新生児に添い乳をする方法に関する記事

添い乳で新生児に授乳しても大丈夫?安全な方法と注意点

添い乳で新生児に授乳しても大丈夫?安全な方法と注意点

添い乳は新生児にとって理想的な授乳方法なのでしょうか。添い乳の危険性やメリットについて探っていきます。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  添い乳で新生児に授乳しても大丈夫?安全な方法と注意点

添い乳で新生児に授乳する方法は?正しい姿勢と方法について

新生児に授乳するときは、基本的には抱っこして母乳やミルクを飲ませますよね。ですが、赤ちゃんと一緒に横たわって飲ませる『添い乳』も、お母さんが疲れているときやなかなか飲んでくれない時には便利な授乳の仕方の1つです。
お母さんが少しだけ楽できる添い乳ですが、メリットもあれば事故などのデメリットもあります。新生児に添い乳をする正しい姿勢でのやり方と、メリットとデメリットを見ていきましょう。

添い乳のやり方

ただ単に横になっておっぱいをあげるだけでしょ?と思われるかもしれませんが、正しい姿勢と注意点を確認しておかないと、ママの体には負担がかかり、新生児には窒息などの事故に繋がる危険性があります。
添い乳の正しい姿勢での方法を確認し、安全に赤ちゃんに母乳を飲ませてあげましょう。

横に寝て下になった腕を前に伸ばす

添い乳の姿勢の母親と赤ちゃん

クッションや枕を用意して、横になった時に枕が頭の位置にくるようにして寝て、下になっている腕を楽な体勢になるように床に沿って伸ばします。伸ばした腕を曲げて頭の下に入れた方が楽な人は、肘を曲げた姿勢でも問題ありません。授乳時間が長くなると腕がしびれてきますので、自分なりの楽な姿勢をみつけましょう。
頭の高さは低すぎると疲れてしまいますので、床と並行以上に保ちましょう。高めにすることで授乳中の新生児の顔を楽に確認することができるので、普段使っている枕よりも高い枕を使ったり、クッションを折り曲げたり、2つ使うなど工夫しましょう。

腕とわきの間に新生児を寝かせる

ちょうど前に伸ばした腕と、わきの間に新生児を寝かせ、下になっている乳房の目の前に、新生児の頭がくるようにします。新生児を寝かせる際に、クッションや折り曲げたタオルなどを使って、新生児の口の位置を、乳頭の位置を合わせることで、赤ちゃんも楽に母乳を飲むことができます。
先に新生児を寝かせて、その横にお母さんが寝るのが楽に体勢を作ることができますよ。

空いている方の手で、新生児の頭を支える

上になっているフリーになった方の手で、新生児の頭の後ろを軽く支え、しっかりと乳首がくわえられるようにお手伝いしましょう。腕で赤ちゃんの背中をやさしくホールドすると、赤ちゃんがもっとおっぱいを飲みやすくなりますね!

体の向きを変える

添い乳する赤ちゃんの体を支える母親

片方のおっぱいだけをあげるのではなく、両方のおっぱいで授乳するように、タイミングを見計らって体の向きを替えましょう。体の向きを替えずに、上にあるおっぱいをあげようとすると、無理な体制になってしまいますし、赤ちゃんも上向きにならないと飲めないので大変です。添い乳をする場合は、横着せずに常に下の方にある乳房から授乳するようにしてください。
添い乳の場合だけではなく、授乳時には片方のおっぱいだけではなく、できるだけ両方のおっぱいから授乳するようにすることで乳腺炎などのトラブルを防ぐことができます。
「片方につき5分」と、時間を決めて飲ませてあげたり、次の授乳時には今とは逆のおっぱいから授乳させるなど、できるだけ均等に両方のおっぱいから授乳するようにしましょう。

体の向きを変える場合も変えない場合も、赤ちゃんの鼻をおっぱいでふさいでしまわないように、常に赤ちゃんの様子には注意して下さいね。

添い乳を新生児にする際に知っておきたいこと

「添い乳は新生児にしてもいいの?」と不安なママもいますよね。添い乳をするときに注意すべき事柄について見ていきましょう。

添い乳の時期は決まっていない

「添い乳はいつからしていいの?」と疑問があるかもしれませんが、添い乳はとくにいつからなら大丈夫という時期は決まっておりません。病院や助産院によっては、添い乳について一切アドバイスされない所もありますし、入院中から添い乳を進められる場合もあります。新生児の場合は、とくにお母さんの体やおっぱいで鼻をふさいでしまったり、赤ちゃんの体を圧迫してしまったりしないように注意して授乳する必要がありますが、赤ちゃんの体に負担にならないようにすれば、添い乳はいつから初めて大丈夫です。

添い乳をしたときもゲップはさせる

まず、「添い乳は赤ちゃんにおっぱいを飲ませながら寝ることができる授乳の方法」と、誤解していらっしゃる方もいますが、添い乳をしたときも普通に抱っこして授乳した時と同じくゲップをさせる必要があります。赤ちゃんが充分におっぱいを飲んだと判断したら、一度体を起こして赤ちゃんを抱っこし、ゲップをさせましょう。赤ちゃんがおっぱいを飲みながらそのまま寝ちゃう、ということもありますが、ミルクを吐きやすい赤ちゃんの場合は、新生児期の場合そのまま寝かすのも危険なので、ゲップを出させてから再度寝かすようにしましょう。

ママはそのまま寝てはダメです!

新生児に添い乳をしていると、お母さんも赤ちゃんも体を密着させているから、気持ちよくなってそのまま寝てしまう可能性があります。赤ちゃんにゲップをさせる必要もありますし、お母さんが寝ている間に、だらだら時間をかけて飲む癖を赤ちゃんにつけてしまうことにもなりかねませんので、普通に抱っこして授乳するときと同じく、ミルクタイムが終了したらおっぱいを片づけてベビーベッドに寝かせましょう。

添い乳の危険性

お母さんも赤ちゃんも最大限にくつろげる添い乳』ですが、危険性もあります。特に新生児期には注意をしなくてはならないポイントがたくさんありますので、添い乳を実施するときには厳しくチェックするようにしましょう。

添い乳中の窒息に注意

赤ちゃんを見守りながら添い寝する女性

添い乳で一番怖いのが、新生児の窒息を引き起こしてしまうことです。先に「添い乳中に寝てはダメ」と言いましたが、寝返りを自分でコントロールすることはできないので、赤ちゃんを押しつぶしてしまう危険性があります。寝返りをうたなかったとしても、赤ちゃんが窒息することも考えられますので、添い乳をしている時は絶対に寝ないで、赤ちゃんの様子を見ていてあげて下さい。
知らず知らずに赤ちゃんに圧力をかけていたり、赤ちゃんの鼻を防いでいたり、赤ちゃんの体の一部がお母さんの体の下に入り込んだりしてしまうことがあります。常に目を配って、赤ちゃんが窒息、もしくは圧迫されていないか注意しましょう。
「乳児の窒息事故の半数は、添い寝をしている時に発生している」という調査結果もありますので、「自分は寝ないから大丈夫」と油断しないで気をつけてください。

添い乳じゃないと寝てくれなくなる

添い乳をしていると、赤ちゃんがおっぱいを飲みながら寝てしまうことも多々ありまして、その状態に慣れてくると「おっぱいを飲みながらじゃないと寝てくれなくなる」という癖がついてしまう可能性があります。寝かしつける時に添い乳をするお母さんの中には、卒乳に時間がかかったという人もおります。おっぱいを飲んでそのまま寝ちゃう姿は、とても可愛いのですがゲップを出させてあげて、ちゃんとベビーベッドで寝られるようにしてあげたいですね。
また、楽な姿勢のため、寝ているのにおっぱいから口を離さずにいさせることで、眠りながら無意識で口を動かす癖がついてしまったり。まだお腹いっぱいじゃないのに、寝ちゃうことですぐに目を覚ましてしまい、結果として眠りが浅くなったりする可能性もあります。

おっぱいを吐く

そもそも赤ちゃんの胃は未発達で、大人とは違い胃の内容物が逆流しやすい形のため、吐き戻ししやすくなっています。添い乳では体を横にしますし、さらに体が押さえつけられている分、吐きやすくなってしまいます。ミルクタイムの途中で吐いてしまったり、ゲップをさせ忘れて吐いてしまったりすることもあるかもしれません。
赤ちゃんの頭が少し上がるように、クッションなどを使って、体全体に角度をつけて上げることで、添い乳中の吐き戻しを防ぐことができます。

中耳炎になる可能性

横を向きながらの体勢で母乳を飲み、飲んでいる最中にも吐いてしまったりすることで、口と耳を繋ぐ耳管に母乳が入ってしまうことがあります。耳管は中耳と繋がっていることから、添い乳をすると中耳炎(頭位性中耳炎)になりやすいと言われています。
これは哺乳瓶を使った場合でも同じですが、授乳時の頭の角度により同様に中耳炎になる危険性があります。中耳炎は繰り返しかかる事が多く、いつも同じ耳が中耳炎になる赤ちゃんが、いつも同じ向きで添い乳されていたという調査結果もありますので、授乳後にはゲップを出してあげたりし、吐き戻しと赤ちゃんの体の角度に注意しましょう。

同じ格好での授乳による乳腺炎の危険性

縦抱きの赤ちゃんに授乳する母親

楽な体勢で授乳できる添い乳に慣れてしまい、つい授乳はいつも添い乳でしているというお母さんもいます。しかし、いつも同じ角度から授乳していると、乳腺に残った母乳のため乳管が詰まり乳腺炎になる危険性があります。授乳後の搾乳やマッサージなどである程度防ぐことはできますが、授乳の仕方を工夫することで乳腺炎を防ぐのが一番です。
赤ちゃんの好きな授乳姿勢はいくつかありまして、添い乳だけではなく、縦抱きや横抱き、フットボール抱きなど、色々な体勢で赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら授乳するようにしましょう。

疲れない育児のための添い乳

楽に授乳させることができる分、添い乳には新生児にとって危険が沢山あり、添い乳をすること自体、賛否両論有ります。初めての子育ては嬉しいことが多い反面、体力的に疲れることも多くなります。体の疲れはストレスとなってしまいますし、赤ちゃんにも伝わってしまうので、自分なりの楽な育児の方法を見つけることは大切です。
つい「楽だし赤ちゃんもおとなしく寝てくれるから…」と添い乳ばかりになりがちですが、普段は抱っこして授乳をし、疲れてしまった時だけ添い乳をするなど、授乳ルールを決めてみるのも良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪