新生児2週間検診の目的や内容に関する記事

新生児2週間検診って必要?ママが救われる!?目的や内容

新生児2週間検診って必要?ママが救われる!?目的や内容

新生児2週間検診の真の目的を知らないと、「こんだけ?」「何のために来たのか分からない…」などと、ママにとって心身ともにつらい時期なのに、嫌な思いをすることに…。目的や内容、受け方の注意点などを事前にチェックし、有意義な機会にしましょうね。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児2週間検診って必要?ママが救われる!?目的や内容

新生児2週間検診の目的はママの救済!?大変だからこそ行こう

近年、新生児が生後2週間の頃に検診をおこなう病院が増えています。産後間もなく体力も回復していないこの時期に、慣れない育児と寝不足でフラフラのママにとっては、「何で行かなきゃいけないの?」と億劫に感じることもありますよね。また、せっかく頑張っていってみたのに、「行かなければよかった!」と必要性に疑問を抱いて帰って来るママも多いです。

そこで今回は、新生児2週間健診の意味や目的、産後間もない時期の安全な健診の受け方のポイントなどについて、ご紹介していきます。

新生児2週間検診の意味や目的

生後二週間の赤ちゃん

新生児が生後2週間の頃に行う検診は、病気を早期発見するために診察する「検診」ではなく、健康をチェックするために診察する「健診」が正式名称です。つまり、新生児が生まれて2週間経過した頃に、健康かどうかを診察するという意味があります。

ところが、意外と誰の何の健康をチェックするかを知らないママが多いために、折角のチャンスをムダにしてしまいがちなのです。新生児2週間健診は誰の何を診察するのが目的か、なぜ行われるようになったのか、生後2週間の新生児ママが知っておきたい「魔の三週目」について、しっかりと理解しておきましょう。

ママの健康のチェックがメインの目的

新生児2週間健診の真の目的は、産後ママの心のケアや母乳育児のサポート。そもそも2週間健診を導入している病院には母乳育児に力を入れている病院が多く、2週間健診を予約する時には必ず「授乳ができる用意をしてきて下さい」と指導され、なかには自宅を出る直前に授乳をしないように注意をされる病院もあるのだとか。

新生児2週間健診に行ったママ達が不満を感じてしまう大きな理由は、健診の目的が新生児の健康状態の確認だけだと勘違いしているから、というケースが多いです

赤ちゃんへの大掛かりな検査や診察がないため、わざわざ行った意味を見いだせないのです。また、新生児2週間検診の目的を知らないため、助産師さんによる「母乳は出ていますか?」「子育てに不安はありませんか?」という問診を、深く考えずにスルーしてしまっていることも多いのです。

新生児2週間健診が行われるようになった背景

母乳を飲んでいる新生児

生後1ヶ月健診でも、赤ちゃんのお世話で疲労したママの心のケアや母乳指導は行われてきました。しかし、発達検査を含む1ヶ月健診ではどうしても赤ちゃんの体に対する検査項目が多く、赤ちゃんの方に関心が集中してしまいがち。そのため、「ママへのケアや母乳指導が不十分ではないか?」という指摘が昔からありました。

こうした背景で導入が進みつつあるのが、新生児2週間健診です。ママの身体に対する検査を省略する代わりに、産後ママが抱え込みやすい次のようなトラブルに応じることができるよう、ママが育児の健康をサポートする助産師さんとゆっくりと話ができる時間がとられています。

新生児2週間健診で相談したいトラブル

  • 母乳トラブル
  • 授乳方法の悩み
  • 育児や家事への悩みや不安
  • 抜け毛、痔、貧血、腱鞘炎などの産後トラブル
  • 産後うつ など

産後2週間頃はまだまだ出産のダメージが大きく、出産の興奮が落ち着いて慣れない育児にかかる不安がドっと心と体に押し寄せ、ホルモンバランスも乱れまくっているとても大変な時期。無理をしたママが、突然ダウンしてしまうこともあるんですよ。

風鈴ママン
29歳

思い出しても涙が…

救急車のイラスト

長男が生後3週間目に入ってすぐの深夜、おっぱいがカチカチになり痛くて手搾りしたのですが、上手く出てこなくて痛みがひどくなり、困り果てていたら息子は泣き出すし…。旦那は残業で実家も遠くて…。次第に体が動かなくなり、息子を私の布団に寝かせてそのまま記憶を失ってしまいました。

気づいたら病院のベッドの上。主人が帰ってきて救急搬送してもらったのです。乳腺炎による発熱が原因でした。疲れも溜まっていたそうで、常在菌に感染して42℃を超す高熱が出たのです。産後は怖いですね。

かりん
33歳

産後の油断は危険

産後、母が頻繁に電話してくるようになったので、イラついて「なんでそんなに電話してくるの?」と聞いたら、「おばあちゃんが心配してるのよ。昔は産後に亡くなる女性が多かったから…。あなたも気をつけてね。」と言われ、ゾッとしました。

実は、その頃慣れない育児と寝不足で食欲がなくなり、倦怠感もこれまで経験がない程ひどくて、毎日体力的につらくてつらくて。それが当たり前だと思っていましたが、油断し過ぎも危険だと知り、無理をしなくなりました。

ストレスでため息をついている赤ちゃんを抱っこしているママのイラスト

産後2週目はママの精神状態が最も不安定になる」という調査結果もあり、この時期を乗り切ることができないママは育児ノイローゼになったり、それが高じて赤ちゃんへの育児放棄が起きたりといった、母子に関するトラブルも指摘されています。

ですから、ママの速やかな回復と赤ちゃんの安全確保、赤ちゃんの健やかな成長と良好な親男関係の構築をサポートするためにも、生後2週間のこの時期に健診を行うことは、まことに理にかなったとても意義のあることなのです。

産後ママを襲う魔の三週目への備え

さらに生後2週間目に検診を行う理由としては、これからやってくる、「魔の三週目」に備えるといった意味もあります。ご存知の方も多いかと思いますが、「魔の三週目」とは、生後3週目頃の赤ちゃんが突然眠らなくなり、原因不明のまま泣いたりぐずったりを繰り返す現象で、産後のママが初めて体験する育児の試練だといわれています。

「魔の三週目」が起きるメカニズムは科学的に解明されているわけではないのですが、この時期はママのお腹から出てきた赤ちゃんが外の世界に順応し始める、赤ちゃんにとっても大事な時期。

こういった試練の時期を乗り切るためには、ママが抱え持っている育児の不安を取り除き、赤ちゃんのお世話や母乳育児に自信を持つことが大切です。そういった意味でも、新生児2週間健診はとても大切な健診。体の不安も大きく疲れやすい時期ですが、チャンスがあれば前向きに受診することを考えていきましょう。

新生児2週間健診を受けられる施設と費用

病院の受付

産後、1ヶ月健診までは赤ちゃんの健康への心配事を出産した産婦人科医院に相談するママが多いのですが、1ヶ月健診で問題がなければ、その後は「体重が増えない」などの健康面の心配事を小児科に相談するようになります。
新生児2週間健診は、産婦人科医院総合病院の産科が独自に行っているものですので、すべての人が出産した病院で受けられるわけではありませんし、近所の小児科でも基本的に行ってもらえません。

現在、2週間健診を導入している産婦人科医院の多くは、その病院で出産した場合は無料で実施しています。また、他の病院で出産した場合には2,000~3,000円程度の費用の負担を求めるといったケースもあります。

新生児2週間健診を受けたいのに出産した産婦人科医院で実施していない場合は、近所の産婦人科医院や総合病院の産科に電話したり、ネットで実施状況を調べてみたりしましょう。

新生児2週間健診の内容

新生児2週間健診は特別な規定がある健診ではないので、検診内容はそれぞれの病院で違いがあります。一般的には、どの病院の検診内容もシンプルで、次のような検査を行っていますよ。

<新生児への2週間健診の内容>

  • 赤ちゃんの身長・体重の測定
  • 赤ちゃんのおへその状態や黄疸などのチェック

<ママへの2週間健診の内容>

  • ママの健康状態の問診
  • 育児に対する不安に関する問診
  • 乳房の状態の確認と、母乳育児の取り組み指導
  • 母乳や育児の相談やアドバイス
  • 産後の生活指導
ママを見つめる赤ちゃん

生後2週間目頃は赤ちゃんの哺乳量が増え、ママの母乳量が不足しがちになります。また、逆に母乳量が過剰になって乳腺炎になったり、赤ちゃんのおっぱいを吸う力が強くなって乳口炎になったりといった、おっぱいトラブルが起こりやすい時期でもあります。

そのため、病院によっては母乳マッサージなどのケアをしてもらうこともできるので、退院前に2週間健診の内容を確認しておくか、事前に病院に内容を問い合わせておくと安心ですよ。

あると便利!新生児2週間健診お助けアイテム

生後2週間目と言えば、退院してからわずか1週間から10日前後。初産のママは特に、日常的な外出もまだといった状態ですよね。この時期はまだまだ赤ちゃんの首も座らずフニャフニャとしていて、ママ一人で病院に出かけていくのは大変。

赤ちゃんの家族のイラスト

季節によっては赤ちゃんへの防寒をしっかりしなくてはならず、荷物が増えてしまうといったケースもありますので、無理せずにパパに休みを取ってもらって同行してもらうか、実家の母親に同行をお願いすることをオススメします。まだ赤ちゃんが外気に慣れていない時期ですから、できれば自宅から徒歩で出かけるのではなく、車かタクシーで出かけると安心ですよ。

<新生児2週間健診で便利なアイテム>

  • 新生児から使える抱っこ紐
  • 困っていることや質問事項を描いたメモ
  • バスタオルや赤ちゃんの着替え1式

特にバスタオルは、体温調節にも使えるのでとっても便利!赤ちゃんがおむつを外して汚してしまっても対応できるよう、荷物に余裕があれば2枚くらい持ってお出かけすることをオススメします。

みーこ
31歳

ベビーカーが重宝しました

2日前に2週間健診に行ってきました。娘との初めての外出だったのに、パパはどうしても仕事が休めず同行できなかったので、看護師さんに「あると便利よ」と教えてもらったベビーカーを車に積んで持っていきました。

ロビーにもベビーベッドは備え付けてあるけれど、1台しかないからいつも誰かが使っているし、位置が固定されているので赤ちゃんを置いて離れなくてはいけないのが不安なんです。

その点、ベビーカーはどこでも持って行けて、病院で問診票を書いたり会計をしたりするときに、サッと寝かせておけるので便利でした。病院によってはベビーカーの持ち込みができないところもあるそうなので、事前に電話で確認しておいた方がいいですよ。

行って良かった!新生児2週間健診体験談

導入が始まったばかりで、まだまだ受診した経験のあるママが少ない新生児2週間健診ですが、実際に健診を受けた先輩ママの、「受けてよかったよ!」という体験談をご紹介しますので、受診の参考にしてみてくださいね。

アン
34歳

危ないとこでした…

赤ちゃんを抱っこする看護婦さんのイラスト

初めての子供を出産し、先日2週間健診を受けてきました。うちは夫の仕事で実家から離れて生活しているうえに、夫の仕事が忙しい時期に出産が重なってしまい、出産後に退院をしてから、ほとんど私一人で赤ちゃんの面倒を見ています。

初めのうちは気が張っていたのか、「私一人でもなんとかなるさ」と赤ちゃんの世話も家事も自分で全部こなしていたつもりなのですが、やっぱりちょっと疲れてしまって、ちょうど2週間健診を受ける頃に母乳の出が悪くなってしまいました。

赤ちゃんもお腹が空いたのか、しょっちゅうぐずって泣いている最悪の状態で病院へ出かけて行ったのですが、病院で検査をしてもらったら、自分が乳腺炎にかかっていることがわかって、念のためということで即日入院になりました…。

入院初日は無理のし過ぎを指摘されて自己嫌悪に陥りましたが、3日間の入院で赤ちゃんをゆっくり看護師さんがお世話をしてくれて、自分も休めましたし、母乳指導を改めてしてもらって、授乳姿勢が良くなかったことがわかり、母乳育児にも自信がつきましたし、体もすごく楽になりました。

丁度夏の暑い時期で、赤ちゃんの汗も防止の指導なんかもしてもらったので、核家族の私にとってはとてもありがたかったです。今回の入院で、主人も反省して少し仕事をセーブしてくれるようになったので、2週間健診はいいことずくめでした。

ピーコ
39歳

昔取った杵柄は?

体重測定される赤ちゃんのイラスト

私には10歳になる女の子と8歳の男の子、1歳の男の子の3人の子供がいます。上の子達とはちょっと間が空いてしまいましたが、念願の3人目を出産した時、初めて2週間健診を受けました。上の子たちの頃にはなかったので、「そんな健診あるんだ」とビックリしました。

私は上の子2人を育てた経験があるため「3人目の育児なんて余裕」と思っていたのですが、実は母乳量が足りていなかったらしく、2週間目の時点で1日30gの体重増加を切ってしまっていて、助産師さんからしっかり体重測定をしながら、ミルクを足すよう指導されました。ベテランママとしてのプライドはボロボロでした。

1ヶ月健診まで受診していなかったら、ミルク足すのが遅すぎたかもしれないので、2週間健診を受けておいて良かったです。

もっと新生児2週間健診を活用しましょう!

まだまだ受診するママが少なく、受診することのメリット知られていませんが、産後のママにとって、メンタル面のサポートや育児の支援は必要不可欠です。さまざまな悩みの解消にもなりますので、不安なことは遠慮せずに質問しましょう。今後、誰でも受診できるようになると嬉しいですよね。

産後2週間目は、まだまだ体の回復が十分ではないので無理は禁物ですが、この時期の外出は一日中赤ちゃんと自宅に閉じこもっているママにとって、きっと良い気分転換にもなりますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
はたこ

はたこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!