吐き戻し防止枕のおすすめに関する記事

吐き戻し防止枕で母乳を吐く悩み解消!先輩ママおすすめ4選

吐き戻し防止枕で母乳を吐く悩み解消!先輩ママおすすめ4選

吐き戻し防止枕のおすすめ商品をご紹介します。どんな効果があるのか、先輩ママが実際に使ってみた感想を参考にしてください。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  吐き戻し防止枕で母乳を吐く悩み解消!先輩ママおすすめ4選

吐き戻し防止枕のおすすめ4選~先輩ママ8人に人気の理由とは

赤ちゃんの中でも、新生児や月齢が若いうちは、必ずと言っていいほど吐き戻しをするものです。中には、「ずっと抱いていないと気が済まない」「落ち着くまではそばを離れられない」というママもいるようです。

そんな、授乳後の赤ちゃんに不安を感じるママにおすすめなのが吐き戻し防止用の枕です。吐き戻し枕は、大きく分けて傾斜型とドーナッツ型の2つのタイプに分けられます。製品によっては洗濯できる枕もありますから、万が一吐いてしまったり、汗が気になっても清潔に保つことができます。

また、傾斜型中でもベッドタイプのものがあることから、どれを選んだらいいか分からないというママは多いはず。そこで、ここで紹介する先輩ママが実際に使ってみた感想を参考にしてはいかがですか?必ず、気になる一品が見つかるでしょう。

赤ちゃんもママも安心のオススメ吐き戻し防止枕と使用レビュー

yu
30代後半

吐き戻しの心配がなく眠れます

私が吐き戻し防止枕を購入したきっかけは、子供が吐き戻すことが多かったことと、そのことが心配で私自身が全然気を休まらなかったことでした。

特に、夜中に吐き戻さないか心配で、寝ないでずっと見守っていたこともありました。寝不足が続き心身ともに疲れてきた頃、何かアイテムはないかとネット等で探し、吐き戻し防止の枕があることを知って、早速購入しました。

私が購入したものは、サンデシカの肌に優しいごきげんスリーピングピローと言う物です。

枕に少し傾斜がついているので、ゲップが苦手な赤ちゃんも吐き戻す心配が和らぐ仕組みとなっています。枕を使い始めると、私自身の心配が和らいだのもありますが、吐き戻しが減ったのと、吐き戻しても耳等に入ることなく下に流れるので安心して寝せられました。

また、この枕は、吐き戻し防止だけでなく鼻づまりにも良いようなので、鼻水を自力で出せない赤ちゃんにとっては、とても良いアイテムだと思います。

私が吐き戻しについて驚いたのが、耳の後ろに吐き戻したミルクの塊を見つけた時のこと。

それからは、吐き戻した物が喉に詰まるのも怖かったですが、耳に入ったり、耳の後ろ等に吐き戻した物がこびり付いていると、衛生的にも良くないので気をつけていました。

私の子供は、2歳位までこの吐き戻し防止の枕を愛用していました。その後は、鼻がつまれば自分で洟をかむこともできるようになったので必要なくなりました。

みっくん
20代前半

赤ちゃんが寝ている間の心配が減りました

赤ちゃんが産まれる前は第一子だったこともあり、吐き戻し防止枕の存在はあまり知らなかったのですが、実際産まれておっぱいをあげていると、赤ちゃんはこんなに簡単に吐くのか!とびっくりするくらいうちの子は吐く回数が多かったです。

寝ている間、吐き戻しで息が出来なくなってしまったらどうしよう…と毎晩心配でした。

そんな時に、サンデシカの肌に優しいごきげんスリーピングピローを見つけて購入したところ、吐き出しの回数が劇的に改善されました。

生後8ヶ月の現在では、ほとんど吐き戻しなどはもうありませんが、最初の3ヶ月ほどは毎日使用していて、赤ちゃん本人も母親の私も気に入っていました。

また、この枕のおかげで傾斜がついているので、赤ちゃんの鼻が詰まっていて寝ている間の呼吸が苦しそうな時も、この枕のおかげで呼吸がしやすそうでした。

吐き戻し防止枕でも防止できますが、赤ちゃんが吐いてしまうのを見るのは辛いので、おっぱいをあげた後は、絶対にげっぷをさせるということも毎日心がけていました。

まぁ
30代後半

吐き戻し防止枕で安心です

枕の上で横になっている赤ちゃんと遊ぶお母さん

わたしは4人子供がいますが、「吐き戻し防止枕」を知ったのは4人目を出産後でした。

4人目だからかあまり母乳が出なかったため、初めてのミルク育児で、母乳の子にくらべ吐き戻しが多く病気では?と心配したほどです。大丈夫なのかと、インターネットでいろいろ調べていたときに、「吐き戻し防止枕」の存在を知りました。

ものは試しと「スリーピングピロー」という商品を購入しました。さっそく使い始めると、びっくりするほど吐き戻しの回数が減り安心したのを覚えています。

また、何時間も抱えてさすっても、なかなかゲップが出ずに困る時、吐き戻し防止枕に寝かせれば、自然とゲップがあがってくることもあったし、万が一の時も喉につまらない設計なのですごく助かりましたね。

育児で疲れている中で安心して、親子共に眠れる時間を確保できた気がしました。

はるママ
40代前半

だんだんと吐き戻さなくなりました

出産直後の授乳を始めてすぐから、授乳後に毎回吐き戻していました。

母乳でもミルクでも、飲んだもの大半を吐き戻してしまうので、大変困っていたところ、子育て用品の通販カタログに載っていた、スリーピングピローという吐き戻し防止枕が目にとまり、迷わず購入しました。

吐き戻しが完全になくなったわけではありませんが、いろいろな高さや姿勢など試し、少し改善されたように思います。また、高さや角度が微調整できるのも良いと思います。

万が一吐き戻ししてしまっても、高さと角度があれば誤飲の予防にもなります。

授乳後はできるだけ、すぐには寝かさず、しばらく縦抱っこをしていました。うまくゲップが出せれば良いのですが、ゲップもなかなか出せなかったので、ある程度消化するまでひたすら縦抱っこをしていました。

3boys
28歳

半信半疑で

赤ちゃんに授乳をしているお母さんのイラスト

我が家の長男は、産まれてすぐから母乳をよく飲む大きな子供でした。

一回の授乳で、まだ飲むの?とおどろくくらい長い時間飲み続け、さすがにもういいだろうと顔から乳を離すと大泣き。

本人の納得がいくまで飲ませることにしておりました。が、ゲップの後しばらくするとゲボッと母乳をだしてしまうのです。

平らな状態で寝かせることによって、気管につまって窒息してしまったらどうしよう…と新米ママで心配症であった私は、ゲボッと出るまで寝ている息子を観察する日々が続きました。

そこで、先輩ママに紹介されたのがサンデシカの吐き戻し防止枕です。驚くくらい吐き戻しがなくなりました。

それまで、タオルで首を高くしたりしていましたが、寝がえりをして窒息するのが心配でした。この吐き戻し防止枕は硬さがあり、その心配もありませんでした。

私の服や、お布団に吐いた母乳がつくこともなくなり、かなり快適でした。

男の子は、たくさん母乳やミルクを飲む子が多く、赤ちゃんの胃の形上、どうしても吐きやすくなるものです。そんな子たちには是非お勧めしたい商品です。

英子
27歳

ややお高めですが長く使えます

私の息子は俗に言う背中スイッチが特に敏感で、置くと泣くどころか置こうとするだけで泣くほどで、寝不足に困っていました。

そんなときに、インターネットのサイトで「おやすみたまご」という赤ちゃん用のビーズクッションを発見しました。

傾斜をつけられて、赤ちゃんの背中のCカーブを維持したまま寝かせることができる上に、吐き戻し防止の効果もあるということで、藁にもすがる思いで商品を購入。

この枕によって全ての悩みが解決…というほどではありませんでしたが、添い乳をしながらの寝かしつけがかなり楽になったのと、頭の部分を少し高くして寝かせられるため、吐き戻しは少なくなりました。

軽くて持ち運びも簡単なので、お出かけの際には持ち歩いたりできて便利だったのと、子供が使わなくなった今では私のクッションになっていたりと、お値段は10000円と少しお高めですが長い目で見ると買ってよかったのかなと思います。

吐き戻しについては、どれだけ気をつけていてもふとした瞬間にやはり吐かれてしまうので、常に首周りにはガーゼをひっかけ、寝かせている場所の頭周りにはタオルを敷いて、汚れないようにすることを心がけておりました。

ゆい
30代前半

赤ちゃんに優しい緩やかな傾斜

マタニティの雑誌を見て、吐き戻し防止枕の存在を知りました。

ファルスカの「コンパクトベッドフィット」というベビーベッドと中に入れて使う、折り畳み式持ち運びベッドとふとんのセットを購入する際、ちょうどその吐き戻し防止枕が付いていました。

初めからその吐き戻し防止枕を使用していたため、その効果がよく分かりません。新生児期には、20回くらいは吐き戻していたような気がします。

吐き戻し防止枕は胃より口の位置が高くなる点だと思います。ただ、高くしすぎると首に負担がかかるので、緩やかな傾斜がちょうど良いのでしょう。

できるだけ吐き戻さないように、授乳後はげっぷをさせるようにしていましたが、なかなかうまくできない時が多かったです。吐き戻して枕や服が汚れないように、首の周りにいつもガーゼを巻いていました。

りょママ
40代前半

吐き戻し&絶壁防止の枕

二人目の息子用に購入しました。一人目は全く吐かなかったのですが、息子はおっぱいを飲んだ後、びっくりするほど吐くので購入しました。

最初は傾斜の着いた平らな枕を使用していましたが、枕から少しずつ微妙にずれ落ちてしまうので、その後ネットでエスメラルダのドーナツ型枕を買いました。

頭がずれることもなく、絶壁防止にもなるので今でも愛用しています。頭が傾斜もありつつ固定されるので吐き戻しも減りましたし、なによりよく寝てくれます。また、替えカバーもありますので、常に清潔でいられます。

吐き戻しをそもそも防止するのには、必ずゲップをさせるのと、ゲップをした後もしばらく縦抱っこをするようにしています。

また、最初に出てくるおっぱいは勢いがありすぎるので、空気を一緒に飲んでしまうと聞き、最初のおっぱいは少し捨て、落ちついてから授乳するようにしています。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪