産後の肌荒れの原因は?に関する記事

産後の肌荒れの原因は?対処法/ママにおすすめの時短ケア

産後の肌荒れの原因は?対処法/ママにおすすめの時短ケア

産後の肌荒れがひどく、肌質も変わってしまったと悩む方は多いもの。症状を悪化させない肌トラブル解決法を解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  産後の肌荒れの原因は?対処法/ママにおすすめの時短ケア

産後は肌荒れしやすい?肌トラブルの原因と対処法

いくつになっても美しくいたい。これは全ての女性の想いであり、ママになっても同じことで、産後もスキンケアに気を配る女性は多いですね。

しかし、産後は妊娠・出産によるダメージから肌トラブルが起きやすく、赤ちゃんのお世話で自分の事を後回しにしてしまいがち。産後の肌荒れが気になって悩むママもまた少なくありません。

今回は、産後に肌荒れが起きるメカニズムと、忙しくても気軽に習慣にできるスキンケア方法などについて解説していきます。

産後に肌荒れが酷くなる原因は?

妊娠・出産に伴う体の変化や、育児中のママが置かれた環境など、産後の肌荒れは様々な原因によって引き起こされます。
産後の肌荒れは避けることができない面もありますが、一人で悩みを抱え込むことのないよう、原因を究明してしっかり対処していきましょう。

出産によってホルモンバランスが変化するため

肩を揉む女性

産後はそれまで妊娠の維持のために大量に分泌されていたエストロゲンやプロゲステロン等の女性ホルモンの分泌が急減して、ホルモンバランスが崩れます。

そのため、肌のバリア機能が低下して刺激や乾燥に弱い肌になってしまい、肌のターンオーバーが停滞して古い角質が排出されずにさまざまな肌荒れを引き起こしてしまうのです。

女性ホルモンは女性のまろやかな体型や美しい肌を作り、維持する働きをしますので、ホルモンバランスが安定しない産後は肌の状態も揺らいで安定せず、肌の質も大きく変わってしまいがちです。

それまでの化粧品では対応できないことも多く、かといって急にスキンケアの方法を変えると、却って肌荒れを悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

育児の疲労蓄積や寝不足のため

生まれたばかりの赤ちゃんはママがいなくては生活ができません。産後ママは赤ちゃんに泣いて呼ばれ、授乳におむつ替えにと寝る間も無く睡眠不足になりがちです。

私たちの身体は、睡眠中に脳から分泌される数々の成長ホルモンによって、傷ついた体の修復をしています。充分な睡眠がとれなくなることで肌のターンオーバーが滞り、肌がくすみ荒れやすくなってしまうのです。

身体が疲労すると血流も滞りがちになって顔色が悪くなり、目の下にクマが出るなど、一気に老けた印象を作ってしまいやすくなります。

育児のストレスやプレッシャーのため

眠る赤ちゃんの傍で見守る母親

赤ちゃんを育てることは幸せなことではありますが、その一方で思い通りにならないことやうまくいかないことも多く、時には強いストレスを感じてしまうことも多いもの。

ストレスは肌の調子と密接な関わりを持っていて、強いストレスは自律神経の働きを乱して全身の血流を滞らせて肌の水分を奪ったり、免疫力を低下させて敏感肌を作ってしまったりすると言われています。
また、「よい母親でいたい」というプレッシャーも、産後の肌荒れを加速させるストレスにつながりやすいようです。

産後の便秘のため

赤ちゃんに与える母乳は血液から作られますから、授乳中の産後ママの身体は水分不足になりがちで、便秘になりやすい状態です。
赤ちゃんの世話にかかりきりになって自分の食事もおろそかになると、さらに便秘の症状は悪化し、肌荒れを引き起こしてしまいます。

胃や腸は食べ物の影響を吸収する器官で、消化の過程で生じた有害物質やガスなどの不要なものも、便として体外に排出しています。
有害物質は便だけでなく肌細胞を通して汗や皮脂に混じって排出されるのですが、お通じが滞ってしまうと排出されない有害物質が肌に滞ってしまい、肌を痛めつけて肌荒れをひどくしてしまうのです。

育児優先でスキンケアをおろそかにしがちなため

女性の美肌は一日でなるものではなく、こまめなケアが必須となりますが、産後は赤ちゃんの世話にかかりきりになってしまい、自分のことは後回しにしてしまいがちです。

赤ちゃんのお世話を優先させることでいっぱいいっぱいになっていると、本来必要なスキンケアもおろそかになり、「産後の肌荒れの対処が遅れてお気付いたらお肌がボロボロに…」なんてことも少なくありません。

また、赤ちゃんが小さい時期は外出する機会も他人に会う機会も減り、「見た目」を気にする意識が低くなりがちなことも、産後の肌荒れのキッカケとなりうる可能性が高いでしょう。

産後の肌荒れの主な症状

産後の肌荒れは一つの症状だけで済む人もいれば、いくつかの症状が重なる人もいて、肌荒れの症状も程度も人ぞれぞれで違います。産後ママが陥りやすい肌トラブルの症状をチェックしていきましょう。

ニキビ

産後は妊娠中に活発に分泌された女性ホルモンが急激に減少して、ホルモンバランスが崩れることで様々なトラブルが起きやすくなります。
女性ホルモンのプロゲステロンには、皮脂の分泌を促す作用があり、この分泌が不安定になる事で、産後は顔や体などにニキビができやすくなってしまうのです。

産後に多いのは肌にプツプツと現れる白ニキビです。白ニキビは放っておくと炎症を起こし、赤ニキビに進展してニキビ跡を作ってしまう場合もあります。見つけたらその都度しっかり治していくようにしましょう。

湿疹

産後は妊娠・出産のダメージがママの体に残っていて、ホルモンバランスの乱れなどから肌のバリア機能が低下し、刺激に弱くなる傾向にあります。
そのため、外部からの刺激に過敏に反応してしまい、赤みを帯びたブツブツや水泡などの湿疹ができやすくなってしまいます。

湿疹は皮膚表面に現れる炎症なのですが、化学物質紫外線肌の擦れなどの外的要因によって引き起こされることもありますし、アレルギーや体質など体の内側に原因がある場合もあります。

シミ・そばかす

鏡に映る女性の顔

妊娠中には大量に分泌されるエストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれる女性ホルモンで、肌のハリを整えて活性酸素の働きを抑制して肌の衰えを防ぐ作用があります。
しかし、産後はエストロゲンが急減することで肌のバリア機能が低下して紫外線などの刺激に過敏になり、肌の色素沈着やシミを作りやすくなってしまいます。

老けて見られる肌トラブルの代表格ともいえる、頬の外側あたりに左右対称に現れる肝斑は、女性ホルモンの影響を受けやすく産後できやすいシミです。
肝斑は一度できてしまうとなかなか治りにくいので、若々しい外見を保つためにも、産後は常にシミ対策を心がける必要があるでしょう。

「妊婦はそばかすになりやすい」と言われるのは、妊娠中に大量分泌されるプロゲステロンがそばかすやシミなどの素になるメラニンを生成するメラノサイトを活性化させてしまうからです。

出産を契機にプロゲステロンの分泌量は減っていきますが、妊娠前の状態に戻るまでには半年以上かかってしまいます。
このため産後は放っておくとどんどんそばかすが増えてしまいますので、積極的に紫外線対策をする必要があります。

乾燥

顔にミストを当てる女性

女性の肌はデリケートなものですが、産後はホルモンバランスの乱れからお肌を外部の刺激から守っている皮脂膜が薄くなってバリア機能が低下しがちです。
そのため角質層から水分が出ていく事も止められなくなり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

水分は細胞にハリを与える大事な要素で、水分がなくなると肌が乾燥するだけでなく、細胞が収縮してシワなどを作る原因にもなってしまいます。
内部にも表皮の角質層もたっぷりと潤い、細胞がキレイに整列した健康肌の状態を意識して、季節にかかわらず乾燥対策をしていきましょう。

かゆみ

乾燥肌や湿疹などから引き起こされるケースも多いのですが、産後にこれまでは気にも留めなかったような肌のかゆみに悩まされるママも多いですね。

産後はどうしても体力が低下して、肌のバリア機能が低下し外的刺激の肌内部への侵入を許してしまい、ひどいかゆみが起こしやすい状態です。

また、かゆみはハウスダストやダニ、化粧品などに含まれる化学物質や紫外線などの刺激物のほか、疲れやストレスが原因となっているものもあります。

患部をかきむしると、その刺激でかゆみがひどくなってしまい、傷口から細菌が入って炎症を起こすことがありますので、患部はいつも清潔に、必要以上刺激をしないように心掛けましょう。

産後の肌荒れを改善する方法は?

一度ボロボロになった肌は、長い時間をかけないと元に戻りません。「産後の肌荒れは仕方がない…」と諦めてしまえば、肌荒れはどんどんひどくなる一方。
産後の肌荒れは長引かせず、早期回復をモットーに積極的に対処しましょう。

食生活を見直してバランスよく栄養をとりましょう

野菜を食べる女性

私たちの肌は新陳代謝によって常に新しい皮膚が作り出されていて、その材料となるのは私たちが食べた食材からの栄養です。
産後は美しい肌を維持するために必要な栄養を、沢山の食べ物中からバランスよく取り入れましょう。

添加物の多い食事や脂っぽい物、肉中心のメニューはホルモンバランスを崩しやすく、授乳中の場合、質の良い母乳作りのためにも好ましくありません。

シミやそばかすの原因となるメラニンの沈着を抑制するビタミンCや、肌のターンオーバーを促進するビタミンA、美肌に良いビタミンB類ミネラル類をたっぷりとって、美しい肌を作りましょう。

生活習慣を見直してホルモンバランスを整えましょう

産後の肌荒れの主な原因はホルモンバランスの乱れですが、残念ながらホルモンの分泌は意志によってコントロールできるものではありません。
ホルモンのバランスの乱れはゆっくりと戻っていきますが、少しでも早く元の状態に戻すためにも、いま一度生活習慣を見直して、規則正しいリズムで産後の日々を過ごしましょう。

赤ちゃんのお世話で睡眠のリズムが崩れがちな産後は、できるだけ早寝早起きをして太陽の光を浴びると心身のバランスを整える脳内物質、セロトニンが分泌されやすくなります。

また、適度な運動は自律神経を刺激してホルモンバランスを正常に整える効果がありますから、無理はせずストレッチなどの軽めの運動を毎日の習慣にするといいでしょう。

十分に睡眠をとって肌の修復を促しましょう

睡眠中の女性

美肌作りに関わる成長ホルモンは、眠り始めてからの3時間で集中して分泌されると言われています。
授乳期間中は睡眠時間のコントロールが難しい面もありますが、できるだけ0時までには部屋を暗くして布団に入り、身体を休めて肌荒れの回復を図りましょう。

肌荒れの原因となるホルモン分泌を司るのは脳ですので、何も考えずにリラックスすることも大事ですよ。
たまにはパパに赤ちゃんを任せてお昼寝をしたり、ぬるめのお湯でゆっくりと半身浴をして体を暖めたりなど、育児中の体を休めていきましょう。

便秘を解消する工夫をしましょう

健康的なお通じのためには、水分補給食物繊維の摂取が必要です。水分補給は「喉が渇いたな」と感じる前に、こまめに補給するのが肌の乾燥を防ぐポイントです。

また、水分は飲み物からだけでなく、フレッシュな野菜やフルーツなどからも摂取するよう心がけると、食物繊維や肌に良い栄養も合わせて摂ることができて効果的ですよ。

上手にストレスを発散させましょう

赤ちゃんが母乳を飲んでいるうちは、どうしてもママの負担が増えてしまい、育児ストレスもたまりがちです。しかし、常にストレスを抱え込んでいる状態では、産後の肌荒れはなかなか改善できません。

好きな音楽を聞いたり、読書などの趣味の時間を作ったりとリラックスできる時間を設けるようにし、赤ちゃんがいる生活でも、上手にストレスを発散する方法を見つけて、ストレスや不安をこまめに心から追い出しましょう。

また、おしゃべりは女性にとって大事なストレス発散方法ですから、育児の悩みや不安は一人で抱え込まず、小さなことでもパパや家族、保健婦さんなどに相談して、心のつかえを軽くしていきましょう。

忙しい産後ママにもできる時短スキンケアとおすすめ商品

「クレンジングで化粧を落として洗顔、化粧水と乳液で保湿してパックも…」などなど、女性のスキンケアは大変です。

手間も時間もかかるからこそ、産後の忙しい時期にスキンケアがおろそかになってしまうのかもしれません。もっと簡単に毎日の習慣にできる、しかも効果の高い産後ママにおすすめのスキンケア術お役立ち化粧品をご紹介します。

オールインワン化粧品を活用する

産後のママにおススメの化粧品は、オールインワンタイプの化粧品です。
1本で化粧水から美容液、乳液やクリーム、さらには化粧下地の役割まで果たしてくれるオールインワンタイプの化粧品は、洗顔後にパパッとつけるだけで全て済んでしまうので、赤ちゃんの入浴の後処理で自分のスキンケアがおざなりになってしまうママにも使い勝手が良いですよ。

ブランド物のスキンケア用品を揃えようとすると、一本一本が高くて家計を圧迫してしまいますが、オールインワンタイプなら一本で済むのでお値段的にも経済的!

エンジェルグラス オールインワンジェル

エンジェルグラス オールインワンジェル

ロクシタン

価格:4,500円+税

爽やかな香りでリラックス効果も高いロクシタンのオールインワンジェルは、化粧水、乳液、美容液の3役をこなしてくれる優れもの。
ベタつきが気にならないすっきり感が高評価で、忙しい朝時間のスキンケアにピッタリですね。

「ながら美容」をする

独身で時間のある時であれば、就寝前にゆっくりスキンケアも楽しいものですが、ママになれば生活は一変して忙しくなってしまうので、家事をしながら、育児をしながらできるスキンケアがありがたいですね。

例えば?

・朝の洗顔後、朝ごはんの用意をしながらシートパック
・リップクリームを塗った後にマスクをして授乳
・保湿クリームを塗ってからゴム手袋をはめて、お湯を使って食器洗い

ふたつのことを上手に組み合わせると、高い効果を得られることも多いので、上手に組み合わせてみてくださいね。

ハニーラボパック

ハニーラボパック

山田養蜂場

価格:4,500 円 + 税

高品質なはちみつでおなじみの山田養蜂場がプロデュースするハニーラボパック。お肌に良いはちみつ成分がたっぷりと含まれていて、お肌が潤うと評判です。
夜寝る前に塗って寝るだけでお肌の調子が整うという手軽なスキンケア製品で、忙しい子育て中のママのながら美容にピッタリ!

赤ちゃんと同じアイテムを使う

生後間もない赤ちゃんの肌はデリケートで、脂漏性湿疹が広がってしまってスキンケア対策に気を使うママも多いですよね。でも、「赤ちゃんのケアをして、今度は自分のケアもして…」というのは疲れてしまいませんか?

赤ちゃんもママも、お肌を大事にしなくてはいけないのは同じ。二人分のケアを一緒に行い、余計な手間を省くのもおすすめです。

赤ちゃん用の日焼け止めも、紫外線カット率が高く低刺激なだけでなく、石鹸だけで落とせるなど時短するにはもってこいのアイテムも多いので、赤ちゃんと一緒に活用してみてくださいね。

キャリネス ベビー&キッズ UVケアクリーム

キャリネス ベビー&キッズ    UVケアクリーム

キャリネス

価格:3,200円+税

赤ちゃんから大人まで安心して使えるキャネリスのUVクリーム。
赤ちゃんへのリラックス効果も高く、白湯にも使われることの多いカモミールの香りがほのかに香ります。
白浮きしにくく、ママの化粧下地にもおすすめです。

産後の肌荒れ症状が重い場合は病院受診も検討しましょう

女性の肌の調子は揺らぎやすいこともあり、産後の肌荒れも「たかが肌荒れ」と思い込んでしまいがちですが、産後は妊娠・出産のダメージで健やかな皮膚を維持する機能自体が低下していて、普段通りの自己修復ができないケースもあります。
症状が重い場合や長引く場合には早めに皮膚科を受診し、適切な治療を受けることも検討していきましょう。

肌が荒れると自分に自信がなくなって、気分が沈んでしまいがちですが、産後の肌荒れは地道にケアを行えば必ず改善していきます。あまり思い悩まずに、できる範囲のスキンケアに取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
はたこ

はたこ

第一子から15年間保育園に通い続け、まだまだ記録更新中です!

この記事と関連性の高い記事