新生児の咳の原因と予防に関する記事

新生児の咳は音・痰・鼻水に注意!予防のためのホームケア

新生児の咳は音・痰・鼻水に注意!予防のためのホームケア

新生児が咳をするときの病気の見分け方と、咳が続くときのホームケアの方法について説明します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児の咳は音・痰・鼻水に注意!予防のためのホームケア

新生児の咳による病気の見分け方!正常な場合と病気の場合

赤ちゃんが咳をしていると、どうしたのだろうと心配してしまいますよね。ですが、新生児はなにかと咳やくしゃみをしてしまうものですし、咳をしたからといって病気だと決めつけることはできません。

赤ちゃんの咳にも正常な咳と病気の徴候としての咳があります。赤ちゃんの咳の様子から見分ける方法について見ていきましょう。

乾いた咳が数回でる場合・・・正常の範囲

哺乳瓶を空にする赤ちゃん

「こほこほ」と、部屋を移動したときやミルクを飲んだあと、またお外に出た瞬間や着替えをするときなどに乾いた感じの咳が数回出ることがあります。これは、環境の変化や大気中に起こった小さな空気の流れに反応して出るだけですので、新生児にとっては生理現象であって、何か他の病気の兆候ということはできません。

また、新生児は色々な変化にとっても敏感です。空気が少し乾燥したり、反対に湿度が高い場所に行ったり、またちょっと寒い場所や、暑い場所に行ったりすることでも、体が「いつもとはちょっと違う」と察知してしまいます。そして、「いつもとはちょっと違う」という感覚が、咳やくしゃみ、水っぽい鼻水となって出てしまうようです。

咳が続いてむせる場合・・・観察が必要

乾いた咳が何度も続いてむせてしまう場合や、咳が止まらずにミルクなどを吐く場合は、観察が必要です。1度や2度むせたり吐いたりするのは正常の範囲内ですが、新生児が1日に何度もむせて涙目になっているなら、風邪などの病気にかかっている可能性があります。

観察ポイント1:鼻水のようす

水っぽい鼻水が出ているときは特に心配する必要はありませんが、鼻水が黄色い感じのときや鼻づまりを起こしているときは、熱を測ってみましょう。風邪をひいている可能性があります。

観察ポイント2:発熱

咳をするときに顔が赤くなるのは正常の範囲ですが、咳をしていないときも顔が赤くなっているときは、熱を測って見ましょう。咳と一緒に痰がでる場合も、病気にかかっている可能性があります。

いつも同じ状況で咳が出る場合・・・環境変化が必要

ベッドに寝かしたときだけ咳が出る、車の中に入ったときだけ咳ができる、そんな風にいつも同じ状況で咳が出る場合は、何らかの環境因子が働いているのかもしれません。新生児の赤ちゃんの咳がでる場所にハウスダストが多いのではないか、またほこりがたくさんあるのではないかと考え、清潔な環境を整えてあげるようにしましょう。
新生児は1日の大半を布団で過ごします。大人以上に寝ている時に汗をかきますので、布団を干したり、掃除機でホコリやダニなどを除去するようにしましょう。
咳は気道に入った異物を排除するための反応なので、埃っぽい部屋ならシッカリと掃除し、家族に喫煙者がいる場合には見えない副流煙に注意してあげましょう。

新生児が咳をしているときに考えられる病気

新生児の咳が普段とは違う、「ごほっごほっ」と湿った痰が絡んだような音がする場合、何らかの病気のサインの可能性があります。新生児が正常な範囲外の咳が続く時は、どんな病気が考えられるでしょうか。

風邪などの感染症

鼻水を垂らす赤ちゃん

乾いた感じの咳が続く場合、それに伴って発熱や鼻づまりが観測される場合は、風邪などの感染症にかかった可能性があります。微熱程度の場合は、赤ちゃんに充分な水分を補給してようすを見てみましょう。しばらくしても熱が下がらない場合や、38℃を超える場合は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

ウイルスによる細気管支炎

1歳未満の赤ちゃんに多いのが細気管支炎です。RSウイルスやインフルエンザウイルスが原因となり、痰が絡んだ湿った咳と共に、透明じゃない鼻水が出たり鼻詰まり、呼吸の感覚が短くなったり、また微熱が出る場合もあります。悪くなると呼吸困難となる場合があるので新生児の場合は、特に注意が必要です。また肺炎の原因にもなりますので、早めに病院で診察をうけるようにしてください。

感染症による肺炎

コホコホではなくゴホゴホ、なんとなく湿った感じのする咳が続く場合や、咳と一緒に痰がでる場合は、感染症から肺炎を起こしている可能性があります。母乳やミルクを飲んでも詰まってすぐに吐き出してしまうときや、咳をしていないときもぐったりしているときは、熱が無くても病院に受診し、投薬などの適切な処置を受けるようにしましょう。

ぜんそく

抱っこした赤ちゃんの息を聞く母親

咳と咳の合間にヒューヒューする音が聞こえるときは、乳児喘息の可能性があります。息を吐くタイミングでヒューヒューやゼーゼーといった音がする場合は注意が必要です。抱っこした状態で赤ちゃんの口元に耳を持っていき、息を吐いている時の呼吸を注意深く聞くようにしましょう。咳をしている場合には「咳以外の変わった音が聞こえる」、咳をしていない時にも「息苦しそうな音が聞こえる」と思ったら、すぐに病院に受診するようにしてください。

新生児の咳をする原因と予防するためのホームケア

新生児は咳をするものと分かっていても、何度も咳が続く場合や苦しそうな場合はなんとかしてあげたいものです。咳が出るようになる原因と、咳をしているときに家でできることや、予防するための方法について説明いたします。

清潔で適度な湿度のある環境

病気に関わらず、新生児が頻繁に咳をするのは、空気が乾燥している証拠かもしれません。加湿器を使ったりして、新生児が過ごす環境を適度な湿度のある環境に整えてあげましょう。一般的に湿度は40~60%が快適と言われますが、ちょっと前まで羊水の中にいた新生児にとっては少し高めの50%以上が心地よいと感じます。

また、加湿器を使うときは、加湿器自体が清潔かどうかチェックするのを忘れないようにしましょう。加湿器のタンク部分は『暖かさ』と『湿度』の条件が重なり、細菌が発生しやすい環境となっています。こまめにタンクを洗い、カビが発生しないように注意して下さい。
せっかく加湿できたとしても、湿気と一緒にカビを空気中に撒き散らした場合、赤ちゃんの咳が悪化してしまいます。

加湿器をカーテンや寝具のそばに置かないようにも注意して下さい。布類に水分が過剰に付着することで、カビが発生してしまうことがあります。エアコンのドライで除湿している人も多いと思いますが、エアコン自体の清潔に保っていないと、カビやホコリを循環しているだけになるので、エアコンの掃除も忘れないようにしてください。

雨の日に調子が良くなる場合は乾燥し過ぎ、逆に雨が降ったジメジメした日に調子が悪くなる場合は、部屋のカビを疑ってみてください。

こまめな水分補給と上体を起こしてあげる

加湿器から出る蒸気を見る女性

部屋の湿度を保つと共に、赤ちゃんの喉の渇きを防ぐために、こまめに水分補給をしてあげましょう。一度に大量に飲ませるのではなく、少しずつ頻繁に飲ませてあげることで、喉の渇きを防ぐことができます。

咳が続く場合、仰向けで寝ていると呼吸がしづらくなる可能性があります。咳が続いた場合は抱っこしてあげ、背中を優しくトントンしてあげると、咳が治まったりしますよね。少しだけ頭を含めた上体を起こすように、布団やまくらを調整してあげることで、赤ちゃんは楽になります。

風邪の場合や熱が38℃以上のときは、お風呂は控える

新生児は特に汗をかきやすいので、1日に1回はお風呂に入れて清潔に保たなくてはなりません。ですが、風邪の症状でぐったりしているときや熱が38℃以上あるときは、お風呂に入れることで新生児の体力を消耗してしまうので、避けた方が良いでしょう。沐浴をしない場合でも清潔なタオルで首や頭などの全身をきれいに拭いてあげましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪