新生児の体重が増えすぎるに関する記事

新生児が体重増えすぎ!生後1ヶ月の赤ちゃんの体重増加目安

新生児が体重増えすぎ!生後1ヶ月の赤ちゃんの体重増加目安

新生児なのに体重が増えすぎ!体重増加の目安や、体重が増える原因とは?低体重児と肥満の関係についても詳しく解説します。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  新生児が体重増えすぎ!生後1ヶ月の赤ちゃんの体重増加目安

新生児の体重が増えすぎる!気になる体重の増え方とは

生まれたばかりの赤ちゃんは、どんどん成長して肉付きの良いぷくぷくとした体になってきます。より赤ちゃんらしくなってとってもかわいいのですが、「新生児なのに太りすぎじゃないの?」と心配になるママもいるのではないでしょうか。また、赤ちゃんの体重をこまめに測っているママなら、「こんなに増えすぎて大丈夫?」と不安になるかもしれませんね。

今回は、新生児の体重と増え方について役立つ情報をお伝えします。体重が増えすぎる原因や、低体重児と体重の関係についても触れますので、赤ちゃんの体重が気になるママは、ぜひ参考になさってくださいね。

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重

赤ちゃんの体重が気になる時は、母子手帳に載っている成長曲線の表を見てみましょう。月齢ごとの身長と体重が書かれていて、成長曲線の上限を超えた場合は、かなり大きめの赤ちゃんということになります。

乳児身体発達曲線

成長曲線を見ると、生後1ヶ月の体重は男女ともに3キロから5キロとなっているので、この中に入っていれば標準の範囲内だと言えます。

ただし、個人差があるので表の数値はあくまで目安と考えてください。生まれた時の体重や身長とのバランスに個人差があるので、「成長曲線からはみ出たら太り過ぎ」とは簡単に言えないためです。体重の増えすぎが気になる時は、検診の時などに相談してみると良いでしょう。

新生児の体重の増え方

新生児期の赤ちゃんの体重の増え方は生後1ヶ月で1kg、1日あたり30g程度で、これが、新生児の体重増加の目安です。時々赤ちゃんの体重を測ってみて、どのぐらい体重が増えているか確認してみると良いでしょう。

ただし、生まれたばかりの赤ちゃんは、おっぱいを飲んでいても、一時的に体重が減ってしまうことがあります。これは、生理的体重減少という状態で、良くあることですから心配いりません

体重が減るのは、おっぱいを飲む量よりも、汗や尿などで体の外に出ていく分が多いためです。生まれてから数日ほどで、出生体重の10%程度減ることもあります。赤ちゃんの体重が急に減るとびっくりしますが、おっぱいをしっかり飲んでいるうちに体重が増加していきます。生後1,2週間で元の体重に戻るでしょう。

赤ちゃんの体重を測るには?

赤ちゃんの体重を測るベビースケールは、病院や保健センター、ショッピングセンターなどの授乳室にありますが、新生児期だとまだ外出することができませんよね。正確な体重を知りたいなら、ベビースケールを購入かレンタルし、自宅で測るのが良いでしょう。また、ベビースケールがない場合でも、ママが赤ちゃんを抱っこして測った体重からママの体重を引き算することで、赤ちゃんの体重が分かります。

新生児の体重が増えすぎる4つの原因

ぷくぷくしている赤ちゃんの手

乳児期の赤ちゃんは、体の割に体脂肪が高く、手や足がぷくぷくしているのが普通です。新生児期は一気に成長するため、体重が増えすぎではと思うことがありますが、許容範囲内であることがほとんどです。

しかし、急激に体重が増加した場合は、授乳に問題がある可能性も高いため、原因を考えてみる必要があるでしょう。ここでは、新生児の体重が増えすぎる原因を4つご紹介します。

1母乳のカロリーが高い

母乳に含まれるカロリーが高くなると、赤ちゃんの体重が増えすぎてしまう恐れがあります。母乳はママの食べたものを原料として作られるため、ママの食生活がそのまま母乳の成分に反映します。ママが糖分や脂肪分の多いものを食べすぎると、母乳が高カロリーとなり、赤ちゃんの太りすぎにつながってしまうのです。

また、高カロリーの母乳は、乳児湿疹の原因にもなると言われています。ドロッとしていて味もまずくなるので、赤ちゃんの太りすぎを防ぐためにも、バランスのとれた食事を摂るよう気をつけましょう。

2母乳の飲みすぎ

新生児の体重が増えすぎる原因として、母乳の飲み過ぎがあります。新生児期は母乳を飲ませる間隔が短く、「赤ちゃんが泣いたらとりあえずおっぱい」というママも多いのでは。

赤ちゃんは、お腹が空いていなくても、おっぱいをくわえる習性があるため、ママが与えた通りに飲んでしまうことがあるのです。

母乳は一度でしっかり飲ませる

母乳の飲み過ぎが気になる場合は、1回の授乳でしっかり飲ませるようにしましょう。お腹いっぱいになるため、次の授乳まで時間が空き、結果的に飲む量を抑えられます。

3ミルクの足しすぎ

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

母乳で足りているのに、さらにミルクを追加することにより、赤ちゃんが太ってしまうことがあります。母乳育児をしていると、「おっぱいが足りていないかもしれない」と不安になり、ミルクを足すことがありますよね。

また、出産後の病院で母乳とミルクの両方を飲ませていた人も、母乳の出が良くなったのに、ミルクを足し続けているケースがあるのではないでしょうか。

赤ちゃんは口に触れたものをくわえるので、お腹がいっぱいでもミルクを飲もうとしてしまいます。母乳とミルクを飲んだ後、吐くことが多いならミルクの足し過ぎかもしれません。母乳だけを与えてみて、体重増加が適正かどうかチェックしてみると良いでしょう。

4遺伝

赤ちゃんが新生児期から太ってしまうのは、遺伝により肥満体質の可能性があります。家族に太っている人が多い場合は、特に注意してください。離乳食を食べるようになったら食べ過ぎに注意し、外遊びをたくさんさせて太りすぎないように気をつけましょう。

低体重児は肥満に要注意!

大きく生まれた赤ちゃんの方が肥満になるように感じますが、実は、低体重で生まれた赤ちゃんの方が、将来肥満になるリスクが高いです。

低体重児または低出生体重児とは、生まれた時の体重が2500g未満の赤ちゃんのことを言います。低体重児は大人になってからの肥満のほか、糖尿病などの成人病やメタボになりやすいことが知られており注意が必要です。

低体重児を引き起こす原因とは

低体重児になるママ側の要因としては、主に次のようなものがあります。

肥満または肥満傾向
フライトポテトを食べる太っている妊婦のイラスト

ママが太り過ぎだと、低体重児が生まれる可能性が高くなります。BMIが25以上になると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかるリスクが高まるためです。肥満傾向があると指摘された場合は、医師の指導に従い、食事や生活リズムを見直しましょう。

妊娠中の喫煙・飲酒

妊娠中にタバコを吸っていた場合、低体重児が生まれる確率が高くなることが知られています。タバコに含まれるニコチンなどの有害物質が血流を悪くし、赤ちゃんに送られる血液量が減るためです。

また、ママの飲酒により、お腹の中の赤ちゃんに影響が出る場合も考えられます。健康な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中の喫煙や飲酒は控えましょう。

妊娠中は禁煙補助薬を使えるの?

ニコチンパッチや飲み薬を使っての禁煙は、妊婦に対する安全性が確立していないため使用できません。急に禁煙するのは辛いですが、赤ちゃんのために頑張りましょう。

歯周病
歯磨きをしている女性のイラスト

妊婦が歯周病だと、生まれてくる赤ちゃんが低体重児になる恐れがあります。歯周病菌により歯茎に炎症が起きることで、子宮を収縮させるプロスタグランディンが分泌され、陣痛が起こったのと同じような状態になってしまうためです。歯周病が重度なほど、早産や低体重児となる確率が高まるので、安定期に入ったら歯科検診に行くことをお勧めします。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群も、低体重児が生まれる原因として広く知られています。血流が悪くなり、赤ちゃんに十分な栄養と酸素が送られないため、赤ちゃんが成長できずに低体重児となってしまうのです。妊娠高血圧症候群は、初産婦・肥満・高齢出産などが関わっています。リスクが高い人は、妊娠中の血圧上昇に十分気をつけましょう。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病で巨大児が知られていますが、妊娠糖尿病が重度になると低体重児が生まれることがあります。妊娠前に糖尿病ではなくても、急に妊娠糖尿病を発症することも。赤ちゃんが低体重児とならないよう、妊娠中の急激な体重増加などに注意し、妊娠糖尿病を予防しましょう。

栄養不足
体重を量る妊婦のイラスト

痩せすぎや妊娠中の厳しすぎる体重制限のため、ママの体が栄養不足になり、低体重児が生まれるケースが増えています。日本産科婦人科学会では、妊娠前のBMIが18.0以下の場合、10~12kgの体重増加を目標としています。

やせ形の女性は、妊娠により体重が増えないように努力する方が多いと思いますが、赤ちゃんの体重を増やすには、ママもしっかり栄養を取る必要があるのです。

焦らず経過を見守りましょう

赤ちゃんの体重が増えすぎと感じても、そのまま経過を見守ってみましょう。新生児は毎日寝てばかりいますが、寝返り、ハイハイ、一人歩きなど、赤ちゃんが成長するにつれて運動量が増えてきます

筋肉が発達して締まった身体つきになってくるので、赤ちゃんに異常がみられなければ、新生児の太り過ぎはあまり心配しなくてもよいでしょう。もし、赤ちゃんの体重が発育曲線よりも上にあり気になる場合は、1ヶ月検診で相談してくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!