予防接種の同時接種とは?に関する記事

予防接種の同時接種とは?生後2ヶ月からの予防接種の間隔

予防接種の同時接種とは?生後2ヶ月からの予防接種の間隔

赤ちゃんの予防接種の数の多さに驚いているそこのママ!同時接種という選択肢があることをご存知ですか?同時接種には、一度に複数のワクチンを受けることでさまざまなメリットがあるので、同時接種の安全性を理解して効率的に予防接種が受けていきましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  予防接種の同時接種とは?生後2ヶ月からの予防接種の間隔

予防接種の同時接種のリスクは?生後2ヶ月からの予防接種

赤ちゃんの予防接種のスケジュールを見ると、1歳までの予定が目白押し。「1年でこんなに沢山の予防接種が受けられるの?」と驚くママは多いのではないでしょうか。

たしかに、1回ずつ予防接種を受けていては、1度でも受け損ねてしまうとスケジュールが狂ってしまうことも…。そのため、最近は、効率的に予防接種を受けるために同時接種が行われているのです。

中には同時接種による副反応などのリスクを心配する声もあることから、今回は同時接種について徹底解説。同時接種のメリットやリスクを正しく知ることで、安心してワクチン接種を受けられるようになるはずです。

予防接種の同時接種とは?

疑問を持つお母さんのイラスト

同時接種とは、2種類以上のワクチンの予防接種を1度に受けることを言います。

予防接種は、病原体の毒性を弱めているとはいえ、ワクチンの接種によって疑似的に感染を起こして、体内で免疫を作ることから、何種類も同時に接種することによって、次のようなことを心配するママは多いようです。

  • 違う種類の予防接種を一緒に受けて危険性はないの?
  • ワクチンの効果が下がったりしないの?
  • 一度にたくさん受けると赤ちゃんの負担になるのでは?
  • 単独接種に比べて副反応がひどくならないの?

同時接種は、安全性が確認されているほか、単独接種にはないメリットもあることから、ワクチンで予防が可能な病気を早期から防ぐために必要な「医療行為」として、日本小児科学会が推奨しているのです。

そして、現在では、多くの小児科で同時接種が受けることができるようになっています。

同時接種と混合ワクチンの違い

ワクチンと注射器

一度に複数のワクチンを受けるという点で、同時接種と混合ワクチンは似ていますが、一回に複数のワクチンの注射を受ける同時接種に対して、1本の注射の中に何種類かのワクチンが入っているのが混合ワクチンです。

現時点で、予防接種の混合ワクチンは、ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオのワクチンが1つになった四種混合ワクチンのほか、麻しんと風しんとのMR-ワクチンがあります。

同時接種の3つのメリット

同時接種には、単独接種にはないメリットが主に3つあります。同時接種に不安を感じているママたちも、まずはそのメリットを参考にして、同時接種を選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

1予防接種を受けに行く回数が減る

赤ちゃんが1歳までに受けなければならない予防接種は、全部で6種類あります。ほとんどの予防接種は、2~3回は受ける必要があることから、単独接種の場合は、次のように15回以上受けなければなりません。

赤ちゃんが1歳までに予防接種の受ける回数

それに対して同時接種の場合、1度に4~5種類も受けられることから、何度も病院まで予防接種を受けに必要がなくなります。

特に、赤ちゃんを連れての外出は大変なので、少しでもママの負担を減らすことができるし、病院側も時間的負担を減らすことができるので、同時接種はママとお医者さんの両方にとってメリットがあるといえます。

2できるだけ早い時期に免疫をつけられる

泣いている赤ちゃん

インフルエンザの予防接種を2月や3月に受けても意味がないように、予防接種は受けるべき時期を逃してしまうと、ワクチンで防げる病気に赤ちゃんがかかってしまうことがあります。

ワクチンは、種類によって接種間隔が決められていることから、接種する数が多ければ、接種待ちの状態になるワクチンも出てくるため、その分赤ちゃんが感染する可能性が高くなります。

生ワクチンは次の接種までに4週間以上、不活化ワクチンは1週間以上接種間隔を空ける必要があることから、単独で接種していると、1歳までにすべての予防接種を受けるのが難しくなるかもしれません。

3予防接種のスケジュールが立てやすい

6種類のワクチンを単独接種する場合、予防接種のスケジュールが複雑になってしまいますが、1度に4~5種類のワクチンを同時に接種するなら、スケジュールがシンプルなので分かりやすくなります。

また、スケジュールが立て込んでいると、赤ちゃんが体調を崩して受けられなかった場合、次のスケジュールに影響を与えてしまいますが、余裕を持ってスケジュールを立てることで、受けそびれてしまうこともなくなるのです。

また、スケジュールが立てやすくなる分、予防接種の受け忘れも減るので、1歳までに必要な免疫を確実につけることができます。

同時接種にデメリットはあるの?

ママに抱っこされた赤ちゃんに予防接種をしている医者のイラスト

基本的に、同時接種にデメリットはありません。強いて挙げるなら、1度に何本も注射をされるため、赤ちゃんがかわいそうだということです。

しかし、受ける予防接種の数は決まっているので、それを1日でまとめてするか、何日かに分けてするかの違いなので、必ずしもデメリットとは言えません。

ママにとっては、何度も針を刺される赤ちゃんの姿を見て、つらくなってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、同時接種は予防接種を一度で済ませるための方法と割り切って、すべての接種が終わったら「よく頑張ったね!」と赤ちゃんを思いっきり褒めてあげるようにしましょう。

同時接種の赤ちゃんへの副反応は?

発熱する赤ちゃん

予防接種を受けた後で、ワクチンによっては発熱・腫れ・発疹などの副反応が起こることはあります。同時接種の場合、一度に何種類ものワクチンを受けるので、副反応も重篤になりやすいのでは?と心配するママも多いでしょう。

しかし、同時接種を受けたからいって、単独接種よりも副反応がひどくなったり、特殊な副反応が起こったりはしません。

重篤な副反応を起こすリスクは極めて低く、それよりも、予防接種を受けないことによって、予防できるはずの病気に感染してしまう危険性が高いため、副反応を心配して同時接種を避けることには、あまりメリットはないといえます。

ただし、単独接種や同時接種にかかわらず、重度のアレルギー体質の赤ちゃんが予防接種を受けた場合、重篤なアナフィラキシーを起こす恐れがあることから、接種後は病院で待機し、赤ちゃんの様子を観察する必要があります。

その他、次のような副反応が起こった場合は、医療機関に相談したほうがいいでしょう。

  • 発熱が3日以上続く
  • 熱性けいれんを起こした
  • 意識が朦朧としている

1歳までの予防接種の間隔

寝ている赤ちゃん

予防接種は、生後2ヶ月にはデビューをするのが一般的です。

生ワクチンは、別のワクチンを受けるまでに中27日以上、不活化ワクチンは、別のワクチンを受けるまでに中6日以上あける必要があります。また、同じワクチンを受ける場合は、ワクチンごとに接種待ちの期間は決められています。

そのため、1歳までに次のような間隔で同時接種を受けていくようにするのがおすすめです。

  • 生後2ヶ月:B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌、ロタウイルス(1価/5価)
  • 生後3ヶ月:B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌、ロタウイルス(1価/5価)、四種混合
  • 生後4ヶ月:ヒブ、肺炎球菌、ロタウイルス(5価)、四種混合
  • 生後5ヶ月:BCGの単独接種
  • 生後8ヶ月:B型肝炎の単独接種

さらに、1歳の誕生日がきたら、MR・おたふくかぜ・水疱瘡の同時接種が受けられるように準備しておくといいですよ。

分からないことはかかりつけ医に相談しましょう

1歳までの予防接種のスケジュールをこなすことが大変なため、同時接種が推奨されていること分かっていても、いつ、どのようなタイミングで受けさせたらいいのか、不安に感じるママは多いのではないでしょうか。

また、突然副反応が起こった場合に、どのように対応したらいいのか、受ける前から心配になってしまいますよね。

このように、赤ちゃんの予防接種を安心して受けられないという場合は、事前にかかりつけの小児科医に相談しておくといいでしょう。

予防接種を受けるスケジュールの組み方から、不意の副反応への対処のしかたまで、分かりやすくレクチャーしてくれるはず。また、疑問があれば、納得のいくよう説明してもらいましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
れんプー

れんプー

趣味は野球観戦!カープ女子がライバルのアラフォー腐女子です。