生後3ヶ月の平均体重とは?に関する記事

生後3ヶ月の体重は?赤ちゃんの発育をカウプ指数でチェック

生後3ヶ月の体重は?赤ちゃんの発育をカウプ指数でチェック

授乳リズムが整ってきた生後3ヶ月ごろ、太りすぎや痩せすぎなど、赤ちゃんの体重が気にかかるママも多いのでは?生後3ヶ月の標準的な体重とはどれくらいなのか?発達曲線のもとになる身体発育値やカウプ指数から、赤ちゃんの発育の状態をチェックしましょう。

マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  生後3ヶ月の体重は?赤ちゃんの発育をカウプ指数でチェック

生後3ヶ月のベスト体重は?知っておきたい赤ちゃんの発育の状態

生後3ヶ月といえば、赤ちゃんとの生活にも慣れてきて、ママにも余裕が出てくる頃。ふと、「うちの子は順調に発達しているの?」「体重の増え方は平均的?」と不安を感じることもあるのではないでしょうか。

赤ちゃんの成長が順調かどうかを知るためには、その月齢の標準的な成長について知る必要があります。今回は、生後3ヶ月の体重を中心に、発育状態を知るためのカウプ指数の求め方や授乳回数などついてまとめました。

新生児期が終わって一息ついているママさんや、3ヶ月を迎えた赤ちゃんの発達が気になるママさんは要チェックです。

生後3ヶ月の赤ちゃんの標準的な体重とは?

母子手帳のイラスト

赤ちゃんの生まれたときの体重は3,000g程度が標準ですが、成長とともにどんどん体重が増えていきます。赤ちゃんの体重や身長は、母子手帳に掲載されている発育曲線を参考にしているママが多いのではないでしょうか?

発育曲線とは、赤ちゃんの体重や身長を評価するための目安にするもので、実際の数値が帯状になった曲線の中に入っていれば、赤ちゃんの発育が正常な可能性が高いと判断されるのです。

私達が赤ちゃんの発育の目安にしている発育曲線は、厚生労働省が10年ごとに行っている乳幼児身体発育調査によって集められた身体発育値をもとに作られています。

平成22年に行われた乳幼児身体発育調査による、生後3ヶ月の赤ちゃんの体重・身長の身体発育値は次の通りです。

生後3ヶ月の体重の身体発育値

  • 男の子:5.1~8.1kg
  • 女の子:4.8~7.5kg

生後3ヶ月の身長の身体発育値

  • 男の子:57.5~66.1cm
  • 女の子:56.0~64.5cm

カウプ指数で赤ちゃんの発育状態をチェック!

大人の体格を知るための指数としてBMIが知られていますが、生後3ヶ月から5歳までの乳幼児の発育状態は「カウプ指数」によって分かります。

カウプ指数は、計算式「体重(kg)÷{身長(cm)×身長(cm)}×104」によって算出することができます。ここでは、実際にカウプ指数を算出してみましょう。

下の枠の中に、赤ちゃんの体重と身長を入れてみてください。

※小数点第1位まで入力

赤ちゃんカウプ指数

カウプ指数の判定結果

  • 22以上 : 太りすぎ
  • 22未満~19以上 : 太り気味
  • 19未満~15以上 : 正常
  • 15未満~13以上 : やせている
  • 13未満 : やせすぎ

ただし、身長や体重には個人差が大きく、結果はあくまでも目安のため、赤ちゃんが健康であれば、あまり結果に神経質になる必要はありません。

体重が増えすぎる・増えない時の対処法

「赤ちゃんの体重が増えすぎた」「なかなか体重が増えない」など、赤ちゃんの体重に関する悩みはさまざま。赤ちゃんの体重が気になる場合、どのようなことに気をつけたらよいのか、ここではその対処法について解説していきます。

赤ちゃんが太り気味・太りすぎの場合は

太っている赤ちゃんの足

生後3~4ヶ月や6ヶ月に行われる乳幼児健診に行って、「うちの子、太っているかも…」と気づくママが多いようです。大勢の赤ちゃんが集まる場で他の子と見比べた時に、我が子がふくよかなことに気づきやすいのでしょう。

ただし、生後3ヶ月の時点で、体重が発育曲線をオーバーしてしまっていても、あまり気にする必要はありません。月齢が進んでハイハイやあんよを始めると、活動が活発になることによって、筋力がアップして体が締まってきます。

また、生後3ヶ月を過ぎたころから満腹感を感じるようになることから、おっぱいやミルクの飲み過ぎがなくなるので、かかりつけ医から指示がない限りは、授乳の量を減らすなどのダイエットは必要ないでしょう。

赤ちゃんがやせている・やせすぎの場合は

生後3ヶ月の時点で体重が増えない場合は、母乳やミルクが足りていない可能性が高いといえます。生後3ヶ月の赤ちゃんは、1日に5回くらいおしっこをするので、それよりも回数が少ない場合は授乳の量を増やしてもいいですね。

もし、ママの母乳の出が悪いと感じたら、授乳の回数を増やすと自然と母乳の出が良くなることがあります。頻回授乳を行うことで、ママの体が「母乳をもっと作らなきゃ」と感じて、母乳がたくさん作られるようになるのです。

また、赤ちゃんがおっぱいを吸う際にチュッチュと音がする時は、赤ちゃんが上手に飲めていない可能性も…。赤ちゃんに乳輪までしっかりとくわえさせるラッチオンという飲ませ方をマスターすると、ゴクゴク飲めるようになります。

生後3ヶ月の赤ちゃんの授乳回数は?

大泣きする赤ちゃん

生後3ヶ月の標準的な授乳回数は1日6回から8回で、授乳間隔は3~4時間おきとなっています。新生児期よりは、1度に飲む量が増えて、授乳の間隔が空くのでママも少し楽になる時期です。

しかし、この時期は3ヶ月コリックによって、突然ぐずり出して、何をしても泣き止まなくなることがあります。夜になって起こることが多いため、晩ご飯作りの時間に赤ちゃんのギャン泣きに悩まされているママも多いのでは?

3ヶ月コリックの原因はよく分かっていませんが、「げっぷが出ない」「お腹にガスがたまっている」などの理由によって、赤ちゃんが大泣きすることがあります。

もし、赤ちゃんの機嫌が悪い時は、縦抱っこをしたり、お腹に「の」の字を書くようにマッサージしてあげると、落ち着くかもしれません。

生後3ヶ月の成長の目安

生後3ヶ月ごろになると、赤ちゃんの発達により、いろいろなことができるようになってきます。特に、次のような行動は生後3~4ヶ月の乳幼児健診で確認される場合があるので、普段からじっくり観察しておくといいでしょう。

外気浴をしている

赤ちゃんの外気浴は、生後1ヶ月くらいからはじめ、3ヶ月くらいには20~30分ほど外の空気に触れさせるようにする必要があります。外気浴には赤ちゃんの呼吸器や皮膚など、体の発達を促す効果があるので推奨されているのです。

生後1ヶ月になったら、家の窓を開けて外の空気に触れさせるところから始め、慣れてきたら10分程度、外に出ることをはじめ、徐々に外にいる時間を延ばしていきます。

首がすわる

ママに抱っこされる赤ちゃん

生後3ヶ月になると首がすわる赤ちゃんが増えて、抱っこがしやすくなります。首すわりは正常に発達しているかの目安となるため、生後3~4ヶ月検診で必ずチェックされる項目です。

首がすわっているかどうかは次の方法でチェックできるので、必ず赤ちゃんに無理のない範囲で試してみてください。

  • 縦抱っこしたとき、支えなしで首がまっすぐになる
  • 仰向けの状態で、体を起こそうとすると頭も一緒に起き上がる
  • うつ伏せの状態で、首を自分で上げることができる

あやすと笑う

赤ちゃんは、生後3ヶ月くらいになると、「社会的微笑(あやし笑い)」をするようになります。それまでは、「生理的微笑」という無意識の笑いだったのが、徐々に筋肉の動かし方が分かると、自分の意思で笑えるようになるのです。

新生児期の赤ちゃんは、顔の筋肉を上手に動かすことができないので無表情に見えますが、ママやパパの笑顔の真似して笑顔を見せるようになるので、普段から赤ちゃんには笑顔で接するようにしたいですね。

動くものを目で追う

赤ちゃんを足に乗せるママ

生後3ヶ月くらいになると、両目を使って上手に焦点を合わせることができるようになり、動くものを目で追うことができるようになります。

この行動を「追視」といい、視力や脳の発達が順調なことを表しています。赤ちゃんの顔の前でおもちゃを動かしてみると、追視するかどうかが分かります。

見えない所から声をかけるとこちらを見る

赤ちゃんの耳が正常に発達している場合は、見えないところから呼びかけると、声のする方向を見るようになります。耳で聞こえた情報を脳で処理して、体を動かすという連動がスムーズにできるようになった証拠なのです。

特に、ママの声は赤ちゃんにとって最も慣れ親しんでいるので、一番に反応するはずです。かくれんぼのように、見えないところから声をかけて、ママを探すかどうか確かめてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ