産後のバストアップ術に関する記事

【産後バストアップ】垂れ予防エクササイズとブラの選び方

【産後バストアップ】垂れ予防エクササイズとブラの選び方

出産前のハリのあるバストを取り戻したい女性に、産後バストアップに役立つエクササイズや正しいブラの選び方を解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  【産後バストアップ】垂れ予防エクササイズとブラの選び方

【産後のバストアップ】ブラ選びのコツ/バストケアの方法は?

赤ちゃんを抱く母親

産後の体型崩れは、多くの女性が抱える悩みではないでしょうか。中でも、バストのサイズダウンや垂れに悩む女性や、「出産前のバストのハリを取り戻したい!」と願う方はきっと少なくありませんよね。

しっかりケアすれば産後のバストアップ効果も期待でき、妊娠前のバストにも近づけるように!授乳中で発達した乳腺を傷つけることのないように、正しいバストケアの時期や方法、ブラの選び方についてチェックしておきましょう。

産後のバストケアはいつから?

体に合ったブラをつけること、バストの保湿は産後すぐからでも始めることをおすすめします。ただし、産後1ヵ月はママの体も回復しておらず、慣れない赤ちゃんのお世話で大変ですから、エクササイズやマッサージはお休みです。

1ヵ月検診で通常の生活に戻ってよいと言われたら、産後エクササイズを始めてもよいでしょう。母乳の量が安定していないうちは母乳マッサージを優先して行いましょう。

時期別産後のブラ選びのコツ

出産直後~産後1ヶ月頃

妊娠中~出産直後は母乳を作るために急激に乳腺が発達する時期です。そのため、固いワイヤーブラや体に合っていないキツいブラで胸を締め付けると、乳腺を傷つけてしまう可能性があります

かといって、ノーブラでは胸が垂れる原因になってしまいますので、頻回の授乳に備えて、胸を締め付けず、簡単に前を開けられる授乳用ブラを着用するのがよいでしょう。

産後3ヶ月頃

授乳の回数が減ってくると、胸のサイズダウンや垂れが気になってくるように…。授乳のリズムが出来上がり、だんだん胸が張らなくなってきます。

バストを無理やり締め付けるのはよくありませんが、しっかりバストを持ち上げられるよう、体に合った産後用ブラを着用することが大切です。

産後6ヶ月~産後1年

赤ちゃんを抱く母親

授乳の回数が減り、バストのボリュームや張りがなくなってきます。妊娠前と比べて2カップくらいバストのサイズが変わる人もいるようです。
授乳中は乳腺の働きを抑えないように、授乳用のブラを着用するのが望ましいですが、断乳の目安でもある産後1年くらいを目処に、普通のブラに戻してもよいでしょう

バストは妊娠前とピッタリ同じサイズに戻るとは限りません。綺麗なバストを保つためにも、妊娠前に使っていたものではなく、産後にお店で採寸してもらい、きちんと体に合ったものを着用するようにしましょう。

バストアップのためのエクササイズ

バストアップに効果があるエクササイズ

バストアップ体操
  1. 背筋を伸ばし、胸の前で手を合わせ、ひじを開きます。これが基本のポーズです。
  2. 「フーッ」と息を吐きつつ、合わせた手を真ん中に押し合わせながらまっすぐ前に伸ばします。
  3. 同じ動作を10回繰り返します。
  4. 1の基本ポーズに戻ります。「フーッ」と息を吐きつつ、手のひらを強く押し合わせます。
  5. 前ではなく左右にゆっくり動かします。同じ動作を10往復します。

姿勢を良く、腰をまっすぐにするのがポイント!休みを入れながら各2~3セット行いましょう。立っていても座っていても行えますので、無理のない範囲で行ってみてくださいね。

赤ちゃんと遊びながらできるエクササイズ

四つんばいになる女性
  1. 床や畳の上で行います。両手を肩幅の広さに開いて、肩の真下に手がくるように四つんばいになります。腰が曲がらないように、背筋をまっすぐにしましょう。
  2. あごをしっかり引いてひじを少し曲げ、手のひらで床をグーッと押します。
  3. 胸がプルプルして限界になるまで(10~20秒くらいが目安)その体勢を続けます。
  4. 5回繰り返し、5セット行いましょう。

腕の真ん中に赤ちゃんを寝かせて行うと、ママの顔が近づいたり遠ざかったりするのが楽しく、ママの表情で赤ちゃんも楽しめます。ただし、腕の力が抜けて赤ちゃんの上に覆いかぶさらないように注意してくださいね。

クリームを使ってバストアップ

産後のバストは、授乳によって皮膚やじん帯が伸びることで垂れやしぼみが起こります。張りのあるバストを保つためには、クリームやオイル、美容液を使って肌をしっかり保湿するのが効果的であると言われています。

中にはバストアップに効果のある成分が含まれたクリームなどもあるのだとか。また、クリームなどで保湿しながらマッサージすると、さらにバストアップの効果が期待できるようです。

バストアップマッサージ

  1. バストの上側の皮膚を首まで引っ張るようにマッサージします。
  2. 片側ずつ、左右の手を交互に下から上に動かします。これを5~6回くらい行いましょう。
  3. 左右の脇の脂肪を胸の中心に引き寄せるように動かします。
  4. バストと反対側の手を使って、脇の脂肪をななめ上に引き上げるようにマッサージします。こちらも5~6回くらい行いましょう。

お風呂上りなど、血行の良いときに継続して行うとより効果的です。力を入れすぎないように優しく行いましょう。

授乳中のバストアップサプリは要注意!

授乳中にママが摂取したものは、血液から母乳になって赤ちゃんの体にもそのまま伝わります。バストアップの効果を謳ったサプリメントもありますが、授乳中の使用には注意が必要です。
また、バストアップを目的とした商品に限らず、サプリメントの中には効果や安全性がはっきりしていないものも多いようです。

健康のために摂取したサプリメントで体調を崩す…なんて事態は避けたいところ。基本的には、栄養は食べ物から摂取することを心がけるのが無難です。「副作用やリスクの心配がある」というネットの書き込みもあるほどですから、授乳期の使用は特に注意した方がよいでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
ひなちゃんママ

ひなちゃんママ

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪