定期予防接種の疑問・質問に関する記事

定期予防接種~予防接種法で決められた定期と任意の違い

定期予防接種~予防接種法で決められた定期と任意の違い

赤ちゃんが受ける定期予防接種は、病気を予防するためにとても重要なものです。どのような種類のワクチンをうけるのか気になるママのために、定期予防接種と任意予防接種の違いやワクチンの種類の解説を中心に、予防接種のよくある質問についてお答えします。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  定期予防接種~予防接種法で決められた定期と任意の違い

定期予防接種とは?任意接種との違いや予防接種法を簡単解説!

赤ちゃんが生まれて、市町村から配布された予防接種の案内をみて、あまりの予防接種の数の多さに「こんなに受けるの?」とびっくりしたママもいるのではないでしょうか。

実は、予防接種というものは、国民の健康維持や健康被害からの救済のために作られた「予防接種法」という法律に基づいて行われています。病気の予防に効果があるワクチンを接種することで、命に関わる病気予防するのです。

法律が絡んでくると何となく難しそうだと思いがちですが、ここでは、法律で接種が義務付けられている定期接種を中心に、任意接種との違いや予防接種法について分かりやすく紹介していきます。

特に、これから出産予定のママは必見!赤ちゃんの予防接種は生後2ヶ月から始まるので、早めに予防接種についてチェックしておきましょう。

定期接種と任意接種の違い

定期接種とは?

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん

定期接種とは、市町村長が予防接種法に基づいて行う予防接種のことをいいます。特に、感染力が強く、感染した場合に重篤な症状を引き起こす恐れがある伝染病が対象となっています。

定期接種を乳幼児期に受けることで、病気に対する免疫を獲得し、病気による後遺症リスクを減らすほか、広く流行することを防ぐことにつながります。

そのため、定期接種はほとんどの市町村で、決められた期間内なら無料で受けられるのです。

例えば、妊婦さんが感染することでお腹に赤ちゃんに影響を与えることで知られる風疹は、子供の頃にしっかりと予防接種を受けておけば、決して怖い感染症ではありません。

このように予防接種は、乳幼児の感染症への感染を防ぐだけでなく、子供が大人になってからの暮らしにもかかわることから、受けるべき時期が来たら忘れずに受ける必要があります。

定期接種には次のようなものがあります。

乳幼児が対象の定期接種

  • B型肝炎
  • ヒブ
  • 小児用肺炎球菌
  • 四種混合(DPT-IPV)
  • BCG
  • MR(麻しん風しん混合)
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 日本脳炎
  • HPV(ヒトパピローマウイルス)

任意接種とは?

医師

任意接種とは、市町村などの行政がすすめるものではなく、保護者や医師が必要と判断した場合に受ける予防接種です。基本的に費用は自己負担で、自由診療のため医療機関ごとに料金が異なります。

任意接種には次のようなものがあります。

乳幼児が対象の任意接種

  • ロタウイルス
  • おたふくかぜ
  • インフルエンザ
  • A型肝炎
  • 髄膜炎菌

ワクチンの種類

赤ちゃんが予防接種にワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。2つのワクチンには、それぞれ次のような特徴があります。

生ワクチン

ワクチンと注射器

生ワクチンとは、ウイルスや細菌の免疫を獲得するために、必要最低限まで毒性を抑えて作られた薬剤で、自然に感染した場合と近い状態で免疫を作ることができるのが特徴です。

主な生ワクチンには、ロタウイルス・BCG・MR・おたふくかぜ・水痘などがあります。

生ワクチンを受けてから、ほかの予防接種を受けるには4週間の間隔をあける必要があるため、生ワクチンを受けたことによって、1ヶ月以上ほかのワクチンが受けられなくなってしまいます。

そのため、予防できたはずの病気に感染しないよう、予防接種を受けていない感染症の流行を考慮しながらスケジュールを立てる必要があります。

不活化ワクチン

病院の受付のイラスト

不活化ワクチンとは、ウイルスや細菌の免疫を獲得するために必要な成分だけで作られた薬剤です。ウイルスや細菌の毒性はなくしてあるので、1回の予防接種では免疫が作られないため、2~3回受ける必要があります。

主な不活化ワクチンには、B型肝炎・ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・日本脳炎・HPV・インフルエンザ・A型肝炎・髄膜炎菌などがあります。

不活性ワクチンを受けたあとで、ほかの予防接種を受けられるまでの接種間隔は1週間と生ワクチンより短いので、先に不活性ワクチンを受けたてから生ワクチンを受けると効率的です。

予防接種Q&A

予防接種は多くの赤ちゃんが受けていますが、予防接種ビギナーのママは、「いつ受けたらいいの?」「受けた後の副反応が心配」などの疑問が多いことでしょう。

そこで、予防接種のよくある疑問についてQ&A方式でお答えします。

Q1.定期接種は必ず受けなければならないの?

笑顔の親子

以前は、予防接種は法律で義務付けられていましたが、現在は、「できるだけ受けましょう」という努力義務が求められています。

受けなかったからといって罰則はありませんが、予防できる病気に感染して、後遺障害が残ってしまったら大変です。赤ちゃんのためには必ず受けた方がいいでしょう。

Q2.任意接種は受けなくても大丈夫?

接種費用も決して安いわけではないので、受けるべきか迷うママは多いのが現状です。しかし、予防接種を受けなかったことで感染したしまった場合の、安全性や治療費などを考慮すれば受けた方がいいといえます。

特に、保育園などの集団生活では、任意接種で予防できるロタウイルスやインフルエンザなどへの感染リスクが高くなります。子供が病気になると、ママは仕事を休まなければならなくなってしまいますよね。

子供が元気に過ごすためにも、病気にかかったあとの医療費負担を減らすにも、任意接種を受けたほうがいいと考えられます。受けるべきか迷った際は、かかりつけ医に相談してみてみましょう。

Q3.接種日はどうやって決めたらいい?


医師と相談するお母さんのイラスト

予防接種のワクチンは、それぞれ接種可能な月齢が決められているので、受けられる月齢になったらできるだけ早く受けることをおすすめします。

赤ちゃんが1歳までに受ける予防接種は15種類以上もあるため、複数の予防接種を効率的に受けるために同時接種が推奨されています。決められた期間内に効率よく受けるには、同時接種で早めに免疫をつけることが大事なのです。

具体的な接種日は、子供の体調を考慮しながらかかりつけ医に相談するといいでしょう。生後2ヵ月から接種可能なワクチンが多いので、赤ちゃんの1ヵ月検診が過ぎたら、早めに連絡を取ると安心です。

Q4.当日は風邪気味だと受けられないの?

体温計と赤ちゃん

せきや鼻水などの風邪の症状が見られても、体温が37.5度よりも低ければ予防接種は受けることができます。受けていいのかどうか判断に迷ったら、当日、予防接種を受ける医療機関に行って相談してみましょう。

その際は、どのような症状がいつから出ているのかを、具体的に説明できるようにしておくといいですよ。

Q5.予防接種のスケジュールの立て方を教えてください

赤ちゃんはたくさんの予防接種を効率よく受けなければならないので、スケジュール管理が苦手なママは困りますよね。

そんなママには、スマートフォンのアプリがおすすめ。アプリによって簡単にスケジュール管理ができるので、受け忘れを防止することができます。

予防接種スケジューラーアプリ
予防接種スケジューラーアプリ(サイト画面キャプチャ)

複雑な予防接種スケジュールを簡単に管理できる便利アプリです。ワクチンの予定管理やアラート機能はもちろん、各ワクチンについての解説も読むことができます。

複数アカウントを登録できるので、双子や年子の場合もこれ一つでOK。

Q6.予防接種の後の副反応が心配です

赤ちゃんを抱っこするママ

アナフィラキシーのような重篤な副反応は、接種して短時間で現れるため、接種後すぐに帰宅してはいけません。30分ほどの間、待合室で子供の様子に変化がないか注意深く観察し、様子がおかしいと感じたらすぐ医師に伝えましょう。

また、発熱や接種部分の腫れなどの副反応が現れることがあるため、不活化ワクチンは1日、生ワクチンは3週間ほど経過を観察する必要があります。もし、副反応は治まらない時は、予防接種を受けた医療機関に相談しましょう。

2回以上予防接種を行う場合、1回目で副反応が出た場合は2回目も起こる可能性が高いので、あらかじめ医師に相談しておく必要があります。

Q7.集団接種と個別接種の違いは?

定期接種には、保健センターなどに子供が集まって受ける集団接種と、かかりつけ医に行って予防接種を受ける個別接種があります。

市区町村が主体で行う集団接種は、受ける日が決まっているため、体調不良などが原因でキャンセルすると、接種日が先延ばしになってしまう恐れがあるため、接種前の体調管理に気を付けましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪