悪露の塊で身体の異常チェックに関する記事

産後の悪露の塊は異常?病気のサインを見極めるポイント

産後の悪露の塊は異常?病気のサインを見極めるポイント

産後の悪露の塊にビックリしたことはありませんか?悪露の状態から自分の産後の肥立や異常をチェックしてみましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  産後の悪露の塊は異常?病気のサインを見極めるポイント

産後の悪露で塊が出たけど大丈夫?原因/症状/注意点

産後1ヶ月の産褥期は、母になった喜びを噛みしめつつも、生まれたばかりの赤ちゃんへの授乳やお世話に振り回されて過ごす忙しい時期ですが、女性にとっては出産で受けたダメージを回復するとても大切な時期でもあります。
出産の証でもある悪露が体から頻繁に出るのもこの時期ですが、一言で悪露といっても様々な大きさや色の塊があり、「悪露の塊がでてきたけど、これって異常?」と判断に悩むママも多いようです。

悪露は産後の女性の体の回復のバロメーターとなる大事な指標です。
今回は、産後の悪露の塊の原因異常のサインの見分け方を詳しく解説します。悪露に関する正しい知識を持って、産後の自分の身体をしっかり観察していきましょう。

産後の悪露は身体の異常なの?

女医

出産の時に排出しきれなかった子宮内膜や胎盤、羊膜の残りなどが塊となって、血液などの体液と共に排出されることを悪露と言います。悪露は産後の女性に起こる自然な現象であり、身体の異常ではありません。
子宮は出産によって多くの傷を負いますが、子宮から出てくる悪露はその傷の状態を知る指標や、子宮の回復状況を判断する目安でもあります。

悪露の量は出産から日を追うごとに減少していき、長引く期間には個人差がありますが、産後4~6週間程度で終わることが多いようです。
悪露は日数の経過によって量は減少し、初めは鮮やかだった鮮血色もだんだんと茶色から黄色への変化していき、臭いも薄くなっていきますので心配し過ぎる必要はありません。

ただし、悪露の塊によっては子宮に異常がある場合も考えられるため、トイレの度に自分の目で悪露の塊の状態をチェックして、確認する習慣を身に付けましょう。
悪露が続いている間はママの身体に大きなダメージが残っている状態ですから、無理をせずに身体を十分休める必要があることも忘れないでくださいね。

悪露に含まれる塊の正体

・子宮内膜
・胎盤
・羊膜
・リンパ液
・不要になった血液など

悪露が塊となって排出される原因

妊婦の大きなお腹

赤ちゃんを生育するために、妊娠した女性の子宮は約10ヶ月をかけて大きく厚く変化していきます。
出産を終えると当然元の状態に戻ろうとするのですが、赤ちゃんを養うために増えた内膜や体液などの量は多く、急激な排出は母体に無理がかかってしまうため、私たちの身体は生理的にゆっくりと不要な物を排出して回復を図ります。

その結果、出るのが悪露なのですが、膜が剥がれて時間が経つことでリンパや内膜などが混じり合い、まるで肉片のような塊になってしまうこともあります。
ナプキンの上で擦ってみるとわかるのですが、大部分は崩れてしまう血液で、ゼリー状の固形物はそれほど大きいものではないとわかることと思います。

悪露は子宮の自然な収縮によって徐々に排出されますが、塊が大きいと体内から何かが出てくる感触がリアルに感じられてビックリするママも多いのですが、あくまでも出産時に排出されなかった残りなので基本的に心配はありません。
悪露は体を動かした時や、産後の回復のための骨盤ベルトを締め直した時、腹部を圧迫したなどの外部の刺激でも、悪露の塊が出ることもあるようです。

悪露が塊で出てくるときに注意したいポイントは?

「産後の当たり前の現象だから」と言われても、医者でもなければ病気の判断はできませんし、長く続く血を見るのは何かとネガティブな気分になってしまいがちですよね。
悪露の塊が出てくると不安になってしまい、よく見ないでナプキンを捨ててしまう人も多いのですが、怖がらずにしっかり確認し、注意が必要なものとそうでないものを判断して対処しましょう。

悪露が出ている期間は、もちろん清潔第一です。トイレに行く度に清潔なナプキンに交換し、清浄綿やビデで清潔に保ち、細菌感染を予防しましょう。

悪露の塊の排出時に強い痛みはありませんか?

悪露は産後の自然な子宮の収縮によって体外に排出されますが、子宮が収縮する際に後陣痛(後腹)と言われる陣痛に似た痛みを伴いますが、自然に子宮からはがれてくる悪露の排出自体には痛みはありません。
強い腹痛と共に塊が出てくる時や、常に下腹部に強い痛みがある場合には、何らかの病気が隠れている可能性がありますので注意しましょう。

強い腹部の痛みがある場合には、本来排出されていなくてはいけない胎盤などが何らかの原因で子宮にとどまってしまい、炎症を起こしている可能性があります。
まれに出産後すぐに生理が始まる人もいますが、生理痛は時間と共に治まりますので、痛みが続く場合や長引く場合には、迷わず出産した病院を受診しましょう。

貧血気味ではありませんか?

頭に手をやり休む女性

悪露の塊が急激に体外に排出されるとき、何らかの原因で出血があると、急激に血液量が減って貧血を起こすことがあります。
急にめまいや立ちくらみ、動機や息切れなどの貧血特有の症状が現れた場合には、体内での出血の可能性もありますので、早めに病院に相談しましょう。

産後は妊娠中と同様に貧血になるリスクが高い期間ですが、貧血は産後の回復を遅らせてしまう恐ろしい病気です。妊娠中に貧血があった場合には、早めに改善してリスクを予防しましょう。

悪露の塊が異常に大きくありませんか?

悪露の塊は、内膜などの固形物と不要な血液などの液体分が固まっていますが、ゼリー状の固形の部分は意外と小さいものです。
塊が大きくても無事に排出されれば問題はないのですが、固形物が大きい場合は何らかの原因で子宮壁から無理に内膜がはがれ、子宮壁などに傷がついて大量出血するケースもあります。

出産からしばらく経過しても、大量の出血とともに大きな塊が出てくる場合、子宮内に残った悪露により子宮収縮が上手く行われず、子宮の大きさがもとに戻っていない子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)である可能性も考えられます。不安な場合や判断が難しい場合は早めの病院受診をおすすめします。

悪露の塊の色が鮮やかな赤色ではありませんか?

悪露の異常を判断する重要なポイントは色や臭いです。悪露は通常、産後1週間ほどは鮮血に似た鮮やかな赤色をしていますが、徐々に色が茶色くなり、その後おりもののような薄い色へと変化していくのが正常な経過とされ、悪露の塊も黒や茶色に近い血液が混じった状態が多いようです。

悪露が鮮血のように見えるのは決して珍しいことではありませんが、病院から退院して数週間経っても悪露や塊が鮮やかな赤色をしている場合、何らかの理由により体内で出血している可能性があるのですぐに病院を受診しましょう。
特に一旦、黄色くなった悪露が突然鮮血のような状態に戻ってしまった場合も注意が必要です。

産後、早いうちに生理が始まる人もいますが、生理の血液は鮮血でも時間が経てば止まります。ダラダラと長く出血が続く場合は不正出血である可能性が高いので、注意深く悪露を観察しましょう。

悪露の塊に強い悪臭はありませんか?

鼻を摘む女性

悪露の匂いは独特な生臭さがあり、鉄臭く錆び臭いような臭いがします。
この匂いが変化して酸っぱいような、すえたような匂いがする場合は要注意!出産で傷ついた子宮内の傷口に細菌が感染して炎症を起こしている可能性があり、放置していると産褥熱につながるケースも考えられます。

また、妊娠によるホルモンバランスの乱れの影響から匂いに敏感になる産後ママは多く、身体に異常がなくとも悪露の匂いを不快に感じる人も少なくありません。
匂い対策にはこまめなケアが必要ですから、感染症を予防するためにもトイレに行く度に清潔なナプキンに交換をして、外陰部を清潔に洗浄して匂いを抑えましょう。

産後から1ヶ月以上経っていませんか?

出産当日は鮮血状態だった悪露の多くは産後4週を過ぎる頃に無臭・無色に近くなり、徐々に悪露の終わりを迎えます。
もし産後1ヵ月を過ぎて6週目に入っても悪露の色や匂い、量などが改善されていかない場合には子宮の回復状態が悪いことが予測されますので、病院を受診しましょう。

悪露の経過は個人差が大きく、初めから悪露が少ない人もいますし、早い時期に悪露が改善される人もいます。人と比べる必要はありませんが、悪露が長引くと通常の生活に戻るのにも支障が出てきます。
産後、無理に仕事を始めるなど、悪露は母体の疲労などの状況でも経過が左右されますので、悪露が出ている期間は積極的に体を休めて、産後のダメージの回復を図りましょう。

塊があっても心配ないケースも

悪露として出てくる塊は大きさも色もそれぞれですが、まれに大きな塊が出た後に、血液様の粘膜などが一気に排出されてきて驚かされることがあります。

これは大きな塊が入口を一時的にふさいでしまったことで、排出されるべき血液などがたまってしまい、身体を動かした拍子などで塊が動いたことをきっかけに一気に出てしまったケースで、多量の鮮血が混じっていなければそれほど心配はありません

悪露の塊で心配しなくても良いケース

・産後1ヶ月経っていない
・塊が小さい
・大きくても鮮血様の物ではなく、肌色の羊膜の塊だったなど

悪露がひどい時は無理せず病院を受診しましょう

医者と診察受ける女性

急な出血などの異常はなくても、悪露の様子がなかなか改善されなかったり、大きな塊が頻繁に出てきて不安だと感じたりする場合には、日頃の悪露の量や塊の様子、色や匂いなどを観察しておき、検診の際に医師に相談をするとよいでしょう。

出産後の1ヶ月検診は、産婦人科の医師が様々な検査や悪露の様子を確認して、ママが通常の生活に戻れるか、今後の生活に問題はないかを判断する機会です。
その場の悪露の状況を確認しただけでは、医者といえども把握しきれないこともありますので、ママ自身が自分の様子をしっかり説明できれば、医師も判断がしやすくなりますよ。

悪露の塊はママの身体の異常を告げるサインかも

赤ちゃんを産んだ後のママの生活は、ひっきりなしの授乳や赤ちゃんの世話で忙しく休む間もありません。
母親になった責任から気が張ってしまい、自分の身体の健康は後回しにしてしまいがちな時期ではありますが、産後の無理は年を取った後から響いてくる可能性があるため、悪露がある期間はくれぐれも無理はせず、しっかり体を休めることに専念しましょう。

悪露の塊は、無理せずにもっと身体を労わってという自分の身体から出ているサインかもしれません。
ママが十分に休んで体の回復が進めば、子宮の回復もスムーズに進んで悪露の状態もグンと良くなります。これから始まる赤ちゃんとの生活を楽しむためにも、悪露の塊が出た時には、その様子から自分の体の状況を把握して、健康のためにしっかりと活かしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
はたこ

はたこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!