生後3ヶ月の生活リズムとはに関する記事

生後3ヶ月の生活リズムの整え方!睡眠時間や授乳回数は?

生後3ヶ月の生活リズムの整え方!睡眠時間や授乳回数は?

生後3ヶ月ごろから赤ちゃんの生活リズムが整いはじめることから、規則正しい生活を身につけさせたいと思うママは多いはず。ここでは、赤ちゃんの発達段階に合わせながら、授乳や睡眠リズムを整えるコツや3~4ヶ月健診、予防接種のスケジュールをご紹介。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  生後3ヶ月の生活リズムの整え方!睡眠時間や授乳回数は?

生後3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムは?

生後3ヵ月ごろになると、赤ちゃんが長く眠るようになり、ママも少しだけ楽になる時期ですね。せっかくなので、そろそろ授乳時間や睡眠時間など、生活リズムを整えたいと考えるママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの生活リズムは成長によって違ってくるので、一般的な発達の様子を知ることも大事です。今回は、生後3ヵ月の赤ちゃんの生活リズムを中心に、忘れず受けておきたい健診や予防接種などについてご紹介します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの発達

百日祝いする赤ちゃん

生後3ヶ月といえば、百日祝いのお食い初めを行う時期にあたります。この時期になると乳歯が生えはじめることから、「一生食べ物に困ることがないように」という願いを込めて、お祝いの料理を食べる真似をさせるのです。

そのほかに、3ヶ月の赤ちゃんには次のような特徴があります。

首すわり

3ヶ月になると首がすわり始める子も出てきます。首すわりは成長の目安となるため、病院でもチェックされる項目。首が座ったかどうかを確かめるには、赤ちゃんが腹這いになった時に、顔を上げられるかどうかで確認できます。

首すわりにより縦抱きができるようになるため、ママも抱っこが楽になるほか、横抱っこよりも視野が広がりさまざまなものが見えるようになるので、赤ちゃんもごきげんになります。

感情の表現

甘え泣きする赤ちゃん

あやされると笑ったり、甘え泣きをしたりするなど、感情表現が増え始めるので、赤ちゃんと遊ぶのがますます楽しくなる時期です。

また、それまでは鳴き声だけだったのが、「あー」とか「うー」などの言葉を発するクーイングを始めます。赤ちゃんがクーイングをしているときに、優しい口調で話しかけてあげることが、赤ちゃんの情緒の発達につながります。

好奇心が旺盛になる

身近なことに興味を持ち始めるのも生後3ヵ月頃の特徴です。手足をバタバタさせたり、自分の手の動きを目で追うハンドリガードなどの一人遊びをするようになったりします。

また、30cmくらいのところにある物がぼんやりと見えるようになることから、赤や黄色などのカラフルな物を目の前で物を動かすと、目で追う「追視」をはじめるのもこの頃です。

黄昏泣き

赤ちゃんを連れて散歩するお母さん

生後3~4ヶ月ごろになると、夕方の決まった時間に毎日泣く黄昏泣きが始まる場合もあります。原因は解明されていませんが、成長の過程で起こるものと考えられ、生後7ヵ月頃にはおさまることがほとんどです。

この頃は、あやしても赤ちゃんが泣き止まなくなる「3ヶ月コリック」が始まることから、お散歩やお気に入りの音楽などを聞かせるなどして、上手に気分転換をしてあげましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの変化

昼夜を問わず「おっぱい」「うんち」「ねんね」の繰り返しだった生活サイクルが、生後3ヶ月あたりから変化し始めます。徐々に昼間起きている時間が長くなり、夜間の授乳回数が減り始めるため、ママもだいぶ楽になりますね。

次に、この頃の赤ちゃんの睡眠時間や授乳間隔の特徴について、具体的に説明します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間

寝ている赤ちゃん

生後3ヶ月になると、睡眠時間は1日を通して13時間ほどとなります。それまで夜間の睡眠がおしっこや授乳で細切れだったのが、まとまった時間眠るようになってきます。

昼間に起きている時間が長くなるため、授乳と睡眠の繰り返しだけでなく、それまでにはなかった一人遊びなどの時間が増えてくるでしょう。

昼と夜の区別がついてくるこの時期に、睡眠リズムを整えておくことで、赤ちゃんの成長にも良い影響を与えます。睡眠リズムを整えるためのポイントをまとめました。

睡眠リズムの整え方

  • 毎日の同じ時間帯に就寝・起床させる
  • 照明やカーテンで部屋の明るさにメリハリをつける
  • 寝る時間の1~2時間前に入浴を済ませる
  • 昼間は体を動かしたり、散歩をしたりするなど活発に活動させる

生後3ヶ月の赤ちゃんの授乳間隔

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

生後3ヵ月頃の赤ちゃんの授乳回数は1日6~8回程度授乳間隔は3~4時間おきになるのが一般的です。赤ちゃんの成長とともに胃が大きくなり、一度にたくさんの量を飲めるようになるので、授乳間隔が広がっていきます。

それまでは飲みつかれて寝てしまうことがあっても、だんだん体力がついてくるので、授乳中に寝ることは少なくなるでしょう。ただし、この時期になると遊び飲みを始めるので、授乳に時間がかかる場合も…。

人の声やテレビなど、周りの音に反応して授乳に集中できなくなったり、おっぱいを吸うのに飽きて遊びはじめてしまうこともあります。遊び飲みは成長の過程の一つですが、しっかり授乳させるためにも対策を取る必要があります。

次にご紹介する授乳リズムの整え方を参考に、親子の授乳リズムを作っていきましょう。

授乳リズムの整え方

  • 授乳する時間帯を決める
  • 人がいない静かな場所で授乳する
  • 部屋を暗くして授乳に集中させる
  • だらだら飲みが始まったら切り上げる

赤ちゃんが生後3ヶ月になったら…

生後3ヵ月はやらなくちゃいけないことが多い、スケジュールが目白押しの時期です

3ヶ月になったら、次のことに注意しましょう。

3~4ヶ月健診を受けましょう

三ヶ月健診を受けている赤ちゃん

生後3ヶ月を過ぎたら、乳幼児健診のうち、出産後初めての定期健診を受ける時期です。3~4ヶ月健診に該当する子供には、健診の案内が送られてきます。

健診では、体重・身長・胸囲・頭囲や股関節の開排制限のほか、次のようなことが確認されます。

  • 首がすわったか
  • あやすと笑うか
  • 目の動きや目つきがおかしくないか
  • 声をかけるとこちらを見るか
  • 外気浴をしているか

市町村によって違いがありますが、保健センターなどの施設に集まり、集団検診を行うのが一般的です。

予防接種のスケジュールをチェックしましょう

生後3ヶ月から、予防接種が本格的にスタートします。病気を防ぐために必要なので、忘れずに受けるようにしましょう。生後3ヶ月では、次の5つのワクチンの同時接種が可能です。

1四種混合(DPT-IPV)

四種混合とは、ジフテリア(D)、百日咳(P)、破傷風(T)、ポリオ(IPV)を防ぐ不活性ワクチンのことです。市町村が実施している定期接種のため、無料で受けることができます。

生後3ヶ月になったら1回目を受けて、その後4ヶ月と5ヶ月に2回目と3回目を受ける必要があるので、免疫をつけるためにも忘れずに接種しましょう。

特に、百日咳は感染すると重症化しやすいため、生後3ヶ月になったら早めに受けた方がいいでしょう。

2B型肝炎
赤ちゃんの予防接種

黄疸や肝臓がんを引き起こすB型肝炎を防ぐ不活性ワクチンを接種します。生後2ヶ月に続く2回目の予防接種で、生後8ヶ月に3回目を受ける必要があります。

B型肝炎の予防接種は、2016年の10月から定期接種になりました。母子感染以外の経路による感染が増えていることから、予防接種で防ぐ必要がある病気と判断されたため、ほかのワクチンと同様に忘れず受けましょう。

3ヒブ

ヒブワクチンとは、ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型(Hib)による感染症を防ぐ不活性ワクチンのことです。生後2ヶ月に続く2回目の予防接種で、生後4ヶ月に3回目を受ける必要があります。

この病気は、生後6ヶ月以降にかかりやすくなるため、早めに予防接種を受け、免疫をつけておくとよいでしょう。

4小児用肺炎球菌
可愛い三ヶ月の赤ちゃん

細菌性髄膜炎や肺炎などの肺炎球菌感染症を防ぐ不活性ワクチンで、無料で受けられる定期接種となっています。重い後遺症を残す細菌性髄膜炎は0歳児がかかりやすく、原因の90%がヒブと肺炎球菌と言われています。

肺炎球菌ワクチンは、ヒブワクチンと同様に、生後2ヶ月に続く2回目の予防接種で、生後4ヶ月に3回目を受ける必要があります。

生後6ヶ月になると、肺炎球菌が原因の細菌性髄膜炎が増えるため、きちんと受けておくことが大事です。

5ロタウイルス

生後3ヶ月になると、胃腸炎の原因となるロタウイルスによる感染症を防ぐ生ワクチンを接種することができます。胃腸炎といえばノロウイルスが有名ですが、ロタウイルスも感染力がとても強いことが知られています。

ロタウイルスのワクチンは任意接種ですが、胃腸炎から脳炎を併発する恐れがあることから、世界保健機関(WHO)で最重要ワクチンの一つに指定されています。

1種類のウイルスが入っている1価の場合は生後2ヶ月と3ヶ月の2回、5種類のウイルスが入っている5価の場合は生後2・3・4ヶ月の3回受ける必要があります。

ロタウイルスの予防接種は生ワクチンで、口から飲み込んで接種します。

接種スケジュールを立てよう

数種類の予防接種を受ける場合、同時接種ができるものもあれば、間隔をあけて受けるものもあります。定期接種では無料で受けられる期間が決まっているので、かかりつけ医と相談して上手にスケジュールを立てましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪