赤ちゃんの痰の取り方に関する記事

【赤ちゃんの痰】「ゼーゼー」やからみも治まる痰の取り方

【赤ちゃんの痰】「ゼーゼー」やからみも治まる痰の取り方

のどの奥は痰でゼロゼロ、咳き込む赤ちゃんの姿を見ていると苦しそう。そんな光景を見逃さずに、ママが家庭で出来るケアをしてあげましょう!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  【赤ちゃんの痰】「ゼーゼー」やからみも治まる痰の取り方

赤ちゃんの痰や咳が止まらない!注意すべき症状と痰の取り方

赤ちゃんが、痰がからむような咳をしていると何だか苦しそうですよね。咳は、体の中に入った異物を体の外に出そうとする自然な反射現象の一つです。咳が出るという事は、のどや呼吸器系に何かが起こってしまって、体からその異常を知らせようとしているサインでもあります。その主な原因としては「ウィルス」や「細菌」などの病原菌に感染してしまった事があげられます。

咳や痰は、風邪の初期症状としてもよくみられますが、その症状が悪化してしまうと、呼吸状態にも影響を及ぼしてしまうこともあって、深刻にならないうちに、なるべくその症状をやわらげてあげたいですよね。

「ゼェーゼェー」と呼吸を苦しそうにしていたり「あれ様子が変だなぁ~」とのママの違和感があれば、病院に早めにいくことも大切です。けれど、まだ症状が軽いうちには家庭で出来る対処法もいくつかあって、それらを試してみても痰の症状が治まらなかった時には、病院に行く事をお勧めします。

赤ちゃんの痰がからむ原因

医者にだっこされながら触診されてる赤ちゃん

痰は、肺や気管支などから出る粘液で、ウィルスなどが体に侵入してきた時以外でも分泌されています。しかし通常は痰の分泌される量が少なく自然に飲み込んでいるため、からむという状態になることがありません。

しかしウィルスなどの感染により、病原菌が体の中に入ってきてしまうと、免疫機能が活発化して、痰が分泌される量も多くなり、退治された「病原菌」や「役目を終えた免疫物質」が痰に混じることで、粘り気の多い痰になってしまいます。

空気の通り道でもある気管支は、赤ちゃんの時にはとても短いのが特徴です。また赤ちゃんの時には、気管支をキレイにする働きも弱いので、ウィルスや細菌が入り込みやすくなります。そのため気管支は感染症の影響を受けやすい事も重なって、気管支では痰がからまりやすくなってしまいます。

痰がたまると反射的に咳をして、それ体の外に出そうとしますが、赤ちゃんは腹圧も弱くて、痰を上手に出すため効果のある咳をすることが出来ません。そのために、いつまでも「ゼェゼェー」と痰からでいるような状態になってしまいます。

痰がからんだ時の症状

赤ちゃんは痰がからんでしまうと、「咳が止まらない」「不機嫌になる」「哺乳力が落ちる」などの悪影響を受けてしまいます。また咳が出続けることで、吐いてしまうこともあります。赤ちゃんは胃の入口の筋肉が緩いので、胃の中に
含まれている「モノ」が逆流しても、それをうまく止める事ができないため、咳をするとその勢いで吐いてしまいます。

また、痰がたくさん気道にたまることで、そこがつまってしまい、呼吸が苦しくなる場合もあります。呼吸が苦しいために、哺乳の時に普段よりも息継ぎを何度も必要となり、哺乳に時間がかかってしまう事や、哺乳時に唇の色が悪くなるという症状も見られます。

1 呼吸のたびにゼロゼロ、ゼーゼーと音がする

ウィルスなどの感染により「のど」や「気管支」や「肺」に炎症が起こると、息をした時にゼロゼロ、ゼーゼーといった変な呼吸音がするようになります。この奇妙な「音」の正体は、痰の分泌が多くなり、粘り気が強くなったため、のどの奥などにたまっている痰が、呼吸する度に、振動するなどして発生してしまう種類の「音」です。

2 ゴホンゴホンと湿った咳が出る

咳には「乾性咳嗽(たんせいがいそう)」と「湿性咳嗽(しっせいがいそう)」という2種類があります。乾性咳嗽はコンコンというような音の「痰がからまない」咳を出ます。湿性咳嗽の場合には、ゴホンゴホンというような音で「痰がからんだような」咳をするのが特徴的です。

のどの奥にからんでいる痰を吸引して取らない限り、このときにはゴホンゴホンという痰がらみの咳が続いていきます。

3 呼吸が苦しそう

鼻水が流れている赤ちゃん

赤ちゃんは鼻呼吸が呼吸の中心なので、「鼻水が増えたり」「鼻が詰まったり」「痰がからむと」呼吸が苦しくなってしまいます。そういう症状があると、一回の呼吸ではまだ充分な酸素を吸うことが出来ないので、呼吸回数が増えてしまって、呼吸の質が浅くなりそのペースが早くなってしまいます。

呼吸が苦しくなってしまうと、睡眠の質が悪くなってしまったり、哺乳が十分にできないとなどの影響も出てしまいます。また、咳をすることでも体力が消費されてしまい、痰がからむとさらに息苦しくなって、体にうまく酸素がいき渡らなくなって、赤ちゃんが急激にぐったりするということもあります。

そのために痰がからんでいる赤ちゃんの呼吸状態の変化には、気をつけていきましょう!

赤ちゃんに痰を引き起こす病気とは

赤ちゃんに痰を引き起こす病気の種類には、「鼻やのどなどの上気道感染」と「気管支や肺などの下気道感染」の2種類があります。

1 風邪

風邪は「鼻・のど・扁桃」など上気道や「気管支・肺」などの下気道に急性炎症を起こしている病気をまとめて、そういうふうに解りやすく表現している呼び名です。

痰を引き起こす病気としては、最も一般的なものです。その原因となるウィルスの種類はたくさんありますが、鼻風邪に引き起こしてしまうウィルスに感染してしまうと、3日後くらいには「鼻水」や「鼻づまり」などの鼻風邪の症状があらわれて、その後咳が出始めます。

ウィルスの種類を突き止めるには、検査が必要ですが面倒な事も多くて、症状が軽いうちには、抗生物質の投与や安静や保湿、水分や栄養の補給によって1週間程度で症状が改善することがほとんどです。

2 RSウイルス

RSウィルスの感染にしてしまうと、呼吸器などに症状があらわれてしまいます。RSウィルスの感染パターンには「飛沫感染」と「接触感染」があります。そのウィルスの感染力は強くて、免疫のない赤ちゃん、特にはじめての感染の時にはその症状が重く出やすいという報告もあります。

潜伏期間を過ぎたあとには、発熱や鼻水、咳、ゼーゼーという喘鳴(ゼンメイ)などの症状があらわれます。さらに、症状がひどくなると呼吸困難を起こすことがあります。0歳~1歳児の感染が多く、乳児期早期(特に生後3ヶ月以内の赤ちゃん)が感染してしまうと、肺炎などの重い症状が引き起こってしまうリスクが高まります。

また、RSウィルスに感染してしまうとその治療法は、RSウィルスに対しする特効薬はなくて、病気そのものを治すというよりは、起きている症状をやわらげるといった対症療法を選択します。

マイコプラズマ感染症

肺炎の原因菌の一つであるマイコプラズマという病原体に感染しておこります。感染してしまうと、発熱や鼻水、痰など風邪に似ている症状が体に現れてしまいますが、その違いは痰のからむ激しい咳が長引くことです。マイコプラズマは6~12歳の学童期に感染することが多く、赤ちゃんは感染しても症状が軽い場合があるといいます。しかしマイコプラズマは悪化すると呼吸困難を起こすこともあるので、決して油断はできませんね。

4 ヒトメタニューモウイルス感染症

冷えピタする赤ちゃん

1年中発症する可能性のある呼吸器の感染症です。1~2歳で感染することが多いと言われておりますが、その年齢よりも未熟な赤ちゃんが感染してしまうと、重症化することがあるので注意が必要となります。

初期症状は風邪によく似ています。けれど、ウィルスが体内で増えてしまうと、風邪との症状の違いが少しずつ見え始めて、「鼻水の量が多くなったり」「38~39度の熱が4~5日続いたり」「咳も一週間程度続く」こともあります。さらにひどくなると、細気管支炎や喘息様気管支炎を起こしたり、呼吸困難が引き起こるともある病気です。治療には咳を止める薬の処方、解熱などの対症療法であったり、呼吸状態に応じて酸素の吸入が必要になる時もあります。

5 急性気管支炎

気管支の粘膜に急性の炎症が起こるのが急性気管支炎です。
ウィルスによる感染と細菌による感染がありますが、割合的に多いのはウィルスによる感染です。さきほど取り上げた、「RSウィルス」「マイコプラズマ」「ヒトメタニューモウィルス」などに感染してしまって、症状が悪化してしまっておこる炎症も急性気管支炎のひとつです。

急性気管支炎の初期症状としては、鼻水やのどの痛み、発熱など上気道炎症状があり、そのあとに湿性咳嗽や痰などの下気道炎呼吸器症状がみられるようになります。病院では痰の培養検査をして、原因菌を探ります。そして抗生物質などの内服治療と対症療法を行っていきます。

6 肺炎

肺炎は、肺が炎症の状態にあることをいいます。赤ちゃんの場合には、風邪が悪化してしまうと、肺炎や細気管支炎等を起こしやすいと言われています。

肺炎を引き起こす原因となるウィルスなどは、お子さんの年齢によってかかりやすい種類が異なります。新生児期の肺炎では「B群連鎖球菌」や「大腸菌」にかかりやすくて、1~2歳では「肺炎球菌」「インフルエンザ菌」、2歳~6歳では「肺炎球菌」や「インフルエンザ菌」に加え、「マイコプラズマ」や「肺炎クラミジア」にかかりやすくなってしまいます。

6歳を過ぎていくと肺炎球菌やインフルエンザは少なくなっていき、マイコプラズマや肺炎クラミジアが多くなります。

赤ちゃんの痰を出やすくする方法

ママに抱っこされている赤ちゃん

赤ちゃんの気道はとても狭くて、その狭い空気などの通り道に痰がたまってしまうと、呼吸がすぐに苦しくなってしまいます。ママも経験があると思いますが、咳をしたときに痰もその勢いで体の外に出てしまうことがありますよね。咳をするという事は、体の中に侵入してしまったウィルスなどを外に出すという意味合いも含まれていて、咳として外に出す力がついてくると、体のたまっている痰も一緒に外に出すことができます。

けれど、赤ちゃんはまだ咳をうまくはできなくて、そのために痰を体の外にうまく吐きだすことも出来ません。
これから、ご家庭でも簡単にできる赤ちゃんの体の中にたまっている痰が出やすくなる方法を紹介します。もしも、そういった対処法をしても痰がなかなか出てこなかったら、病院で取ってもらいましょう!

痰がいっぱいたまってしまうと、のどだけでなくて肺にまで炎症が起こってしまいます。鼻のつまりが気になっている時や、痰が詰まってゼイゼイがちょっと気になった時などには、早めの対処が必要です。

1 縦抱きをして背中をトントンする

赤ちゃんの肺から気管支、気管、のどを、痰がよりスムーズに流れやすくなるように縦抱きをしましょう。そして軽く背中をトントンと軽くたたいてあげます。まだ首が座りきっていない赤ちゃんの場合だと、グラグラしてしまって不安定になってしまうので、しっかり支えてあげましょうね。

もしも痰がたくさんたまっている場合には、背中を触るとその感触で痰がつまっている感じなどが伝わってくるでしょう。痰は背中を軽くたたく動作によって、痰が粘膜からはがれていき、体の外に流れやすくなっていきます。

2 水分を補給する

咳が続いて止まらないということは、痰が体の中にまだ残っていて、それを外に出そうとしている状態なのかもしれません。そういった場合には、水分を摂ることをオススメします。水分を補給することで、粘りっこい痰の粘度が弱まり、水っ気が増してより流れやすなります。

けれど、一度にたくさんの水分を補給してしまうと、かえって咳き込んでしまって、吐いてしまう恐れもあるため少しずつ飲ませるようにしましょう。一口や二口ぶんくらいの水分を与えるだけでも、咳が少し治まることもあります。

3 部屋の湿度を上げて乾燥を防ぐ

加湿器

のどの粘膜にある繊毛は病原菌の侵入を防ぐ役割があるのですが、のどが乾燥している状態ですと、繊毛の働きが悪くなってしまいます。また乾燥している状態だと、水分が失われやすくなって痰の粘り気が増してしまいます。そうなると、ますます痰が体の外に出にくくなってしまいます。ですから、痰をサラサラにするためには、加湿をして乾燥を防ぐことが必要となります。

加湿器を使用すると湿度を一定に保つことも出来ますが、加湿器がない場合には、部屋に濡れたタオルをかけておくだけでも加湿の効果があります。一般的にその目安は湿度60%前後、室温は20℃程度です。

4 上半身を高くする

鼻水が出てしまう量が多いと、自然に鼻水が赤ちゃんの喉の奥の方に流れていくこともあります。流れたものをうまくはき出すことができるといいのですが、いつまでものどの奥に痰としてたまっていると、呼吸するときには息苦しさが続いてしまいます。寝ている時などに赤ちゃんの上半身を少し高くすると、のどに流れていく鼻水の量を減らすことが出来ます。上半身を高くすると、横隔膜の位置が下がるので、肺が広がって呼吸をしやすくするというメリットもあります。

また、ママが使いやすい鼻水吸引器をつかって、こまめに鼻の中にたまっている鼻水を吸い取ってあげたりもしましよう。

こんなときには病院を受診しよう

赤ちゃんの症状は、場合によっては急激に変化をすることもあります。赤ちゃんが「ゼェーゼェー」と痰が絡んでいるように苦しそうに呼吸しているだけではなく、次のような症状も見受けられる時には、早めに病院を受診することをお勧めします。

1 高熱が続く

赤ちゃんの平熱は高めなので、38度くらいまでは様子を見ましょう。けれど赤ちゃんの体温をはかってみたら、38度以上の熱が1日で数回も続くという場合には、病院に行くことをお勧めします。咳をしてたまっている痰を、体の外に出そうとするだけでも体力を消耗するのに、熱が高いとさらに体力が失われてしまいます。

風邪の初期症状だけでおさまる場合だと、ご家庭でもできる対症療法でケアしていくと、熱が下がっていきます。けれど、高熱が何度も数日間も続いてしまう場合には、カゼのウィルスの感染に加え、より重い症状をともなう細菌感染などを併発している場合もあります。そのために早めに病院に行って、その原因を調べることが大切となります。

また、高熱が続くと脱水症状になってしまう恐れもあります。赤ちゃんの体は小さいため、体に含まれている水分量も少なくて、高熱が続き汗がたくさん出てしまうと、体の中の水分量が少なくなって、脱水症状になってしまうこともあります。

脱水症状がひどくなると、「おしっこが出ない」「元気がなくなる」「食事がとれなくなる」こともあります。赤ちゃんを脱水症状にさせないためにはこまめの水分補給が必要となります。もしも夏などの暑い気温も相まって、脱水症状が進行している場合には、病院で点滴治療を受けることもあります。

2 鼻水や鼻づまり

熟睡している赤ちゃん

赤ちゃんは鼻呼吸が呼吸の中心ですが、ウィルスなどの感染により、「鼻水の増加」や「鼻づまり」が起こってしまうと、鼻の奥はとても狭いので、空気の通り道が狭まって呼吸が更に苦しくなります。

「鼻水」や「鼻づまり」は、ママ達がお勧している鼻水吸引器を使うと鼻水を簡単に取れて、お子さんの鼻の状態をスッキリとさせることが出来ます。鼻の入り口に専用のチューブをいれて、ママの力で吸い取ることも出来ます。けれど「鼻の奥にあるもの」や「固まって詰まっているもの」を取ることは難しいです。そうした場合には、赤ちゃんの鼻水をとることに慣れているスタッフがそろう、病院にいって吸引をしてもらう事をオススメします。

1日のほとんどの時間を寝て過ごしている赤ちゃんの喉の奥に鼻水が流れて行くと、その事が原因となって中耳炎になることもあります。中耳炎は膿がたまる前ならば、抗生物質などで対処ができます。しかし、悪化してしまうと耳の痛みや発熱の症状も伴ってしまいます。

そうなってしまうと抗生物質では対処できずに、鼓膜切開の治療が必要になることもあります。そのためにお子さんの「鼻水」や「鼻づまり」が長引いてしまっているときには、早めに病院に行きましょう。その場合には、小児科でも耳鼻科でも診察可能です。

3 咳がひどくて眠れない

痰やウィルスが、のどや気管に入るとゼイゼイと喘鳴が出やすくなります。けれど、「赤ちゃんの咳が続く」「ゼイゼイと苦しいそう」「呼吸のたびにヒューヒューという音が出ている」場合には、風邪に感染しているのではなく、ぜんそくになってしまっている可能性も考えられます。そういった場合には、専門医に診てもらいましょう!

咳が激しくなってしまうと「寝れない」「機嫌が悪い」「食欲がない」「咳き込んでは吐く」などの状態を引き起こしてしまいます。さらに症状が進んでしまうと、唇が紫色になる、呼吸のたびにみぞおちがへこむ、呼吸困難の状態にもなるので、早めの受診が安心です。

赤ちゃんの体力の消耗は、感染症からの回復を遅らせてしまうため、なるべく体力を失わないように睡眠や安静が取れるように気を付けていきたいですね。

4 嘔吐や下痢がひどい

炎症によって気管支などがデリケートになっている時に、哺乳をしてミルクがのどを通過することが、刺激となって吐いてしまう事もあります。またウィルスや細菌の影響でうんちが緩くなってしまうこと。もともと母乳やミルクしか飲んでいない赤ちゃんの時期ですと、うんちの水分量が多くなり緩くなりがちで、風邪のウィルス感染の影響で下痢になることもあります。口から飲めない、嘔吐・下痢がある状態は脱水の心配がありますね。

そういう症状があらわれている場合には、点滴での水分補給が求められるので、病院を受診することをお勧めします。

重症化する前に家庭で出来ることを!

赤ちゃんが成長していくと外出する機会も増え、それに伴って風邪などの感染症を引き起こす感染源である「ウィルス」や「細菌」に接触する回数も増えていきます。そうやって、鼻かぜを引いたり、高熱を出したり、痰がつまって苦しみながらも、免疫力をどんどんとつけながら成長していきます。そういった事は、赤ちゃんが乗り越えなくてはいけない壁の一つでもあります。

痰が詰まっているように苦しそうな呼吸をしている赤ちゃんを初めて見てしまうと・・・ママは心配ですしつらいですね。「ママにできる事は何かないかなぁ…?」そんな親心のままで試していただきたいのが、赤ちゃんの痰を出やすくする方法です。4つのうちのどれかの方法を試してみると、お子さんの体のどこかにたまっていた痰がスムーズに体の外にでていく事もあります。

そんなママの努力をしても、わが子の体の中に痰がしつこく残っていたら、病院を受診しましょう。ママの家庭でのケアのおかげで、きっと重症化することを防げていますよ!

普段から感染予防や湿度など環境を気にしてあげることで、赤ちゃんは痰の症状などを伴う感染症にはかかりにくくなります。けれども、そういう心掛けをしていても、近年では感染症を引き起こす「ウィルス」や「細菌」などの感染力が強まっているために、感染してしまうこともあります。そういった時には、ママのケアが大切です。わが子が痰で苦しむことが長引かないように守ってあげましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!