9ヶ月の離乳食に関する記事

9ヶ月の離乳食の時間&食べない子対策7/栄養不足と病院

9ヶ月の離乳食の時間&食べない子対策7/栄養不足と病院

9ヶ月の離乳食を食べないのはなぜ?7つの原因と対策。注意すべき栄養不足や3回食のリズムなど離乳食のポイントを説明します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  9ヶ月の離乳食の時間&食べない子対策7/栄養不足と病院

9ヶ月の離乳食の時間&食べない原因と対策/栄養不足と病院

9ヶ月からの後期の離乳食は、赤ちゃんにより進み具合や食べる量も差が出てくる頃です。今回は、9ヶ月の離乳食の時間、9ヶ月からの後期の赤ちゃんが離乳食を食べない原因と対策、栄養不足、病院に行く目安、完全母乳の赤ちゃんと離乳食、ベビーフードを好む赤ちゃんについてご紹介します。最近、乳幼児の間で増えている栄養不足についても解説します。

ママは、赤ちゃんが離乳食を沢山食べてくれるように色々と努力されていますね。この記事が少しでも離乳食期の赤ちゃんがいるママのお役に立つことができたら嬉しいです。

9ヶ月で3回食!時間は何時がいいの?

離乳食を食べる赤ちゃん

9ヶ月になると順調に離乳食が進んでいる赤ちゃんは、3回食をスタートさせる時期ですね。3回食に授乳・お昼寝と赤ちゃんとの生活も意外と忙しくなります。9ヶ月の赤ちゃんが3回食に進んだ時の1日の過ごし方の一例をご紹介します。

赤ちゃんの生活リズムをできるだけ規則正しくするためにも、朝は決まった時間になったらカーテンを開け、午後のお昼寝は15時頃までに切り上げて、夜8時頃までには消灯するようにしましょう。

9ヶ月で3回食の赤ちゃんの1日(例)

7時 起床
8時 離乳食+授乳
9時 お散歩または室内遊び
10時 お昼寝
12時 離乳食+授乳
13時 お昼寝
15時 授乳
18時 離乳食+授乳
19時 入浴
20時 授乳、就寝

9ヶ月頃の後期の赤ちゃんが離乳食を食べない7つの原因

9ヶ月からの後期の赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、色々と考えることができます。以下の原因が赤ちゃんに当てはまるか一度チェックしてみてくださいね。

固さが赤ちゃんにあっていない

離乳食のレシピ本を見ると「9~11ヶ月の頃は、歯茎でつぶせる程度の固さのものが食べられるようになる」と記載されていますね。けれど、赤ちゃんにより食べやすい固さは異なります。赤ちゃんが、食材をきちんと歯茎でつぶしてからゴックンできているか確認しましょう。きちんと潰さずに丸のみしていると、赤ちゃんの歯茎が発達せず将来歯並に悪影響を与える可能性がありますので、注意して下さい。

味や食感が苦手

赤ちゃんは、大人より味覚が敏感です。舌にある食べ物の味を感じる器官「味蕾(みらい)」の知覚能力を比較すると、子供は大人の2倍以上だと言われています。苦い・辛い・酸っぱいという感覚が大人より感じやすいので、大人が美味しいと感じる野菜も赤ちゃんにとっては、苦手に感じてしまうことが多いです。年齢が上がるにしたがって苦手な食材が減ってくることが多いので、あまり心配し過ぎないようにしましょう。

お腹が空いていない

離乳食を食べさせる時間を決めているママが多いと思いますが、同じ時間でも日によっては、お腹が空いていない時も、あるでしょう。また、眠たい時や、機嫌が悪い時も、離乳食を食べる意欲が無くなっている可能性があります。
規則正しく離乳食を与えることも大切ですが、あまり無理強いすると、赤ちゃんが離乳食そのものに拒否反応を示してしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

一人で食べるのが寂しい

椅子に座ってスプーンを口に入れて待つ赤ちゃん

赤ちゃんによっては、食卓の椅子に座らされ一人ぼっちで離乳食を食べるのは寂しいと感じる子もいるでしょう。また、ママが無言で食べさせていたりすると、赤ちゃんも食べていて楽しくないかもしれませんね。赤ちゃんに「食事をすることは楽しいことだ」と教えることも離乳食の大切な役割のひとつです。楽しい雰囲気の食卓作りを心がけてください。

食材や味に飽きた

9ヶ月を過ぎると、離乳食が2回食・3回食に進んでいる赤ちゃんが殆どですね。赤ちゃんのお世話をしながら毎日の離乳食の準備が大変で、時間が無くてついつい使う食材や調理法、味付けがいつも同じになってしまっていませんか。大人でも毎日同じものばかり食べていると飽きてしまいますね。赤ちゃんも、いつも同じような離乳食なので飽きて次第に食べなくなってきたかもしれませんよ。

自己主張が出てきた

行動範囲が広がり色々なことが判ってくるにしたがって、赤ちゃんも自己主張が強くなります。ちょっとしたことで機嫌が悪くなったり、スプーンやフォークを投げてしまったりする赤ちゃんもいます。

また、離乳食の手づかみ食べが始まる時期でもありますので、「自分で食べたい!」という主張も出てきます。掃除や洗濯は大変ですが、出来るだけ赤ちゃんの自分で食べたいという気持ちを尊重してあげましょう。

食べることに興味がない

9ヶ月の頃なら、まだまだ母乳やミルクの味が大好きで、離乳食を食べることに興味を示さない赤ちゃんもいます。食べ物への興味や執着には、個人差があります。ハイハイや歩き始めて運動量が増えてくると、母乳やミルクだけではお腹が満たされなくなり、徐々に離乳食へ興味が高くなる可能性もありますので、ママは食への興味を抱かせるアプローチをしたり、焦ることなく長い目で見守ることが大切です。

9ヶ月頃の離乳食を食べない赤ちゃんへの対策

赤ちゃんがもりもり離乳食を食べてくれるとママも安心ですね。離乳食を食べない赤ちゃんに離乳食を食べてもらえるようにするための対策を7つご紹介しますので、一度チャレンジしてみましょう。

赤ちゃんにあった固さに調理する

柔らかめの離乳食3品

月齢通りの食材の固さや切り方にこだわり過ぎず、赤ちゃんの食べやすい切り方や大きさにしてあげましょう。食材の固さや切り方を変える時は、急に変えるのではなく、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に変化させていきます。大きくなってもドロドロの食べ物しか食べられない子はいません。焦らず赤ちゃんのペースに合わせて、徐々に進めていきましょう。

苦手な食材の調理法や切り方を変える

苦手な食材でも、調理法や切り方を変えてみると食べることができる場合があります。また、同じ野菜でも部位により苦さが弱まることもありますので、部位を選んで与えることも大切です。苦手な食材だけは、ひとつ前の段階の固さや切り方(潰し方)にしてから食べさせてみるのもよいでしょう。お粥や他の食材に混ぜて食べさせてみるのも、ひとつのやり方ですね。

食べさせる時間を変えてみる

離乳食を食べさせる時間を決めたら、毎日同じ時間できちんと食べさせたいというママも多いかと思いますが、赤ちゃんのお腹の好き具合やご機嫌は毎日異なりますので、赤ちゃんの様子を見ながら時間を少し前後させることも時には必要です。

お腹が空いていない様ならお外にお散歩に出かけてみたり、お家の中で体を動かした遊びをしたりするのもよいですね。赤ちゃんによっては、入浴後の方がよく食べてくれることもあります。夕食と入浴の時間を入れ替えてみるのも一つの挑戦ですね。

家族も一緒に食事をする

母親と一緒に食事する赤ちゃん

赤ちゃんの離乳食の時間を、ママやパパの食事の時間とあわせてみてはどうですか?一人で食べていると食欲がわいてこない赤ちゃんも、ママとパパと一緒だと楽しく離乳食を食べてくれるかもしれません。ママとパパが楽しくおしゃべりしたり、赤ちゃんに話しかけたりしていると、赤ちゃんも楽しい気持ちで離乳食を食べることができるでしょう。ママは、食事の支度が大変かもしれませんが頑張ってくださいね。

色々な食材を使ってバラエティ豊かに

色々な食材を使った飽きのこない離乳食を作ってあげましょう。下ごしらえして小分けにし、色々な種類の離乳食の冷凍ストックを作っておくと、短時間でも色々な食材を使ったバラエティ豊かな離乳食を作ることができます。また、毎食お粥ばかりだと赤ちゃんも飽きてしまうので、パンや麺類も献立に取り入れてみましょう。

離乳食のレパートリーを増やしたい方は、インターネットでレシピを検索したり、レシピ本を購入したりしてみるのも良いでしょう。

自分で食べさせてあげる

手づかみで食べる赤ちゃん

赤ちゃんが自分で食べたがるようなら、やりたいようにさせてあげてください。パンなど赤ちゃんが手づかみで食べることの出来るメニューを、献立の中に積極的に取り入れましょう。離乳食を食べさせる前には、食卓の下に新聞を敷いたり、赤ちゃんにスタイやエプロンをつけたりして、掃除の手間をできるだけ省けるようにしておきましょう。

もちろん、初めのうちは上手く食べることが出来ず、時間もかかりますが、全ての赤ちゃんが成長過程で通る道なので、今だけと思い付き合ってあげましょう。

食べることの楽しさを教える

料理する前の食材を赤ちゃんに見せたり、触らせてみたりして、赤ちゃんが食へ関心を持つようにしてあげましょう。おままごと遊びや食べ物が載っている絵本が、赤ちゃんの関心を高めるきっかけになることがありますので、積極的に日々の遊びの中に取り入れてあげたいですね。また、ママやパパが美味しそうに食事をしている様子を見せることも大切です。

貧血やビタミンD欠乏症などの栄養不足に注意!

9ヶ月を過ぎると、ミルクや母乳だけでは赤ちゃんへの栄養素が不足する可能性があり。最近では貧血やビタミンD欠乏症の赤ちゃんが増えてきています。栄養不足の状態が長く続くと、成長不全につながる可能性がありますので、注意しましょう。

鉄分不足による貧血予防を!

鉄分は、母乳からはごく少量しか摂取することができません。離乳食に鉄分を多く含む食材を積極的に取り入れて、赤ちゃんが貧血になるのを予防しましょう。鉄分を多く含む食材は、鶏レバー・豚レバー・青のり・アボカド・ほうれん草・小松菜・豆類・ひじきなどです。離乳食の献立を考える時には、これらの食材が含まれたバランスよいものになっているか、意識するようにしましょう。

卵アレルギーに多いビタミンD欠乏症

現代の乳幼児には、ビタミンD欠乏症になる境界線にいる子が多いと言われています。赤ちゃんに必要なビタミンDの全量を母乳で補うことはできません。ビタミンDは、食事や母乳により摂取される以外に日光を浴びることで合成されます

赤ちゃんに必要な量のビタミンDは、卵1個でまかなうことができますが、現代では卵アレルギーの子の割合が増えているため、ビタミンD欠乏症になる子が多くなっています。ビタミンD欠乏症になると、骨の形成や成長不全などの症状が見られます。しらす、鮭、舞茸がビタミンDを多く含んでいます。赤ちゃんが手軽に食べることの出来る食材なので、心配な方は意識して食べさせてみて下さい。

病院に行くべき?9ヶ月頃の離乳食を食べない子

離乳食を食べようとしない赤ちゃん

赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとママはとっても心配になりますね。特に、9ヶ月から11ヶ月頃は、今まで離乳食を食べていた赤ちゃんでも、急に食べなくなることが多い時期です。離乳食を食べてくれなくて不安な場合、まずは赤ちゃんの体重をチェックしてみましょう。

赤ちゃんの体重をチェックする時のポイントは、母子手帳に記載されている成長曲線のグラフのように順調に体重が増加しているかという点です。平均より軽くても、成長曲線にそって体重が増加していればあまり心配する必要はありません。

体重が順調に増えている

離乳食を食べなくても体重が順調に増えているようなら、赤ちゃんのお腹は母乳やミルクで、ほぼ満たされているのでしょう。ただし、あまり離乳食に興味がなかったり、固さや味付けが苦手で食べられなかったりする場合には注意が必要です。9ヶ月を過ぎると、赤ちゃんに必要な栄養素を母乳やミルクだけで摂取するのが難しくなってきなくなります

体重が増えていない

赤ちゃんの体重が増加していない場合、一度かかりつけの小児科に相談してみると安心ですね。ただし、小児科に行くと風邪や感染症をうつされてしまう可能性もありますね。スーパーの赤ちゃん休憩室などで、助産師さんや保健師さんが行う育児相談や、保健センター、電話相談なども利用し、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。また、体重の増加以外にも顔色や元気、下痢をしているなど赤ちゃんの様子に変わった点がないか確認しておきましょう。

9ヶ月まで完全母乳の赤ちゃんは離乳食を食べない?

赤ちゃんが離乳食を食べてくれないというお悩みは、完全母乳の赤ちゃんを持つママに多く聞かれます。授乳の時間は、赤ちゃんとママの大切な触れ合いの時間で、赤ちゃんは気持ちも胃袋も満たされる至福のひと時なのですね。

ただ、先にご説明したように、母乳だけでは不足してしまう栄養素があります。不足している栄養素をどのように摂取すればよいのか、一度かかりつけの小児科や専門家の方に相談してみるとよいでしょう。

9ヶ月頃の赤ちゃんが手作りよりベビーフードを好む理由

赤ちゃんの中には、ママが作った離乳食は食べてくれないのに、市販のベビーフードはよく食べるという赤ちゃんもいます。市販のベビーフードは、専門家が研究を重ねて開発されてきているので、赤ちゃんが食べやすいような味付けや食感となっているのです。

自宅で作る離乳食は、味付けや食感を市販のフードに似せると食べやすくなりますので、試してみましょう。ただし、9ヶ月からの後期の離乳食への味付けはほとんど不要ですので、調味料の量に十分気をつけましょうね。

9ヶ月からのベビーフード風離乳食作り

  • 昆布だしや野菜スープを上手に使いましょう
  • 魚には昆布だしや野菜スープ、野菜にはかつおだしやチキンスープを使ってみましょう(旨みがアップします)
  • とろみ付けは片栗粉だけでなく、コーンスターチも使って舌触りを調節
  • 繊維の多い食材(しいたけなど)は、極細で切って入れましょう

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪

この記事に関連した特集ページ