様子から赤ちゃんの体調・おなかの具合を見分ける方法について見ていきましょう。また、母乳と便秘との関係性や新生児の便秘と臭いおならの対処法も紹介します!

生後3~4週間後には排便回数が減ってくる

新生児のおむつを替える

「生まれてすぐのころは、ミルクや母乳を飲む度にうんちが出ていたのに、1日に数回しか出ない・・・」というような状況が、早い赤ちゃんの場合だと生後3週間ごろから始まり、ほとんどの赤ちゃんでは、生後1カ月後から見られるようになってきます。

だんだんうんちの回数が減ってくると心配になって、「もしかして便秘かしら?」と悩んでしまうことがよくありますが、これは正常な発育過程の一つなので心配する必要なんてありません。

生まれてすぐのころは自力でうんちを出さずに『胃結腸反射』と呼ばれる、胃に食べ物が入るとすぐに直腸が反応して排便運動する仕組みが備わっていたために、母乳を飲む度にうんちが出ていたのですが、『胃結腸反射』は生後1カ月前後からだんだん弱まってくると、赤ちゃんは自力でうんちを出さなくてはならなくなるのです。

1日に数回、場合によっては数日に1回しかうんちが出ていなくても、赤ちゃんが機嫌よく過ごしていて、なおかつおなかを触ってみても、強く張っていないのであれば心配することはありません

1週間以上出ないときや他の症状があるときは病院へ

新生児にも個人差があって、自力でうんちを出すコツを上手につかめず、3~5日に1回くらいのペースでしかうんちをだせない新生児もいます。それでも苦しそうな表情をしていなければ、まだうんちの仕方のコツをつかめていないだけなので、安心して見守って下さい。

けれど、1週間以上うんちが出ていないときや、嘔吐などの症状が見られるときには注意が必要で、その原因を医師に見つけてもらうために、小児科を受診してみましよう。

便秘と臭いおならの解消の関係 & その対処法

自宅でもできる便秘の対処法をこれから紹介します!便秘中の新生児の状態にあった対処法を試してみても、新生児の便秘が改善されない時には、小児科を受診しましょう。

新生児の便秘と臭いおならの関係

便秘でおなかにたまった老廃物を外に出せない、その時間が長ければ長いほど、おならの臭い匂いの原因である腸内異常発酵が、進んでしまい腸内ガスがたまってしまいます。便秘状態のおならと通常時のおならを比較すれば、腸内異常発酵が進んでいる便秘状態のおならの方が臭くなってしまいます。

その体のメカニズムは大人も新生児も同じで、新生児のおならの匂いが臭いということは便秘である可能性が高いと言えます。

新生児の便秘と臭いおならの対処法

新生児の便秘を解消してあげると、同時に関連している臭いおならの匂いも解消できるはずです。その便秘&臭いおならの対処法を紹介します。

マッサージをしてあげよう

赤ちゃんのお腹をマッサージする女性の手

新生児は腸の働きが弱いため便秘になりやすいので、マッサージをすることで、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促すことができ、便秘解消が望めます。マッサージは簡単で、赤ちゃんのお腹を「の」の字を書くように、なでてあげるだけです。他にも運動不足解消のための自転車こぎ体操なども効果的です。

綿棒浣腸をしてあげよう

「おならだけでウンチでないな…」という時には、綿棒を使って赤ちゃんのおしりの穴を直接刺激してあげるのもおすすめ。「いつも綿棒でおしりの穴を刺激していると、くせになってしまうのでは・・・?」と心配されるお母さんもいらっしゃいますが、薬とは異なり直腸を直接刺激して自然な排便を促す行為ですので、くせになってしまうことや、おしりの穴を刺激しないとうんちが出ないようになってしまうことは決してありません。安心して、おしりに刺激を与えてあげて下さいね。

綿棒にベビーオイルを塗ってあげると、滑りがよくなるとともに痛みを和らげる効果もあります。

砂糖水をあげよう

おならの臭いがかなり強い場合は、腸に便がたまりすぎて硬くなっていることが考えられます。マッサージや綿棒浣腸でも良いのですが、まずうんちを軟らかくしてあげないと、排便時に痛みを感じてしまうかもしれません。

もちろん、小児科を受診して新生児用の便秘薬(水に数滴混ぜて、飲ませるタイプのものを処方されることが多いです)を投薬してもらうこともできますが、なるべく薬は飲ませたくないというお母さんも多いのではないでしょうか?

そのようなときは、砂糖水を飲ませてあげましょう。砂糖水が腸内を通過する際に、その水分濃度をうすめようと腸内の細胞から水分が放出されるので、その水分によって便を軟らかくすることができます。砂糖水の濃度は、5%の濃さが新生児にベストと言われていますので、きちんと測って適量飲ませてみるのはいかがでしょうか。

粉ミルクの量を守ろう

軽量カップと匙

新生児に適量をこえた量の粉ミルクを与えてしまうことも、便秘になってしまう理由の一つとして考えられます。新生児に多く与えてしまった、粉ミルクに含まれているカルシウムの筋収縮作用の影響が強まり、胃や腸の蠕動運動が妨げられて便秘の原因ともなります。新生児にあった粉ミルクの量を与えてあげましょう!

切れ痔を直そう

新生児の皮膚は柔らかくて、肛門周辺の皮膚も柔らかいので、固いうんちをしてしまうと切れ痔になることも。いったん切れ痔になってしまうと、うんちをするたびにそこに痛みが生じてしまい「その痛み」を嫌って、排便するのを我慢してしまいひどい便秘になってしまいます。

切れ痔の痛みを嫌い便秘になっている場合は、新生児の切れ痔を直してあげる必要があります。その判断をするために肛門周辺をみてあげたりしてあげましょう。新生児が切れ痔だった場合の対処法は、肛門にベビーオイルや軟膏を塗ってあげましょう!

母乳の量や成分が便秘と臭いおならの原因になることも

母乳を飲んでいると、便秘になりにくくおならも臭くなりにくいと言われています。母乳にはオリゴ糖が含まれていますので、その作用により腸内環境を良好に整え、結果として便秘になりにくく、ガスや老廃物もスムーズに排出されるので、おならも臭くはなりにくいようです。

新生児にとっては、「大事な栄養源」でもあり「便秘にならないための効果」まである母乳はただ与えているだけではいけません。新生児が「きちんと母乳を飲んでいるのか?」や、新生児に与えている「母乳の質は良いのか?」を日頃から意識する必要があります。

母乳の量を増やしてあげて便秘&臭いおなら解消

授乳する母親

目盛りが付けられている哺乳瓶で与えるミルクと比べると、母乳は飲んだ量が分かりにくいので、自分では十分な母乳を与えているつもりでも、知らず知らずにその量が不足していることもあります。
また、新生児が母乳を飲むのがまだまだ不慣れなために、こぼしながら飲むことも母乳の量が不足してしまうことにつながります。

母乳の量が足りないということは、オリゴ糖不足でもあり母乳の成分には水分も多く含まれていて、水分の不足にもつながります。新生児の体内に水分が不足してしまうことも、便秘の原因の一つです
体内から水分が不足してしまうと、外に出す水分量が制限されてしまうので、柔らかくて排便する予定であったうんちからも、水分が奪われてしまって堅いうんちとなってしまい、排便作用がスムーズに行われずに便秘になってしまいます。

新生児の便秘解消と臭いおならをなくすためには、その効果がある「オリゴ糖」と「水分」がともに含まれている母乳の量を増やしてあげる必要があります。そのためには、新生児が母乳をこぼさずにきちん飲めているかをチェックしてあげたり、母乳が出にくいときに備えてあらかじめ母乳を保存しておいて、必要なときに飲ませてあげれば、新生児に与える母乳の量を増やすことができ、便秘とおならの臭いが解消されます。

母乳の質を良くして便秘&臭いおなら解消

母乳の質が低下することで、新生児の便秘を招くこともあります。大人も食生活で野菜や果物や乳製品をとらずに、肉ばかりの偏った食生活だと便秘になってしまいますよね。ママがそういう偏った食生活をしていると、母乳にはママが食べた便秘になりやすい物の成分も含まれてしまいます。新生児の栄養は、母乳を飲むことで補われているために、新生児はその母乳の成分によって影響をうけてしまって、便秘につながりやすい成分が母乳の中に含まれていれば、便秘になりやすくなってしまいます。

母乳を与えているママが便秘になりにくい食生活をしていれば、新生児の便秘も解消されていきます。

新生児の臭いおならは便秘のサイン!気づいてあげて同時の解消してあげよう

新生児のおならから健康状態を把握してあげましょう。自分の健康状態を直接言葉で、言い表すことができない新生児にとってのおならは、その「臭い」や「回数」や「する時の表情」などに注意をはらっていれば、新生児の健康状態をきちんと把握する材料になります!

今回は、新生児のおならの匂いが臭かったら、その原因は便秘と関係があるということを取り上げました。そして、そのいくつかの対処法を紹介しました。例えば「マッサージしてあげたり」や「砂糖水をあげたり」や「母乳の量や成分に配慮してあげる」、その全てを行う必要はありません。新生児をよ~く観察してあげて、その子に一番あった便秘&臭いおならの対処法をしてあげましょう。

そうしたら、新生児の便秘も臭いおならもスッキリ解消です!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪