赤ちゃんの便秘に効く砂糖水に関する記事

赤ちゃんの便秘は砂糖水で解決!新生児でも安心のスッキリ解消法

赤ちゃんの便秘は砂糖水で解決!新生児でも安心のスッキリ解消法

赤ちゃんの便秘にいい砂糖水。ただし、濃度や与え方が重要!を詳しく分かりやすくご紹介します!

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんの便秘は砂糖水で解決!新生児でも安心のスッキリ解消法

赤ちゃんが便秘で苦しむときは砂糖水をあげてみて!

赤ちゃんは自分で運動することもできず、排便に必要な腹筋も未発達なため、便秘になりやすいです。
ひどい便秘になると、お腹が張って苦しいため、赤ちゃんの機嫌や具合まで悪くなってしまいます。

「最近排便の回数が少ないかな?」と思ったら、ひどくならないように、早めの対策が必要でしょう。

赤ちゃんの便秘になぜ砂糖水が効くの?

入れ物に入った砂糖

糖分を含む食品には、腸内の便を柔らかくする効果があります。
そのため赤ちゃんの未発達なぜん動運動(腸の動き)でも、うんちを押し出しやすくなるのです。

また、便秘対策には水分摂取も欠かせませんが、砂糖水を摂取することで効果的に便秘の改善・予防ができるのです。
材料は、砂糖と水だけなので、赤ちゃんにも安心です。

赤ちゃんの便秘対策として、砂糖水だけでなくマッサージ・体操などの方法も挙げられますが、砂糖水の摂取と併せて行うことで、さらに効果を高めることができるでしょう。
もちろん、母乳の不足や運動料の不足など、便秘を招く原因となるものを取り除くことも必要でしょう。

赤ちゃんの便秘に効く砂糖水の作り方

砂糖水の濃度が濃すぎると、下痢を招いてしまったり、腸内の悪玉菌を増やしたり、赤ちゃんの体に良くないと言われているため、適切な濃度の砂糖水を作ってあげることが必要でしょう。

一般的には5%の砂糖水が望ましいとされていますが、5%の砂糖水は、舐めるとほんのり甘いかなぁと感じる程度の濃さです。甘すぎないように気を付けることが必要でしょう。

与える砂糖水の量は?

赤ちゃんに哺乳瓶を与える母親

便秘にさせたくないからと言って、飲ませすぎるのも良くありません。赤ちゃんの様子をみながら、少しずつ与えると良いでしょう。

砂糖水はほんのり甘いので、嫌がる赤ちゃんは少ないようです。もし、哺乳瓶で飲めないようでしたら、スプーンやスポイトを使ってあげても構いません。

母乳の赤ちゃんでも安心です!砂糖水は微かな甘さなので、次から甘いものを欲しがって、おっぱいを飲まなくなるなんてことはないそうです。

便秘に効く砂糖水の作り方

1 60度くらいに冷めた白湯を100ml用意する
2 砂糖を5g用意する
3 1と2を哺乳瓶に入れ、ビン底に溶け残った砂糖がなくなるまで溶かす
4 人肌まで冷まし、1回30ml~50mlを赤ちゃんに与える

砂糖水の他に安心してあげられるものは?

砂糖水以外に、オリゴ糖も赤ちゃんの便秘には効果的です。
オリゴ糖とは、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の栄養分となるものです。
オリゴ糖を摂ると腸内の善玉菌は活性化し、腸内環境を整えてくれます

母乳やミルクにはこのオリゴ糖が多く含まれていますが、離乳食に移行して母乳やミルクを飲む量が減るにつれて、赤ちゃんのオリゴ糖摂取量もどんどん減少してしまいます。
そのため、腸内の乳酸菌の活動は緩慢になり、便秘しやすくなってしまう場合もあるのです。

どんなオリゴ糖をあげたらいいの?

市販のオリゴ糖

スーパーなどでよく見かけるリーズナブルなシロップ状の市販のオリゴ糖は、人工甘味料や保存料などの食品添加物が多く含まれていたり、砂糖の方がオリゴ糖より多く含まれている場合があります。

そのため、パッケージにきちんと成分表示がされているものを選び、純度が高いものを選ぶと安心でしょう。

オリゴ糖選びのポイント

  • 原材料や成分をきちんと表示しているものを選ぶ
  • オリゴ糖の純度の高いもの(できれば100%)を選ぶ

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪