授乳中のタバコが与える影響に関する記事

授乳中のタバコの影響~喫煙したら母乳育児はやめるべき?

授乳中のタバコの影響~喫煙したら母乳育児はやめるべき?

授乳中のタバコはやめましょう!タバコが与えるママと赤ちゃんへの影響の怖さを知り、喫煙から大切な赤ちゃんを守りましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  授乳中のタバコの影響~喫煙したら母乳育児はやめるべき?

忘れないで!授乳中のタバコが与えるママと赤ちゃんへの影響

ママが授乳中にタバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンは母乳を通して赤ちゃんまで伝わること、母乳中のニコチン濃度は、ママの体内のニコチン濃度よりも高くなるっていうことを知っていますか。赤ちゃんは体が小さいので、濃度の高いニコチンを摂取してしまうと、身体に影響がないはずがありません。授乳期の母乳に影響を与えるのはタバコだけではなく、アルコールの飲酒や、コーヒーに含まれるカフェインも要因になるとも言われますが、その中でも、赤ちゃんへの影響が一番大きいのが喫煙とされています。

タバコに含まれる化学物質ニコチンは、即効性のある強い神経の毒性を持ち、昔は殺虫剤として使用されていました。その毒性は、青酸カリの倍以上に匹敵すると言われます。もちろん授乳中にタバコを吸うことは、赤ちゃんに大きな影響を及ぼします。ここでは、授乳中のタバコが与える影響についてお伝えします。この記事を読んで、禁煙してくださるママが増えてくれると嬉しいです。

タバコが授乳中のママに与える影響とは

灰皿の上にたばこ

ニコチンは、水に溶ける水溶性の物質です。そのため、授乳中のママがタバコを吸うと血液中にニコチンが溶け出て、母乳となって赤ちゃんへ届きます。赤ちゃんに与える影響が大きいことをわかっているから、妊娠中のタバコはなんとか我慢したけど、育児のストレス発散方法として、喫煙を再開しようかなと考えるママも少なくないようです。では、タバコが授乳中のママに与える影響をご紹介しますね。

ニコチンは、体内に入ると血管を収縮させる働きがあるので、タバコを吸ったママは血流が悪くなります。その結果、母乳の生産がうまくいかなくなり、母乳の出が悪くなる可能性があります。また、血流が悪くなると、冷え性や肩こりなどにも影響します。ニコチンを摂取すると体の不調が出てくる確率が高くなり、女性ホルモンの分泌を低下させることから、シミやくすみなど肌、美容に関するトラブルが出てくることも少なくありません。

知っておくべき喫煙が赤ちゃんに及ぼす影響

ママがタバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンが母乳を通して赤ちゃんに届き、赤ちゃんの血液循環を妨げます。その結果、赤ちゃんに急性ニコチン中毒のような症状が起こります。特に、体の小さな赤ちゃんほど、その症状が出やすいので要注意です。

タバコが赤ちゃんに与える影響

  • 不機嫌
  • 寝つきが悪くなる
  • 嘔吐・下痢
  • 哺乳力が落ちる
  • 体重が増えにくくなる
  • 落ち着きがなくなる

授乳中のタバコについてのQ&A

タバコに含まれるニコチンは、代謝が早い物質です。そのため、一度タバコを吸うと、またすぐに喫煙したくなります。ひっきりなしにタバコをくわえている人の行動が頷けます。一度タバコの味を覚えると、脳がそれを覚えてしまい、タバコの匂いをかいだだけで吸いたいと思ってしまいます。タバコは、それほど依存性が高いものなのです。

この依存性があるという言葉に恐れを感じ、タバコに手を伸ばさないでいられると一番良いのですが、産後はホルモンのバランスも崩れ、ストレスがたまります。ママの精神的な浮き沈みが、やっぱり吸いたい!となってしまうのですね。そこで、もしものためのQ&Aをご紹介します。

Q1.どれくらい時間を空ければタバコを吸ってもいいの?

授乳をしているお母さん

タバコを吸った直後は、ニコチン濃度がとても高い状態になります。そして、その濃度が半分になるのに、約60~90分かかり、ごく少量の濃度になるには、喫煙後3時間程度かかるのです。そのため、ママが喫煙した場合は、喫煙後約3時間経ってから授乳するよう配慮します。つまり、喫煙は、授乳時間を見ながら喫煙することが求められるのです。タバコを吸う時は、間隔を3時間あけることを意識してください。

しかし、タバコを吸ってから3時間たったとしても、完全にニコチンの量がゼロになっているわけではありません。授乳が確立している乳児は、授乳の時間の予測ができますが、新生児や授乳サイクルが確立していない乳児は、母乳を頻繁に欲しがることが多くあります。今哺乳したのに、また30分後に欲しがるということもあります。そのためには、禁煙をし、いつでも赤ちゃんに母乳をあげられる状態にしておく方が望ましいと言えます。

Q2.タバコを吸うくらいなら母乳育児をやめた方がいいのでしょうか?

母乳の中には、赤ちゃんがママから受け取るべき免疫物質がたくさん含まれています。この免疫物質を受け取るからこそ、生まれてすぐの赤ちゃんは病気になりにくいのです。また、母乳を与えると、ママの子宮の回復もよくなります。

赤ちゃんを抱っこしながらの母乳育児は、スキンシップが取れ、何物にも代えられない赤ちゃんとのコミュニケーション方法であることから、母乳育児をやめるという選択は推奨されていないのです。むしろ、赤ちゃんの母乳育児を進めていく方がいいでしょう。

Q3.どうしても禁煙できません

赤ちゃんへの影響を知りながら、それでも禁煙をすることが出来ないというママは、とてもつらい状況に立たされているのではないでしょうか。もしかすると、タバコをやめられない自分を責めているママもいるのでは。そんな時には、かかりつけの産婦人科に相談してみましょう。多くの病院では、医師や看護師が悩みや相談に乗ってくれますよ。

また、まだ数は少ないですが、産婦人科ではママ向けの禁煙外来を併設しているところがあるので、専門的治療を受けるための紹介をしてもらうことが出来るかもしれません。そこでは、タバコのやめ方講座を行っていて、健康保険が適用になりますよ。妊婦は、ニコチンガムのような禁煙補助薬を使うことができないので、禁煙するには強い意志が必要です。赤ちゃんのことを考え、禁煙したいと考えるなら相談してみましょう。

パパの喫煙による受動喫煙にも要注意!

たばこを持っている手

ママがタバコを吸っていなくても、パパが吸っていれば、パパのタバコの煙が赤ちゃんへ届きます。このように、喫煙者と赤ちゃんが一緒にいることにより、喫煙者の副流煙を吸ってしまうことを受動喫煙といいます。タバコを吸う人自身は、タバコのフィルターを通して喫煙しているけれど、副流煙の場合は、フィルターなしで直接体内に入ってしまうため、より有害物質をたくさん吸ってしまうことになります。

この受動喫煙の怖い所は、煙が消えても目に見えないので、知らないうちに煙を吸い、ニコチンを体内に取り込んでいるということです。そのため、赤ちゃんを受動喫煙から守ることが大切なのです。知識があれば、喫煙者から赤ちゃんを遠ざけるなどの対処が出来るようになるので、知っておきましょうね。

赤ちゃんの受動喫煙はこんなに危険

赤ちゃんの受動喫煙は、赤ちゃんに病気を引き起こす可能性があります。厚生省の調べでは、両親が喫煙する家庭と非喫煙の家庭に比べて、呼吸器疾患は約3倍、乳児突然死症候群(SIDS)は約5倍の発症頻度であると報告されています。SIDSは赤ちゃんの生命にかかわる恐ろしい病気です。どの赤ちゃんにも起こりうることですが、受動喫煙はそのリスクを高めることがわかります。

大切な赤ちゃんを有害物質から守ることが大切

禁煙のイラスト

タバコに含まれるニコチンの味を覚えた脳は、その味を忘れないといいます。頑張って禁煙をしていても、たった一本吸っただけで喫煙していたことを思い出し、また元の生活に戻りたいと思うママもいるのです。でも、母乳をあげている間、ニコチンは赤ちゃんに届いてしまうということを忘れないでください。できれば、赤ちゃんが自分で食事をとることが出来るようになるまで、せめて離乳食が始まる5か月くらいまで禁煙するよう努めましょう。

でも、どうしても禁煙ができない、このままではストレスがたまってしまうという時は、喫煙の影響を最小限に抑えるために、ママとして次のことを心がけてください。

喫煙時間を3時間以上あける

喫煙直後が、一番ニコチン濃度が高くなります。反対に、喫煙からの時間を空けるほど、母乳内のニコチン濃度は低くなります。そのため、授乳をするときは、喫煙後3時間以上あけましょうね。

できるだけ本数を減らす

赤ちゃんへの影響を考えたら、出来るだけ喫煙本数は少ない方がいいですね。

赤ちゃんのそばでは絶対に吸わない

受動喫煙の影響が大きいので、タバコを吸う時は、赤ちゃんのそばでは絶対に吸わないこと、赤ちゃんがいない部屋で吸うことを心がけましょう。

喫煙後は必ず手を洗う

タバコを吸う人の髪の毛や衣類、皮膚などに染みついたタバコのにおいの中にも、有害物質が含まれています。そのため、喫煙後は、しっかり手を洗いましょう。

ママとして赤ちゃんのために出来ること

何もできない赤ちゃんをタバコの影響から守るのは、ママしかいません。タバコを吸いたくなったら、赤ちゃんの顔を見てください。すやすや寝ている顔、もしかしたら、自分を見てニコってしてくれるかもしれませんね。その赤ちゃんの将来を、ママが左右するわけにはいきません。そう思うと、喫煙をやめようかなと、吸いたい気持ちを抑えられるかもしれませんね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!